2009年07月 アーカイブ

« 2009年06月 | 記録帳TOP


2009年07月25日 その他
 ■ WordPressへ移行

この度、古墳横穴及同時代遺跡探訪記録帳のブログシステムをMovable Typeから、Wordpressに移行させることにした。
これに伴いURLが変更。新しいURLは、

http://pralleli.life.coocan.jp/kofunblog2/

本体の「毛長川の古墳HP」に続いてブログの方も、今迄のURLの尻に「2」がついただけとは言え、引っ越すこととなり、皆様には誠にお手数をおかけして恐縮至極であるが、ブックマークを変更の上、今後もお付き合い下さるようお願い申し上げる次第である。

これまで古墳横穴及同時代遺跡探訪記録帳はMovable Type 3.34にて運用してきた。
Movable Typeは少々面倒臭くはあるものの、細かい所まで自分であれこれ手を入れることができたので気に入っていたのだが、今ではVer.4.xが主流だし、Ver.5のリリースも間近という状況だ。
何故そんなになるまでアップデートをしなかったのかというと、手順が割と面倒臭いからだ。
また、エントリー自体は手軽に投稿できるものの、新規投稿や過去記事の修正をする度にサイトを再構築しなければならず、エントリーが100を越えてくると、再構築が終わる迄に結構な時間がかかるようになってしまう。この辺の仕組みも今からすると少々面倒なシステムだと思う。

一応、php化してダイナミックパブリッシングで運用するオプションがあり、これを使うとアップデート以外の面倒臭さというか、煩わしさはかなり軽減されるのだが、サーバーによっては設定の都合でこれが使えない場合があり、このブログ置いているNiftyのLacoocanが正にそのパターンで、ダイナミックパブリッシングを行うことができないのだ。

最近はこのブログも再構築にめっきり時間がかかるようになってきたので、サーバーを変えてダイナミックパブリッシングで運用するようにするか、投稿の度に再構築する必要がない他のブログソフトに乗り換えるか、とにかく何か手を打たないと、余りの面倒臭さにヤル気を無くしかねない。そこで熟慮の結果、サーバー移転よりは楽だろうということで、Movable Typeから、Wordpressへ移行してみることにした。

Wordpressは、最初っからphpで構成されており、サーバーのMySQLデータベースと連動してのダイナミックパブリッシングが可能だ。というか、そういう仕様なのだ。そして、これならLacoocanでも運用可能で、管理画面からインストールするメニューも用意されている。
また、見た目のカスタマイズもMovable Typeよりも楽で、iPhone等のモバイル機器向けのページもプラグインを導入するだけで、わざわざ専用ページを拵えなくても良く、便利だ。
アップデートも予め最新版をインストールしておけば、以後は自動でやってくれるので楽である。
因みにLacoocanの管理画面から自動でインストールできるのは、2.6.5日本語版でちょっと古い。これをインストールしてから最新版の2.8.2にアップデートするとなると手動でやらざるを得なくなるので、管理画面からはMySQLの設定をするに留め、最初っから2.8.2を手動でインストールした方が楽である。

さて、移行自体は割とサクサクと進んで、外観自体は凡そ旧状を再現することができたのだが、私がレイアウトのベースに選んだ「Atahualpa(アタワルパ)」というテーマだと、アーカイブを表示すると、月別、日別、カテゴリー別のいずれも、画像ナシのテキストのみで表示されてしまうという問題にぶち当たった。
調べてみると、一般的な仕様でアーカイブを司る、archive.phpファイル内のphpコマンド、

< ?php the_excerpt() ?>

< ?php the_content() ?>

に書き換えてやればいいらしいのだが、Atahualpaの場合、ちょっと特殊な構成なので、archive.phpが存在しないのだ!
Googleで検索しても、画像が表示されない方がいいと考えている人が多いのか、中々どのファイルのどこを変えるという記事が見つからず、行き詰まってしまった。
仕方がないので、大量にあるphpファイルの中からファイル名で関係ありそうなのを見繕って、該当箇所を探してみた所、「bfa_post_parts.php」の中にようやっとその場所を見つけることが出来た!

上の画像の赤い囲みの中はデフォルトで「the_excerpt() 」となっており、ここを「 the_content()」と書き直して保存することで、アーカイブを画像付きで表示することができた。

ということで、今後はWordpressで運営していこうと考えているが、もしかしたら、「やっぱMovable Typeの方がいいや」と考え直すこともあるかもしれないので、告知も兼ねて暫くの間は、一応ここも残しておこうと思う。

投稿時間 : 03:58 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年07月23日 近所の塚
 ■ 鳩ケ谷市本町一丁目の塚

image2003437873.jpg長かった入院生活もようやっと終わり、まだ仕事には復帰できないものの、割と体は動くようになり、近所の散歩位は余裕でできるようになった。

その散歩の途中で、大分前にこのブログで紹介した鳩ケ谷市本町一丁目の稲荷祠の塚に寄り、写真を撮ってみた。

塚上は前回とはうって変わって草ぼうぼう。古墳ではなさそうだけど、巨大マリモが巣食ってるみたいで、なんかいい感じの見た目だ。

投稿時間 : 16:47 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年07月18日 古墳巡りGadget
 ■ Google My MapsのデータをiPhoneのマップで表示する
Googleのマイマップ機能を利用した「古墳横穴及同時代遺跡探訪記録地図」であるが、有り余る時間を利用して大分作業が進行し、とりあえず東京都の分はほぼ終了。ようやっと埼玉県分に突入するに至った。
他にも群馬、栃木、千葉等があるから、過去探訪分をプロットし終えるにはまだまだかかりそうだが、それなりに見られる形になってきて、ちょっと嬉しい。

そこでふと思ったのが、マイマップでプロットしたデータをiPhoneのマップのブックマークデータとしてインポート乃至は同期をとれるのかどうか? だ。
iPhoneはiPhoneで別途一から入れ直しというのは面倒だし、スマートではない。どちらも同じGoogleのアプリケーションなのだから、何か手があるのではなかろうか?

そこでネットで調べてみるとありました、ありました。
裏技的な方法な上、制約もあるが、割と簡単な方法でマイマップのデータをiPhoneのマップに表示することができるようだ。

まず、パソコンのブラウザを立ち上げ、Google Mapsにアクセスし、目的のマイマップを選択する。
すると上の画像の囲みの所に、「Google Earthで表示」という箇所があるので、ここを右クリックでURLをコピーする。

次にMobile Meにログインし、アドレス帳にアクセス。新しい連絡先を作成する。
作成したら、左の画像の囲みの箇所、住所等を入れる部分の一番下、国名を入れる欄にコピーしたURLを貼付けて保存。

これはMobile Meだけでなく、MS Exchangeだとか、Googleのアドレスブック等、iPhoneの「連絡先」アプリと同期がとれるものなら何でもいい。
また、オンラインで同期させなくても、Macのアドレスブック上で新規作成してiTunes経由で同期させるとか、ストレージ系アプリを使っている人なら、少々面倒だがテキストエディタ等でURLを保存し、それをiPhoneに渡して、OS3.0から実装されたコピペ機能を使って、iPhone上で新しい連絡先を作成して貼付けてもいい。

で、Mobile Meで新規作成した連絡先は、ほぼリアルタイムでiPhoneの連絡先と同期するので、iPhoneで連絡先を開くと、Mobile Meで新規に作成した連絡先が現れる筈だ。
それを開いたら、URLをタップ。
すると左の画像のように、地図上にマイマップで作成したデータが、赤いピンとして降ってくる。
これを一つづつ選んで行ってブックマークに保存してもいいが、この状態でリロードするなり、連絡先からアクセスし直すなりすれば、パソコン側でマイマップに変更を加えても、常にその時点(変更を加えてから、多少のタイムラグはある)での最新データでピンが降ってきてくれるので無理にチマチマとローカルに保存する必要はないだろう。

残念ながら、iPhoneのマップからマイマップを編集することはできず(やるならSafariから)、既存のブックマークを直接マイマップに反映させることはできないのだが、この方法は割と簡単にマイマップのデータをiPhoneに反映させることができて便利である。

iPhoneのマップだと、ラベルの左端にストリートビューのアイコンが用意されているので、スグに現地の様子を確認することができる。指先でグリグリと操作できるので、パソコン版よりも使い勝手が良い面もある。

ただ、一つだけ制約があり、iPhoneのマップ上に降らせられるピンの上限が100本=100件までとなっている。 iPhoneのマップアプリ自体はもっと沢山のピンを降らせられるので、これはこの方法で取り込んだ場合特有の制約である。
恐らく今後、Googleももっとスマートな方法でiPhoneのマップでマイマップを利用できる方法を提供してくれることと思うが、とりあえず100件超える場合は、複数のマイマップに分けることで対処するより仕方なさそうだ。
「古墳横穴及同時代遺跡探訪記録地図」もデータが100件超えるのは避けられないので、県別、郡別等に分けたヴァージョンを作成し、それぞれ連絡先に登録しておくとiPhone的には便利かもしれない。

今回は既に訪れたことのある古墳の位置データを取り込んでみたが、マイマップで「これから探訪予定地図」を作成して、同じ手口でURLをiPhoneに取り込んでおけば、古墳探訪の強い味方となってくれるだろう。

投稿時間 : 19:36 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年07月14日 その他
 ■ ブログ拡張してみた

image1672575480.jpgディスプレイの高解像度化が著しい昨今、今更横630に拘ることもないなと思い、横800に拡張の上、3カラム化してみた。

時間が余りまくっている入院生活なら、面倒なタグ記述&確認作業もむしろ良いヒマつぶしだ。

左右のカラムに余裕が出きたので、気が向いたらムダな機能を追加してみようと思う。

投稿時間 : 14:21 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年07月11日 その他
 ■ Youtubeからの投稿テスト


Youtubeの共有機能を使っての投稿テスト。
古墳動画を撮るようなことはないと思う(古墳は動かないんで)けど、いつかは役に立つ日が来るかも。

サンプル動画は今日iPhone 3GSで撮影&アップロードしたHP Mini1000でOSXが起動し、サブモニタが点灯する様子。

投稿時間 : 20:48 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年07月10日 その他
 ■ Skype & iTunes & Twitter 連携

Flickrに続き、SkypeとiTunesもTwitterと連動させてみた。
具体的には、iTunesで再生中の曲をTwitterとSkypeのムードメッセージに自動的に反映させるというものだ。
当サイト的にはどうでもいい話しではあるが、バンド&メタル仲間向けに、自分が今好んで聞いている曲/バンドが何であるかをそこはかとなく知らしめることが出来る。

Skypeは標準で、iTunesで再生中の曲名とアーティスト名をムードメッセージに表示させる機能があるので、これを利用して、SkypeのMac版ver.2.80なら、設定ファイルにTwitterのIDとPWを追記してやることで、Twitterにムードメッセージの内容を自動的に投稿することができる。が、この方法だと表示内容の書式を変更するのに、いちいち設定ファイルをテキストエディタで開いて、該当箇所に移動して修正しなければならず、面倒である。
そこでネットで調べてみると、Macのダッシュボードウィジェットで「In the Mood」(http://www.mybdesign.com/itm/index.html)というものがあることを知った。これだとウィジェットを起動させる必要はあるものの、書式の変更は容易だし、これ経由でSkypeとTwitter両方に投稿することが可能なので、Skypeの設定ファイルを改変する必要がなく、お手軽である。これを利用して、
TwitterとSkypeのムードメッセージに、

[iTunes] 曲名 / アルバム名 / アーティスト名

という書式で、再生中の曲情報を反映させることにしてみた。
殆どメタル、それもジャーマンメタルとスラッシュ系しか聴かないけど。

投稿時間 : 20:27 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年07月06日 その他
 ■ Flickr & Twitter連携

病院からの風景。, originally uploaded by Toyofusa.

先日はじめた一言ブログのTwitterであるが、以前から利用してる写真アップロード/共有サービスであるFlickrと連携させて運用できることが分かった。
写真をFlickr指定のアドレスにメールでアップロードすると、Flickrに画像がアップロードされると共に、Twitterにもアップロードした画像のURLが自動的に投稿されるという仕組みだ。また、既にFlickrにアップロードしてある画像を選択し、TwitterにそのURLを送ったり、このブログに新しいエントリーとして送信することも可能である(このエントリーがそう)。
また、このブログが更新されると自動的にTwitterに新しいエントリーのタイトル等が送られるようにもしてあるので、このブログを含め、日々の私の活動に関する情報のかなりの部分をTwitterに集約できることになる。確かに「ライフログ」と呼ばれるだけのことはあると思う次第だ。

で、これとiPhoneを組み合わせると、古墳巡りに出かけた際の記事の作成がよりリアルタイムに近い形で行えるようになると思う。従来、撮った写真は、その場からメールでAppleのMobile Meギャラリーへアップロードしていたのだが、これをFrickrに変えることで、TwitterにそのURLが送信されるので、写真がアップロードされたタイミングを掴みやすいし、閲覧も容易になると思う。
このブログのエントリー自体はこれまで通り、iBloggerを用いて現場から投稿。
本格的なレポートは帰宅後又は喫茶店やファミレス等に寄った際に、改めてエントリーを編集しなおせばいい。

とりあえず探訪中に撮影した写真をほぼリアルタイムでご覧頂けるようにできると思うので、「もっと別の角度から見てみろ」とか、「ついでにもうちょっと南にある古墳も見て行け」「そばに美味いラーメン屋があるから寄ってけ」なんていう指示を頂ければ、こちらもより充実した古墳巡りができるかも知れない。
ま、まずはその前に体を直して退院しないといけない訳だが。

投稿時間 : 18:45 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年07月05日 その他
 ■ Twitterはじめてみた

入院生活が余りにも暇だ。
パソコンとネット接続環境は持ち込んであるので、これで相当暇は潰れると思っていたのだが、さに非ず。
ネットで暇が潰れるのは、普通に生活している過程で湧き出てきた興味、例えば、「今度行く○○古墳ってどんな古墳なんだろ?」等というトピックに対処するからであって、特にそういうテーマが湧き出てこない入院生活では、ネットを使って調べ物をしたり、関連サイトを覗いて勉強しようなどという気も必要も全く生じないのだ。つまり、ネットを使って何かをしようという気も起きないし、必要にも迫られていないから、Safari4を立ち上げても、「さて何をしよう?」と呆然とするばかりである。

そんな状況なので、一言ブログのTwitterをはじめてみた。
iPhoneからも投稿できるので、思ったことを即座に垂れ流すことができて手軽である。
とりあえずは入院生活を中心に、適当に書き連ねていこうと思う。

http://twitter.com/cult666

が私のTwitterページ。cult666というスクリーンネームで稼働中。
また、このブログの右側に最新の5つのつぶやきを表示するようにしてみた。

投稿時間 : 19:55 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年07月02日 古墳巡りGadget
 ■ iPhone 3GSは最強の古墳巡りガジェットかも

6月26日に入手して以来、入院という時間だけは有り余っている環境を生かして、iPhone 3GSをいじり倒している。
この入院、事前に長引くことが予想されたので、パソコンをはじめ、暇つぶし用のアイテムを色々と持ち込んである。
上の写真はiPhone & iPod touchで、左から初代Touch 16GB(HMDを接続の上、ビデオ鑑賞に利用)、第2世代Touch 32GB(音楽鑑賞用)、iPhone 3G 16GB(ゲーム用)、iPhone 3GS 32GB(通話&ネットワーク使用のアプリ用)である。いずれも同じiPhone OSで動くガジェットなので、このように役割を分散させることでバッテリーの節約と、HMDやヘッドホンといった外付けアクセサリの差し替えの手間を省くことができるのだ!

もっとも、普通の人が見たら、同じ物を4つも買っちゃった痴呆の人と思われかねない光景ではある。
この中で持ってきて良かった物の筆頭がHMDである。夜9時消灯という厳しい環境下でも、これさえあればいつでも動画鑑賞が可能である。
今後再び入院することは遠慮したいが、万が一そのようなことになっても、HMDは忘れずに持ってこようと思う。

さて、4台のiPhone OSマシンを駆使しての快適入院ライフだが、問題が一つある。
それは左の写真の点滴用のポンプだ。今は一台外れているのだが、当初はご覧のように2台装備していた。
入院しているとは言え、寝たきりになってる訳ではなく、体は普通に動く状態なので、売店にでかけたり、散歩したり、談話室で茶を飲んだりと色々と動き回りたい所だし、医者も暇な時はなるべく体を動かした方がいいと言うのだが、このポンプの内蔵バッテリーの持ちが悪く、そうそう長い時間ベッドを離れていられないのだ。
付属のマニュアルを見ると、新品時のフル充電状態で約3時間の駆動が可能らしいが、現状ではそうとうヘタっているらしく、フル充電状態で1時間もつかもたないかといった感じである。しかも一旦バッテリーが切れるとフル充電まで12時間はかかるという素敵な仕様だ。つまり、12時間ベッドにじっとしていて1時間動けるようになるという訳だ。
これではトイレに行くのもままならない!
1台外れたので充電関係の管理は若干楽になったが、それでも気をつけていないとスグにバッテリーがあがって、ピーピー警告音が鳴り響く羽目になる。まるで自分が充電式のガジェットにでもなったような気分だ。

そういう訳で、本当は散歩がてら病院周辺の風景でもとって、きたるべき古墳散策に備えてiPhone 3GSの機能を検証していきたい所なのだが、もう暫くは無理そうである。
それでもベッドの上であれこれいじっていると、iPhone 3GSは古墳巡り用としては理想的な端末なのではないかと思わずにはいられない。

やはりCPUとメモリの強化で動作速度がすこぶる軽快になり、アプリの起動や終了は勿論のこと、ネット経由での各種ファイルへのアクセスもスピードアップされているのが素晴らしい。特にファイルサイズの大きなPDFや動画データ等にアクセスした場合、従来よりも表示されるまでの時間が短くなっているのが体感できる。勿論、回線速度が一番影響するのであるが、本体側の処理速度の影響もまた大きいようである。

その他、3GSではカメラの機能強化、電子コンパスの搭載が行われている。
カメラは画素数が200万画素から300万画素にアップし、パンフォーカスだったのがオートフォーカスになり、動画撮影とマクロ撮影にも対応した。
まあ、画素数はWeb上での公開という用途からすると、200万画素で必要十分だし、古墳のような被写体が対象ならば、オートフォーカスも余り意味がない。また、カメラ起動までの時間が大幅に短縮してもいるのだが、古墳は動いたりしないので、従来のカメラでも特にその辺に不満を感じることはなかった。
動画も古墳じゃまず撮らないと思うし、これは従来のiPhoneでも脱獄していれば撮影可能だった(勿論私は脱獄して動画撮影していた)ので、私としては余り「便利になった」という気はしない。
カメラ関係の新機能で唯一使えそうなのは、画面をタップすることでフォーカスするエリアを指定できるようになったことだろうか。これは一般的なデジカメには必ず搭載されている機能だが、デジカメではカーソルキーやスティックを操作してフォーカスするエリアを指定していたのに対し、こちらは画面で任意の場所をタップするだけという手軽さである。
もっとも古墳を撮る場合、余り使い道はなさそうではあるが、薮の中にある古墳を撮る場合は、これでフォーカスエリアを指定してやることで救われることもあるかも知れない。

カメラより、個人的に嬉しいのが電子コンパスの搭載である。
これでマップが進行方向にあわせて回転してくれるようになるし、移動していなくても方位を測定できるようになる。
古墳巡りには地図アプリやGPSを多用するし、墳丘上で方位を見ることも多い。従来は頭の中で方位関係は処理していたのだが、これからはその手間も省ける訳で、より古墳観察に集中できそうである。
また、電子コンパスの搭載により、既存の地図&GPSアプリが機能強化されるだけでなく、より高機能な新アプリの登場も期待できる。特にナビゲーション関係の機能が強化された地図アプリが出れば、最低限iPhoneさえあれば、事前の下調べから、資料の用意、写真撮影、探訪記事の作成、Webへのアップロードまで快適にこなせるようになると思う。
一日もはやく退院し、iPhone 3GS片手に古墳探訪にでかけたくて仕方ない。

とりあえず点滴さえ外れてくれれば、病院周辺の古墳跡にこっそり出かけてくる位はできそうなのだが......

投稿時間 : 14:54 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト