■ Google My MapsのデータをiPhoneのマップで表示する
Googleのマイマップ機能を利用した「古墳横穴及同時代遺跡探訪記録地図」であるが、有り余る時間を利用して大分作業が進行し、とりあえず東京都の分はほぼ終了。ようやっと埼玉県分に突入するに至った。
他にも群馬、栃木、千葉等があるから、過去探訪分をプロットし終えるにはまだまだかかりそうだが、それなりに見られる形になってきて、ちょっと嬉しい。

そこでふと思ったのが、マイマップでプロットしたデータをiPhoneのマップのブックマークデータとしてインポート乃至は同期をとれるのかどうか? だ。
iPhoneはiPhoneで別途一から入れ直しというのは面倒だし、スマートではない。どちらも同じGoogleのアプリケーションなのだから、何か手があるのではなかろうか?

そこでネットで調べてみるとありました、ありました。
裏技的な方法な上、制約もあるが、割と簡単な方法でマイマップのデータをiPhoneのマップに表示することができるようだ。

まず、パソコンのブラウザを立ち上げ、Google Mapsにアクセスし、目的のマイマップを選択する。
すると上の画像の囲みの所に、「Google Earthで表示」という箇所があるので、ここを右クリックでURLをコピーする。

次にMobile Meにログインし、アドレス帳にアクセス。新しい連絡先を作成する。
作成したら、左の画像の囲みの箇所、住所等を入れる部分の一番下、国名を入れる欄にコピーしたURLを貼付けて保存。

これはMobile Meだけでなく、MS Exchangeだとか、Googleのアドレスブック等、iPhoneの「連絡先」アプリと同期がとれるものなら何でもいい。
また、オンラインで同期させなくても、Macのアドレスブック上で新規作成してiTunes経由で同期させるとか、ストレージ系アプリを使っている人なら、少々面倒だがテキストエディタ等でURLを保存し、それをiPhoneに渡して、OS3.0から実装されたコピペ機能を使って、iPhone上で新しい連絡先を作成して貼付けてもいい。

で、Mobile Meで新規作成した連絡先は、ほぼリアルタイムでiPhoneの連絡先と同期するので、iPhoneで連絡先を開くと、Mobile Meで新規に作成した連絡先が現れる筈だ。
それを開いたら、URLをタップ。
すると左の画像のように、地図上にマイマップで作成したデータが、赤いピンとして降ってくる。
これを一つづつ選んで行ってブックマークに保存してもいいが、この状態でリロードするなり、連絡先からアクセスし直すなりすれば、パソコン側でマイマップに変更を加えても、常にその時点(変更を加えてから、多少のタイムラグはある)での最新データでピンが降ってきてくれるので無理にチマチマとローカルに保存する必要はないだろう。

残念ながら、iPhoneのマップからマイマップを編集することはできず(やるならSafariから)、既存のブックマークを直接マイマップに反映させることはできないのだが、この方法は割と簡単にマイマップのデータをiPhoneに反映させることができて便利である。

iPhoneのマップだと、ラベルの左端にストリートビューのアイコンが用意されているので、スグに現地の様子を確認することができる。指先でグリグリと操作できるので、パソコン版よりも使い勝手が良い面もある。

ただ、一つだけ制約があり、iPhoneのマップ上に降らせられるピンの上限が100本=100件までとなっている。 iPhoneのマップアプリ自体はもっと沢山のピンを降らせられるので、これはこの方法で取り込んだ場合特有の制約である。
恐らく今後、Googleももっとスマートな方法でiPhoneのマップでマイマップを利用できる方法を提供してくれることと思うが、とりあえず100件超える場合は、複数のマイマップに分けることで対処するより仕方なさそうだ。
「古墳横穴及同時代遺跡探訪記録地図」もデータが100件超えるのは避けられないので、県別、郡別等に分けたヴァージョンを作成し、それぞれ連絡先に登録しておくとiPhone的には便利かもしれない。

今回は既に訪れたことのある古墳の位置データを取り込んでみたが、マイマップで「これから探訪予定地図」を作成して、同じ手口でURLをiPhoneに取り込んでおけば、古墳探訪の強い味方となってくれるだろう。

投稿者 Toyofusa : 2009年07月18日 19:36 Twitterにポスト Tumblrにポスト

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://paralleli.life.coocan.jp/kofunblog/mt-tb.cgi/122