浅草寺周辺の塚 アーカイブ

|記録帳TOP|


2009年03月21日 浅草寺周辺の塚
 ■ 台東区千束 蛇塚跡

「船の手水鉢」がさっぱり見当たらないので、今日の所は諦め、浅草寺の北方、所謂「観音裏」「新吉原」にある蛇塚跡を見に行くことにする。
ここも鳥居龍蔵が著書の中で、浅草寺周辺で群を成す古墳の一つであろうとしている物件である。
浅草寺からは徒歩20分程の近場である。

蛇塚はかつて千束〜新吉原界隈にあった弁天池の畔の田の中にあったそうで、そのような湿地帯にあったことから蛇が多く住んでいたので「蛇塚」と呼ばれるようになったという説と、隅田川合戦で討ち取られた首級を葬った「首塚」が訛って「蛇塚」となったという説がある。
こうした「首塚」とも「蛇塚」とも呼ばれる塚は、千束の東北に位置する橋場の妙亀尼塚そばにもあったとされ、隅田川近くの塚であるということを考えると、恐らくは隅田川合戦に基づく「首塚」という伝承が先にあり、それが後に「蛇塚」になったと考えるのが妥当な気がする。
ただ、どちらも来歴不明の塚に対する後付けの説明だと思われるので、より古い時代からあった古墳である可能性もあるのかも知れない。

尚、蛇塚跡地は現在、吉原弁財天となっており、弁天の社と観音像が祀られている。


「蛇塚」の碑。
境内入ってすぐ右に折れた所にある。
蛇塚跡。
溶岩っぽい岩で出来た土台の上に観音像が祀られている。関東大震災時に弁天池で溺死した者を供養するために建てられたそうだ。
説明板。
「弁天祠付近の築山」とあるが、特に蛇塚についての説明はなく、かつてこの付近にあった弁天池や遊郭、関東大震災時の溺死者のことについて触れられている。
iPhoneのMapで上空から。

住宅地の一角にある小さな神社である。
周辺は完全に埋め立てられ、弁天池や湿地帯が広がっていた面影は微塵もない。

蛇塚跡も観音様を祀る際に削られたようで、現状では殆ど高さはなく、蛇塚と書かれた石碑がなければ、とても塚があったようには見えないのだが、上空から見てみると植栽が円形に植わっているのが見てとれ、かつては円形の塚があったらしいことが分かる。

投稿時間 : 23:18 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ 浅草寺古墳群?探訪 其の3

本日は天気も良いので、昨日に引き続き都内の怪しい物件の探訪に出かけることにした。
どこに行こうかあれこれ考えたが、久しぶりに浅草寺境内を巡ることに。

浅草寺境内の怪しい物件は、鳥居龍蔵が大正時代に著した『武蔵野及其周囲』『上代の東京と其周囲』の2つの著書で紹介している物件を中心に、過去2度の探訪で粗方見て回っているのだが、まだ、やり残していることが幾つかある。

1.伝法院内に所在する伝境内出土の石棺の見学。
2.その石棺が出たとされる、本堂裏手の熊谷稲荷跡の特定。
3.『江戸名所図会』に描かれている塚状地形の見学。
4.石棺と思われる「船の手水鉢」の探索。

1は、伝法院が一般公開される時を狙うしかないので、今回はパス。もっとも浅草寺のHPで写真を見ることは出来るので、わざわざ見に行かなくても、という気もする。
2は、江戸時代に描かれた境内図を元に割り出せそうだし、3も同様。
問題は4だ。

この「船の手水鉢」について、鳥居博士の『武蔵野及其周囲』によれば、江戸時代の文献『読老庵日札』に次のような記述があるそうだ。

「浅草寺の手水鉢、往古は本堂の前にありけるとなり(江戸すずめ)(江戸名所記)等の書にも見へたり、近年いづれに移しけるか知れざりしに、此頃余友藤田金蔵なるもの彼地内にいたり古老を尋て問合はしたるになんなく所在知れたりけり、余一日至り見るに其長さ二間余、幅四尺許、今は船の形もさだかならず、其形は唯石の櫃のように見へける、故人の心つかず、かかる古きもの知らざりけるこれなげくべきにあらずや、今は本堂北念仏堂の庭の中にあり」(同書P123)

元々は本堂の前に置かれていたようで、調べてみると、菱川師宣が描いた境内図に本堂前に置かれている手水鉢が描かれているらしいことが分かった。何というタイトルの絵なのかは不明なのだが、今後調べてみようと思う。また、山東京伝が『近世奇跡考』の中で、この手水鉢に触れているらしい。これも機会があれば一度目を通してみたい。
それがその後、江戸時代の終わり頃には本堂裏手にあった念仏堂の庭に移されていたようだ。長さ約3.6m、幅約1.2mとかなり大きな石材なので、そうそう捨てたり壊されたりはしないと思うので、今でも境内のどこかに残っているような気がするのだが、前回探訪の際には見つけることができなかった。
そこで今回は、念仏堂跡地の浅草寺病院周辺を中心に、2、3をこなしつつ、再度探してみることにした。

まずは、地下鉄の浅草駅から仲見世通りを北上し、弁天山と仁王門(現在の宝蔵門)周辺の塚状地形跡地を巡る。


『江戸名所図会』に描かれた弁天山とその周囲の様子。
弁天山の他に、今の仲見世通り沿いに円墳状の塚が描かれている。

iPhoneのMapで上空から。

赤いピンが刺さっている所が弁天山。こうして上空から見てみると弁天山周辺の地割は、前方後円墳で良く見られる釣鐘型の周濠のようだ。鳥居龍蔵の言う通り、元は前方後円墳だったのだろうか?

『江戸名所図会』の図では、弁天山の南側の通りが仲見世通りとぶつかるあたりに円墳状の塚が描かれている。この画像でいうと、左下角近くだと思われる。
該当地付近。
見た所、既に削られてはいるようだが、もしかすると多少の高まり程度は残っているかも知れない。非公開の伝法院敷地内な上で、タマに公開される庭園内でもないので、見ることは難しいかも。

伝法院と言えば、『江戸名所図会』では、庭園のあたりにも塚状の地形が幾つか描かれている。

画面中央下端に描かれているのが伝法院で、その伝法院の左手に、墳頂に3本の松が生えた塚状の地形が描かれている。庭園ということから、築山である可能性が大だが、元からある高まりを流用した可能性はあるだろう。

iPhoneのMapで上空から。

木が鬱蒼としているので、良く分からないが、池を取り囲むようにポコポコと塚というか築山が築かれているようだ。こうした築山の中には聖域として、立ち入り禁止になっている所もあると聞く。
伝法院の南西に隣接する鎮護堂から、庭園を垣間見る。
ポコポコと築山が連なっているが、中には古墳流用のものがあるのではなかろうか?

また、『江戸名所図会』では、伝法院の左隣、仁王門(現:宝蔵門)の手前左脇に稲荷社が描かれている。ここでは特に塚状にはなっていないが、より古い時代の境内図では「池上稲荷」として、円形の掘を巡らせた塚上に鎮座した姿で描かれている。いかにも円墳流用という感じがして怪しさ満点である。

かつて池上稲荷があったと思われる場所には、現在、不動堂が建っている。
『江戸名所図会』が作られた頃には、既に塚は削られ、掘も埋められていたようだ。

この後、宝蔵門を潜り、本堂左隣の影向堂前の庭園で改めて「船の手水鉢」を探しつつ、本堂裏手へ回り、熊谷稲荷跡を目指す。
『江戸名所図会』では、この辺りは次のように描かれている。

画像右下は伝法院庭園内の築山と思われる。
伝法院内にある石棺が出たとされる熊谷稲荷は、本堂の裏手の念仏堂の右隣りに描かれている。
鳥居列の奥にある建物がそれであるが、ここでは別段塚上に祀られているようには見えない。むしろその後方にある秋葉社が塚上に祀られているように描かれている。より古い時代の境内図でも同様で、塚上にあるのは熊谷稲荷後方の秋葉社である。

石棺が出た塚とは、この秋葉社が乗っている塚だという気もするが、もしかすると熊谷稲荷も塚の残骸風な所に建っていた可能性はあるかも知れない。既に粗方削られていたために、江戸時代の境内図には反映されなかったと考えることも可能だろう。

iPhoneのMapで上空から。

念仏堂は現在の浅草寺病院の場所だから、『江戸名所図会』等と照合すると、病院の建物の右隣り、赤いピンを指してある現在トイレが建っているあたりに熊谷稲荷があったようだ。
秋葉社が乗っている塚は、実相院の左隣の白い建物があるあたりだと思われる。
熊谷稲荷跡と思われるトイレの前には築山が築かれている。もしかすると塚の削りカスの流用なのかも。
築山を東から。
築山の場所は、『江戸名所図会』で鳥居列が並んでいるあたりと思われる。鳥居龍蔵の著書の中で、熊谷稲荷が乗っていた塚は前方後円形だったようなことが記されているので、或は参道が前方部を通り、後円部上に社が置かれていたのかもしれない。
築山を西から。
「築山に入るな」という札があるので、これは築山なのだろう。また、「本堂落成記念植栽」という石碑もあるので、戦後、本堂の再建が行われた際に作られたもののようだ。
築山上に配置された石。
これは関東南部の古墳で多用されている房州石では?
石室材の流用か?
トイレの前にはもう一つ築山。
トイレの建物はもしかすると、熊谷稲荷の社殿を模しているのか?何となく『江戸名所図会』に描かれた建物と似ている気もする。
トイレ裏手、病院敷地内に積まれた石材。
手水鉢っぽいものがあるが、「船の手水鉢」と比べサイズが全然小さいので別物であろう。熊谷稲荷で使われていたものかも知れない。
トイレ裏手の病院敷地内は全体に小高くなっている。随所に熊谷稲荷や念仏堂に用いられていたと思われる石材が積まれていたが、船の手水鉢と思しきものは見当たらなかった。

「船の手水鉢」はあるとしたら、最後に所在が確認された念仏堂の跡地である、浅草寺病院敷地内にある可能性が高い気がする。病院の建物南側の築山上も見て回ったが、それらしい石材は無かったので、あるとすれば、外からは見えにくい場所なのだろう。

浅草神社の境内や、被官稲荷社も見て回ったが、やはり船の手水鉢は見当たらなかった。

ただ、被官稲荷社がやや小高い場所に鎮座しているのに興味を引かれた次第である。

被官稲荷社。
やや小高くなった場所に祀られている。

投稿時間 : 22:10 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年02月14日 浅草寺周辺の塚
 ■ 墨田区立花 吾嬬神社

最後は、隅田川の対岸、墨田区立花の吾嬬神社へ。
ここは、博士の著書でも軽く触れられている場所である。
もっとも、隅田川の対岸と言っても、中川(古利根川)の旧流路に近いから、浅草というよりは、中川上流の葛飾区内の古墳との関連性の方が強いのかもしれない。

この神社の祭神は、社号からも想像がつくと思うが、弟橘比売と倭建命である。
社伝によれば、この場所は、命が三浦半島から房総半島に渡る際に、海神を鎮めるために身を投じた妻・弟橘比売の遺品が流れ着いた場所なのだそうだ。
社殿は、小高い盛土の上に鎮座しているが、これは命が、妻を偲んで、漂着した遺品を埋納するために築いた塚だという。
尚、立花の地名も弟橘比売に由来するとのこと。

墨田区というと、川沿いの真っ平らな所というイメージしかなかったので、このような、いかにも古墳という雰囲気満々の小山があるとは驚きだ。
また、墨田区というと、比較的新しい時代に開けた土地というイメージもあるのだが、東征伝承の中でも最も古い形態と思われるヤマトタケル伝承が伝わっている点も興味深い。対岸の浅草同様に、隅田川左岸〜中川(古利根川)右岸にかけての自然堤防上は比較的古くから開けていたのかも知れない。

ここも今の所は特に古墳関連の遺物が見つかったというような話はないようだが、伝説とは言え、人工の築山であると伝えられている点も興味深い。


参道入り口の由緒書。
上述のヤマトタケル伝説と、御神木の楠の由来について触れられている。

吾嬬神社。南側から。
社殿は確かに周囲よりも小高い土地に鎮座している。この土台部分は南北に細長い長方形に整形されているので、本来はもっと規模の大きいものだったと推測される。

境内右手には由緒書にあった神木の楠がある。
元々は倭建命が自ら植えたものだったようだ。

説明板には楠を植えるに至った経緯と、この社地が妻の遺品を納めるために命が築いた築山である旨が記されている。記録にはないが、かつてこの場所からそれらしい物が見つかったことでもあるのだろうか?

社殿の後ろ側は更に一段高くなっている。
大正時代に撮影された写真を見ると、元々この場所が円墳風な塚状になっていたようだ。社地全体が築山なのではなく、自然地形の残丘上に塚を築いたということなのだろうか? 社地全体が築山なのだとすると、現状長方形に残されていることから、前方後円墳である可能性もあるのかもしれない。

社殿背後の高まりを別角度から。
石材が散見されたが、石室材という訳ではないようで、比較的新しい時代に持ち込まれたような雰囲気であった。

社地を北側から。
南側と比べると擁壁の高さが高くなっている。

大正時代の吾嬬神社(鳥居龍蔵『上代の東京と其周囲』磯部甲陽堂 1927より)。
恐らく上の写真と同じく、北側からの撮影と思われる。
現在は擁壁で良く分からなくなっている社殿背後の高まりは、元々は円墳風な形状をしていたようだ。また、社地が長方形に整地されているのはかなり前からのことであることも分かる。何となく小型の前方後円墳を崩した跡のように見えなくもない。

iPhoneのMapで上空から。
わざわざ長方形に整地しているということは、元々南北に細長い丘だったのだろうか?
尚、かつては周囲に流れ着いた船の櫂を埋めたとされる「櫂塚」等、他にも弟橘比売関連の品物を埋めたとされる塚が幾つか存在していたとのこと。もし全て古墳だったとすると、浅草寺界隈と同様に、隅田川左岸の自然堤防上にも古墳群が築かれていたのかもしれない。

投稿時間 : 16:42 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ 台東区清川 玉姫稲荷神社
image879790007.jpg続いて、清川の玉姫稲荷神社へ。
駿馬塚から徒歩10分程で、妙亀尼塚と駿馬塚との丁度中間位の位地にある。

ここは鳥居博士の著書には出てこないが、江戸時代に描かれたスケッチでは、田中の小高くなった場所に社殿が鎮座している。
また、玉姫とは、「玉を秘める」という意味とのことで、古墳の副葬品を暗示しているようで興味深い。
かつて経文を瑠璃の宝筒に入れて埋蔵したという伝説があるそうだ。

投稿時間 : 16:30 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ 台東区東浅草 駿馬塚

続いて、東浅草の駿馬塚へ。
妙亀尼塚からは徒歩10分程。

この塚には、源義家が奥州征伐に向かう際、この地で死んだ愛馬の青海原を葬った塚であるという伝説がある。
源義家に関する伝説は、毛長川流域の白旗塚古墳や甲塚古墳、竹塚神社等、足立区内にも多い。
毛長川流域と浅草は、旧入間川〜中川(旧利根川)〜隅田川と水運で連結されており、こうした古代の交通路に沿って古墳と伝説が分布しているのは興味深い。
また、この源氏伝説と重なるようにヤマトタケル伝説も分布しており、私はこれが一番古い形で、時代が下るに従って、源義家等の他の東征を行った武将の話しにすり替わっていったのではないかと考えている。
例えば、毛長川流域の花畑にある大鷲神社はヤマトタケルを祭神としており、東征の際に宿陣した場所であるとされる一方で、源義家の弟の義光が奥州征伐の際に、援軍に駆けつける途中で宿陣したとも伝えられており、話しがすり替わる過程を見ることができる気がする。
大鷲神社といえば、浅草にも鷲神社があり、共に酉の市で知られるが、これは足立の大鷲神社が酉の日に鶏を浅草寺に放生していたことで浅草に伝わったとされている。このことからも足立と浅草との地縁の深さが伺えるが、鷲神社は、古代豪族で古墳造営と深い関わりを持っていた土師氏と関係が深い神社だとされている。一方、浅草寺を建てたのは、土師真中知(はじのまつち)という在地豪族であり、この点でも両地域の繋がりを見て取ることができ、興味深い。

尚、駿馬塚からは明治時代に陶棺(瓦棺)が出土しており、その経緯が「考古」という雑誌に報告されている。
残念ながら現物は伝わっていないが、駿馬塚が陶棺を装備した古墳だったとするならば、かなり末期の頃の古墳であり、浅草寺の創草時期とされている推古朝とそう違わない時期のものであったのかも知れない(中世の墓という可能性もあるが)。


関東大震災前後の駿馬塚(鳥居龍蔵『上代の東京と其周囲』磯部甲陽堂 1927より)。
当時既に削平されており、塚という風情ではなく、石の五輪塔と石碑によって、その場所を知ることができるといった程度だったようだ。恐らく陶棺が掘り出された際に盛り土は取り去られてしまったのだろう。

現在の駿馬塚。
家と家との間の細い路地の奥にあり、非常に分かりづらい。大正時代からそう変わらない様子ではある。

大正時代の写真と見比べてみると、塚上から五輪塔と石碑が外され、代わりに馬頭観音が祀られるようになったようだ。屋根も設けられて、大切にされている雰囲気である。

五輪塔は塚上から撤去されたものの、こうして脇に保存されていた。塚の来歴を記していた石碑は無くなっている。

北側から。
以前は家が建っていて見通せなかったらしいが、空き地になっており、駿馬塚の裏側を見ることができた。
塚というか馬頭観音を祀る基台は大正時代もそうであったが、石材を積み上げて構築されている。石室材が混じってたりするのだろうか?

台東区による説明板。
源義家伝説について説明されており、『江戸名所図会』に掲載されている挿絵も紹介されている。

『江戸名所図会』の挿絵(『江戸名所図会 巻六』博文館 1893 より)。
元々は小円墳風な塚であったことが分かる。尚、塚の右手から下にかけて川か湿地と橋が描かれており、これは周堀の名残か?恐らくこうした堀のような地形を伴うことから、東征する武将にまつわる伝説が生まれたものと思われる。

iPhoneのMapで上空から。
この画像では完全に住宅に取り囲まれてしまっているが、現在は北側が空き地になっている。
ただ、そこもいつまで空き地になっているか分からないので、駿馬塚を見るなら今が好機なのかも知れない。

投稿時間 : 14:19 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ 台東区橋場 妙亀尼塚

今日は久々に、鳥居龍蔵博士が、大正〜昭和初期に著書の中で、「古墳では?」と紹介していた、東京都内の塚&塚跡「鳥居物件」を巡る。

まずは橋場の妙亀(尼)塚。

この塚は、謡曲「隅田川」で知られる梅若丸伝説縁の地である。
梅若丸とは、吉田少将惟房の子で、人買いにさらわれて奥州へ下る途中、隅田川のほとりで没したとされる。
その梅若丸を探しにやってきた母がこの地に至り、我が子が既にこの世にないことを知って嘆き、髪を下ろして尼となり、「妙亀尼」と号して庵を結んだのだそうだ。
その妙亀尼を葬ったのが、この妙亀尼塚だとされている。
ちなみに、梅若丸を葬った塚というのも、隅田川対岸の木母寺に所在した。

かつて妙亀尼塚のそばには鏡ヶ池という池が存在し、この池の周囲には他にも釆女塚、蛇塚(首塚)といった塚が存在したらしい。今の所、特に古墳関連の遺物が見つかったというような話はないようであるが、鳥居博士はすぐ南にある浅草寺境内から石棺が出土している(伝法院庭園内に現存)ことから、これらの塚も古墳であったろうと述べておられる。


妙亀尼塚。
現状は2段築成の方墳風に整形され、小さな公園になっているが、周囲よりも小高く、盛り土自体はそれなりに残っている風であった。

2段目?は、溶岩で構築されたピラミッド風になっており、頂上に妙亀尼を祀った石祠が建っている。

そのピラミッド頂上から周囲を見渡すと、結構な高さがあることに気づく。

関東大震災直後の妙亀尼塚の様子(鳥居龍蔵『上代の東京と其周囲』磯部甲陽堂 1927 P224より)
形状は円墳風だが、高さは現状とそう変わらないように見える。
江戸時代位迄は、この塚上に庵が存在していたそうだ。妙亀尼の庵の跡地に塚を作ったとされているが、恐らく前後関係は逆で、塚上の庵を説明するための後付けっぽい。古墳かどうかは不明だが、少なくとも中世以前の塚であることは間違いなさそうだ。

iPhoneのMapで上空から。
周辺の住宅と比べてみても、元々は割と大きな塚だったように思える。

投稿時間 : 14:09 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月09日 浅草寺周辺の塚
 ■ 浅草寺〜鳥越神社 鳥居物件探訪
少々吹く風が冷たいものの、昨日に続き、中々の好天である。
昨日、上野のハードロックカフェで、MEGADETHのPVを眺めつつ、鳥居龍蔵博士が大正〜昭和にかけて、『武蔵野及其周囲』『上代の東京と其周囲』の2冊の著作で指摘されている、浅草寺周辺の古墳らしき塚の数々について思いを巡らせていた。今年の春に墳丘が残っているものについては一通り巡ってみたのだが、まだ浅草寺周辺には古墳跡と思しき場所が何カ所かあるようだし、また、古墳を崩した際に出土したとされる石棺も2つ境内に残っているとされる。

この石棺の内の一つは浅草寺住職の居宅となっている伝法院内にあることが分かっているが、伝法院は何がしかの行事の際か、寺が仏事等で使用しておらず、且つ暇な時以外は非公開であり、簡単に見学することが出来ない。今日も浅草寺庶務所の窓には、「仏事で使用しているため、伝法院の見学はできません」という札がかけられていた。
聞く所によると、土日はまず無理なのだが、平日なら見学の許可が降りることもあるそうなので、仕事を休んで平日に出かけてみるか、扇投げ大会等で立入りが許される機会が訪れるのを待つしかないようだ。
もう一つの石棺は、かつて本堂の裏手にあった念仏堂の庭に置かれていたそうだ。鳥居博士の『武蔵野及其周囲』によれば、江戸時代の文献『読老庵日記』に「船の手水鉢」として、次のような記述があるそうだ。

「浅草寺の手水鉢、往古は本堂の前にありけるとなり(江戸すずめ)(江戸名所記)等の書にも見へたり、近年いづれに移しけるか知れざりしに、此頃余友藤田金蔵なるもの彼地内にいたり古老を尋て問合はしたるになんなく所在知れたりけり、余一日至り見るに其長さ二間余、幅四尺許、今は船の形もさだかならず、其形は唯石の櫃のように見へける、故人の心つかず、かかる古きもの知らざりけるこれなげくべきにあらずや、今は本堂北念仏堂の庭の中にあり」(同書P123)

これによれば、長さ約3.6m、幅1.2mの細長い櫃状のものであったようだ。「船の手水鉢」と呼ばれ、元は船の形をしていたらしいので、これは船型石棺の成れの果てだったのかも知れない。大正時代には既に行方不明になっていたらしいが、境内の建造物の石材として流用されてしまったのだろうか?

このように、浅草寺周辺にはまだまだ興味深い物件が眠っているようで、今日は鳥居博士が著書の中で「古墳ではないか?」と指摘している「鳥居物件」を中心に、もしかしたら「船の手水鉢の残骸でも...」という淡い期待も込めつつ、浅草寺とその周辺を巡ってみることにした。

●浅草寺の怪しい物件

倅は私の父と遊びに出かけてしまったので、今日は久々に一人での散策である。
倅が一緒だと、場所によっては怪しまれないという強力なメリットがあるものの、やはりチョロチョロして危なっかしく、オチオチ目を離して古墳を眺めてられないというデメリットもある。また、遊具が設置されている公園を見かけようものなら、30分はそこで遊ばせなければならないため、古墳巡り的には無駄な時間をとられてしまったりする。その意味では、やはり一人は気楽で良い。

今日は一人なので、iPodでメタルナンバーを聴き、士気を高めながらの出撃である。
こんな天気の良い日は、やはりスラッシュナンバーに限る。本日は「スラッシュ四天王」のSLAYERと、「ジャーマンスラッシュ三羽烏」のSODOMをチョイス。スラッシュメタルというと、ヘヴィで激しく、高速なのと引き換えにメロディーは弱い傾向があり、SLAYERなんかはまさにその典型なのだが、SODOMはクサメロ大好きドイツ人だけあって、アニメ主題歌ばりのクサメロをSLAYERと同等かそれ以上の勢いとヘヴィさでゴリ押ししてくるという、いかにもドイツらしいバンドである。

音楽を聞きながらだと、退屈な地下鉄での移動もあっと言う間。仲見世通りを突き進むのはさすがにしんどいので、1本地下鉄の駅よりの空いている通りを通って、浅草寺を目指す。勿論、音楽は聴きっぱなしだ。
弁天山

通りを北上すると、以前このブログでも取り上げた弁天山が見えてくる。鳥居博士によれば前方後円墳とのことで、確かに今でも前方部の名残っぽい箇所が残っている。

浅草神社

浅草寺本堂を左手にみつつ、弁天山の先を進むと浅草神社に至る。土師中知、檜前濱成、武成という地元の豪族を祭神とする東京では珍しいタイプの神社である。土師氏と言えば古墳と関わりの深い氏族であると共に、武蔵国造家とも同族であり、古代豪族と古墳、古代寺院との関係が伺え、大変興味深い。もしかするとこの社殿も古墳の上に建てられているのではないだろうか?
檜前馬牧説明板

浅草神社境内西側に立っている。ここに書かれている通り、この地は古くから古代官牧の「檜前馬牧」の比定地の一つと考えられており、江戸時代まで馬市が盛んだった(浅草寺の東側を通る「馬道通り」はその名残り)等、傍証となるような事柄も多い。古代豪族、古墳、古代寺院、官牧と浅草は正に古代史ロマンの宝庫である。
淡島堂

江戸時代の境内図では、半円形の掘に囲まれており、円墳跡ではないか?と個人的に考えていた物件。現状は掘はなく、江戸時代の絵図でも特にマウンド上にあるようには描かれてはいないのだが、果たしてどうだろうか?
銭塚地蔵

江戸期の文献では「銭塚弁天」となっており、鳥居博士が古墳跡であろうとしている物件である。ここは今でも周囲と比べるとやや小高くなっており、マウンドの残りカスの上に建っているような雰囲気である。
銭塚地蔵

お堂の中には地蔵と白い石のようなものが祀られており、手前に置かれたチップのようなもので軽く叩いてお参りするのだそうだ。「カンカン地蔵」と呼ばれているらしい。
金町一家供養塔

銭塚地蔵の敷地内、地蔵堂の隣に「金町一家之霊」と刻まれた石碑が祀られていた。説明板がないので詳しい由緒は不明である。
銭塚地蔵敷地の様子

江戸時代に寛永通宝を埋めたという伝承があり、これが銭塚地蔵/弁天の由来であるが、鳥居博士は宮崎県の古墳を発掘した際に、経筒と共に古銭が出土した例を挙げ、古墳が後代に経塚等に転用されることがあり、ここもそうした例の一つではないかとしている。
銭塚地蔵裏手の様子

若干小高くなっているのが分かるだろうか? 確かに古墳に「カネ塚」「ゼニ塚」という名称がつく例も多く、また金鶏伝説等、財宝を暗示するような伝説が付与されている例も多い。これらは実際に塚を崩した際に副葬品の類が出土したことに由来すると思われ、寛永通宝を埋めたという伝承も、こうした財宝埋蔵伝承の一ヴァリエーションなのかも知れない。
銭瓶弁天

本堂の西側に鎮座しているが、元は本堂裏手の「奥山」に祀られていたようだ。上の銭塚弁天/地蔵と紛らわしいが、こちらは地下から銭の入った瓶が出てきたという伝承があり、鳥居博士は銭塚同様、奥山もまた古墳であろうとされている。

この他、伝法院境内にある石棺が出土したとされる熊谷稲荷跡を探してみた。これは本堂の裏手にあったのだが、江戸期の文献では熊谷稲荷は平地に鎮座しており、その背後にある秋葉社が塚上に鎮座しているように描かれている。塚が崩された明治期には秋葉社に代わって熊谷稲荷が塚上に移っていたのだろうか?
また、この塚は瓢形=前方後円墳とされているが、江戸期の絵図では円墳状である。絵図には反映されていないが、当時は僅かに前方後円形の高まりが残っていたのかも知れない。
現状該当地付近は全くの更地になっており、観光バスの駐車場となっており、どこがその跡地なのか特定することは出来なかった。次回は江戸時代の境内図を持参して、跡地を特定してみたい。
「船の手水鉢」は全く何の手がかりもナシ。さすがに捨てはしないと思われるので、今でも境内のどこかに残っているのではないかと思うのだが...。

●鳥越神社

浅草寺周辺には、他にも蛇塚だとか篠塚稲荷といった「鳥居物件」があるのだが、これは時間の関係でまた今度とし、SLAYERの高速ツーバスの響きにシビレながら再び地下鉄に乗り込み浅草橋へ。駅から10分程歩いた所に鳥越神社が鎮座している。ここには境内から出土したとされる蕨手刀が保存されており、「鳥居物件」の中では古墳跡の確度が非常に高い物件の一つである。
西南から

かつては「鳥越山」と呼ばれる小高い山だったそうだが、現状は周囲よりも若干小高くなっている程度である。どうも江戸時代に周辺の埋め立て用土として削られてしまったらしい。この社殿が載っている高まり自体が古墳だったのか、独立丘の上に古墳が乗っていたのかは不明だが、前者だとするとかなりの規模の古墳だったことになる。
鳥越神社西門

神社敷地が小高くなっているのが分かる。蕨手刀が出ているとなると、7世紀台の終末期古墳であったと思われる。東京都遺跡地図では台東区の9番(低地、古墳、消滅)としてプロットされている。
境内の様子

説明板や由緒書きでは蕨手刀に触れられておらず、写真が展示されていたりもしないのが残念であった。また7世紀台の古墳であれば、横穴式石室を有していた可能性が高く、石室材でも残っていないものかと思って探してみたが、それらしい物は見つけられなかった。
社殿裏手の様子

裏手は倉庫に改造されていた。多分、中に神輿が納められているのだろう。駒込の富士神社古墳の土台部分が似たような使われ方をしていたのを思い出した。こちら側から見ると道路からの比高は結構あるように見え、その昔はもっと大きな山であったという伝承も頷ける気がする。
鳥越神社大鳥居

鳥居の手前に小さな橋がかかっているが、この橋は「白鳥橋」という名である。社殿によれば日本武尊が東征の際にこの地に逗留されたのが鳥越神社の起源であるとされており、平安時代迄はこの辺りはこの故事に因んで白鳥村と呼ばれていたとされている。
説明板

日本武尊伝承や源頼義/義家の奥州討伐伝承等が語られている。因みに鳥越から隅田川を渡った対岸にある吾嬬神社(吾嬬の森)は日本武尊の妻で、三浦半島から房総半島に渡る際に海神の怒りを鎮めるため、海中に身を投じた妻の弟橘姫の遺品を葬った塚であるという伝承がある。

日本武尊の東征伝承や、源頼義、義家、義光の奥州討伐伝承は都内に広く分布しており、毛長川流域の古墳にもこれに関する伝承を有するものが幾つかある。私見であるが、恐らくこの種の伝承は本来全てが日本武尊を主人公とするものであり、これが時代が下るに従って、その時々の武人の名前に置き換えられていったのではないかと考えている。

例えば、毛長川流域古墳群のA群が所在する足立区花畑の鷲神社は、日本武尊東征の際の陣所であったとされる。
その西のB群(白旗塚古墳群)の白旗塚と竹塚神社(社伝によれば、昔は社殿の周囲を環濠が取り囲んでいたとあるので、古墳跡かもしれない)は源義家の陣所だったとされているし、白旗塚の西にあった甲塚は討ち取った敵兵の首実検をした場所であるという伝承がある。一方、さらに西方のD群(足立区入谷付近)にある白旗塚と同音の白幡塚は、戦国時代に岩槻城を攻める際の陣所となったとする伝承がある。こちらは具体的な人名は出てこないのだが、岩槻城を攻めたのは後北条氏か秀吉であり、どちらも白旗をシンボルとはしていないので、元は白旗塚と同様に、源氏伝承に由来する名称であると推測される。
つまり、同じ伝承が伝わっていたため、後に区別する必要から白幡塚には戦国時代の陣所という伝承に変えられたのであろう。これと同じことが、竹塚神社と白旗塚にも言えるのかも知れない。元々どちらも鷲神社同様に日本武尊の陣所という伝承があったため、後にこれらの塚は奥州征伐の際に源義家が陣所とした場所だと、主人公を変えられてしまったのではないだろうか?
そう仮定すると、白幡塚も元々は日本武尊の陣所であったという伝承があった可能性が浮上してくる。近隣に似たような伝承を有する塚があったために、時代と共に日本武尊→源氏→後北条氏 or 秀吉と陣所にした武将の名が変えられてきたのではないかと考えられるのである。

更に、竹塚神社の社伝から、これらの塚が陣所であると考えられるようになった背景には、「環濠」の存在があったことが推察される。古墳群所在地内の話しなので、この環濠とは古墳の周堀である可能性が高い。逆に言えば、この種の武将が陣所としたという伝承が残っている場所には、環濠を伴う小高い丘=古墳が存在する(した)可能性が高いのではないだろうか? 果たしてこの種の伝承と古墳の分布とが重なるものなのかどうか、今後じっくりと調べてみたいと思う。

投稿時間 : 23:18 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年03月04日 浅草寺周辺の塚
 ■ 浅草古墳群?探訪 其1

今週末は天気も良く、気温も高いということだったので、温泉旅行を兼ねて遠くの古墳でも見に行こうかと思っていたのだが、クレーム対応で急遽出社。午前中にとりあえずやるべき作業は終わる予定であったので、遠出は諦めて、午後から家族で浅草界隈に出かけることにする。

妻は最近サイクリングに凝っており、チャリで芝川(旧入間川)→荒川放水路→隅田川と川沿いに浅草迄走ってくるそうなので、私は倅を連れて職場に行き、予定通り仕事を片付けてから12時ちょい過ぎに王子を出発。1時前に浅草・雷門前に到着。
土曜ということもあり、雷門前は混雑気味。しかも聞こえてくる言葉は英語、ドイツ語、ロシア語、中国語、韓国語と国際色豊。日本語も標準語は店の呼び込み位で、周囲から聞こえてくるのは関西弁等の方言が多い。東京近郊に住んでいると普段は余り意識しないのだが、浅草が都内屈指の観光スポットであることを改めて実感した次第である。

やや遅れて妻も雷門に到着。
まずは腹ごしらえをしたいというので、伝法院裏手の妻オススメの煮込み屋にて、牛スジ煮込み丼を食す。
小さな店なので店内は既に満員。店先の路地に置かれたテーブルで食べたのだが、外で食べるのが全く苦にならないというか、むしろそれで丁度良い位の本日の陽気である。
注文するとスグに出てくるのもこの手の店の良い所である。白米の上に牛スジの煮込みがドッサリ載って500円也。
妻は「コラーゲン、コラーゲン」と呪文を唱えながら食べていたが、そういうことは置いといて旨い。ただ5歳の倅には不評で(当たり前か)、倅が残した分も妻と分けて食べたので満腹。なんだかこれからあちこち歩き回るのが億劫な気分になってきたが、それでは何をしに浅草くんだりまでやってきたのか訳わからないので、まずは浅草寺境内を目指す。


浅草寺観音堂

628年創建は、本当だとすると都内最古。一応境内からは奈良時代の遺構や仏具が出土しているので、あながちフカしているとも思えない寺伝である。本尊は628年に土師眞中知、檜前濱成・武成主従が隅田川で拾ったとする観音像であるが、これは秘仏であり、非公開。
五重塔前の銀杏の大木の根元が塚状になっていた。

『江戸名所図会』にもこのあたりに塚状の地形が描かれていたし、鳥居龍蔵博士の『武蔵野及其周囲』にも境内に幾つかの古墳と思われる土盛りがあったとされているので、もしかしたらこれもその名残なのかも知れない。
同じく境内の塚状地形

本堂北西の「奥山」と呼ばれる一角にあり、東京都教育委員会の説明板によると戸田茂睡という江戸時代の歌人の墓であるらしい。と、なると、これは江戸時代に盛土されたものなのであろう。

浅草寺境内には淡島社跡等、他にも「古墳跡かも」とアタリをつけていた場所があるのだが、予想以上に人出が多く落ち着いて見学できそうもないので、本日はパス。通常非公開の伝法院内にある古墳の石棺らしき物も申し込めば見せてもらえることが分かったので、次回、これの見学とあわせてチェックしてみることにして、一旦宝蔵門から外に出て、鳥居博士が「前方後円墳」であろうと推定しておられた弁天山へと向かう。

宝蔵門を出てスグに左に曲がると弁天山が見えてくるのだが、敷地的には境内と一体になっているにも関わらず、ここにはそれほど観光客もおらず、というか、墳丘上には誰もいない。


弁天山

確かに小高い丘の上に弁天社と鐘楼がある。裾が石垣で丸く整形されているので、こちらから見ると円墳っぽく見えるのだが、意外と規模が大きく、前方後円墳説にもうなづけるものがある。
墳頂をはじめ、墳丘やその裾にはこのような素焼きの焼物の破片が多く露頭していた。他に砂利やら瓦の破片なんかも見受けられるので、古墳由来のものではないっぽいが、埴輪片や土器片が混じっていたりしないのだろうか。
墳丘の南東方向に、ご覧のような突出部が見受けられた。前方部の残骸?
相当削られているらしいが、現状の見た目は上野公園の摺鉢山古墳っぽい。
前方部?から後円部?を見上げる。
こうしてみると帆立貝型の前方後円墳か造出付円墳のような雰囲気でもあり、掘り崩された前方後円墳の残骸のような雰囲気でもある。
南側から。

かつては弁天山を取り囲むように池が巡っていたそうで、江戸時代の絵図にも確かにそのように描かれている。また、大抵は弁天山を寸胴な瓢箪型か、円丘に小さな突出部のついたような形状で描いており、周掘を巡らせた前方後円墳を連想させる。

弁天山の墳丘上には砂利が多く敷き詰められていた。後で訪れる待乳山もその基底部は砂利山だと言われており、このことから待乳山は武蔵野台地から切り離された洪積台地の残丘=自然地形であろうとされているようである。弁天山の砂利も最近撒かれたものではなく、元からのものだとすると、弁天山もそうした残丘の一つなのだろうか?
それとも待乳山付近の砂利混じりの土を造って積み上げたものか?
自然地形だとしても、その上に盛土して古墳を築造する例も多いので、これをもって一概に弁天山は古墳ではないとは言えないと思うが、もしそうした自然の残丘上に盛土して古墳を築いたのであれば、この界隈の古墳の中では初期に築かれたものであるのかも知れない。

さて、弁天山の南側の池を埋め立てた跡は児童公園になっている。
弁天山を見学している間、倅をここで遊ばせていたのだが、「そろそろ次に行こう」と言っても「もっとここで遊ぶ!」の一点張りである。しかも妻は「そろそろ帰って夕飯の支度をする」とのことで、ここで撤退。妻に倅を託して私は古墳巡りという手が使えなくなってしまったので、どうにかこうにか倅を説得して、待乳山聖天を目指す。

しかし、ここで思わぬ伏兵が現れた。
隅田川沿いに待乳山へ行こうとしたのだが、川沿いの公園内に児童遊具が充実した一角があったのだ。
当然倅は「ここで遊ぶ!」と言い出したので、仕方なく暫く遊ばせることにする。再び倅を説得して移動を開始する迄、トイレだのジュースだの手洗いだの何だのかんだので結局1時間近くとられてしまった。

そんなこんなで、弁天山から1時間ちょいかけてようやっと待乳山に到着。ここも鳥居博士が『武蔵野及其周囲』で「前方後円墳であろう」としている場所である。


待乳山聖天

コンクリ壁で取り囲まれてはいるが、かなり高さのある丘の上に鎮座している。隅田川岸という立地からするとかなり不自然な地形であるが、洪積層の残丘=自然地形であろうとされている。これは戦前から地質学者の間で唱えられていたらしく、鳥居博士も「基底部は自然の残丘であろうが、その上に若干の盛土をして前方後円墳を築いたのではないか」との説を述べられている。
社殿の土台は現在方形に整形されているが、江戸時代の絵図では円丘状に描かれている。そしてこの丘を側面から見てみると、南北に細長い形状で、元円丘状の部分から一段低い突出部が南西方向(写真右手)に出ているような雰囲気で、前方後円墳のように見える。
後円部?裾から前方部?方向

土台は自然地形らしく、仮にこれが古墳だとしても、どこからが人工の盛土なのか、現状では全く分からなくなっているが、仮にこの丘全体を墳丘に取り込んだとするとかなりの規模である。既に江戸時代には浅草寺を開いた地元の豪族・土師眞中知の墳墓説が唱えられており、規模からしても古墳だとするとこの界隈の古墳群の主墳であろう。
前方部?端から後円部?を望む。

ご覧の通り、前方部っぽい箇所は後円部?よりもかなり低くなっている。日本堤築堤の際に待乳山の土が使用されたと言われており、また江戸時代初期の地誌『江戸砂子』では、この部分も後円部?と同じ位の高さがある二子山状に描かれているので、原型からはかなり削られているのかも知れない。
後円部?から前方部?を望む。

前述の通り、待乳山は今日に至る迄の間にかなり削られているようで、『江戸砂子』に描かれた二子山状の形状が本来の形状であり、被葬者と言われている土師眞中知が浅草寺の寺伝の通り、7世紀前半代の人物であったとすると、最末期の前方後円墳であったと考えられ、墳丘に埴輪が見当たらないことと合致するかも知れない。果たして浅草寺の寺伝はどこまで真実を伝えているのであろうか?

待乳山は「眞土山」とも書く。周囲の地質と異なり、土で出来ている山ということで、いかにも人工の盛土であることを想起させる名前だし、古墳と関係の深い古代豪族・土師氏の伝承が伝わっている点、前方後円形の外観を有している点等、いかにも怪しい場所であるが、『台東区史』では古墳ではなく、自然地形の丘であろうとしている。確かにこれ迄、古墳に由来するような遺物の出土は知られていないのだが、伝承によればその昔、待乳山から「金の龍」が出たことがあるそうである。浅草寺の山号「金龍山」はこれに由来しているのだが、これは金銅装の馬具や冠の一部等、古墳の副葬品ではないのだろうか? 例えば馬具のF字鏡板等は、それ単独で見れば龍っぽく見えないこともない。あくまでも伝承上のことであり、しかも出てきたのは「金の龍」という今一つ掴み所の無いものではあるが、こうした特別な物が出たという伝承が伝わっていることもまた、古墳説を補強する材料の一つではないかと思う。

待乳山の次は、東にちょっと歩いた所にある通称「お富士さん」と呼ばれる浅間神社に向かう。
が、しかし、待乳山の西側が児童公園になっていたため、ここでも倅を遊ばせるために足止めをくらう。
今回は30分位で切り上げて頂き、通りを東に進むと、小高い土台の上に鎮座している浅間神社が見えてきた。
小学校と警察署の真ん前である。


今は境内に若干の溶岩が残るのみであるが、かつてはここに富士塚が築かれていたそうである。今でも6月30〜7月1日にかけて「お山開き」が行われるのだが、現在は山がないために植木市が開かれるという変わりダネである。現状は全く古墳のようには見えないが、『江戸名所図会』によれば、元々小山になっていた所に富士塚を築いたとあるので、土台部分は古墳の墳丘を加工したものであった可能性があるのではないかと思う。
墳丘上は平らに均されており、浅間神社の社殿と集会所のような建物が乗っている。また、墳丘北側は住宅によってクランク状に切り取られており、東側も切り取られている風なので、元々の規模はもっと大きなものであったことが伺われる。

浅間神社を後にして、最後に駿馬塚跡地を見て帰ることにする。
『江戸名所図会』では小さな円墳のように描かれており、明治時代に陶棺が出たことから、古墳の可能性が高い物件である。墳丘は既に削平されているらしいが、跡地に石碑が残っていると聞いていたのだが、該当地附近にはマンションが建てられており跡形も無くなっていた。もしかしたら事前に調べておいた住所が間違っていたのかも知れないので、ここも次回探訪時に聞き込みをする等してみるつもりである。

ここで時計をみると午後4時30分。浅草東北方の橋場や対岸の立花、牛島等、他にも見ておきたい場所はあるのだが、時間的にちょっと厳しそうなので、本日はここ迄。浅草寺周辺のものしか見られなかったが、それでも古墳と思しき塚、しかも前方後円墳らしきものを目にすることができた。もっとも、弁天山も待乳山も過去に何度か行ったことはあるので、「古墳かも知れないという視点で」目にすることが出来たという次第であるが、改めてそういう視点で見てみると、浅草とは非常に興味深い土地である。もしこれらの塚が古墳であることが確認されれば、浅草寺のような古代寺院との関わり、土師氏伝承との関わり等、東京の古代史を考える上で新たな材料を提供してくれることになるだろう。未見の物件を含め、また時間を作って再訪してみるつもりである。

投稿時間 : 00:21 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月27日 隅田川流域の古墳
 ■ 浅草寺縁起に見る古墳の影

浅草寺と言えば東京を代表する古刹であるが、具体的にどれ位古いのかは、恥ずかしながらつい最近まで知らなかった。
幾つかの古墳本や鳥居博士の著作に触発されて、浅草寺周辺の古墳について調べる過程でそれを知ることが出来たのであるが、寺伝によれば推古天皇36年(628年)とのことである。

まあ、寺伝というのは大抵はオボロゲなもので、話し半分どころか何の確証もない場合が多いのであるが、浅草寺は一味違う。戦後、戦災で焼けた本堂や五重塔を再建する際の発掘調査で奈良〜平安時代の遺構が検出されたのだ。須恵器の仏具や和同開珎が出土しており、奈良時代には既に寺院として機能していたらしい。寺伝が伝える草創の時期とは尚100年の差があるが、ある程度近い年代の遺構が出ているとなれば別段フカしている訳でもないのかも知れない。縄文晩期や弥生時代の遺物も見つかっているそうなので、浅草は東京低地の中でも割合に早い時期から陸化していたと思われ、今後の調査でより古い時代の寺院遺構が見つかる可能性はあるだろう。

このように、浅草寺の寺伝は100%ではないにしろ、草創当時、即ち7世紀前半代の出来事が伝えられている可能性がある。7世紀前半と言えば、まだ古墳が造られている最中だし、関東ではギリギリ前方後円墳も築造されている時期である。何か古墳に関する手がかりとなる記述でもないだろうかと、浅草寺の寺伝を詳しく見てみることにした。
寺伝の概略は様々な書物やウェブサイトに記されているが、ここはやはり浅草寺のオフィシャルなものを参照したい所である。何かそういうものがないかと探してみると、少々古い本だが、『南無観世音 金竜山縁起正伝』(金竜山縁起編修会編 芳林堂 1912)という本を見つけた。「金竜山縁起編修会編」だし「正伝」とあるからには、これが浅草寺公式のものであろう。

同書には浅草寺の始まりについて、次のように書かれている。

人皇三十四代推古天皇の御宇三十六戊子年三月十八日癸丑の朝、碧空雲消えて蒼溟に風静かなり 爰に土師眞中知(はじのまつち)といへる人その家臣檜前濱成武成(ひのくまのはまなり・たけなり)といへる二人の兄弟を随へ一葉の扁舟に棹し江戸浦に出でて釣を垂れ網を引く業をなしけるに 宮戸川(往昔は駒形堂の地前は宮戸川と云ひて海に近いかりける由舊記に見ゆ)の河口にして 覚へず観自在尊の霊像のみ網にかかり放魚はさらに獲ざりしかば 爰に蜑のたく縄くり返しまた異浦にうら伝ふといへども七浦の浦ごとにさながら同じ観音大士の霊像のみかかり給へり 依て主従三人の者はうち驚き機縁の浅からざるを思ふにつけ信心ふかく催されて その尊容を拝し奉るに 寳冠瓔珞蕩々として金色荘厳篤々たり 左の御手に蓮華を持たし 右の御手には無畏を施し給ふ 五彩の瑞雲たなびき渡り 四華の露香ばしく 数行の涙止め難かりき 三人のもの霊像を抱きまつりて急ぎ磯邊に上陸し 直ちに草を結びて形ばかりの蘆の丸屋をつくり 心ばかりはすみ田川濁りにそまぬ蓮の臺とぞなしたりける(同書PP18-19)

この観音像は金色の5.5cm程の小さなものらしく、現在も本尊として現存しているらしいが、「秘仏」のため公開はされていない。これを調べられれば寺伝のウラをとれるのではないかと思うのだが、秘仏とあれば仕方がない。そもそも東京大空襲で本堂が焼けた際、無事に済んだのであろうか? まあ、7回場所を変えて網を投げても、その都度網にかかって現れるような仏様だから、米軍の爆撃程度でやられることはなかろう。

また、隅田川流域には、戦争寺以外にも川から見つかった仏像を本尊とした寺院の伝説が多い。足立区〜荒川区の「千住」という地名も、隅田川から千手観音像が見つかったことに由来するという伝承がある。他にも足立区や北区の隅田川沿いには、川から見つかった仏像の話しだとか、流木から仏像を造った話しが多く伝わっているが、大抵は浅草寺縁起が伝える時代よりは新しい時代の出来事だとされている。
浅草寺の伝承が最も古い時代だとされていることから考えると、隅田川流域のこの手の話しの元ネタは浅草寺の伝承で、これが次第にその土地土地の伝承に変化していったとも考えられるが、こうした話しが広まる契機として、隅田川から仏像が見つかったことはあったのかも知れない。それも一度だけでなく、複数回。流木を加工して仏像を造った話しを加味すると、完成品だけでなく、未完成の品も流れてきたのではなかろうか?
例えば、その昔、隅田川/入間川の上流の方に仏師が住んでいて、気に入らない出来の仏像をその職人気質から、

「こんなモノは、こうだっ!」

とばかりに隅田川に投げ捨てていた。それが時折下流の人に拾われて、上のような伝説が生まれることになったのかも知れない。

閑話休題。628年創建という古さもさることながら、その創建に関与したとされる古代豪族の名が出てくるのが興味深い。関東の寺院には鎌倉〜戦国時代頃の武将によって創建されたとされるものが多いので、これは異色と言える。しかも埴輪&古墳職人の土師氏である。土師氏のような古墳の造営や祭祀に関わった豪族は、古墳造営が下火になってからは、その技術を寺院建築や仏像の作成に振り向けるようになったと言われており、7世紀代の寺院の創建に土師氏が関わっていたとする浅草寺縁起は、その点でもリアリティのある話しと言えよう。
この浅草の豪族、土師眞中知について、同書は次のように記している。

抑も此の土師臣眞中知といへるは 都にてやんごとなき職司を有せるものなり しかど故ありて武蔵なる今の地に流浪(或書には故ありて左遷の身となり云云とあり)し來りける 日本紀に云へり垂仁天皇三十一年野見宿禰に始て土師臣の姓を賜ふと 野見宿禰は天穂日命第十四世の裔にして眞中知も土師臣の姓を冒すものなれば其遠孫なるおと言ふまでもなし 又其姓名より推すときは素より常人にはあらざること亦た明らかなり
 土師眞中知の事に就き思出草に説あり
縁起に土師眞中知とあるは眞は直の誤ならん 又眞人の人の字の欠たるならんという説あれども 皆憶測にして土師の氏に直及び眞人の姓あることをきかず 土師氏は連或は宿禰の姓なり 眞中知は三字の名にしていにしへには多くあることなり 眞を姓とするゆえに中知をナカトモとよみたるはいかにも後めきたる訓なり 余林祭酒(林大学頭を指す)の蔵せられし紫の一本の古本を見しに 眞中知にマツウチと仮字をふりあり 之によりて考れば今のマツチ山は彼眞中知の舊宅の地か、もしくは墳墓の地なるべし まつち山は本龍院の縁起にも此寺推古帝五年に創立せりとあれば眞中知の謫せられし時に當れるににたり 余はこの説を賛襄す云々
 又夢跡集にも「ある人の云く」として
土師眞人中知の陵は金龍山なる今の眞人山(まちやま)と云う云々(同書PP19-20)

寺伝に直接記されている訳ではないが、江戸時代の国学者・林大学頭の説として、浅草寺そばの待乳山の名は土師眞中知に由来し、しかもその墳墓ではないかというものが紹介されている。
埴輪を造った野見宿禰の子孫で、古墳の造営や祭祀に深く関わったとされる土師氏+墳墓。古墳の影がちらちらと見えてくるようではないか。
また、野見宿禰と言えば相撲が強かったのでも有名で、両国の国技館のそばには相撲協会によって「野見宿禰神社」が祀られている。そもそも浅草から程近い両国の地に国技館が建てられたのは、もしかするとここに土師氏伝承が伝わっていたからなのかも知れない。

一方、土師眞中知の家臣とされる、檜前濱成・武成兄弟について、同書は次のように記している。

土師眞中知の家臣といへる檜前濱成武成の兄弟二人は主なる人の武蔵なる僻陬の地に流浪するに至りしを悲み 元来忠義無二、操節金鉄のますら雄なりければ其跡をしたひつつ當国へは來られるなり
 親選姓氏録に檜前舎人連と云々 檜前ヒノクマと訓む、さるを前を熊と改めし者鮮からず 続日本紀に檜前舎人直由加麻呂武蔵国加美郡の人にして土師氏と祖を同するとあり
 又延喜式兵部省諸国馬牛の牧の中にも武蔵国檜前馬牧とあり是等によるときは濱成武成も此国の人ならんか
(同書P20)

延喜式に見える「檜前馬牧」を浅草寺の伝承からこの地に比定しているのが興味深い。
浅草寺の東側には今も「馬道通り」があるが、江戸時代迄ここに馬市が立ったことは『江戸名所図会』等の江戸期の文献から知ることが出来る。また、隅田川対岸の本所・牛島の地名は古代の牛牧に由来するとされている。これらが本当に古代官牧に由来するものであるならば、これまた凄い話しだが、「延喜式」の記述にインスパイヤされて、檜前濱成・武成の人名共々捻り出されたものではないか? という疑念は拭いきれない。「眞中知」という名が林大学頭も言っているように、非常に古風な印象を与えるものであるのに対し、「濱成・武成」は平安以降の武士や公家の名前のような印象を受け、とってつけた感は否めない。

名前はともかくとして、この地に土師氏とその同族である檜前氏の伝承がセットで存在しており、古代寺院や古代官牧の存在が伝えられているのは面白い。寺院は発掘調査である程度寺伝を裏付けるような遺構が検出されているので、もし官牧も実在していたならば、寺院や牧場は一朝一夕に出来るものではないから、浅草は相当古くから開けていた土地であったと考えられるし、古代寺院や官牧を造り、運営できた技術の土台としての古墳築造の技術とその成果である古墳の存在は、むしろ当然とも言えるのではないかと思う。
このように、私は浅草寺縁起に古墳存在の影を見る訳であるが、果たして待乳山や弁天山が古墳であるのかどうか、解明される日が一日も早く来ることを祈る次第である。

投稿時間 : 22:22 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月21日 古墳本
 ■ 『上代の東京と其周囲』

『武蔵野及其周囲』の所で触れた、鳥居龍蔵博士のもう一つの著作『上代の東京と其周囲』も入手した。こちらは前作よりも更に古墳濃度が高い。目次を書き出してみると、

一 上代文化史上より見たる上野台
二 不忍池に就いて
三 『江戸砂子』に見えたる古墳
四 東京市内の古墳調査巡回の記
五 神田駿河台の大塚
六 梅若塚の感想
七 芝公園内の古墳
八 芝公園の貝塚の遺跡とその土器
九 金杉橋付近から出た二個の土製網の錘に就いて
十 武蔵野のメンヒル
十一 立石村の石棒
十二 立石村の埴輪土偶に就いて
十三 立石村附近原史時代の遺跡
十四 震災と東京府下の先史・原史時代の遺跡
十五 下渋谷の竪穴
十六 武蔵野の横断
十七 兒玉郡の先史・原史時代概論
十八 御嶽の有史以前
十九 坪井博士と北吉見の横穴に就いて
二十 筑波山頂の立石に就いて
二一 宇都宮から雀宮まで

東京都区部古墳マニア、特に東京低地の古墳マニアには前評判通りの鼻血物の内容となっている。
従って、紹介されているのは「古墳かもしれない」物件が殆どで、東京低地の古墳に関しては、第十二章「立石村の埴輪土偶に就いて」で触れられている葛飾区の南蔵院裏古墳以外は明確な遺物の存在すら明らかになってはいないのだが、鳥居博士が諸々の状況証拠から「古墳であろう」と推理していく過程は、読んでいて非常にエキサイティングである(来歴のはっきりしない塚を片っ端から古墳認定しているきらいもあるが)。
そして面白いのが、掲載されている写真の多くは、当サイトで多くお目にかけているような「古墳カス写真」「古墳跡地写真」なのである。
この本が出版されたのは昭和二年だが、原稿の殆どは大正時代に書かれたものである。今と違って、カメラもフィルムも高価なものであった時代に、当時殆ど誰も注目しておらず、その存在すら疑われていた東京低地の古墳群の、しかもその跡地にまで丹念に目を配った博士の姿勢に、郷土東京への深い愛情と、関東大震災後の復興と再開発によって、調査もされぬまま次々と姿を消していく古墳の多さを目の当たりにした博士のあせりとを感じずにはいられない。そのお陰で、今日、いつの間にやら消えてしまった「怪しげな物件」の存在を詳しく知ることが出来る訳で、学史的な評価は分からないが、古墳マニアの視点からすると、正に「名著」である。

同書に記された東京低地の古墳と思しき塚を書き出してみると、

・将門塚(大手町) ・兜塚(兜町) ・金子塚(麹町) ・小野照崎神社境内の塚(下谷) ・篠塚稲荷社(浅草) ・浅草寺裏の蛇塚 ・浅草寺境内弁財天社 ・浅草寺境内銭塚弁財天 ・浅草寺境内熊谷稲荷 ・浅草寺弁天山 ・待乳山(浅草) ・駿馬塚(浅草) ・総泉寺妙亀尼塚(橋場) ・総泉寺釆女塚(橋場) ・総泉寺首塚(橋場) ・業平塚(本所) ・梅若塚(隅田) ・牛島神社隣の塚(隅田) ・秋葉神社(隅田) ・吾妻森(立花) ・櫂塚/漂知塚(立花) ・小塚原飛鳥社(荒川区のスサノオ神社) ・関屋塚(千住) ・青砥左衛門尉屋敷跡(青砥)

同書に掲載されている将門の首塚

関東大震災の数ヶ月後に撮影したそうだ。
このあと、塚は削平されて大蔵省の建物が建てられ、更にこれが取り払われて現在のような姿になったと思われる。
後ろから見た将門塚

明治時代に書かれた『平将門故績考』(織田完之著、碑文協会 1907)では円墳のように描かれていたが、こうしてみると小型の前方後円墳のようにも見える。震災後に発掘して石室が検出されたと伝えられているが、発掘されたことは『上代の東京と其周囲』本文中にも記されているのから、恐らくこの写真は調査後に撮影されたものであり、発掘調査の結果このような形になったものと思われる。

このようにかなりの数に登る。
青砥の物件は戦後の調査で古墳ではないことが判明したらしいが、その他のものは既に消滅してしまったものを含めて未調査である。古墳か否かの判断は今後の調査を待つより他にないが、鳥居博士の軌跡をなぞって、これらの塚/塚跡を巡ってみるのも楽しそうである。

投稿時間 : 23:44 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
12