千葉県の古墳 アーカイブ

|記録帳TOP|


2009年02月07日 千葉県の古墳
 ■ 流山市鰭ケ崎三本松古墳

ここ数回、古墳じゃないかも知れない物件が続いたので、今日は確実に古墳な場所へ。
埼玉との県境に近い、千葉県流山市鰭ケ崎の三本松古墳は、全長25mと小型ながらも、墳形は前方後円墳である。
やはりこういう時は前方後円墳に限る。前方後円墳なら裏切られることはないだろう(笑)。


鰭ヶ崎駅前の周辺ガイドマップ。
三本松古墳(前方後円墳)とちゃんと掲載されている。他にも周辺には古刹の東福寺等の見どころがある。
因みに「鰭ヶ崎」とは、弘法大師がこの地を訪れた際に、突如現れた海竜が背鰭を残していったことに由来するそうだ。縄文時代はこの台地際まで海が迫っていた筈なので、もしかすると、その頃にまで遡れる地名なのかも知れない。

駅から古墳迄は徒歩5分程。
古墳のある台地上へ至る坂道の途中からその側面を見ることが出きるが、知らないととても古墳があるとは思えない。
写真中央の森がそれで、右側が後円部で、左側が前方部。周辺が宅地開発で削られているようで、殆んど崖際という立地である。

古墳へ至る道もまた、知らないととても道とは思えないような代物なのだが、看板があることでそれと分かる。が、その看板は真新しく、最近になって設置されたようだ。

これがその道。
道というより、崖際の防護柵と民家の間の隙間という感じ。
奥に古墳の墳丘が見える。

道をちょっと進むと墳丘が目に入る。
階段のあるあたりが前方部で、奥の一番高くなっているあたりが後円部。
手前には説明板が設置されている。

説明板。
全長25mの小型の前方後円墳との事。墳丘から円筒埴輪、形象埴輪が検出されており、6世紀台の古墳であるそうだ。

説明板2。
「流山市新100ヵ所めぐり」の84番に設定されている。

前方部から後円部。
最近立て続けに巡っている千葉の小型前方後円墳は皆、前方部が後円部よりも低い形状をしているが、三本松古墳も同様であった。但し、これが元々の墳形なのか、削られた結果なのかは不明。

後円部頂の様子。
墳頂には稲荷社と文政11年(1828)建立の「下総国鰭崎村古冢碑」が並んでいる。

後円部から前方部。
前方部は後円部よりかなり低くなっており、こうして見ると単なる円墳のような印象である。

下総国鰭崎村古冢碑。
文政年間、鰭崎村を襲った飢饉に耐え兼ねた村人が、この古墳を崩して副葬品を売って凌ごうとしたのを庄屋がたしなめ、古墳を守ったという事蹟が記されている。

後円部頂から東側の眺め。
墳丘ギリギリまで台地が削られており、高所恐怖症の私にとっては、思わず足がすくむような眺めになっている。南側も同様に墳丘裾ギリギリまで削られていた。

北側くびれ部
後円部から前方部を見ると、単なる円墳チックな眺めでしかなかったが、前方部から後円部を見ると、特に墳丘北側にくびれを確認でき、小さいながらも前方後円墳であることを実感できた。

墳頂からiPhoneのMapを起動。
上から見ると林が鍵穴形になっているのが見てとれる。後円部径17m、前方部幅8mということで、習志野市の鷺沼A号墳や千葉市東鉄砲塚古墳といった似たようなサイズの前方後円墳同様にずんぐりとした平面形であるようだ。

投稿時間 : 14:55 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年01月25日 千葉県の古墳
 ■ 千葉県野田市堤根古墳

野田の友人宅へ遊びに行く途中に、すぐそばの堤根古墳に寄って見た。
国道16号から南に入ってすぐの住宅地の中にあり、公園化されているので、すぐに見つかった。
残念ながら、中近世の塚である可能性が高いようだ。


西から。
見た目は、高さはそれ程ないが、径は割と大きい円墳風。

東から
公園化されて保存が図られているが、墳丘には特に手は入れられておらず、そのまま状態になっている。

北東から。
若干の遊具も配置され、子供の遊び場となっている。

北から。
調査の結果、墳形は3段築成の方墳とのこと。但し、古墳時代のものではない可能性が高いらしい。

北西から。
3段築成の割には、墳丘の背は低目で、のっぺりとした印象。

墳頂からの眺め。
現状では、特に3段築成の段差は認められず。

説明板。
発掘調査の結果、周堀が見つからなかったので、今では中世〜近世の塚だと考えられているらしい。
なのに「堤根古墳」とは、超フェイント。
千葉県内で「古墳」と呼ばれているものの中には、かなりの割合でこうしたものが含まれている風なので、遺跡地図を頼りに闇雲に巡るべきではなく、ある程度下調べをしてから出かける必要がありそうだ。

墳頂からiPhoneのMapを起動。木が生い茂っているせいで、若干表示位置がずれている。
ちなみに、ここから北の方に行った所にある二ツ塚古墳群を構成する古墳の多くは、周堀を持たなかったようである。なので堤根古墳も周堀が無いからと言って、必ずしも古墳ではないとは言えない気もするが、墳形の調査までやっていてこの結論ということは、調査で古墳に関連する遺物が全く検出されなかったのかもしれない。

投稿時間 : 15:38 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年01月24日 千葉県の古墳
 ■ 武石神社古墳

子供と約束していた幕張メッセでのホビーショーの帰りに、京葉道武石ICすぐそばの武石神社に寄って見た。
本当は他にも、近くにある大小塚(だいしょうづか/おおごつか)古墳等を巡ってみるつもりだったが、入場までに雪の降る中を3時間も行列させられた上に、物凄い人混みの会場内を歩き回ったおかげで、グロッキーに。
ICに近い武石神社だけ見学して帰ることにした。
千葉県の遺跡地図等によれば、この神社は円墳上に建てられているとのことであるが、現状では、そのようには見えなかった。


京葉道路武石ICを降りてスグの台地縁に武石神社は鎮座している。
こちらから見ると、手前の畑地より小高くなっていて、古墳の残骸の上にあるようにも見える。

しかし、近づいてみると、神社から台地縁にかけてはほぼツライチで、塚状の地形にはなっていなかった。この場所は武石城跡でもあり、この地形は、古墳というよりは、城郭関連の遺構であるようにも思える。

武石神社の祭神は、この地を治めた武石氏(千葉氏一族)の祖先、武石三郎平胤盛公である。鳥居と祠は真新しく、最近建て直されたようだ。境内には他に三峯神社も祀られていた。

説明板。
古墳については触れられていないが、古くから石塚があったと記されている。現状では、周囲を見渡してみても、塚らしいものは見られなかった。この説明書きを読む限りでは、この地にあった塚は、古墳時代の古墳ではなく、中世の塚だった可能性もありそうだ。

境内の御神木と思われる大木の根本に石材が露頭していた。かつてあったという石塚の名残りだろうか?

その石材の手前には、丸石を4つ配した中央に小さな石祠が祀られていた。石祠の前の石は男性器を模したものか? 同じような石祠は神木の後ろ側にもあった。

境内から畑地を眺める。畑地との比高はそれなりにあるが、単に耕作されていないから小高くなっているだけか、武石城の防御施設が置かれた名残りのように思える。遺跡地図では「古墳」となっているが、埴輪か何か出土しているのだろうか?

上から見ると、木の枝振りのせいで、何となく円形の地形が残っているように見えるが、実際はそうはなっていない。また周囲にもそれらしい地形は確認できなかった。周囲の薮の中を良く探せば、塚の名残が残っているのだろうか?

投稿時間 : 15:19 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年01月20日 千葉県の古墳
 ■ 幕張本郷 東鉄砲塚古墳

先週訪れた鷺沼古墳群がある、習志野市鷺沼に隣接する千葉市花見川区幕張本郷の台地上にも鉄砲塚古墳群等、かつては多くの古墳が存在していたらしい。東京近郊他地区の例に漏れず、残念ながらその殆んどが開発等により消滅してしまったようだが、住宅地の一角に小さな前方後円墳が保存されているということなので、昼食休みを兼ねて見学してみた。

場所は京葉道の幕張PA近くの高台上にある住宅街の一角である。
最寄りの武石ICから車で10分とかからない距離であった。


ごく普通の住宅街に、普通の住宅一軒分程度の空き地があり、そこに小さな前方後円墳が残されていた。東、西、南の3方向を住宅に囲まれ、北側からしか眺めることはできない。手前が前方部で奥の高くなっている部分が後円部らしい。
説明板の類は一切なく、知らないと古墳とは思わないかも。

現状で全長20m程度か。鷺沼古墳群の前方後円墳とほぼ同サイズだが、こちらは墳丘の背も高く、より前方後円墳らしく見える。本来はもうちょっと大きかったのかも知れない。

前方部正面から。
現状では、前方部と比べ、後円部がかなり高くなっているが、これが元々の形状なのか、削られた結果なのかは不明。

後円部頂の様子。現状では平坦面は殆んどなく、傾斜も急である。これが本来の形状なのだとしたら、6世紀台の横穴式石室を有する前方後円墳なのかも知れない。ただ、鷺沼古墳群B号墳のように、末期の前方後円墳でも縦穴系の主体部を有している例もあり、この古墳がどのような主体部を有しているのか、気になる所である。

後円部頂から南西方向を見下ろす。
後円丘はかなり背が高く、高所恐怖症の私にとっては、ちと恐い眺め。

後円部頂から前方部を見下ろす
小さいながら、良く残っている印象。説明板の類は無いのだが、明らかに保存している感じなので、いずれ整備して公園化するのかも知れない。

Google Mapで確認。
ほぼ南北に主軸をとっている模様。それにしても見事な囲まれっぷりである。本当にこじんまりとした古墳で、この規模のものが、神社化する訳でもなく、この状況で良くぞ残ったと感心させられた古墳であった。

投稿時間 : 14:00 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年01月16日 千葉県の古墳
 ■ 習志野市 鷺沼古墳群

習志野市役所のすぐ南側の台地上に、鷺沼城址公園がある。
ここは石橋山の合戦に破れた源頼朝が千葉氏の助けを得て兵を整えた鷺沼旅館=鷺沼氏舘があった場所とされている。
公園内には2基の前方後円墳が現存しており、鷺沼古墳群と称されている。
その内の一基は、舘の主である鷺沼源太義満の墓とされており、源太塚とも呼ばれている。

習志野市内の客先に向かう途中、昼食をとりがてら、鷺沼古墳群を訪ねてみた。

鷺沼古墳群は、八剣台と呼ばれる下総台地の支台上に所在している。標高は約18m。沖積地からの比高は15m程ある。

鷺沼城址公園入口。東側の台地上からだと平坦な通路を通って公園内に入れるが、麓からの比高を体感するために敢えて 西側から急階段を登ってみた。

西側入口にあった鷺沼城址公園案内図。特に古墳とは書かれておらず、城址公園というネーミングとあいまって、土塁等の遺構があるんじゃないかと期待させる描かれ方である。

急階段を登ると、目の前に大きな石碑と鳥居、そして塚状の地形が目に入る。これが鷺沼古墳群A号墳、通称「源太塚」である。鷺沼城主で源頼朝に強力した、鷺沼源太義満の墓だと言い伝えられてきたらしい。

石碑は大小2基あって、大きな方は「源太碑」と呼ばれており、「鷺沼源太義満諸武士之碑」と彫られている。

小さな方には「鷺沼古墳」と彫られていた。

A号墳上には鷺沼義満を祀った小祠が安置されており、神社化している。元々全長25m程度と小規模だったせいか、墳丘はかなり痩せており、現状では前方後円墳ではなく、小規模な円墳にしか見えない。鳥居があるあたりが前方部で、祠のあるあたりが後円部。

後円部丘。祠は頂上ではなく、前方部に続く斜面上にある。

A号墳を東から。
こちらから見ると、僅かに前方部の高まりも見てとれる。

A号墳を西から。
この古墳が城の土塁と思われていたようだが、実はこれ以外に明確な城郭遺構が確認されている訳ではなく、しかも鷺沼氏舘はこの台地の麓にあったとする説もあるようで、ここが本当に鷺沼氏舘跡であったどうかは実はハッキリとはしていないようだ。

A号墳を北から。
墳裾は石で囲まれている。

後円部頂からの眺め。
写真右奥の畑地のあたりにもう一基古墳があったらしい。木が生えているあたりが若干盛り上がっているような気もしないではないが、これが名残であろうか?

後円部から前方部。
A号墳からは形象埴輪、円筒埴輪が出土しており、その様式から6世紀後半頃の築造と考えられている。主体部は未調査であるが、祠の下あたりに埋まっているのでは? と考えられているらしい。

祠の中には源太義満の名が刻まれた石碑と仏像が安置されていた。

この台地とその周辺には、古墳時代の首長墓、中世豪族の居舘、現代の市役所と古代〜現代にまたがって政治的中枢が所在しており、興味深い。習志野市役所〜市役所駐車場にかけてからは古墳時代の住居跡が数多く検出されているとのことで、恐らく古墳の被葬者である豪族の居舘もこの近辺にあったのだろう。

鷺沼古墳群B号墳。
A号墳のすぐ東隣に所在している。墳丘は後円丘の一部が残る程度で大きく破壊されている。こちらも全長20m程度の小規模な前方後円墳である。

B号墳のくびれ部からは縦穴式の石室が2基検出されており、遺存状態の良かった一基の上には覆屋が建てられ、見学できるようになっていた。

覆屋の前には説明板が設置されている。
これによるとB号墳からは埴輪が出土しておらず、A号墳に続いて6世紀末頃に築造されたと推定されている。

A号墳、B号墳共に、周堀は墳丘相似形で、前方部端には巡らない。また、前方部は短く、帆立貝式前方後円墳に近い形状である。こういう寸胴な前方後円墳は関東の6世紀後半〜7世紀台のものに良く見られる特徴である。

B号墳石室。
説明板では箱式石棺となっている。房総半島産の凝灰岩、いわゆる「房州石」で構築されており、側壁は切石積で精巧な印象である。古墳時代当時、この台地の麓には菊田川が流れ、約400m先迄海岸が迫っていたそうだ。こうした地の利を生かし、水運で鋸山のあたりから石材を運んできたのだろう。

石室を別アングルから。
成人2体分の人骨と直刀片、土玉、鉄鏃、刀子等が検出されたそうだ。
この時代に追葬が容易な横穴式石室ではなく、縦穴式の石室を複数設けていたのは珍しいと思う。千葉ではこういう例が多いのだろうか?

発掘時の石室(石棺)の様子。
蓋石(天井石)は特に切り揃えずに、大き目の石を並べて構築されていたようだ。

B号墳を西から。
石室の覆屋の後方に後円丘の一部が残存するのみで、墳踞の石列がないとこれもまた前方後円墳とは思えぬ現状である。

B号墳を東から。
後円丘は中心部が抉られて馬蹄形になっており、城の土塁跡っぽい雰囲気になってしまっている。

B号墳の東隣りには遊具が設置されており、その土台が一見円墳風なのだが、これは古墳ではなく、公園化の際に盛られたものらしい。尚、この公園の南東200m程の所に、山王祠古墳がかつて存在していた(現在は宅地化)そうで、鷺沼古墳群は少なくとも4基の古墳から構成されていたらしい。

公園内には埴輪のオブジェが飾られていた。
A号墳上には武人埴輪。何故か千葉とは関係ない埼玉で出土した奴がモデルになっている。

B号墳上には馬型埴輪。これも千葉で出土した奴ではない。要するにハニ丸君とひんべえということか。
ちなみにこの公園、城址公園という名ではあるが、園内には古墳しかない。オブジェも石碑を除けば埴輪をモチーフにしたのしかないし、建物も古墳時代風の石室覆屋だけで、中世城館を感じさせるものは皆無という、「看板に偽り有り」な超フェイント公園である。そもそも鷺沼氏舘は崖下にあった可能性もある訳で、公園の構成要素からしても「鷺沼古墳公園」にした方がいいような気がする。

A号墳とB号墳の間にある円形の石組上でiPhoneのMapを起動。
上空から見ると、A号墳、B号墳共に帆立貝式前方後円墳っぽく見える。
畑地のあたりにあった3号墳はやはり判然としないが、やはり木立のあたりがその名残りか?

今日の撮影はiPhoneのみで敢行。レンズフードが無いので、今日のような真冬の晴天下だとちょっと厳しいものがある。フードを自作するか、Leicaの広角用の奴を流用するか検討しようと思う。

投稿時間 : 22:08 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月04日 太日川流域の古墳
 ■ 八幡不知森探訪
今日は予てより千葉県内の客先を巡る予定になっていたのだが、午前中にどうしても都内に寄る用事が出来てしまった。江東区なので、まあ千葉へ行く途中みたいなものなのだが、いずれにしても千葉に入るのは午後になってしまう。早目にまわって早目に帰ってきたかったのだが仕方ない。
が、前向きに考えてみると江東区から市川は目と鼻の先。次の目的地である船橋へ向かう途中であり、丁度昼頃に通過する感じになるので、昨日触れた「八幡の薮知らず」を昼休みを利用して見学するには非常にタイムリーであるとも言える。これは今日行っとけという天啓ではないだろうか?

と、いう訳で、天の啓示を強引に感じつつ、江東区から荒川&中川を渡って江戸川区に入り、千葉街道(国道14号)を進み市川を目指す。
移動中はいつもiPodをカーステレオに接続して音楽を聞いているのだが、私は音楽と言えばメタルしか聞かない。従ってiPodに入っている曲の90%は主にドイツのバンドを中心とするメタルナンバーである。
GRAVE DIGGERやACCEPT、SLAYERの曲を聞きながら、江戸川区役所前を通過し、古墳時代の集落遺構が眠る小岩をかすめ、「ああ、このあたりが大嶋郷戸籍の甲和里なんだなあ」等とオボロゲに考えつつ、千葉街道が市川方面に右折するあたりでSLAYERの神曲(俺的に)"DISCIPLE"の出だしのリフが鳴り響いた!

ででーででんででん!
べんべんべべべん べんべんべべべん
べんべんべべべん べんべんべべべん
べべべ べべべ べべべ!

市川を目前にし、嫌が応にも気分が盛り上がる。
曲の方もキングさんとハンネマンさんの2本のギターが唸り、ポスタフのドラムが轟きまくって、前半の山場に至る。

「ごーっ へいっつぁっそぉー!」(God Hates us All!)
「ごーっ へいっつぁっそぉー!」(God Hates us All!)
「ぐおーっ へいっっつぁそおぉーーー!」(God Hates us All!)
「ぐぉおーっっ へいっっつぁっそおぉぉぉぉおぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

「いぇー ひぃふぁっきんへぃつみいぃぃぃぃ!!!」(He Fackin' Hates Me!)

(どんな曲なのかは、http://jp.youtube.com/watch?v=8db-DRxVKJcでも見て下さい)

SLAYERのVo.アラヤさんの渾身シャウトを聞きつつ江戸川(太日川)を渡り、市川市内に突入。
左手には下総国府が所在した国府台の台地が見える。またここには何基かの前方後円墳が現存していることでも知られており、近々古墳巡りにトライしてみようと狙っているポイントである。
快調に飛ばすアラヤさんのシャウトにシビレながら、市川駅前を通過した所で"Disciple"終了。本八幡駅も近づいてきたので、そろそろ駐車場を探さねば...とか思っていると、カーステレオから不気味な声がっ!

「悪魔の森の奥深く...省略....」
「お前も蝋人形にしてやろうかっっ!!」

ヤバイ! デーモン閣下の「蝋人形の館'99」ではないか!!
入ったら二度と出られないとか、土偶人にされてしまうと評判の薮知らずを目前にして、「悪魔の森の奥深く...」とか「お前も蝋人形にしてやろうか!」とは何とタイムリー(笑)。危うく小便ちびってしまう所であった。
今は昼間で人も車もいっぱいいるから良いものの、もしこれが夜だったら、迷わずUターンしたと思う。

タイムリーな出来事の連続に、「今日はツイてるのかも?」と思い直し、蝋人形の館を聞きながら車を走らせると、本八幡駅入口交差点の前方に薮知らずと思われる森を発見。しかも交差点を渡ってスグの所に空いているコインパーキングも発見。本当に今日はツイているのかも知れない。
速攻で車を止め、薮知らずへと向かってみた。

千葉街道(国道14号)を船橋方面に東進すると、市川市役所の手前に「神社でもあるのかな?」といった感じで、こんもりとした森が見えてくる。これが「八幡不知森=薮知らず」である。
歩道橋から見下ろす

周囲には住宅が迫り、方形の森として残っているが、『江戸名所図会』でも千葉街道と用水路とで四角く区画されていたっぽいので、江戸時代には既にこういう感じになっていたのかも知れない。
西側の駐輪場から

『江戸名所図会』で用水路が流れていた部分は市営の駐輪場になっていた。
周囲と比べ、不知森の土地は若干小高くなっている。
北側歩道沿いにある鳥居と石祠

『平将門故績考』で将門の父、良将を祀った祠だとされた稲荷祠である。
不知森は今でも禁足地となっており、中に入ることはできず、この部分にかつて林中にあった石碑類が纏め置かれている。
稲荷祠の真後ろから林中を覗く

鬱蒼としていて良く分からないが、特に墳丘状に盛り上がっているようには見えず、また言い伝えられているような窪みも見当たらない。中央部分から西側にかけては基本的に平坦な土地になっているように見えた。
ところが東側に目をやってみると...

写真左側に向かうにつれ、土地が盛り上がっているのが分かるだろうか?
不知森東側

良く見えないかも知れないが、東側は円墳状に盛り上がっており、古墳跡のような雰囲気である。やはり不知森は古墳を崩した跡なのだろうか?
不知森内の地形観察結果を図にするとこんな感じになる。

祠のあるあたりから向かって左手(東側)に塚状の地形がある。
右手(西側)は今日見た限りでは概ね平坦な感じであった。
説明板に掲載されていた錦絵

水戸黄門が不知森に入った際の情景を描いたもののようだ。徳川光圀と言えば那須の侍塚古墳を発掘させたことで知られているが、やはりここも古墳と睨んで発掘しようとしたのだろうか?
この説明板で古墳説にも触れられていたが、市のイチオシは放生池跡説のようだ。

一通り不知森を見学してみた感想としては、こうした塚状の地形の場所で埴輪が過去に出たらしいとなると、やはり古墳時代後期の古墳なのではないかという気がした。
立地としても、近くに古い神社(葛飾八幡宮)があり、『江戸名所図会』を見る限り古くから集落が営まれた場所のようだ。多分、昔の海岸線の砂州か何かの微高地上に位置しているものと思われ、古墳があってもおかしくない場所のように思えた。
中に入って観察すれば、或は埴輪片や土器片等を見つけられるのかも知れないし、禁足地とは言え、余裕で越えられる程度の高さの玉垣で囲われているだけなので、一瞬その誘惑に駆られそうになったのだが、何しろ立ち入った人間は土偶人にされた上に、雷落とされて砕け散ってしまうという最恐ミステリースポットである。入ったら問答無用で埴輪片である。

えっ、「水戸黄門は土偶人にならずに生きて出てこられたんじゃないのか?」だって?

確かに黄門様が埴輪片になってしまったという史実はないので、本当に不知森に入ったのだとしたら、無事に出てこられたことになる。なので一見、必ずしも入ったら土偶人化してしまう訳ではないようにも思えるのだが、さにあらず。
伝承によれば、不知森内に突然現れた謎の老人と女(上の錦絵に描かれた人物)に、

「お前は貴人だから特別に許してやるが、入っちゃいけないって言ってる所に入ったらダメだろ?」

と物凄い正論をもって説教されたのだそうである。
つまり黄門様は身分が高い人だったから許された訳で、逆に言えば、そうでない人は許して貰えないということだ。入ったのが黄門様だけで本当に良かったと思う。うっかり八兵衛や風車の弥七、陽炎お銀あたりがお供をしていたら、今頃埴輪片である。黄門様クラスでギリギリ許されたとなると助さん&角さんクラスでも許してもらえないに違いない。
従って、身分からすると、うっかり八兵衛と大差ない私が入ったとして、説教だけで済む筈がない。「貴人」が「奇人」の誤記というか、黄門様の思い違いだったというのなら話しは別だが...。
それに、さっきまで聞いていたデーモン閣下の声で、

「お前も土偶人にしてやろうかぁっっっ!」

というフレーズが脳内で自動再生されはじめたので、それはヤメにした。
昼休みで市役所の人も大勢往来しているし。
ついでに近くにある葛飾八幡宮にも寄ってみたが、特に古墳らしい地形は見られなかった。

投稿時間 : 20:44 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月03日 太日川流域の古墳
 ■ 八幡不知森は古墳か?

「入ったら最後、二度と出られない!」
「入れば化け物に襲われる!」
「入ったら必ず祟られる!」

国内屈指のミステリースポットとして古くから全国的に有名なものの一つに「八幡の薮知らず」がある。「八幡知らず」「不知森(しらずの森)」等、幾つかの呼び名があるが、いずれも「入ったら出てこれない、先が見えなくて迷ってしまう位の深い森」といった意味である。



『江戸名所図会』に描かれた八幡不知森


半分程度しか描かれていないが、左側を用水路、上側を道路(現在の国道14号線)で画された方形の森として描かれており、現在の姿とそれ程の違いは感じられないが、周囲より小高くなっている所が古墳っぽく見える。


現状は街中に残された小さな森で、江戸時代の『江戸名所図会』等に描かれた図を見ても、それほど深い森には見えないのだが、そんな森にこのような説話が付与されるようになった理由には

・下総一宮八幡神社の放生会が行われた放生池の跡だから
・下総一宮が最初に鎮座した場所だから
・平将門の首が飛来した場所だから
・将門の乱の折り、平貞盛が八門遁甲の陣を敷き、死門の一角としたから
・八幡村内だがこの森だけ行徳村の飛地だから
・八幡村、行徳村の入会地だから
・貴人の古墳墓だから

等、幾つかの説がある。
その中でも最も有名なものが、平将門にまつわるものであろう。

明治時代に平将門関連の伝承や事績を集成した『平将門故績考』(織田完之著 碑文協会 1907)という書物に、古墳ファンならちょっと気になるような話しが掲載されている。少々長くなるが引用してみよう。

「下総国東葛飾郡八幡不知森は市川より船橋に赴く街道二十町許の右に傍ふ竹樹林是也。方二十歩許。其の中に一小石祠あり。里老云ふ、人謬りて此中に入る時は必ず神の祟りありとて垣を繞らし入ることを禁ず。竹樹の間より稀疎として水田を透見ず、只枯竹朽木の根株盤錯して墜葉累積し会て、斧鋤の入りたることなく年所を経るの久しきを知るも、何人の故績たることを知らずと云う。
江戸名所図会第二十巻に云く、八幡不知森は天慶三年平将門戦没の時、六人の近臣其の首級を追て此の地に来たり、此の林中に入りて動かず。終に土偶人と顕はれたりしが、其の後雷雨に逢て破壊せり。此の土を踏む者あれば必ず祟りをなすと。又此の地は往古八幡庄と称へし所にして八幡駅の地にありながら此の一区域のみ行徳町の持分なりと云う。元禄年間水戸西山公此の森林に入り試みられしに出所に迷はれたりと伝へ、今に森林に入ることを厳禁す。夫れ斯くの如く古へより人の畏怖して近づかざるは必ず古兆域なるべし。況や土偶の出たる伝へあるをや伊能頴則の考へにも或は国司の古墳墓なるべし御所車の形状ありと石井新吾の話なり。
予按するに是れ平将門の父、鎮守府将軍下総守従四位平良将の兆域なるべし。良将は初陸奥鎮守府将軍となり多賀城にあり。下総守に任じ来りて国府台に住す。居然たる邦家の藩鎮たり。治績大に挙り民心悦服すと云へり」
(織田完之『平将門故績考』碑文協会 1907 P90-P91)

薮知らずと恐れられるようになった由来について、水戸西山公=水戸黄門が中に入って迷った等の諸説を紹介しつつ、このように色々な理由をつけて人々に恐れられて続けているような場所は元々兆域=墓域であろうとし、最後に将門の父、平良将の墳墓であろうという自説を披瀝している。
その根拠として、将門の近臣6名が将門の首を追ってこの森の中に入った際、土偶人になってしまったという伝承から、かつて土偶=人物埴輪が出土したらしいことを挙げている。また、国文学者の伊能頴則(ひでのり)の説として、八幡不知森が御所車=前方後円形をしており、国司の墓であろうというのを引用している。
八幡不知森はこの本が書かれた当時ですら、一辺20歩程度の方形をしていたらしいし、『江戸名所図会』でも方形の森として描かれているので、これが前方後円墳であったろうというのは伊能頴則の推測であると思われるが、墳墓が原型を留めていない理由として、著者は次のように説明している。

「天慶元年関東に大地震あり。陵谷大に変遷したりと伝へ、又其の後二十九年を経て康保三年此の地大に震ひ、海水沸騰して逆浪湧起り、海岸の丘山を掃蕩す。此の時上総の海濱は変災最も甚しく、海上郡は漂没して内海浅瀬となり、佃島も此の時に出現すと伝ふ。斯る海嘯の為めに葛飾郡海岸の墳塚を漂蕩し去りて平坦地となり、其の迹に竹樹叢生繁茂せし兆域の中心に後人小石祠を安置するは、蓋し平良将の祠堂ならん。物変わり、時移り行、人の此を過ぎ訝り問ふ者あるも、里人は将門の父なれば、其の実を告ぐるを憚り、何人か貴人の墳墓なるべきも其の姓名を知らずと答へ、知らず知らずと終に知らずの森となれるなるべし。今は其の石祠を稲荷と呼べり。付会の甚きものなり。」(織田完之 前掲書P93)

千葉にこのような大地震&津波の伝承があったとは驚きだが、墳墓が原型を留めていないのは、この二度の地震と津波のためだとしている。
また、謀反人・将門の父ということで、地元の人が誰の墳墓であるか知らないフリをして「知らず、知らず」と言っている内に「知らずの森」になってしまったのだろうと、「不知森」の名の由来を説き、石祠を稲荷だとしていることを「付会の甚きものなり」と切って捨てている。


「平将門、謀反起こして成敗されたらしいぜ〜!」



「マジ? この村に将門の親父の墓あるじゃん!」



「トバッチリ喰らうのもヤダから知らないフリしようぜ〜!」



「いや〜なんか偉い人のお墓らしいけど、誰のお墓か知らないんですよ〜」



「知らない、知らない、マジで知らない!」



不知森完成!

というのもかなり付会が甚だしいように思えてならないのだが、古墳かどうかということとは余り関係がないので放置しておく。

やはり気になるのは、埴輪が出土したらしい点=将門の家来が土偶人にされてしまったという伝承だ。
これが実話だとすると、「誰が連中が土偶化して落雷で砕け散る所を観察してたんだよ〜?」というツッコミに耐え得ないだろう。主の生首を追っかけてる殺気立った武士の跡をつけてみようという命知らずがそうそういるとは思えない。というか、普通の人なら生首が飛んできただけて、震えて家の中に閉じこもるだろう。
従って、これは埴輪が出土したという事実が先にあり、それにインスパイアされて考え出された話しであると思われる。
そう言えば、大手町の「将門の首塚」も石室が検出されているので古墳であった可能性が高い。
同書によれば、埼玉、千葉、茨城あたりには他にも「将門の墓」とされている古墳が幾つかあるそうである。

さて、改めてこの伝承を分析してみると、その昔、塚を崩した際に6体程度の人物埴輪が見つかったようだ。
しかも「落雷で壊れた」とあり、発見されたのは完品ではなく破片の状態だったと思われるのがリアルだ。
下総あたりの古墳で人物埴輪を伴うとなると、6世紀中葉〜7世紀初頭頃の古墳であった可能性が高く、またその時代の古墳であるならば、横穴式石室を有していたものと思われる。
八幡不知森の中央部には陥没している部分があるらしく、放生池跡説の元になっているのだが、これも石室跡と考えれば納得行く。従って、墳墓だとしても平良将の墓ではなく、古墳時代の古墳である可能性が高い。
非常に朧げな伝承でしかないが、織田完之氏も述べているように、こうした恐ろしげな話しが伝わっているような場所は古墳をはじめとする墓域=兆域である場合が多いのもまた事実であろう。

そもそも「入ったら祟られる」といった類の説話は各地の古墳に多く付与されているものである。
古墳巡りをしていれば、そんな話しの一つや二つは余裕で耳にすることになる。
私の地元鳩ヶ谷にも、太田道灌が武器を隠した石櫃(古墳の石棺臭い)があるとされる林がかつて存在しており、そこに入ると祟られるとか出てこられなくなるといった「薮知らず」と同様の伝説が伝わっている。また市内の仙元祠古墳には土採りを戒めるための祟り伝承があったし、足立区の白旗塚古墳にも副葬品と思われる武具を掘り出した一家に対して祟りがもたらされたという伝承や、墳丘に立ち入るだけで祟られるために村人が恐れて近づかないようなり、かつて墳頂にあった神社が廃れてしまったという説話が伝えられている。
このような説話が古墳に付与される理由として、単に墓だからというのもあるだろうが、盗掘防止もしくは埋蔵されてる副葬品等の財宝の横取り防止のために作り出されたと考えられるフシもある。
恐らくは、金に困ると土器や埴輪や副葬品を掘り出して売るといったことが割と一般的に行われていたのだろう。
今でも骨董屋や古道具屋に行くと出土地不明の埴輪やら土器やら鉄剣やらが並んでいるが、江戸時代に巻き起こった骨董ブームがそうした需要を生んでいたと考えられる。
個人乃至は家族単位でやっていたり、村ぐるみでやっていたり、その辺はケース・バイ・ケースだと思われるが、いずれにしても部外者に知られて横取りされたり、お役人にバレて咎められては困るので、こういう話しを流布させて、人を近づけないようにしようとしていた例もかなりあるのではないかと思う。

と、いうことで、個人的には八幡不知森古墳説を支持したい。
近々現場に突撃する予定である。

投稿時間 : 19:28 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年09月28日 千葉県の古墳
 ■ 営業ルート上の気になる物件(千葉県)

仕事で千葉の市川〜船橋〜松戸方面に良く出かけるのだが、いつも通るルート上に気になる物件が幾つかある。
今日も仕事で出かけたので、車中よりそれらの物件の撮影を試みた。

京葉道武石ICを降りて、実籾駅方面に進んでスグの所にある塚

本日撮影分は写りがイマイチだったので、今年2月に撮った写真を紹介。
奇麗に整形され、手入れされている所を見ると最近造られたものだろうか?
頂上に小さな祠が乗っている。
その先の畑地の中にも怪しげな土膨れが

畑の廃土の山だと思うが、中央部分が抉れているのが石室跡っぽい。
以前は、凹んでいる部分に石が幾つか見えていたので、尚更古墳の残骸っぽかった。
京成実籾駅前を過ぎ、実籾街道を少しいった所にある八幡稲荷神社

由緒書きによると、古来より武士や軍人により崇拝されてきたそうだ。
戦前、近所に駐屯していた陸軍師団がこの神社周辺を整地しようとした所、怪我人が続出したという古墳にありがちなエピソードが伝わっている。
しかし、さすがは帝国陸軍。
結局この塚だけ残す形で整地工事は完遂したそうだ。
ご覧のように、塚上に赤い社殿が鎮座している。

毛長川流域の入谷氷川神社古墳や谷塚の兎田稲荷神社、滝野川の四本木稲荷神社古墳等を彷彿とさせる、典型的な神社古墳風な外観であるが、特に古墳であるとは考えられていないようだ。
塚は低平で、高さ1.5m、径15m程度といった所だろうか?

神社北側〜東側は公園になっており、南側には実籾街道が通っており、古墳ならばこれらの開発に伴って遺物の一つも出ていて然るべきだが、そういう話しも伝わっていないようなので、近世塚なのかも知れない。
実籾から習志野の空挺隊演習場の脇を抜け、松戸方面へ。

松戸へ行く途中の鎌ヶ谷市内に「右京塚」という地名があり、そこに「右京塚神社」なる怪しさ満点の神社が鎮座している。寄っている暇がないので、看板を撮影。
やはり塚上に社殿が建っているのだろうか? かなり期待が膨らむ神社である。
右京塚の先の貝殻山公園(貝塚でもあるのか?)そばの飲食店駐車場奥にも怪しげな塚が...。

石碑と説明板らしきものが見えるので、何かの遺跡か史跡なのだろう。
貝殻山という地名も古代史ファンとしては気になる所。
今度日を改めて探訪してみたい。
松戸の陸自駐屯地脇にも小さな祠を乗せた塚状地形がある。

ついこの間迄、塚上にシイか何かの巨木が黒々と葉をつけていたのだが、最近伐採されてしまった(写真中の太い幹の木)。このような古木があることから、古くから存在する塚だということが分かるが、果たして古墳だろうか?
塚上には祠が2つ祀られている。

周辺に車を停められそうな所がないのが難だが、ここも一度じっくり観察してみたい。
松戸市河原塚には「河原塚古墳群」が存在している。

この林の奥と、近くにある中学校の敷地内に古墳があるらしい。
しかも中学校の敷地内にある4号墳は、貝塚の上に円墳が築かれているという変わりダネで、中学校敷地造成に際して、この貝塚&古墳部分のみ削り残して保存している。
松戸市HPの写真をみると、円錐形のコンクリの台座の上に古墳が鎮座しているという珍妙な残り方である。
河原塚古墳群が乗っている丘は「塚山」と呼ばれているのだが、この塚山と別の台地との間の谷間に墓地に覆われた小丘が存在している。

元々独立丘なのか、近年の開発で台地本体からとり残されたのかは不明だが、独立丘や台地縁辺部は古墳造営の場として良く選ばれる地形である。この丘に古墳があったのかどうかは不明だが、現在も墓地として使われている所をみると少々怪しい気もしないではない。
仮に古墳があったとしても、墓地造営により、既に削平されてしまっているっぽい。
地形的に鳩ヶ谷の仙元祠古墳跡や川口の高稲荷古墳跡、東養寺古墳跡を彷彿とさせ、個人的に気になる場所である。

投稿時間 : 17:49 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1