« iPhone 3GS & FW3.0導入 | 記録帳TOP | Twitterはじめてみた »

2009年07月02日 古墳巡りGadget
 ■ iPhone 3GSは最強の古墳巡りガジェットかも

6月26日に入手して以来、入院という時間だけは有り余っている環境を生かして、iPhone 3GSをいじり倒している。
この入院、事前に長引くことが予想されたので、パソコンをはじめ、暇つぶし用のアイテムを色々と持ち込んである。
上の写真はiPhone & iPod touchで、左から初代Touch 16GB(HMDを接続の上、ビデオ鑑賞に利用)、第2世代Touch 32GB(音楽鑑賞用)、iPhone 3G 16GB(ゲーム用)、iPhone 3GS 32GB(通話&ネットワーク使用のアプリ用)である。いずれも同じiPhone OSで動くガジェットなので、このように役割を分散させることでバッテリーの節約と、HMDやヘッドホンといった外付けアクセサリの差し替えの手間を省くことができるのだ!

もっとも、普通の人が見たら、同じ物を4つも買っちゃった痴呆の人と思われかねない光景ではある。
この中で持ってきて良かった物の筆頭がHMDである。夜9時消灯という厳しい環境下でも、これさえあればいつでも動画鑑賞が可能である。
今後再び入院することは遠慮したいが、万が一そのようなことになっても、HMDは忘れずに持ってこようと思う。

さて、4台のiPhone OSマシンを駆使しての快適入院ライフだが、問題が一つある。
それは左の写真の点滴用のポンプだ。今は一台外れているのだが、当初はご覧のように2台装備していた。
入院しているとは言え、寝たきりになってる訳ではなく、体は普通に動く状態なので、売店にでかけたり、散歩したり、談話室で茶を飲んだりと色々と動き回りたい所だし、医者も暇な時はなるべく体を動かした方がいいと言うのだが、このポンプの内蔵バッテリーの持ちが悪く、そうそう長い時間ベッドを離れていられないのだ。
付属のマニュアルを見ると、新品時のフル充電状態で約3時間の駆動が可能らしいが、現状ではそうとうヘタっているらしく、フル充電状態で1時間もつかもたないかといった感じである。しかも一旦バッテリーが切れるとフル充電まで12時間はかかるという素敵な仕様だ。つまり、12時間ベッドにじっとしていて1時間動けるようになるという訳だ。
これではトイレに行くのもままならない!
1台外れたので充電関係の管理は若干楽になったが、それでも気をつけていないとスグにバッテリーがあがって、ピーピー警告音が鳴り響く羽目になる。まるで自分が充電式のガジェットにでもなったような気分だ。

そういう訳で、本当は散歩がてら病院周辺の風景でもとって、きたるべき古墳散策に備えてiPhone 3GSの機能を検証していきたい所なのだが、もう暫くは無理そうである。
それでもベッドの上であれこれいじっていると、iPhone 3GSは古墳巡り用としては理想的な端末なのではないかと思わずにはいられない。

やはりCPUとメモリの強化で動作速度がすこぶる軽快になり、アプリの起動や終了は勿論のこと、ネット経由での各種ファイルへのアクセスもスピードアップされているのが素晴らしい。特にファイルサイズの大きなPDFや動画データ等にアクセスした場合、従来よりも表示されるまでの時間が短くなっているのが体感できる。勿論、回線速度が一番影響するのであるが、本体側の処理速度の影響もまた大きいようである。

その他、3GSではカメラの機能強化、電子コンパスの搭載が行われている。
カメラは画素数が200万画素から300万画素にアップし、パンフォーカスだったのがオートフォーカスになり、動画撮影とマクロ撮影にも対応した。
まあ、画素数はWeb上での公開という用途からすると、200万画素で必要十分だし、古墳のような被写体が対象ならば、オートフォーカスも余り意味がない。また、カメラ起動までの時間が大幅に短縮してもいるのだが、古墳は動いたりしないので、従来のカメラでも特にその辺に不満を感じることはなかった。
動画も古墳じゃまず撮らないと思うし、これは従来のiPhoneでも脱獄していれば撮影可能だった(勿論私は脱獄して動画撮影していた)ので、私としては余り「便利になった」という気はしない。
カメラ関係の新機能で唯一使えそうなのは、画面をタップすることでフォーカスするエリアを指定できるようになったことだろうか。これは一般的なデジカメには必ず搭載されている機能だが、デジカメではカーソルキーやスティックを操作してフォーカスするエリアを指定していたのに対し、こちらは画面で任意の場所をタップするだけという手軽さである。
もっとも古墳を撮る場合、余り使い道はなさそうではあるが、薮の中にある古墳を撮る場合は、これでフォーカスエリアを指定してやることで救われることもあるかも知れない。

カメラより、個人的に嬉しいのが電子コンパスの搭載である。
これでマップが進行方向にあわせて回転してくれるようになるし、移動していなくても方位を測定できるようになる。
古墳巡りには地図アプリやGPSを多用するし、墳丘上で方位を見ることも多い。従来は頭の中で方位関係は処理していたのだが、これからはその手間も省ける訳で、より古墳観察に集中できそうである。
また、電子コンパスの搭載により、既存の地図&GPSアプリが機能強化されるだけでなく、より高機能な新アプリの登場も期待できる。特にナビゲーション関係の機能が強化された地図アプリが出れば、最低限iPhoneさえあれば、事前の下調べから、資料の用意、写真撮影、探訪記事の作成、Webへのアップロードまで快適にこなせるようになると思う。
一日もはやく退院し、iPhone 3GS片手に古墳探訪にでかけたくて仕方ない。

とりあえず点滴さえ外れてくれれば、病院周辺の古墳跡にこっそり出かけてくる位はできそうなのだが......

投稿者 Toyofusa : 2009年07月02日 14:54 Twitterにポスト Tumblrにポスト

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://paralleli.life.coocan.jp/kofunblog/mt-tb.cgi/116