元荒川流域の古墳 アーカイブ

|記録帳TOP|


2009年01月02日 埼玉県の古墳
 ■ 初詣は前玉神社

埼玉県民たる者、初詣は埼玉地名発祥の地である行田市埼玉の前玉神社に行くべきである。
というのは嘘で(笑)、ここ数年の新築マンションラッシュで人口が増えたせいなのか、年々参拝者の列が伸びて行く地元の神社の混みように負けて、1月1日の参拝を断念。本日、妻の実家のある深谷へ行くついでに、前玉神社で初詣を済ませることにした。

前玉神社の駐車場は混んでいると予想し、さきたま古墳公園の駐車場に駐車。
前玉神社は埼玉古墳群を構成する古墳の一つである、浅間塚古墳上に鎮座している。

駐車場の目の前は、群中最小、全長53mの前方後円墳である愛宕山古墳。
ただ、この古墳の北東に所在した天祥寺古墳も同程度の大きさの前方後円墳であった可能性があるらしい。

iPhoneのMapで確認。
天祥寺古墳はその名の通り、画面右上の天祥寺のあたりにあったらしい。
発掘調査で周堀の一部と埴輪片が出土しており、その中に4条突帯の大型円筒埴輪が含まれていたことから、前方後円墳説が提唱さている。

愛宕山古墳の後円部を掠めて東に進むと武蔵国最大、全長138mの二子山古墳がその雄姿を現す。

墳形は日本最大の仁徳天皇陵(大仙陵古墳)の相似形である。
周堀は釣鐘型に復元されているが、実際は長方形の二重周溝である。
航空写真を見ると本来の周堀の形が黒っぽく現れている。

二子山古墳の前方部端を掠めて東に進むと、前玉神社の参道が見えてくる。
3つの鳥居を潜ると背の高い墳丘上に鎮座している社殿が現れる。

前玉神社が鎮座する浅間塚古墳は、その名の通り富士塚として改築されており、かなり昔から古墳なのか、ただの塚なのか分からなくなっていたらしい。戦後の発掘調査で周堀が確認され、径50mの円墳と確認された。埴輪は確認されず、前方後円墳造営終了後の7世紀前半頃の築造と考えられている。

墳頂に鎮座する前玉神社社殿。
浅間塚の名の由来になった浅間神社は墳丘の中腹に鎮座している。
墳頂に至る傾斜はかなり急で、これは富士塚として改変されたためであると思われる。

参拝を済ませ、墳頂から周囲を見渡してみる。
樹木が生い茂っているため、見晴らしは良くない。
墳丘裾には神池が設けられていた。周堀跡を利用したものであろうか?

墳丘上でMap起動。
径50mは県内の円墳としてはかなり大きい方だが、国内最大・径105mの大円墳である丸墓山古墳がすぐそばに所在するため、古墳としての存在感はイマイチ薄く、「さきたま」の名を冠した神社としての方が有名である。
私の世代だと、小学校〜高校で1〜2回は学校行事で古墳見学と合わせて参拝に訪れた、埼玉県民のメッカとでも言うべき場所である。

墳丘裾にある明治神社の脇を西に進むと、目に前に群中3番目の規模を誇る、全長109mの前方後円墳である鉄砲山古墳が現れる。写真左が前方部で右が後円部。

鉄砲山古墳の前方部越しに、全長70mの前方後円墳、奥の山古墳の後円部が見える。

MAPで確認。
鉄砲山、奥の山共に墳丘の保存状態は良い。前方部を完全に削られてしまった稲荷山古墳や、魚の3枚おろしのような姿になってしまった将軍山古墳(いずれも近年復元された)等の、県道北側の前方後円墳とは対照的である。画像左下にちらっと見えているのが奥の山古墳の後円部。

再び二子山古墳の前を通って、駐車場へ。
次回は地蔵塚古墳や、小見真観寺古墳、真名板高山古墳あたりを巡ってみようと思う。

この後、妻の実家にて撮影したデータをMSI Wind U100のiPhotoで吸上げ、GIMPベースの軽量レタッチソフト・Seashoreでリサイズ&補正。
画面は1024x600とやや小さいが、ちょっとした画像の加工程度であれば問題なく使えて便利だ。

投稿時間 : 11:16 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月06日 元荒川流域の古墳
 ■ 村国の古墳を訪ねて
♪ぷぺっぷっぷ ぷっぷっぷっぷ〜
(ちちちち ちち ち ちちちちちちち ちーち ちち)
♪ぷぺっぷっぷ ぷっぷっぷっぷ〜
(ちちちち ちち ち ちちちちちちち ちーち ちち)
♪ぷぺっぷっぷ ぷっぷっぷっぷ〜
(ちちちち ちち ち ちちちちちちち ちーち ちち)
♪ぷぺっぷっぷ ぷっぷっぷっぷ〜
(ちちちち ちち ち ちちちちちちち ちーち ちち)

倅のリクエスト、SLAYERの"JIHAD"と共に国道122号を北上する。
http://jp.youtube.com/watch?v=2lnqisqwxJc参照)
この曲、出だしのリフが割とポップっぽい雰囲気なのだが、どこか調子が狂っていて、シンバルのコソコソさ加減と相まって気違いじみた高揚感というか、ジハード=聖戦の名の元にテロに赴こうとする狂信者の心境を良く表しているような気がする。
しかし、倅はまだ小1故、歌詞の内容が分からないから今はいいんだけれども、中学入って多少英語が分かるようになってきたら歌詞の意味する所を良く説明してやらないといけないよな、と思う。中途半端に歌詞を理解して、「ジハード!ジハード!!」とか叫びながら、テロられても近所迷惑だ。

今日の目的地は岩槻の村国だ。
塩野博著『埼玉の古墳 北埼玉、南埼玉、北葛飾』によれば、1951年刊行の旧埼玉県史の中に、岩槻の村国の元荒川沿いの台地縁に完形未発掘の前方後円墳があると記載されているそうだ。同書の村国の古墳に関する記事を引用すると、

「元荒川右岸、台地の縁辺に築造された古墳である。『埼玉縣史』(埼玉縣1951)によると、「和土村大字村国に一基の前方後円墳を存し、同じく元荒川の流域に臨み、未だ発掘されていない。……他にも相当の古墳が存在したと思はれるが、後世破壊せられたものもあるべく、現存するものは極めて稀である」と記されている。また、『古墳調査報告書 第三編』(小澤1959)にも「村国の古墳は元荒川右岸にのぞむ台地の辺縁に位置し、現在山林となっているきわめて眺望良好の地で、完形の前方後円墳とみられている。」と記してあるが、遺憾ながら現状では村国の古墳は確認できない。」(塩野博『埼玉の古墳[北埼玉・南埼玉・北葛飾]』さきたま出版会 2004 P463)

とあるように、『埼玉の古墳』刊行の時点でその存在は確認できないそうなので、恐らく旧県史刊行後に開発によって削平されてしまったのだろう。
地図で岩槻区村国を見れば分かると思うが、村国の元荒川沿いの台地は現在「岩槻文化公園」になっている。従って、この公園の開発整備に伴って削平された可能性が高いのだが、園内には雑木林が残されていたりするので、もしかしたら残骸の一部等、何らかの痕跡を見つけることは出来るのかもしれない。

そんなことを考えながら122号を走っていると、浦和大門の交差点手前から渋滞に捕まる。
大門交差点を越えられないまま"JIHAD"が終わり、"CULT"がはじまる。
神の名の元に行われる戦争や人権侵害。そんなに人間の血と絶望を神が求めるというのなら、神も悪魔も大差ないんじゃないのか?だったら俺は小煩いことを言わない悪魔でも信じてみるぜ!というキリスト教界に対する皮肉を込めた一曲である。因みにVo.のアラヤさんはクリスチャンである。そんなクリスチャンのアラヤさんが吼える!

「あぃぶめぃまぃちょおぃっす! しっくすしっくすしいぃぃぃっくすっっ!!!!!!!!!!!」
(I've made my choice.666!)

「俺の下した選択。それは666!」
キリスト教徒でもなく、キリスト教を基盤とした社会で過ごした経験が殆どない私には、「うわ〜、皮肉満載だね!」程度の思いしかないのだが、やはりキリスト教が文化の基盤となっているアメリカでこの歌詞は、物凄く反社会的なのだろう。
古墳時代で言うと、

「I've made my choice. 仏 法 僧!」(by馬子)

位の衝撃度? ちょっと違うか...。

大門交差点を抜けると渋滞はウソのように解消され、途端にガラガラに。
曲も"CULT"から、八幡不知森で取り上げた"DISCIPLE"に移っている。
この、JIHAD→CULT→DISCIPLEの流れは、個人的に最近のSLAYERの曲の中では最強の3連コンボだと思う。私は勝手に「反宗教3部作」と呼んでいるのだが、実際のライブでもこの流れでプレイされることが多い。
埼玉古墳群で例えるなら、二子山→丸墓山→稲荷山の3連コンボに相当しよう。
この3曲の中では"DISCIPE"が一番メタルらしくて好きなのだが、古墳の方も国宝・金錯銘鉄剣の出た稲荷山が最もメタルな古墳と言えるだろう。

その後、SLAYER→GRAVE DIGGERと聴き進めて行く内に岩槻区加倉で国道16号に入る。ここでまた渋滞に捕まり、GRAVE DIGGER→REBELLIONと進んで私も倅も熱唱しすぎて喉がちょっと痛くなってきた所で、目的地の岩槻文化公園駐車場に到着した。

車から降りると、いきなり目の前に前方後円墳が!
しかもデカい。70〜80mはありそうだ!!
その上前方部が後円部よりも低い、古風な感じで、在りし日の高稲荷古墳を彷彿させるではないか!!!
後円部っぽい所の頂上


園内案内板によると「村国山」という名らしい。単なる築山か?
後円部風な所から前方部風な所

後円部風な所に比べ、前方部風な所はかなり低い。前方後円墳だとすると4世紀台の古式古墳のスタイルである。
前方部風な所から後円部風な所

御丁寧なことに、「くびれ」まである(笑)。
狙って造ったのか?
「さきたま風土記の丘」にあったとしても、全く違和感の無い眺めである。
南側から全景

南北に流れる元荒川に対して、主軸が直角(東西方向)に配置されている。
古墳なら台地の地形に合わせて南北方向に主軸を採りそうな気がする。

園内の雑木林の中には、想像力を膨らませれば古墳跡のようにも見えないこともない箇所もないではないが、むしろ古墳と言うよりは、土塁や区画溝等、城跡を思わせる地形が多かった。岩槻城址が近いので、恐らくはそれに関連する施設があったのだろう。上に紹介した村国山が一番古墳っぽかったが、これが古墳でないとなると、やはり「村国の古墳」は消滅してしまったか、土塁等の誤認だったのかも知れない。
公園外の村国地内も歩いてみたが、中世〜近世の金鋳所跡はあったものの、やはり古墳跡と思しき箇所は見当たらなかった。

投稿時間 : 17:21 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年09月29日 埼玉県の古墳
 ■ 八潮・越谷の古墳と塚

朝起きてみると昨日とは打って変わって雨天であった。ただ午後から晴れないまでも雨はあがるとのことである。

当初予定としては、八潮の八條殿社古墳を皮切りに、国道4号線を北上しつつ埼玉東部の古墳を見学するつもりだったが、午後からでかけるとなるとそんなに遠く迄は行けそうもないので、若干予定を変更し、八潮と越谷の古墳と塚を巡ってみることにした。


◯清浄院 開山塚(越谷市大松60)

新編武蔵風土記稿埼玉郡新方領大松村の項に

「清浄院 浄土宗芝増上寺末栄広山浄土寺と号す。寺領十二石の御朱印は慶安元年九月十七日賜ふ。本尊阿弥陀を安ず。立像にて長三尺許。恵心の作といへり。開山堅真宝徳元年七月二十八日示寂す。当寺の東少許を隔て開山塚と云あり。そこより掘出せし古碑に嘉禄元年の文字見えたり。是起立の人の碑ならんと云。」

と清浄院境内に開山を埋葬した塚があるとの記述がある。
古墳に後代この種の説話が付与されることは良くある話しなので、この塚も古墳であるか、この由緒が正しいとしても、既存の古墳を開山の墓地に転用したものではないか?という気がしたので、見学してきた。
清浄院。
越谷市東部の中川傍の田園地帯の只中に所在している。

『新編武蔵風土記稿』の記述通り、本堂裏の東側(写真右手)に開山塚が現存している。
開山塚。

復元円墳のごとく奇麗に整備されている。
開山の墓ということで、大切にされているのだろう。
別角度から。

見た目は2段築成の円墳といった雰囲気。
説明板によると径は東西13.5m、南北13m、高さ1.8mとある。
見た目もサイズも埼玉県南に多い典型的な小円墳だ!
説明板。

昭和49年の発掘調査で人間の歯4本、銅銭1枚、鉄クギが出土したとある。
別の資料によれば、銅銭は唐銭だったらしく、これらの品の周囲の土は脂肪分を吸って黒く変色していたそうである。
これらのことから誰かを埋葬した塚であることは間違いないが、古墳特有の埋葬主体が見つかっていないことから、古墳というよりは、寺伝通りの開山の墓地というのが正解な気がする。
「よく原型が保たれた円墳である」と書いてあるが、まあ、円形の墳墓という意味では確かに円墳なんだろうけど、寺伝通りに古墳ではないとなると何と呼ぶべきか...。「新墳」というほど新しくはないし、「中古墳」というのもちょっと違うよな...。やっぱ「中世墳」が妥当?
◯大聖寺 大相模不動堂(越谷市相模町6-442)

これも『新編武蔵風土記稿』を読んで気になった物件。
本文中には特に塚とか古墳とかは書かれていないのであるが、掲載されている境内図に怪しい塚状地形が2カ所掲載されていたので、これが残っていないかどうか、見学してきた。
元荒川右岸の自然堤防上に所在している。
大聖寺(大相模不動堂)仁王門。

寺伝によると天平勝宝2年(750)の創建と言われる古刹である。
本尊は奈良東大寺初代の別当良弁僧正作と言われる不動明王像。
628年創建と言われる浅草寺境内に古墳が所在していたことから、期待が膨らむ。
『新編武蔵風土記稿』の「大聖寺境内図」。

不動堂に向かって右手の池端に1つと不動堂裏手に1つ、計2カ所の塚状地形が描かれている。
不動堂裏手のは円墳っぽいが、池端にあるものは前方後円墳のようにも見えなくもない。
仁王門を潜り、長目の参道を進むと右手に弁天池と若干小高くなった場所に立つ鐘楼が目に入った。
仁王門との位置関係、手前に池を伴うことから、この鐘楼の土台部分が境内図に描かれた塚状地形と見て間違いなかろう。
弁天池を巡る柵に恐ろしい注意書きが...。

他所からこの池に生物を持ち込んでも、水の原因で死んでしまうそうである。
さすがは県内屈指の古刹。多くの神社仏閣で放置プレイされていることの多い弁天池ですら、この霊威である!
この弁天池は境内図にある通り、半ば塚状地形を巡るようになっており、周掘の跡っぽく思える。
鐘楼土台を別角度から

現状は高さ1m程度で、江戸時代の境内図に描かれた状態からは大分削られてしまっているようだ。
もし古墳だったのであれば、何がしかの遺物遺構が検出されていて然るべきなのだが、特にそういった話しはないようである。
ただ、寺域のスグ裏手が元荒川という立地からして、古墳かどうかは別としても人工的に盛られたものである可能性は高いように思われる。
不動堂。江戸時代の境内図と比べ、こちらはかなり立派になっている。

この裏手に円墳状の地形があった筈なのであるが、現状は住宅地となっている。
ただ、不動堂裏手と住宅地の間に竹薮があるので、もしかするとそこに痕跡程度は残っているのかも知れない。
次回寺の人に聞いてみようと思う。
塩野博著『埼玉の古墳 北埼玉、南埼玉、北葛飾編』によれば、この大相模不動堂がある現相模町(旧大相模村大字東方)で古墳の石室と思われる遺構が田中から見つかったことがあるそうだ。今となっては詳細な場所等は不明となっており検証不能なようだが、かつてこの地に古墳が存在していたのであれば、大聖寺境内の塚状地形も古墳の成れの果てなのかも知れない。
また、東隣の見田方からは古墳時代後期の集落遺構である見田方遺跡が発見されている。
人が住んでいたなら、その周辺に古墳が築かれていたとしてもおかしくはない。
◯八條殿社古墳(八潮市大字八条406)

越谷から八潮に入り、八潮市内唯一の古墳とされる八條殿社古墳へ向かう。
『新編武蔵風土記稿』埼玉郡八条領八條村の項に、

「八條殿社 塚上ニ社ヲ建。内ニ神体トテ古碑二基ヲ置。一ハ弘安七年。一ハ慶安四年五月二十七日宗源禅門ト彫レリ。是尋常ノ古碑ニテ当社ニ預リシモノニハアラズ。一説ニ月輪太政大臣兼実ノ三男八條左大臣義輔罪アリテ当国ニ左遷シ此地ニテ逝セシカハ其霊ヲ祀シト。此説覚束ナシ。義輔系図ニハ良輔ニ作ル。当所ノ地名ニヨリテ此人ノ事を付会セシナラン。又当国七党系図ニ出タル在名此辺ニ多く残タレバ村名の條ノスル所七党系図八條五郎光平等カ家号ヲ付会セシモ知ベカラズ。サレド塚上ヲ平ケル所ヨリ石槨ノ著シ様古墳ナルコト知ラル。」

とあり、かつて石槨(石室又は石棺)が検出されたことが記されている。
このことから、この塚が古墳である可能性が高いのだが、明治に入って八條殿社が廃社(恐らく小社合祀令による)となってから、出土遺物等は散逸してしまい、現状では確認することができないようである。
八條殿社古墳遠景。

中川(古利根川)右岸の自然堤防上に立地している。
毛長川流域の古墳群から間近と言って良い距離に所在しているが、こちらは石室を有していたらしいのが興味深い。
最近は古墳群を河川流域単位で把握することが多いが、これもそうした把握法が有効な一例かも知れない。
墳丘南側から。

2基の石灯籠と八潮市教育委員会による説明板が設置されている。
手前は畑になっており、西側は家屋になっている。
この辺り一帯は中世の武士居館跡でもあり、周囲の水路は掘の名残とされている。
説明板。

「明治42年廃社」とあるから、やはり小社合祀令によって、近くの八幡神社に合祀されたようだ。
もし古墳だとすると1基だけでなく、毛長川流域のように群集墳を形成していたのかも知れない。
八幡神社は現状塚上にあるようにはなっていないが、これももしかしたら元々は古墳上に建てられていたのかも知れない。
墳丘東側に見られる溝状の窪地

写真中央から左側が墳丘で、写真では判別しずらいが、その右側に溝状の窪地がある。
武士居館に伴う空掘跡と言われているようだが、墳丘を巡るように続いているので、周掘跡の可能性もあろう。
墳頂の様子

2基の石灯籠の間から墳丘へ入ることが出来る。
説明板でも「度重なる発掘で原型を留めていない」とあるが、確かに現状は塚と呼ぶのもどうかと思う程の僅かな高まりが残っているに過ぎない。石槨が出たとあるので、その残骸でも残っていないかと見回してみたが、特にそれらしいものは見られなかった。
墳頂から北側を望む

北側には東側から続くように、溝状の窪地が巡っている。
武家屋敷の空掘というよりは、やはりこれは周掘跡ではないだろうか?
この八條殿社古墳から中川を下った足立区大谷田にも「大谷田古墳」と呼ばれるある塚があった。
古墳と呼ばれてはいるが、まだ発掘調査等で古墳と断言できるものが見つかっている訳ではないようだ。
また、八潮市八条のすぐ上流側にある草加市柿木町には狐の嫁入り伝説のある「塞塚」と呼ばれる塚があった。
横穴式石室を有する古墳には、実際に狐が巣として利用していたためか、「狐塚」と呼ばれたり、狐にまつわる伝承が伝わっていることが多いので、或はこの塚もそうした古墳だったのかも知れない。
八条の西隣の草加市青柳にも「まるぼっち」と呼ばれる塚と円形の池の伝承が残っている。伝承によるとかつてこの池から丸木舟が出土したことがあるそうだ。草加市内には丸木舟伝承が他にも幾つか伝わっており、実際に綾瀬川から縄文時代の丸木舟が出土したことがあるのだが、塚が伴うまるぼっちの丸木舟は、ことによると古墳の船型木棺であったかも知れない。

何一つ古墳である確証がある訳ではないが、こうした近隣の塚の伝承を集めてみると、中川の最下流域右岸に古墳群が形成されており、八條殿社古墳はその中の一基であったように思えてくる。
◯西袋陣屋(八潮市西袋638)

知人から八潮の西袋にも古墳っぽいものがあると聞いたので、最後にここも見学してきた。
ここも陣屋跡と八條殿社古墳跡と似たような立地だが、こちらは公園としてその遺構が一部保存されている。
西袋地区は綾瀬川右岸の自然堤防上に立地しており、その西は谷塚古墳群のある草加市瀬崎町と接しており、南は毛長川を挟んで、白山塚古墳や一本松塚古墳のある足立区花畑という立地である。
西袋陣屋公園。

これは櫓台の跡らしい。
公園内にはこのように土塁も保存されている。
この界隈で保存されている城館跡となると、川口市赤山の赤山陣屋位しかないと思っていたので、ちょっと嬉しい新発見である。
公園に隣接する駐車場の一角に、祠を乗せた塚があった。
これが知人の言う「古墳っぽいもの」であろう。

陣屋跡ということで、櫓台跡とか、土塁の一部という可能性もあるが、埼玉の高坂には前方後円墳を土塁に取り込んでいる例もあるし、上の八條殿社古墳の例もあるので何とも言えない。
ただ、公園整備に先立って発掘調査を行った筈で、特に古墳関連の遺物が見つかっていないとなると、やはり古墳ではなく、陣屋跡に伴う遺構と考えるのが妥当なようだ。
塚を別角度から

毛長川流域のA群(右岸、足立区花畑)、E群(左岸、草加市南部)から程近く、毛長川と綾瀬川の合流点に近いという立地からして、この辺りの自然堤防は毛長川(旧入間川)と綾瀬川の氾濫によって形成されたものであろう。
特に草加市南部の谷塚古墳群が所在する谷塚〜瀬崎町から続く自然堤防上という立地から、これが古墳だとすると毛長川流域に形成された古墳群の一つと捉えることも出来そうだが、残念ながらその可能性は低そうだ。

投稿時間 : 17:43 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1