古墳本 アーカイブ

|記録帳TOP|


2009年04月11日 旧入間川流域の古墳
 ■ 植水古墳群 八百比丘尼伝説
近所の書店の郷土史コーナーで、左の本を見つけた。
埼玉の郷土史本の大御所、さきたま出版会のさきたま文庫66『慈眼寺」である。
慈眼寺はさいたま市西区の佐知川〜水判土にかけての旧入間川左岸(現在は鴨川の右岸)の台地上に分布する植水古墳群の只中にある古刹であり、境内地内にはかつて慈眼寺裏古墳、慈眼寺脇古墳、浅間山古墳の3つの古墳が所在していたことで知られている。
何か古墳について書かれていないかと思って買い求めてみた所、興味深い記事を見つけることができた。
同社出版の塩野博著『埼玉の古墳[北足立・入間]』のP119でも触れられているが、かつて境内地内から石櫃が見つかったという伝説があるのだ。
石櫃となると、古墳の石室か石棺の類が出土した可能性も考えられるだろう。

寛保三年(1743)刊行の菊岡沾凉『諸国里人談』では、それについて次のように記しているそうだ。

「又武蔵国足立郡水波田村慈眼寺仁王門の傍榎の木の伐株あり 周り二丈あまり 筵六畳を敷なりと これ若狭の八百比丘尼の栽たる木なりと云伝へり 茲に又 掘出しの地蔵といふあり 近年土中より掘出したる本尊なり その石櫃に八百比丘尼 大化元年と彫たり 大化は三十七代孝徳帝の年号にして 寛保まで凡一千百余歳なり」(さきたま文庫66『慈眼寺』さきたま出版会 P37)

また、水判土の口碑として次の説話を紹介している。

「八〇〇歳の時に当地に立寄り、善政を施していた当地のお殿様に残りの二〇〇歳の命を差し上げ、自らは紫金の地蔵尊を抱いて亡くなった。また、現在の石碑は比丘尼が亡くなった場所に建てたものと比丘尼終焉の地であるとの口碑も残っている。」(同書PP37-38)

八百比丘尼とは、若狭の国の娘で、人魚の肉を食べたために不老長寿の身となり、800年生きたとされる女性のことで、彼女にまつわる伝説は慈眼寺だけでなく、我が地元の鳩ヶ谷を含め、埼玉にも多く分布している。

さて、『諸国里人談』では慈眼寺のどのあたりから石櫃が出たのかは記されていない(「茲に又」を慈眼寺そのものではなく、仁王門と捉えれば、仁王門のそばか?)が、地元の口碑では現在石碑が建っている場所が、八百比丘尼が亡くなった場所であるとされているので、もしかすると石櫃が出たのはその辺りなのかも知れない。
尚、1830年完成の『新編武蔵風土記稿』の慈眼寺境内図では仁王門の右手、門前を通る道(現県道56号線〜水判土堀之内遺跡へ通じる道)とそこから北へ向かう道とが交差するT字路の角の南側に「八百比丘尼石碑」として石碑が描かれているが、現在は本堂東側の畑中に祀られている。
この場所は慈眼寺脇古墳があったとされる場所であり、この石櫃は慈眼寺脇古墳かそれに隣接して存在した未知の古墳に伴うものだったのかも知れない。

この畑の中の石碑、祠の中に祀られており、以前の探訪で目にはしているのだが、まさか古墳関連のものとは思わなかったので碑文を読むことまではしなかった。そこで改めて八百比丘尼の石碑を見学すると共に、過去2回の探訪で省略していた植水古墳群の古墳跡を訪ねてみた。


水判土堀之内遺跡
鴨川の現流路(旧入間川の流路跡)と鴨川の旧流路に挟まれた中州のような場所にある。発掘調査で周溝外径15.9mの円墳跡一基が検出され、「堀の内古墳」と命名されている。写真奥の宅地のあたりか?

iPhoneのMapで上空から。

写真上部で蛇行している鴨川旧流路と現流路(旧入間川流路)に至る間が遺跡範囲。この範囲内のどこで見つかったのかは良く分からないが、比較的新しく開発されたっぽい場所は、遺跡内を横断する道路の南側に細長く伸びる宅地位しかなさそうなので、このあたりなのではなかろうかと睨んでいる。

水判土堀之内遺跡から浅間山古墳跡を目指す。
水判土堀之内遺跡から西に進む道は旧入間川の流路跡のようで、今でも周囲よりも気持ち低くなっているような気もする。

上空から見ると旧流路跡が良く分かる。
赤いピンが刺さっている所が浅間山古墳跡で、こうして見ると旧入間川の流れを望む台地際に築かれていたことが分かる。

「慈眼寺絵図」(さきたま文庫66『慈眼寺』さきたま出版会 P22より)
正徳六年(1716)に描かれたもの。T字路の角に盛り土が描かれており、これが浅間山古墳であると思われる。図の下部を横断している道のT字より左側が県道56号線で、右側が上の写真の道である。

尚、『慈眼寺』のP15では、この盛り土について、

「東南の隅に盛り土を描いている。古墳であろうとの推測もあったが、、現在の鐘楼を建築する際の工事中の所見では、周りに堀はなく、版築もしていない盛り土であり、民間信仰による塚であった。塚の多くは江戸時代後期に築いている。中期の塚は珍しい例であった。」

と記しているが、現在の鐘楼は仁王門より南側に出ていないから、この図の土盛りが描かれている場所とは位置が合わないのではないだろうか? この土盛りは明らかに仁王門よりも南側に、T字路の角に描かれており、この場所は現在県道の真下になっているものと思われる。従って、現在の鐘楼の場所にあった盛り土はこれとは別のものであったのではないだろうか? それとも、浅間山古墳とされてきたものは、実は近世の塚だったのだろうか?
まあ、遺跡地図の類には「古墳かも」といった程度のものも載っており、その後の調査で近世の塚であったことが判明したものもあるので、浅間山古墳もそうした例の一つなのかも知れない。
一方、次にあげる『新編武蔵風土記稿』(文政13年=1830)掲載の境内図には特に塚らしいものは描かれていないので、鐘楼のあった場所の盛り土はこれ以降に盛られたものという推察も成り立つかも知れない。

新編武蔵風土記稿の慈眼寺境内図。
こちらは文化〜文政(1804〜1829)に調査した結果を1829〜1830に纏めた地誌なので、上図の約100年後の様子が反映されているものと思われる。丁度T字の部分が中央に描かれているが、正徳の境内図では描かれていた浅間山がこの図では見られない。単に省略されただけかもしれないが、この間に大きく削られてしまったのかも知れない。
尚、図の下部中央に「八百比丘尼石碑」のタイトルと共に石碑が描かれており、元々は現在とは違う場所に祀られていたことが分かる。
こうして見ると、石櫃は浅間山古墳を崩した際に見つかったものなのでは?という気もしてくる。

浅間山古墳跡。
どうやら県道56号線建設に伴って消滅したようだ。上にあげた2つの江戸時代の境内図から推察するに、丁度道路のあたりに浅間山古墳があったものと思われる。

江戸時代の道筋と現在道との関係。

赤い線が江戸時代の境内図に描かれている道筋。
現在の県道は慈眼寺前から北東に向けてカーブして通っているが、江戸時代の道は、そのまま南東方向に直進していた。従って、浅間山古墳があった場所は、現在水判土交差点となっているあたりであったと思われる。

緑色の印は『新編武蔵風土記稿』の境内図で八百比丘尼石碑が描かれていた場所。

本堂東隣の畑地。
慈眼寺脇古墳はこのあたりにあったとされている。写真左手に写っている小さな祠が八百比丘尼の石碑を祀っている祠である。地元の口碑によれば、ここが八百比丘尼が亡くなった所=埋葬した場所ということになる。祠の右手に小さな土盛りがあるが、これは何?

八百比丘尼の石碑を祀る祠。
慈眼寺の寺伝によれば、石櫃ではなく、石碑が仏像と共に見つかったと記されており、それは享保八年(1723)の陰暦4月下旬とのことである。『諸国里人談』の記事と併せて考えると石室乃至は石棺の石材を利用して石碑を造ったということなのかも知れない。

八百比丘尼石碑。
石質は安山岩とのこと。古墳の石室乃至は石棺材の転用?

所々剥落していて読みにくいが、

「八百比丘尼守護佛 延命地蔵菩薩出現之墟 大化元年乙巳歳」

と刻まれているそうだ。大化元年(645)とは八百比丘尼の生年。まだまだ古墳が造られていた時代の生まれである。
従って、亡くなったのは1445年(文安2)ということになる。

慈眼寺脇古墳跡。
遺跡地図を見るとかなり本堂寄りの所にプロットされているので、この辺りか?
「一部残存」とされているが、現状では特に古墳跡のようには見えない。

iPhoneのMapで上空から。

赤いピンは遺跡地図から推定した慈眼寺脇古墳跡の位置。
八百比丘尼石碑の祠は画像右手の畑脇に小さく白く写っている。祠脇の土盛りは数年前に訪れた時から変わっていない様子なのだが、単に残土を積んだものなのだろうか?

地元の口伝を信じれば、八百比丘尼の葬地=石櫃が見つかった場所はここということになるのだが、石碑の碑文は「八百比丘尼守護佛 延命地蔵菩薩出現之墟 大化元年乙巳歳」であり、仏像及び石櫃乃至は石碑が見つかった跡に建てたとある。これと新編武蔵風土記稿の境内図では浅間山古墳跡地の前に石碑が建てられていたこととを併せて考えれば、ここではないのではないだろうか?

その新編武蔵風土記稿では仏像や石碑について次のように述べている。

「地蔵堂 黄金仏にて長一寸八分。伝え云、此像は八百比丘尼の守護佛にて、寿地蔵と呼べりと。門外に石標を立て其旧跡なることを示す。此像も中古荒廃より以来、何れへか失ひて見えざりければ、代々の住僧深く是を愁へ、諸方を尋ねけれども求め得ざりしに、享保年中はからず境内土中より堀出せしと云。其形岩洞の内に安じ、岩の裏に孝の字かすかに見ゆ。其左右に八百比丘尼大化元年とありしよしなれど、秘仏なりとて見ることを許さず。又、かの尼が手づから植し木あり。先年枯れて今仁王門の庇の下に片寄てあり。太さ五囲に余り、木理槙の木と見ゆ。彼尼が植たることは姑く置きて、いかさま数百歳をへしものと思はる。さてこの尼は上古若狭国にありて常に延命地蔵を信じ、一千の小石を集めて多年の供養を重ねしかば、其功徳により悟道徹底し、遂に人間の縁を免れ、妙齢不老にして八百歳の寿を保てりと云。或は云、彼尼は若州小松原の産なりしが、幼時父海浜に釣して怪き魚を得たり。即ちこれを食はしめしに、夫より年を重ずといえども容貌衰へず。同国後瀬山の麓、空印寺境内の岩洞に隠れ住、遂に八百歳に及ぶ。故に人呼てかく名付くと。肌膚至て白かりければ、一に白尼ともゆふ。宝徳年中洛に至り、常に源平盛衰のさまなど面のあたり見たりとて、物語せしと云。宝徳より大化元年まで八百年に余れば、計へ来てかくは呼しなるべし。いかにも妄朧の説に似たれど、旧く言伝ふることなれば、若狭国志等によりてほぼその伝をしるしてきぬ。」

やはり、境内図に描かれている場所がその旧跡であるとのことである。
また、正徳六(1716)の境内図には浅間山古墳が描かれていて、新編武蔵風土記稿(1830)の境内図には描かれていないことからしても、浅間山古墳を享保八年(1723)に崩した際に石櫃が現れ、その石材で石碑を作って浅間山古墳前に建てたというストーリーが頭をよぎる。

ただ、「其形岩洞の内に安じ、岩の裏に孝の字かすかに見ゆ。其左右に八百比丘尼大化元年とありしよしなれど、秘仏なりとて見ることを許さず。」とあるのが気になる。刻まれている文言がほぼ同じことから、この「岩洞」が『諸国里人談』でいう「石櫃」のことではないかと思われる。一寸八分(約5cm)の仏像が収まっている岩洞となると、それ程大きな物とも思えず、石櫃は古墳の石室や石棺ではないという気もする。
現在の鐘楼の場所にあった盛り土が、古墳ではなく近世のものと見られることは前述の通りだが、石櫃/岩洞はこの塚と併せて江戸時代中期に造られたものという可能性もありそうだ(石材自体は付近の古墳を崩した際に出てきた石材を流用した可能性はあるかもしれないが)。

以下に慈眼寺の八百比丘尼伝承関連の事象を年表に纏めてみる。

西暦年号事象
645大化元八百比丘尼、若狭国で生まれる。
1445文安2八百比丘尼、水判土で没する(地元の伝承)
1716正徳6「慈眼寺絵図」完成。浅間山古墳と思しき地形が描かれている。八百比丘尼石碑は描かれていない。
1723享保8癸卯孟夏下浣(陰暦四月下旬)石櫃・仏像発掘される(『八百比丘尼縁起』)
1743寛保3菊岡沾涼『諸国里人談』刊行
1753宝暦3菊池肥後守『八百姫宮略記』刊行。慈眼寺にはその写しが現存。
1804文化元幕府による『新編武蔵風土記』のための調査がはじまる。
1829文政12『新編武蔵風土記稿』の執筆開始。
1830文政13『新編武蔵風土記稿』完成。慈眼寺境内図が掲載されているが、浅間山古墳は描かれていない。八百比丘尼石碑が仁王門の南東の道路(現県道56号線)脇に描かれている。
明治時代前半頃に描かれたとされる境内図にも、本堂右手の畑中に八百比丘尼石碑が見られないことから、現在の位置に石碑が移動してきたのはそれ以降のことで、恐らく県道56号線の工事に伴ってではないかと思われる。
従って、石櫃や仏像が見つかった八百比丘尼の葬地とされる場所は、『新編武蔵風土記稿』の境内図に石碑が描かれていた浅間山古墳跡そばであったのだろうと思われる。
八百比丘尼が植えたとされる槙の木の切り株が仁王門のそばにあることからしても、そのすぐ近くの浅間山古墳がその葬地であったと考えられていたのではなかろうか?

続いて慈眼寺裏古墳跡へ。
遺跡地図では本堂の裏手あたりにあったことになっている。こちらも「一部残存」ということだが、近年の墓地や庭の造営に伴って完全に消滅してしまったようだ。

iPhoneのMapで上空から。

ご覧のように、本堂の裏手は最近造られたと思われる庭と墓地になっていて、古墳の痕跡は認められない。

続いて山王塚古墳跡へ。東側から撮影。
新編武蔵風土記稿足立郡植田領水判土村の項には

「塚 山王塚 慈眼寺の西の方にあり。山上に山王を安ずるゆへにかく名付く。近き頃太刀刀の折など多く掘出せしことあり。土中に石室埋れてありと云伝えたり。」

と記されており、その際に見つかったと思われる銀象嵌の鍔が東京国立博物館に所蔵されている。
「一部残存」扱いなので、多少は痕跡でも残っているのかと思いきや、跡地付近は畑と屋敷林になっており、特にそれらしい痕跡は見つけられなかった。

山王塚古墳跡地を西側から。
屋敷林の中は生け垣のために良く見えなかったのだが、すぐに斜面になっており、特に古墳跡のような地形は残ってなさそうであった。

小山稲荷古墳。
植水古墳群で現存する2基のうちの一基で、山王塚古墳跡のすぐ西側に所在している。大きく削られながらも稲荷社の土台としてかろうじて残っている。

iPhoneのMapで上空から。

赤いピンが遺跡地図から推定した山王塚古墳跡。
上空から見ると林が円形っぽくなっているのが気になるなるが、その中心部分は崖というか斜面になっている。塚を削り取った結果、そういう地形になったのだろうか?それとも北側の畑地が跡地なのか?

小山稲荷古墳は画像左上角の木立がある場所がそれである。

[Posted with iBlogger from my iPhone]


投稿時間 : 13:51 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月21日 古墳本
 ■ 『上代の東京と其周囲』

『武蔵野及其周囲』の所で触れた、鳥居龍蔵博士のもう一つの著作『上代の東京と其周囲』も入手した。こちらは前作よりも更に古墳濃度が高い。目次を書き出してみると、

一 上代文化史上より見たる上野台
二 不忍池に就いて
三 『江戸砂子』に見えたる古墳
四 東京市内の古墳調査巡回の記
五 神田駿河台の大塚
六 梅若塚の感想
七 芝公園内の古墳
八 芝公園の貝塚の遺跡とその土器
九 金杉橋付近から出た二個の土製網の錘に就いて
十 武蔵野のメンヒル
十一 立石村の石棒
十二 立石村の埴輪土偶に就いて
十三 立石村附近原史時代の遺跡
十四 震災と東京府下の先史・原史時代の遺跡
十五 下渋谷の竪穴
十六 武蔵野の横断
十七 兒玉郡の先史・原史時代概論
十八 御嶽の有史以前
十九 坪井博士と北吉見の横穴に就いて
二十 筑波山頂の立石に就いて
二一 宇都宮から雀宮まで

東京都区部古墳マニア、特に東京低地の古墳マニアには前評判通りの鼻血物の内容となっている。
従って、紹介されているのは「古墳かもしれない」物件が殆どで、東京低地の古墳に関しては、第十二章「立石村の埴輪土偶に就いて」で触れられている葛飾区の南蔵院裏古墳以外は明確な遺物の存在すら明らかになってはいないのだが、鳥居博士が諸々の状況証拠から「古墳であろう」と推理していく過程は、読んでいて非常にエキサイティングである(来歴のはっきりしない塚を片っ端から古墳認定しているきらいもあるが)。
そして面白いのが、掲載されている写真の多くは、当サイトで多くお目にかけているような「古墳カス写真」「古墳跡地写真」なのである。
この本が出版されたのは昭和二年だが、原稿の殆どは大正時代に書かれたものである。今と違って、カメラもフィルムも高価なものであった時代に、当時殆ど誰も注目しておらず、その存在すら疑われていた東京低地の古墳群の、しかもその跡地にまで丹念に目を配った博士の姿勢に、郷土東京への深い愛情と、関東大震災後の復興と再開発によって、調査もされぬまま次々と姿を消していく古墳の多さを目の当たりにした博士のあせりとを感じずにはいられない。そのお陰で、今日、いつの間にやら消えてしまった「怪しげな物件」の存在を詳しく知ることが出来る訳で、学史的な評価は分からないが、古墳マニアの視点からすると、正に「名著」である。

同書に記された東京低地の古墳と思しき塚を書き出してみると、

・将門塚(大手町) ・兜塚(兜町) ・金子塚(麹町) ・小野照崎神社境内の塚(下谷) ・篠塚稲荷社(浅草) ・浅草寺裏の蛇塚 ・浅草寺境内弁財天社 ・浅草寺境内銭塚弁財天 ・浅草寺境内熊谷稲荷 ・浅草寺弁天山 ・待乳山(浅草) ・駿馬塚(浅草) ・総泉寺妙亀尼塚(橋場) ・総泉寺釆女塚(橋場) ・総泉寺首塚(橋場) ・業平塚(本所) ・梅若塚(隅田) ・牛島神社隣の塚(隅田) ・秋葉神社(隅田) ・吾妻森(立花) ・櫂塚/漂知塚(立花) ・小塚原飛鳥社(荒川区のスサノオ神社) ・関屋塚(千住) ・青砥左衛門尉屋敷跡(青砥)

同書に掲載されている将門の首塚

関東大震災の数ヶ月後に撮影したそうだ。
このあと、塚は削平されて大蔵省の建物が建てられ、更にこれが取り払われて現在のような姿になったと思われる。
後ろから見た将門塚

明治時代に書かれた『平将門故績考』(織田完之著、碑文協会 1907)では円墳のように描かれていたが、こうしてみると小型の前方後円墳のようにも見える。震災後に発掘して石室が検出されたと伝えられているが、発掘されたことは『上代の東京と其周囲』本文中にも記されているのから、恐らくこの写真は調査後に撮影されたものであり、発掘調査の結果このような形になったものと思われる。

このようにかなりの数に登る。
青砥の物件は戦後の調査で古墳ではないことが判明したらしいが、その他のものは既に消滅してしまったものを含めて未調査である。古墳か否かの判断は今後の調査を待つより他にないが、鳥居博士の軌跡をなぞって、これらの塚/塚跡を巡ってみるのも楽しそうである。

投稿時間 : 23:44 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月18日 古墳本
 ■ 『武蔵野及其周囲』

関東大震災の直後、多くの建物が倒壊し、すっかり見通しが良くなってしまったことを逆手にとって、それ迄見落とされてきた東京都内の「古墳かもしれない」怪しい盛り土を広くフィールドワークした鳥居龍蔵という凄い考古学者がいた。台地上のものだけでなく、当時殆どノーマークだった東京低地のそうした物件にも目を向け、低地部の微高地にも古墳が存在していることを実証しようとした点が更に凄い。
博士はその成果を『武蔵野及其周囲』『上代の東京と其周囲』の2冊の著作で発表しているのだが、博士の調査後削平されてしまった物件も多く、この2冊に記された情報は大変貴重なものである。

毛長川流域の古墳についてあれこれと調べている内に、自然とその他の東京低地の古墳にも興味を持つようになったのであるが、現在にあってもこの界隈で学術調査が行われているのは、葛飾区の南蔵院古墳と柴又八幡神社古墳位なもので、都指の白旗塚古墳ですら、未だ調査はされていないという状況である。つまり、この界隈で「古墳」とされているものの多くは、厳密には「古墳かもしれない」とか「多分古墳であろう」と推定されているに過ぎない物件であり、鳥居博士が踏査した頃と余り変わらない状態が続いているのである。従って東京低地の古墳を巡ろうと思うと、必然的にこうした推定古墳が中心になるのであるが、どこに怪しい塚や塚跡があるかという情報の多くは、鳥居博士の踏査記録に追う所が多いのである。
そこで前々から『武蔵野及其周囲』と『上代の東京と其周囲』の2冊は、見かけたら必ず買おうと考えていたのであるが、先日、『武蔵野及其周囲』を入手することが出来た。大正12年9月発行の初版本である。この本では主に浅草や本所界隈の「古墳かもしれない物件」についての情報を得ることが出来るのであるが、既に消滅しているものを含め、東京低地にはこんなにも怪しげな塚が存在していたのか、と改めて感動を覚えた次第である。
しかもその内の幾つかには写真や図が掲載されており、特に現存しない塚のそれは、大変興味深い。

浅草寺隣の弁天山古墳

鳥居博士は前方後円墳であろうと推察しておられる。
これは現存しているので、是非チェックせねばなるまい。
本所・牛島神社の隣にあった塚

この塚は残念ながら現存しないようだが、塚の麓に造られた大名・阿部家の墓は現存しているかも知れず、跡地を探すことは可能かもしれない。それにしても本所にこのような塚があったとは驚きだ。

この他にも待乳山、業平塚、秋葉神社、吾妻の森、駿馬塚等、怪しい物件に関する情報が記されているので、この本を片手にこれらの塚や塚跡を巡ってみたいと思う。

投稿時間 : 10:56 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1