古利根川流域の古墳 アーカイブ

|記録帳TOP|


2009年02月14日 浅草寺周辺の塚
 ■ 墨田区立花 吾嬬神社

最後は、隅田川の対岸、墨田区立花の吾嬬神社へ。
ここは、博士の著書でも軽く触れられている場所である。
もっとも、隅田川の対岸と言っても、中川(古利根川)の旧流路に近いから、浅草というよりは、中川上流の葛飾区内の古墳との関連性の方が強いのかもしれない。

この神社の祭神は、社号からも想像がつくと思うが、弟橘比売と倭建命である。
社伝によれば、この場所は、命が三浦半島から房総半島に渡る際に、海神を鎮めるために身を投じた妻・弟橘比売の遺品が流れ着いた場所なのだそうだ。
社殿は、小高い盛土の上に鎮座しているが、これは命が、妻を偲んで、漂着した遺品を埋納するために築いた塚だという。
尚、立花の地名も弟橘比売に由来するとのこと。

墨田区というと、川沿いの真っ平らな所というイメージしかなかったので、このような、いかにも古墳という雰囲気満々の小山があるとは驚きだ。
また、墨田区というと、比較的新しい時代に開けた土地というイメージもあるのだが、東征伝承の中でも最も古い形態と思われるヤマトタケル伝承が伝わっている点も興味深い。対岸の浅草同様に、隅田川左岸〜中川(古利根川)右岸にかけての自然堤防上は比較的古くから開けていたのかも知れない。

ここも今の所は特に古墳関連の遺物が見つかったというような話はないようだが、伝説とは言え、人工の築山であると伝えられている点も興味深い。


参道入り口の由緒書。
上述のヤマトタケル伝説と、御神木の楠の由来について触れられている。

吾嬬神社。南側から。
社殿は確かに周囲よりも小高い土地に鎮座している。この土台部分は南北に細長い長方形に整形されているので、本来はもっと規模の大きいものだったと推測される。

境内右手には由緒書にあった神木の楠がある。
元々は倭建命が自ら植えたものだったようだ。

説明板には楠を植えるに至った経緯と、この社地が妻の遺品を納めるために命が築いた築山である旨が記されている。記録にはないが、かつてこの場所からそれらしい物が見つかったことでもあるのだろうか?

社殿の後ろ側は更に一段高くなっている。
大正時代に撮影された写真を見ると、元々この場所が円墳風な塚状になっていたようだ。社地全体が築山なのではなく、自然地形の残丘上に塚を築いたということなのだろうか? 社地全体が築山なのだとすると、現状長方形に残されていることから、前方後円墳である可能性もあるのかもしれない。

社殿背後の高まりを別角度から。
石材が散見されたが、石室材という訳ではないようで、比較的新しい時代に持ち込まれたような雰囲気であった。

社地を北側から。
南側と比べると擁壁の高さが高くなっている。

大正時代の吾嬬神社(鳥居龍蔵『上代の東京と其周囲』磯部甲陽堂 1927より)。
恐らく上の写真と同じく、北側からの撮影と思われる。
現在は擁壁で良く分からなくなっている社殿背後の高まりは、元々は円墳風な形状をしていたようだ。また、社地が長方形に整地されているのはかなり前からのことであることも分かる。何となく小型の前方後円墳を崩した跡のように見えなくもない。

iPhoneのMapで上空から。
わざわざ長方形に整地しているということは、元々南北に細長い丘だったのだろうか?
尚、かつては周囲に流れ着いた船の櫂を埋めたとされる「櫂塚」等、他にも弟橘比売関連の品物を埋めたとされる塚が幾つか存在していたとのこと。もし全て古墳だったとすると、浅草寺界隈と同様に、隅田川左岸の自然堤防上にも古墳群が築かれていたのかもしれない。

投稿時間 : 16:42 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月22日 東京都の古墳
 ■ 葛飾区&江戸川区探訪
東京都遺跡地図には、古墳の他にも「塚」が数多くプロットされている。勿論その大部分は中世〜近世にかけて造られた経塚や富士塚等であるが、中には「性格不詳」「時期不詳」と良く分からないものや、名前だけ「◯◯塚古墳」と古墳である可能性を臭わせている塚もある。要するに、コレと言った遺物が知られていない上に未調査のため、古墳なのか別の目的で造られた塚なのかハッキリしない物件なのである。

先週迄とはうってかわって朝からどんよりとした曇天であったが、本日はそうした「塚」の内、葛飾区と江戸川区に残る古墳の可能性がありそうな物件を巡ってみた。

●鹿見塚

車で環七を飛ばし、京葉道路を左折。まずは江戸川区の篠崎公園のそばにある、同区鹿骨3丁目の鹿見塚へ。
この鹿見塚はこのあたりの地名である「鹿骨」の起源となった場所で、古くから地元では「古墳ではないか?」と言われているそうである。

現在、隣の葛飾区内からは、柴又と立石からそれぞれ古墳跡が見つかっている。葛飾区〜江戸川区は、奈良時代の「下総國葛飾郡大嶋郷戸籍」で知られる大嶋郷に比定されている。大嶋郷は「嶋俣里」「仲村里」「甲和里」の3つの里から構成されており、それぞれ、葛飾区柴又周辺、葛飾区立石〜奥戸周辺、江戸川区小岩周辺にあたるのではないかと考えられているのだが、つまり、今の所、嶋俣里と仲村里の範囲からは、古墳が見つかっているのに対し、甲和里からは見つかっていないということになる。
江戸川区内からも上小岩遺跡をはじめ、古墳時代の集落遺構が幾つか発見されている。柴又や立石同様に、集落があるのであれば、古墳があってもおかしくはない訳で、そんな江戸川区において、最も古墳である可能性が濃厚なのが、この鹿見塚であると言えよう。
鹿見塚

現在塚上には鹿見塚神社が祀られているが、ご覧の通り、非常に小さな神社である。ただ、神社敷地に隣接する土地も元は塚の一部であったように思われるので、元々の規模はもっと大きかったのであろう。
塚の様子

塚と言っても削られたのか埋没しているのか、現状では高さは殆どないのだが、参道から社殿に向けて僅かに盛り上がっている。
鹿見塚碑

「鹿骨発祥の地鹿見塚」と彫られている。地元の有志によって建てられたようだ。
説明板

「この鹿見塚のあるあたりは昔から鹿骨発祥の地といわれている。伝説によるとこの地は昔戦国時代の頃、興亡のはげしい世の中を離れ、安住の地を求めて石井長勝・牧野一族・田島一族・中代一族および別系の石井一族が開拓し住みついた所といわれる。ある日のこと日頃尊崇している鹿島大神が、常陸の国から大和の奈良に向かう途中、大神の杖となっていた神鹿が急病でたおれたので、塚を築きねんごろに葬った所だと伝えられている。
昭和四十二年八月氏子中によって碑が建てられた。台座はコンクリート三段組で高さ九八・碑石は高さ八一・幅五二・厚さが一三(単位センチメートル)あり表面に「鹿骨発祥の地・鹿見塚」と刻まれている。鹿見塚神社は昭和四十八年に再建築されたものである。
昭和五十二年十一月 江戸川区教育委員会」とある。
塚上からの眺め

一番小高くなっている社殿裏手から外を眺めてみると、道路からそれなりに比高があることが分かる。
西から

社殿の裏手に向けて、徐々に高まっていっているのが分かる。社殿裏手あたりが元々のマウンドの頂上だとすると、マウンドの北側半分と西側がざっくり削られてしまっているようだ。
北から

神社敷地の東側も建物で削られており、現状は元々あった塚のごく一部が残されているに過ぎないことが分かる。

●半田稲荷神社

次は篠崎公園前から柴又街道を北上し、葛飾区東金町4丁目の半田稲荷神社へ向かう。
ここは遺跡地図で葛飾区の18番として登録されており、遺跡名は特につけられていないのだが、「低地微高地 塚? [中?]」となっている。塚なのかどうかもハッキリしない上、時代も中世のものなのかどうかハッキリはしていないようだ。

このように、今一つ掴みどころのない遺跡なのであるが、聞く所によると、境内には「狐穴」という横穴があるという。横穴式石室が「狐穴」と呼ばれることは良くある(実際に狐が巣をかけることが多かったのだろう)ので、柴又八幡神社古墳のように、石室の一部が露出しているのかもしれないと思い、足を運んでみた。
半田稲荷神社

東側に江戸川(太日川)を臨み、北側に水元公園(旧入間川流路跡)を臨むという立地で、古墳時代はこの2つの河川に北〜東〜南を囲まれた半島状の自然堤防上に立地している。尾張徳川家から庇護され、多くの歌舞伎役者が参拝していたことで知られている。
神泉跡

湧水は枯れているそうだが、遺構が境内に保存されていた。泉をとりまく柵には寄進者の名が刻まれており、市川団十郎や尾上菊五郎といった歌舞伎役者の名もある。
塚?

社殿左手の稲荷祠の左手から背後にかけてが盛り上がっており、この祠は塚を切り開いた跡に祀られているようにも見える。新宿区西早稲田の水稲荷神社裏手にある冨塚古墳と似たような雰囲気であった。
狐穴

稲荷祠へ続く参道の左手に、噂の狐穴があった。期待に反して溶岩等で比較的新しい時代に造られたもののようであった。元々富士塚でもあったのだろうか?
別角度から

塚上の薮から、今まさに飛び出してきたような狐の石像が可愛らしい。このあたりは溶岩を積み上げて造られているようで、富士塚跡地っぽい。
狐穴クローズアップ

ご覧のように溶岩を積み上げて造られており、古墳の石室跡ではないようだ。大きさも小さく、仔狐位しか出入りできそうにない。
稲荷祠

鳥居を潜り、祠の前に出ると大小様々なお狐様達がお出迎え。何となく楽しげな光景であった。葛飾区による説明板によると、祠の前の一対の狐は、狐の石像としては区内最古のものなのだそうだ。
稲荷祠左手の様子

ご覧のように塚跡のような地形になっている。狐穴は石室跡ではなかったものの、時期不詳の塚ということなので、もしかすると古墳跡なのかも知れない。ただ、これだけ削られている割には特に遺物は知られていないらしい。
稲荷祠右手の様子

稲荷祠の背後から右手、更に右手の社殿裏にかけて塚状の高まりが続いていた。塚の南側を削った跡に、社殿と稲荷祠を建てたような印象である。
塚状地形を裏手から

裏手(北側)は公園になっており、元々塚だったとすると、南側だけでなく、北側も削られていることになる。これだけ削られて、特に遺物が出ていないという点が古墳と見るには弱く、区としても「中世の塚か?」と推定するより他にないのだろう。

●三ツ池古墳

半田稲荷から国道6号を南下。古墳時代の集落跡が見つかっている新宿地区から左手の住宅地に入って暫く進むと、葛飾区の10番として遺跡地図にプロットされている、三ツ池古墳のある理昌院そばに出る。

この三ツ池古墳、古墳という名がついているものの、時代区分は奈良時代となっている。再終末期の古墳なのか?と思いきや、遺跡地図には古墳マークではなく、塚マークでプロットされている。要するに古墳とは言われているものの、付近からは奈良時代の遺物しか出ていないということのようだ。まあ、再終末期の古墳になると、火葬骨を骨蔵器に入れて埋葬するだけという形もあるので、もしかすると本当に8世紀代の古墳なのかも知れない。
理昌院墓地から該当地付近

地図には現存マークでプロットされているのだが、該当地は塀の向こうで、良く分からなかった。Google Earthで確認するとどうも建物の下敷きになっているっぽいのだが、多少なりとも残っているのだろうか?
聞明寺墓地から

隣接する聞明寺の墓地からも覗いてみたが、この場所から、上の写真で棕櫚の木が生えているあたりに向けて若干地形が高まっているような印象で、もしかすると聞明寺の裏庭(棕櫚の木のある所)に多少墳丘が残っていたりするのかも知れない。

●奥戸三丁目の塚

最後に立石様や南蔵院古墳、立石熊野神社古墳がある立石から中川(古利根川)を渡った対岸にあたる奥戸三丁目にある塚を見学する。
ここは遺跡名はついていないものの、葛飾区の23番遺跡「低地微高地 塚 [不]」として遺跡地図にもプロットされている。対岸に古墳跡があり、奥戸地区からは古墳時代の集落跡(鬼塚遺跡)が見つかっていることから、古墳である可能性も考えられる物件である。

ただ、古墳時代の集落跡が見つかった鬼塚遺跡内にある、一見円墳状の塚である鬼塚は、調査の結果中世塚であることが判明しており、これを考えるとこの塚も同種の中世塚である疑いも出てくる。
奥戸三丁目の塚

奥戸3−12の住宅地の最奥部に人目を避けるように佇んでいる。周囲は全て住宅で取り囲まれており、通りからその存在を見通すのは難しい。このブロックの中心部分がちょっとした広場状になっており、そこに建つ民家の裏手に円墳状の塚が残っていた。
目測で高さ1.8m程度、径10m程度の小型の円墳状である。民家敷地(写真左手〜手前)とマウンドの間が凹んでおり、周堀跡のようにも見えるのだが、民家敷地側を盛土したためにこうなっただけとも考えられる。
民家庭先にあった奇石

マウンド前に建っている民家の庭先に男根状の石がおかれていた。元々塚上かその前あたりに神社か何かがあった名残なのだろうか? この場所は住宅密集地のド真ん中に、ここだけぽっかりと空間があき、2軒の家がポツンと建っているだけというちょっと変わった雰囲気であり、塚があることからしても、神社跡地なのかも知れない。

江戸川区や葛飾区というと、北区や板橋区等の都内の台地上の地域と比べると元々古墳や塚の数はとても少ない印象の場所なのだが、4カ所まわって、一応3カ所、見た目にそれと分かる場所が見られたというのは実に優秀な成績である。古墳かどうかは不明としても、こうした塚が残っているのは大したものだと思う。

今日は時間の関係で寄ってこられなかったが、いつも仕事で通っている江戸川区内の道沿いにもう1カ所、塚上に鎮座する稲荷社があるのを知っている。探せばまだ他にもありそうな気もするので、地誌や郷土史本でもう一調べして、再度この地域を巡ってみようと思う。

投稿時間 : 21:44 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年09月29日 埼玉県の古墳
 ■ 八潮・越谷の古墳と塚

朝起きてみると昨日とは打って変わって雨天であった。ただ午後から晴れないまでも雨はあがるとのことである。

当初予定としては、八潮の八條殿社古墳を皮切りに、国道4号線を北上しつつ埼玉東部の古墳を見学するつもりだったが、午後からでかけるとなるとそんなに遠く迄は行けそうもないので、若干予定を変更し、八潮と越谷の古墳と塚を巡ってみることにした。


◯清浄院 開山塚(越谷市大松60)

新編武蔵風土記稿埼玉郡新方領大松村の項に

「清浄院 浄土宗芝増上寺末栄広山浄土寺と号す。寺領十二石の御朱印は慶安元年九月十七日賜ふ。本尊阿弥陀を安ず。立像にて長三尺許。恵心の作といへり。開山堅真宝徳元年七月二十八日示寂す。当寺の東少許を隔て開山塚と云あり。そこより掘出せし古碑に嘉禄元年の文字見えたり。是起立の人の碑ならんと云。」

と清浄院境内に開山を埋葬した塚があるとの記述がある。
古墳に後代この種の説話が付与されることは良くある話しなので、この塚も古墳であるか、この由緒が正しいとしても、既存の古墳を開山の墓地に転用したものではないか?という気がしたので、見学してきた。
清浄院。
越谷市東部の中川傍の田園地帯の只中に所在している。

『新編武蔵風土記稿』の記述通り、本堂裏の東側(写真右手)に開山塚が現存している。
開山塚。

復元円墳のごとく奇麗に整備されている。
開山の墓ということで、大切にされているのだろう。
別角度から。

見た目は2段築成の円墳といった雰囲気。
説明板によると径は東西13.5m、南北13m、高さ1.8mとある。
見た目もサイズも埼玉県南に多い典型的な小円墳だ!
説明板。

昭和49年の発掘調査で人間の歯4本、銅銭1枚、鉄クギが出土したとある。
別の資料によれば、銅銭は唐銭だったらしく、これらの品の周囲の土は脂肪分を吸って黒く変色していたそうである。
これらのことから誰かを埋葬した塚であることは間違いないが、古墳特有の埋葬主体が見つかっていないことから、古墳というよりは、寺伝通りの開山の墓地というのが正解な気がする。
「よく原型が保たれた円墳である」と書いてあるが、まあ、円形の墳墓という意味では確かに円墳なんだろうけど、寺伝通りに古墳ではないとなると何と呼ぶべきか...。「新墳」というほど新しくはないし、「中古墳」というのもちょっと違うよな...。やっぱ「中世墳」が妥当?
◯大聖寺 大相模不動堂(越谷市相模町6-442)

これも『新編武蔵風土記稿』を読んで気になった物件。
本文中には特に塚とか古墳とかは書かれていないのであるが、掲載されている境内図に怪しい塚状地形が2カ所掲載されていたので、これが残っていないかどうか、見学してきた。
元荒川右岸の自然堤防上に所在している。
大聖寺(大相模不動堂)仁王門。

寺伝によると天平勝宝2年(750)の創建と言われる古刹である。
本尊は奈良東大寺初代の別当良弁僧正作と言われる不動明王像。
628年創建と言われる浅草寺境内に古墳が所在していたことから、期待が膨らむ。
『新編武蔵風土記稿』の「大聖寺境内図」。

不動堂に向かって右手の池端に1つと不動堂裏手に1つ、計2カ所の塚状地形が描かれている。
不動堂裏手のは円墳っぽいが、池端にあるものは前方後円墳のようにも見えなくもない。
仁王門を潜り、長目の参道を進むと右手に弁天池と若干小高くなった場所に立つ鐘楼が目に入った。
仁王門との位置関係、手前に池を伴うことから、この鐘楼の土台部分が境内図に描かれた塚状地形と見て間違いなかろう。
弁天池を巡る柵に恐ろしい注意書きが...。

他所からこの池に生物を持ち込んでも、水の原因で死んでしまうそうである。
さすがは県内屈指の古刹。多くの神社仏閣で放置プレイされていることの多い弁天池ですら、この霊威である!
この弁天池は境内図にある通り、半ば塚状地形を巡るようになっており、周掘の跡っぽく思える。
鐘楼土台を別角度から

現状は高さ1m程度で、江戸時代の境内図に描かれた状態からは大分削られてしまっているようだ。
もし古墳だったのであれば、何がしかの遺物遺構が検出されていて然るべきなのだが、特にそういった話しはないようである。
ただ、寺域のスグ裏手が元荒川という立地からして、古墳かどうかは別としても人工的に盛られたものである可能性は高いように思われる。
不動堂。江戸時代の境内図と比べ、こちらはかなり立派になっている。

この裏手に円墳状の地形があった筈なのであるが、現状は住宅地となっている。
ただ、不動堂裏手と住宅地の間に竹薮があるので、もしかするとそこに痕跡程度は残っているのかも知れない。
次回寺の人に聞いてみようと思う。
塩野博著『埼玉の古墳 北埼玉、南埼玉、北葛飾編』によれば、この大相模不動堂がある現相模町(旧大相模村大字東方)で古墳の石室と思われる遺構が田中から見つかったことがあるそうだ。今となっては詳細な場所等は不明となっており検証不能なようだが、かつてこの地に古墳が存在していたのであれば、大聖寺境内の塚状地形も古墳の成れの果てなのかも知れない。
また、東隣の見田方からは古墳時代後期の集落遺構である見田方遺跡が発見されている。
人が住んでいたなら、その周辺に古墳が築かれていたとしてもおかしくはない。
◯八條殿社古墳(八潮市大字八条406)

越谷から八潮に入り、八潮市内唯一の古墳とされる八條殿社古墳へ向かう。
『新編武蔵風土記稿』埼玉郡八条領八條村の項に、

「八條殿社 塚上ニ社ヲ建。内ニ神体トテ古碑二基ヲ置。一ハ弘安七年。一ハ慶安四年五月二十七日宗源禅門ト彫レリ。是尋常ノ古碑ニテ当社ニ預リシモノニハアラズ。一説ニ月輪太政大臣兼実ノ三男八條左大臣義輔罪アリテ当国ニ左遷シ此地ニテ逝セシカハ其霊ヲ祀シト。此説覚束ナシ。義輔系図ニハ良輔ニ作ル。当所ノ地名ニヨリテ此人ノ事を付会セシナラン。又当国七党系図ニ出タル在名此辺ニ多く残タレバ村名の條ノスル所七党系図八條五郎光平等カ家号ヲ付会セシモ知ベカラズ。サレド塚上ヲ平ケル所ヨリ石槨ノ著シ様古墳ナルコト知ラル。」

とあり、かつて石槨(石室又は石棺)が検出されたことが記されている。
このことから、この塚が古墳である可能性が高いのだが、明治に入って八條殿社が廃社(恐らく小社合祀令による)となってから、出土遺物等は散逸してしまい、現状では確認することができないようである。
八條殿社古墳遠景。

中川(古利根川)右岸の自然堤防上に立地している。
毛長川流域の古墳群から間近と言って良い距離に所在しているが、こちらは石室を有していたらしいのが興味深い。
最近は古墳群を河川流域単位で把握することが多いが、これもそうした把握法が有効な一例かも知れない。
墳丘南側から。

2基の石灯籠と八潮市教育委員会による説明板が設置されている。
手前は畑になっており、西側は家屋になっている。
この辺り一帯は中世の武士居館跡でもあり、周囲の水路は掘の名残とされている。
説明板。

「明治42年廃社」とあるから、やはり小社合祀令によって、近くの八幡神社に合祀されたようだ。
もし古墳だとすると1基だけでなく、毛長川流域のように群集墳を形成していたのかも知れない。
八幡神社は現状塚上にあるようにはなっていないが、これももしかしたら元々は古墳上に建てられていたのかも知れない。
墳丘東側に見られる溝状の窪地

写真中央から左側が墳丘で、写真では判別しずらいが、その右側に溝状の窪地がある。
武士居館に伴う空掘跡と言われているようだが、墳丘を巡るように続いているので、周掘跡の可能性もあろう。
墳頂の様子

2基の石灯籠の間から墳丘へ入ることが出来る。
説明板でも「度重なる発掘で原型を留めていない」とあるが、確かに現状は塚と呼ぶのもどうかと思う程の僅かな高まりが残っているに過ぎない。石槨が出たとあるので、その残骸でも残っていないかと見回してみたが、特にそれらしいものは見られなかった。
墳頂から北側を望む

北側には東側から続くように、溝状の窪地が巡っている。
武家屋敷の空掘というよりは、やはりこれは周掘跡ではないだろうか?
この八條殿社古墳から中川を下った足立区大谷田にも「大谷田古墳」と呼ばれるある塚があった。
古墳と呼ばれてはいるが、まだ発掘調査等で古墳と断言できるものが見つかっている訳ではないようだ。
また、八潮市八条のすぐ上流側にある草加市柿木町には狐の嫁入り伝説のある「塞塚」と呼ばれる塚があった。
横穴式石室を有する古墳には、実際に狐が巣として利用していたためか、「狐塚」と呼ばれたり、狐にまつわる伝承が伝わっていることが多いので、或はこの塚もそうした古墳だったのかも知れない。
八条の西隣の草加市青柳にも「まるぼっち」と呼ばれる塚と円形の池の伝承が残っている。伝承によるとかつてこの池から丸木舟が出土したことがあるそうだ。草加市内には丸木舟伝承が他にも幾つか伝わっており、実際に綾瀬川から縄文時代の丸木舟が出土したことがあるのだが、塚が伴うまるぼっちの丸木舟は、ことによると古墳の船型木棺であったかも知れない。

何一つ古墳である確証がある訳ではないが、こうした近隣の塚の伝承を集めてみると、中川の最下流域右岸に古墳群が形成されており、八條殿社古墳はその中の一基であったように思えてくる。
◯西袋陣屋(八潮市西袋638)

知人から八潮の西袋にも古墳っぽいものがあると聞いたので、最後にここも見学してきた。
ここも陣屋跡と八條殿社古墳跡と似たような立地だが、こちらは公園としてその遺構が一部保存されている。
西袋地区は綾瀬川右岸の自然堤防上に立地しており、その西は谷塚古墳群のある草加市瀬崎町と接しており、南は毛長川を挟んで、白山塚古墳や一本松塚古墳のある足立区花畑という立地である。
西袋陣屋公園。

これは櫓台の跡らしい。
公園内にはこのように土塁も保存されている。
この界隈で保存されている城館跡となると、川口市赤山の赤山陣屋位しかないと思っていたので、ちょっと嬉しい新発見である。
公園に隣接する駐車場の一角に、祠を乗せた塚があった。
これが知人の言う「古墳っぽいもの」であろう。

陣屋跡ということで、櫓台跡とか、土塁の一部という可能性もあるが、埼玉の高坂には前方後円墳を土塁に取り込んでいる例もあるし、上の八條殿社古墳の例もあるので何とも言えない。
ただ、公園整備に先立って発掘調査を行った筈で、特に古墳関連の遺物が見つかっていないとなると、やはり古墳ではなく、陣屋跡に伴う遺構と考えるのが妥当なようだ。
塚を別角度から

毛長川流域のA群(右岸、足立区花畑)、E群(左岸、草加市南部)から程近く、毛長川と綾瀬川の合流点に近いという立地からして、この辺りの自然堤防は毛長川(旧入間川)と綾瀬川の氾濫によって形成されたものであろう。
特に草加市南部の谷塚古墳群が所在する谷塚〜瀬崎町から続く自然堤防上という立地から、これが古墳だとすると毛長川流域に形成された古墳群の一つと捉えることも出来そうだが、残念ながらその可能性は低そうだ。

投稿時間 : 17:43 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1