2009年06月 アーカイブ

« 2009年05月 | 記録帳TOP | 2009年07月 »


2009年06月27日 古墳巡りGadget
 ■ iPhone 3GS & FW3.0導入

iPhone 3GSの予約開始日である6月18日に、急遽入院することになってしまった。
検査の結果、想像以上に状態が悪く、とりあえずは1ヶ月程様子見しないといけないらしい。
と、いう訳で、銀座のAppleストアや、表参道のソフバンに行列して、昨年同様一足先にiPhone 3GSをゲットする祭りに参加するという野望は、見事に打ち砕かれることになった。

もっとも今回は公式に予約を受け付けているので、行列せずとも予約さえ入れておけば、誰でも発売日に入手することができる。
私は妻に頼んで予約を入れ、26日の夜には、病室にて妻からiPhone 3GS 32GBを受け取ることができた。

入院に際し、新型iPhoneに備えてHP Mini1000を持参してあるので、これを使ってアクティベートと初期設定を済ませ、いじくってみる。"3GS"のSは"Speed"のSとのことらしいが、確かに反応速度は格段に早くなっている。従来モデルよりもCPUのクロック周波数をあげ、メモリも128MBから256MBに増強されたのが功を奏しているようで、カメラ等、これ迄は立ち上がる迄、少々待たされたようなアプリもサクっと起動するし、動作も軽やかである。この一点のみをとっても、「新型買って良かった!」と思わずにはいられない快適さである。
まだ、通りいっぺんしかいじっていないが、入院という時間が有り余っている環境を利用して、これからいじり倒してみようと思う。

一方、これまでのiPhoneは、OSを3.0にアップグレード&脱獄をし、「いざとなったら通話もできるカメラ付きiPod touch」として運用することに決定。今回は機種変ではなく、3GSを買い増しているので、こちらも携帯電話としてはまだ生きているのだ。
ただ、改めて電話番号を告知するのも面倒なので、iPhone3GのSIMと3GSのSIMを入れ替えて運用。つまり、3GSの方に旧契約のSIMを差して使うことにした。iPhoneのSIMカードは他のソフトバンク携帯用のSIMと互換性のない特殊な仕様なのだが、iPhone間であれば、3Gと3GSとであっても使い回しは可能である。
古い3Gの方は、今回契約した新しいSIMを差した上で、エアプレーンモードにしておくことで、通話と3G経由でのデータ通信を不可として、最低料金にて維持してみようと思う。

投稿時間 : 11:28 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト