近所の塚 アーカイブ

|記録帳TOP|


2009年07月23日 近所の塚
 ■ 鳩ケ谷市本町一丁目の塚

image2003437873.jpg長かった入院生活もようやっと終わり、まだ仕事には復帰できないものの、割と体は動くようになり、近所の散歩位は余裕でできるようになった。

その散歩の途中で、大分前にこのブログで紹介した鳩ケ谷市本町一丁目の稲荷祠の塚に寄り、写真を撮ってみた。

塚上は前回とはうって変わって草ぼうぼう。古墳ではなさそうだけど、巨大マリモが巣食ってるみたいで、なんかいい感じの見た目だ。

投稿時間 : 16:47 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年03月29日 近所の塚
 ■ さいたま市見沼区東宮下 氷川神社

膝子塚に続いて、膝子の北に隣接する見沼区東宮下へ。

東宮下は膝子塚の所でも書いたように、過去に円墳跡や人物埴輪、円筒埴輪片が見つかっている場所である。
人物埴輪が東宮下のどこから出たのかは、発見者の事情で公表できないということなので、詳細な場所は不明なのであるが、どこか古墳らしき地形でも残っていないものかと、綾瀬川に面した台地縁を中心にGoogle Mapを眺めていた所、氷川神社にそれらしいものがありそうな感じだったので、訪ねてみた。
尚、氷川神社とその周辺は、円墳跡一基と埴輪片が発見された旧大宮市A-116番遺跡の遺跡範囲内である。
また、A-116番遺跡のすぐ北にある、A-117番遺跡からも埴輪が検出されているそうなので、もしかすると人物埴輪が出たのは、A-117番遺跡内のどこかなのかも知れない。

さて、『新編武蔵風土記稿』の足立郡宮下村の項では東宮下の氷川神社について次のように記されている。

「氷川社 小名上組向組大組の鎮守なり。宝光院持。」

旧宮下村の中でも、綾瀬川に面したあたりの鎮守であるらしい。
ちなみに「宮下村」とは、北に隣接する宮ヶ谷塔にある氷川神社の下にあることから付けられた地名とのこと。

東宮下の氷川神社は、綾瀬川による沖積低地を見下ろす台地縁に鎮座しており、社殿向かって右隣りに小さな塚が祀られていた。立地からすれば、古墳であってもおかしくないように思えるがどうだろうか?


東宮下氷川神社。
社殿右手に塚がある。ちなみに社殿の向こう側は崖になっており、台地縁辺という、いかにも古墳がありそうな環境ではある。付近から古墳跡や埴輪も見つかっているとのことで、期待が膨らむ物件である。
塚を北側から。
小振りだが、裾部に石材が積まれており、石室を有する古墳を崩した跡のような雰囲気である。
塚上に祀られている石祠。
「雨降神社」と刻まれていた。旱魃の際はここで雨乞いの儀式を行ったのだろうか? 氷川神社は元々見沼の水神を祀った神社とされているが、こうした水にまつわる儀式を連想させるものが残っているのは興味深い。
塚の麓に建てられていた石碑。
嘉永6年に建てられたもので、この塚の由緒について記されていた。読める所を拾い読みしてみると、相模の石尊宮を勧請したもので、諸御山の土を云々と書かれているので、石材も土も江戸時代に他所からもってきて積み上げたものなのかも知れない。
東から。
見た目は円墳風で、裾部には石材が全周しているようだ。元々は古墳の葺石のように、塚の表面は石材で覆われていたのかも知れない。
西から。
塚上の木の生え方からすると、元はもう少し大きかったのかも知れない。
iPhoneのMapで上空から。

塚のある南側にも、周囲より若干小高くなっている場所がある。宅地開発で周囲が整地された結果とも思えるが、塚を削った跡のように思えなくもない。行ってみると墓地として利用されていた。

どうも氷川神社の塚は古墳ではないっぽいが、かつてこの辺りに古墳があったことは間違いない訳で、これからも調査が進めば新たな古墳跡が見つかるかも知れない。

投稿時間 : 02:43 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年03月28日 近所の塚
 ■ さいたま市見沼区 膝子塚

今日は久々に埼玉県内の古墳かも知れない塚へ。

鳩ヶ谷から日光御成街道(旧国道122号線)を北上していくと、岩槻に入る手前のさいたま市見沼区内に「膝子」という場所がある。
ちょっと変わった地名だが、江戸時代後期に幕府によって編纂された地誌『新編武蔵風土記稿』の足立郡膝子村の項によれば、その由来は、

「膝子村は江戸より行程八里余。村名の起りを尋るに、往昔、農夫某が妻懐妊して異形のものを産めり。その体を見るに人の膝の如くなればとて、当所をさして膝子と異名に呼しより、終に村名となれりと云。覚束なきことにて取べき説にもあらざれど、土人の伝る侭を暫く記せり。」

と記されている。
「人の膝のような異形の子」が産まれたから「膝子」なんだそうだ。
落語の「ちはやふる」のように、突然やってきた幕府の役人に村名の由来を聞かれて、その場でしどろもどろしながら捻り出したとしか思えない、何のヒネリもない直球ストーレトっぷりに痺れるばかりである。
幕府の役人も「嘘くせえけど、連中が言ってる通るに書いておくぜ」としている所も微笑ましい。
「ひざこ」という地名が先にあって、それを説明するために後付けでこじつけた感がビンビンする。

更に読み進めて行くと、村内の塚について記した記事がある。

「膝子塚 村の西北にあり。はかり三間余、高一丈許。これ村名の条に弁せし農夫が妻の産し異形のものをここに埋めしと云。」

「人の膝のような異形の子」というのが、一体どんなものなのか、全くイメージが湧かないのだが、それを埋葬した塚まであるとは、膝子とは、県南屈指のホラーな場所だったようである。

さて、上記の伝承から推察するに、どうも「ひざこ塚」という塚が先にあって、それに因んでこの辺りを「ひざこ村」と呼ぶようになったのではないかと思われる。その「ひざこ」については、村人もその場で捻り出したような話ししかしていない所をみると、なんで「ひざこ」なのか、江戸時代の後期には既に訳が分からなくなっていたようだ。

「ひざこ」の由来については、明治以降に郷土史家や研究者も色々と考察を加えているようで、「ひさご塚(瓢塚)」が訛ったのではないかという説や、上記の伝承を重視して、「ひるこ塚(蛭子塚)」が訛ったのではないかという説が唱えられているらしい。
「ひさご塚」なら前方後円墳を指す可能性が高く、古墳が存在したことにちなむ地名ということになり、興味深い。

膝子は大宮台地の東縁、綾瀬川(古荒川)による沖積低地と見沼の谷との間に挟まれた細長い台地上に位置している。
これまで県南の綾瀬川流域は古墳不毛地帯とされてきたが、膝子のすぐ北に隣接する見沼区東宮下から埴輪が見つかったり、旧大宮市のA-116遺跡から円墳跡と埴輪片がみつかったりと、実は綾瀬川流域にも古墳群が存在していたことが明らかになりつつある。
もしかしたら、この膝子塚も古墳、しかも前方後円墳なのではないか? と思い、早速見に行ってきた。


膝子塚。東南から。
日光御成街道(旧国道122号)のすぐ左側にあるのだが、住宅や生け垣に囲まれていて見通しは悪い。
北東から。
膝子が位置する細長い台地の西縁の見沼代用水際に所在している。現状は円墳乃至は方墳チックな見た目である。私有地内っぽい上に誰もいないようなので、登るのは断念。
西の見沼代用水側から。
薮が邪魔で塚は見えず。塚上の祠と木立が見えるのみ。
「日光道中絵図」中の膝子塚。
江戸時代に日光御成街道沿線の様子を描いたものだが、当時からその姿は円墳乃至は方墳のようなものであったようだ。「愛宕社」と書かれていることから、墳頂の祠は愛宕社なのであろう。ということは祭神は火産霊神だから、地域の防火を願って祀られたのだろう。
iPhoneのMapで上空から。

特に前方部又は後円部があったような地形的な痕跡はなさそうである。あったとすれば、北側か南側か。
もしくは村内にこれとは別の「ひさご塚=前方後円墳」がかつて存在していたのだろうか?

膝子塚からは今の所、異形の者を埋めたという以外に、特に何か古墳を匂わせる出土品が出たという話しはないようだ。或は「異形の者」とは、塚を崩した際に出てきた骨や副葬品の記憶が転じたものなのかも知れない。
膝子村の鎮守、八幡神社。
参道脇に欅の大木が聳えており、非常に趣きのある神社である。境内から縄文〜古墳、平安時代にかけての遺跡が見つかっているらしい。この神社は台地の東縁の綾瀬川による沖積低地を見下ろすような場所に鎮座している。
境内には縄文土器片っぽいものもちらほら見受けられた。古墳時代の土師器も見つかっているそうなので、付近に同時代の集落跡が存在しているのだろう。
膝子の一里塚。江戸から8里の目印である。
元は街道の両側にあったが、現存するのは東側のみで、火の見櫓の土台として活用されている。八幡社と膝子塚の間にある。
台地縁の様子。
向こうに見えるのは、綾瀬川による沖積低地。膝子のあたりは標高が低くなっていて、低地との比高は余りない。
膝子塚の北側にある公園の築山。「ネオ膝子塚」と命名。

投稿時間 : 23:26 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月24日 近所の塚
 ■ iPod touchで七郷神社古墳へ
携帯音楽プレーヤーをiPod touch 16GBに変えた。
今迄使っていたiPod 5Gは容量が30GBと大きく、音楽/動画プレイヤーとして使える他、外付のHDDとしても使える等、大変便利で良く出来ており、購入した当初はその技術の素晴らしさに深く感心したものだが、今回iPod touchを手にしてみて受けた衝撃は、それを遥かに上回るものであった。

まず、第一にマルチタッチディスプレイを用いた操作系が凄まじい。例えば、再生するアルバムを選ぶ時は、ディスプレイ上で指を左右に動かすことより、本のページをめくるような感じでアルバムのジャケットがクルクルと切り替わっていくし、写真や動画は画面上で指を開くことで拡大、縮めることで縮小し、筐体を横に持ち替えれば自動で画面も横に切り替わるといった工合に、大変直感的というか、ある意味物凄くアナログなインターフェイスなのである。
初代Macintosh以来、直感的な操作性に優れているというのがApple社製品の最大の特徴で、私もその点に惹かれて同社製品を使い続けてきたが、このiPod touchのインターフェイスは正にその究極とも言えるものである。このマルチタッチディスプレイには、子供の頃、雑誌のSF特集等で語られていたような、ステロタイプ的な「未来」を感じることができた。

第二に、無線LAN環境という条件付ではあるが、インターネットへのアクセスが単体で可能になったことが挙げられる。標準でWebブラウザのSafariが搭載され、PCと同様のウェブブラウズが可能である。これも画面上で2本の指を開閉することで拡大/縮小することが出来、3.5インチディスプレイでもそれ程ストレスを感じることなくWebサイトを閲覧できる。無線LANのアクセスポイントは駅や公共施設をはじめ、最近はあちこちに設置されているので、古墳探訪の際、地図を忘れてきてしまったような場合でも、Google Map等で地図を確認することが出来る訳である。勿論地図も拡大/縮小は思いのままだ。
これ迄はPDAにGPSユニットを取り付け、予め地図データをインストールしておいてどうにかこうにか実現できていたようなことが、単体でしかも前準備なしで出来るというのは便利である。また、出先でとある古墳のことについて知りたいと思ったような場合も、自分のサイトや他の古墳系サイトにアクセスしたり、検索したりできるので、資料類を忘れてきても何とかなるし、出かける当日の朝になって、無理にあれこれと資料を揃えなくても良くなりそうだ。
もっとも、アクセスポイントが豊富にある東京都区部や県南の都市部ならともかく、郊外や山の中にあるような古墳群に出かけるような場合、わざわざアクセスポイントがありそうな市役所だとか図書館だとかに行くのか? という問題はある。携帯電話が使えるような場所であれば、携帯電話とiPod touchとの間で無線LAN通信し、携帯電話経由でネットにアクセスするという手が使えるが、地方の古墳群の場合、これすら難しい場合があるのも事実である。この場合、予め必要な情報をiPod touchに入れておくことでカバーするより他ない。まあ、持参するべき資料類を忘れないようにしておけば良いのではあるが、予めこれをやっておけば、例え資料類を忘れてきてしまっても何とかなるだろうし、予定に入れていなかった古墳に急に思い立って寄って見ようと思ったような場合にも対応できるので、便利だと思う。
このようにiPod 5Gを購入してから2年足らずで早くも隔世の感を感じてしまうiPod touchなのだが、そうは言っても所詮は音楽プレイヤーであり、標準の機能では出来ることには限りがある。その点は今迄使ってきたPalm等のPDAの方が遥かに多機能ではある。しかし、OSにはデスクトップやノートのMacと同じOS Xが搭載されており、潜在能力的には既存のPDA以上の「パームトップコンピューター」となり得る力を持っているのである。多分、将来的にはこの点を生かした様々な機能拡張がサポートされるのだとは思うのだが、現時点のユーザーとしては、どうしても宝の持ち腐れ感を感じざるを得ない。しかし世の中凄い人がいるもので、非正規な方法ではあるのだが、その潜在能力の一部を引き出す方法が編み出され、その方法が公開されているのである。

それは"Jailbreak"(脱獄)と呼ばれており、失敗するとAppleのサポートが受けられなくなるというリスクはあるものの、一旦脱獄に成功すれば、様々な機能を追加することができ、その使い勝手は格段に向上するのである。
左の画像は脱獄後の私のiPod touchのホーム画面である。こうした画面のキャプチャーができるのも"Jailbreak"のお陰である。

少々アイコンが見づらいが、最上段右から2番目に見える"Maps"というのは、海外で発売されているiPhone用のGoogle Map閲覧ソフトである。iPod touchはiPhoneから電話機能を省いたものにほぼ相当するので、こうしてインストールさえしてしまえば問題無く使える訳である。少ないメモリで地図も衛星写真もサクサク移動/拡大/縮小できて秀逸である。
"Mail"もiPhone用ソフトで、ネット接続可能なクセに何故かiPod touchには提供されなかったソフトである。まあ、Web Mailを使えということなのだろうが、やはり普段使っているPOP Mailも使えるに越したことはない。その他、テキストエディタやら高解像度用画像ビューア、PDFビューア、ファイル管理ソフト等をインストールしてある。こうしておけばWeb上のデータのみならず、予め、古墳関連資料をテキストやPDF、画像ファイルにしてiPod touchに入れておき、適宜閲覧することが出来るようになる訳である。
と、いうことで、昨日一杯は「脱獄」と各種アプリケーションのインストールに専念し、とりあえず「出来たらいいな」と思うことは一通り出来るようにしておいた。そこで本日は、倅のクリスマスプレゼントを購入するついでに、iPod touchの操作習熟を兼ねて、これを用いて古墳を見に行くことにした。場所は近所の東川口にある「七郷神社古墳」である。

東川口駅から歩いて15分程の所にある七郷神社の社殿裏手には円墳状の塚があり、一部の郷土史本では「古墳」として紹介されている。
以前、交通新聞社の『散歩の達人』で新郷古墳群を取り上げてもらった際に、編集部の方々とここにも取材に行ったことがあるのだが、9月上旬という時期であったため、草ぼうぼうでマウンドが良く見えなかった。この時期であれば下草も枯れ、多少は様子を見易くなっているだろうと思い、出かけてみた次第である。

近所故、凡その場所は分かっているのだが、駅から歩いて行ったことが無い為、駅からの道順が朧げであったので、早速iPod touchでGoogle Mapにアクセス。写真左のように東川口駅からの道順が分かるようにした上で、画面をキャプチャした。Google Mapでは七郷神社は表示されないのであるが、「戸塚第3緑地」の隣に該当する。このキャプチャーした画像を駅から出たら眺めつつ、七郷神社へ行こうという寸法である。

●七郷神社古墳

川口市戸塚3丁目の戸塚小学校隣に鎮座する七郷神社裏手の塚である。
一部の郷土史本では「円墳」として紹介されているが、『川口市史 考古編』等の考古系資料では全く触れられておらず、古墳なのか別な塚なのか正体不明な物件である。

尚、境内とその周辺からは弥生時代の集落跡と方形周溝墓が検出されており、弥生時代のムラの様子を伺い知ることが出来る資料として、この点についてのみ『川口市史』で紹介されている。

現時点で川口市内の古墳としては市域東南部の毛長川(旧入間川)の現在は埋没してしまっている支流沿いの台地縁辺上に展開していた新郷古墳群しか知られておらず、綾瀬川流域ではその存在は全く知られていない。ただ、上流のさいたま市見沼の東宮下から古墳跡と埴輪が検出されており、川口市内の綾瀬川沿いの自然堤防や台地縁辺にも古墳が存在した可能性はあるだろう。

左の画像はiPod touchの"Map"で表示した七郷神社古墳のGoogle Mapによる衛星写真である。無線LAN機能搭載の携帯電話と組み合わせれば、今、自分がいる場所の衛星写真をその場で確認することも出来るのだ。ま、そこまでしなくても、予め行く予定の場所の衛星写真をキャプチャーして保存しておき、適宜閲覧するというスタイルでも十分だろう。
画像中央の神社社殿背後(右手)の森が円形に盛り上がっているのが分かるだろうか?
地図をチェック

駅から出たら、早速iPod touchで先程キャプチャーしておいた地図画像を画像ビューアで表示。メタルを聞きながら要所要所で地図を確認でき、これは便利である。
七郷神社

東側に綾瀬川による沖積低地を見下ろす台地縁辺上に鎮座している。
マウンドを西南から

社殿向かって右奥にある相殿と焼却炉があるあたりの後ろに円墳状のマウンドがある。以前訪れた際は草ぼうぼうで、かろうじてそれらしいものがあるというのが分かる程度であったが、下草が枯れ、明瞭にその姿を見ることが出来た。径20m、高4m程度はあるだろうか。
頂上の様子

下草が無くなり、マウンドに立ち入ることが出来るようになっていたので早速突入。頂上には市の保存樹木に指定されているスダジイの大木が屹立していた。大宮西高にある側ヶ谷戸古墳群の稲荷塚古墳を連想させる姿であった。
マウンド上の様子

マウンド上は雑木林になっており、頂上にあるもの以外にも大きなスダジイの木が何本かあった。こうした木の生えっぷりからして近代以降のものではないのは明確であり、古墳ではないとしても何がしかの遺跡であることには間違いないだろう。
墳頂から北西の眺め

台地平坦面からの比高は結構ある。雑木林に覆われているので、外から墳丘の外観を観察するのは難しいのだが、マウンド上から四方を見回してみると、マウンドは円錐形であるように思われる。尚、遺存状況は良好なようで、社殿や他の建物で大きく削られていることはなさそうであった。
墳頂から東の眺め

戸塚第3緑地へと続く東側は綾瀬川による沖積地へと下る急斜面に面しており、県南では典型的な古墳の立地パターンであるように思える。境内を発掘した際にこの塚の調査はしなかったようで、市の遺跡地図にもこの塚自体はプロットされていない。

投稿時間 : 23:31 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年09月01日 近所の塚
 ■ 川口市石神御岳塚

近所の塚、第2弾。
川口市石神の御岳塚である。川口市北部の台地上(大宮台地鳩ヶ谷支台)に所在している。
この辺りは石神貝塚等の縄文遺跡で有名で、今でも畑脇等に土器の破片が落ちていたりするのだが、古墳時代の遺跡は乏しく、再び人間の活動の痕跡を見い出せるようになるのは奈良時代以降という、この界隈の台地上の典型的な遺跡分布の傾向にある。また、鳩ヶ谷〜川口市域の台地上の古墳は、台地縁辺やそこから切り離された独立丘上という立地であるのに対し、この御岳塚は台地の奥の方に築かれている。こうした立地や、周囲の遺跡の年代からして、古墳である可能性は薄く、近世以降の山岳信仰に基づく塚であると考えるのが妥当かも知れない。

御岳塚(御嶽塚)は、富士山や白山と共に古くから山岳信仰の対象となってきた木曽の御岳山を信仰する御岳講(富士山信仰の富士講のようなもの)の人々によって、御岳山を模して築かれた塚であり、富士塚同様に江戸時代に多く造られている。この石神の御岳塚はその可能性は薄いが、古墳を流用して築かれることも多く、この界隈では大久保古墳群白鍬支群(浦和)の御嶽山(遊び塚)古墳、与野市の御嶽社塚古墳が知られている。

川口市の塚というと、国の重要有形民俗文化財に指定されている木曽呂の富士塚が有名で、この御岳塚の方は殆ど知られていないようだが、破壊される富士塚や御岳塚が多い中、これからも大事に保存して頂きたい。

西側から

南北に走る御成街道沿いに面した西斜面に参道が設けられている。
今でも中腹と山頂に祠が祀られており、登れるようにはなっているのだが、季節柄、ご覧の通り、参道が薮で埋もれてしまっている。
道路からの比高は3m程度、径は10mちょっとといった所で、見た目は小型の円墳といった雰囲気である。
北西から

傾斜は比較的急である。
北側はご覧の通り、道路によってザックリ削られて、コンクリートの土留めが設けられている。
塚の東と南も住宅によって削られており、現状は長方形に近い形で残っている。
北から

手前に停めてある車から推定して、現状で高さ3m、径10mちょっとといった所であろうか?
元々は径15m程度はあったのかも知れない。

投稿時間 : 06:07 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年08月27日 近所の塚
 ■ 鳩ヶ谷市本町1丁目の塚

自宅から最寄りのバス停に行く途中に、以前より気になっていった塚状物件がある。
場所は本町1丁目の台地上で、旧122号(日光御成街道)沿いの商店街の裏手の住宅地内である。
稲荷社と思われる祠の土台が塚状になっているのだが、特にこれ迄の所、古墳であるという噂や、出土品の伝承等もなく、江戸時代の文献でもその存在には触れられてはいない。しかし、私が物心ついた頃には既に存在していたし、塚上には割と大きな杉の木が生えているので、かなり古くから存在していたようである。

この杉の木は、今は刈り込まれていて見る影もないが、ちょっと前迄は黒々と葉が茂っており、十手のように湾曲して突き出している枝の形と相まって、異様な雰囲気を醸し出していた。賑やかな商店街の裏手という立地もあってか、少々不気味で陰鬱な雰囲気もあり、近所の子供達も気味悪がって余り近づかないような場所であった。かく言う私もその一人で、ほぼ毎日のように目にはしていたものの、何となく薄気味悪くて、敢えて近づこうという気にはならなかったものである。

以前は住宅地内の駐車場の片隅に、いかにもいわくありげに鎮座していたのであるが、最近この駐車場を半分位潰して家が建てられ、それに伴って、塚上の樹木も手入れがなされたようで、以前のような陰鬱とした雰囲気は無くなり、奇麗に刈り込まれた植え込みと相まって、ちょっと小洒落た築山風な出で立ちに変身した。

本町1丁目の稲荷社

台地縁からはやや離れた場所にあるので、独立丘上や台地縁辺に築かれる傾向にあるこの界隈の古墳の立地からすると、どうも古墳ではなさそうだし、近辺からは縄文時代の遺跡は見つかっているものの、古墳時代の遺跡は見つかっていないので、この点からしても古墳の可能性は薄そうであるが、だとすると、稲荷社を祀るためにわざわざ塚を築いたのは興味深い。
市内の台地上には、他にも似たような祠が幾つかあるが、その殆どは、塚を築かず、地面に直接祠が置かれている。
しかし、江戸時代に描かれた「日光道中絵図」等を見ると、御成街道沿いの台地上には、西新井宿の駒が塚、兒桜、弁財天等、幾つかの塚が築かれていたことが分かるので、かつては他の祠も、この稲荷社のように、塚上に安置されていたのかも知れない。
正面から

左端に見えるのが、例の十手状の枝を持つ杉。今は葉が落ちてしまい、幹の先端部分も切られてしまっているが、以前はそれはそれは不気味な佇まいであった。
すぐ近くに、鳩ヶ谷総鎮守の氷川神社があるのだが、そこに合祀されなかった所を見ると、多分、この土地の地主さん宅の屋敷神なのだろう。この界隈は中世以来の宿場町で、御成街道沿いに商家が建ち並んでいたので、そうした商家がお稲荷様を祀ったものと思われる。

投稿時間 : 10:34 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1