群馬県の古墳 アーカイブ

|記録帳TOP|


2008年08月15日 古墳巡りGadget
 ■ iPhone 片手に古墳巡り

7月11日、iPhone 3G発売日に、原宿・表参道にて徹夜で15時間以上並んでiPhone 3G 16GB黒を手に入れた。
昨年6月の米国での発表以来、一日千秋の思いで日本での発売を待ち望んでいただけに、嬉しさもひとしおである。

これ迄、iPhoneから通話機能を除いたヴァージョンであるiPod touchを来るべきiPhone日本上陸に備えて、予習的に使ってきたが、古墳巡りの友として、Map機能等中々便利な機能を有している端末であった。
ただ、ネットに繋いでいないと使えない機能も多く、その点を補うために、EMobileのWindows Mobile端末を購入し、これをWifiルーター化させることでTouchをiPhoneのように外でも常時ネット接続できるようにしたりしてきたのだが、iPhone購入でこうした2台持ちの面倒臭さからも開放である。

更にiPhoneにはGPSと200万画素のカメラが内蔵されており、Map機能が更に充実するとともに、写真撮影と簡単な加工迄、一台の端末でこなせるようになった。また、3G経由で自宅パソコンにもアクセスできるので、自宅パソコン内に予め資料を放りこんでおけば、電波が届く範囲であれば、いつでもどこでも必要な資料を閲覧できる利便性は非常に高い。 正に古墳巡りのサポートデバイスとして、最適な端末ではないかと思う次第である。

昨日、高崎市内にある妻の祖父母宅へ、何年かぶりで出かけることになった。
以前、昇寛さんのOFF会で高崎〜前橋界隈の古墳巡りをした際に、何となく見覚えのある道を通ったので「もしや?」と思い、改めて地図を確認してみると、保渡田古墳群&かみつけの里史料館のスグそばで、歩きでも行ける程度の距離であった(笑)。
折角なので、お盆の行事が始まるまでの間の時間を利用して、iPhone片手に保渡田古墳群を一巡りしてみることにした。

自宅から高崎までは、122号〜125号〜17号という感じで北上していくのだが、蓮田の十三塚、騎西の玉敷神社、行田の小見真見寺古墳等、沿線に古墳&古墳跡がちらほら見える。
まずは通りすがりに深谷市内の17号沿いにある玉井古墳群の一基を激写。

次に旧岡部町の17号沿いに現れる蛇喰古墳を激写。
この古墳には今年の正月に訪れているので、1月5日のエントリーを参照されたし。

無事高崎に到着し、お茶等を頂いて一服した後、早速保渡田古墳群へ。
車で10分とかからぬ距離であった。
まずは全長96mの八幡塚古墳を目指す。

八幡塚古墳は葺石や埴輪も整備され、ほぼ築造当時の姿に作りなおされている。
そもそも葺石を装備した大型前方後円墳が殆んどない埼玉や東京では決して拝めない光景で、この点は群馬が羨ましい。

八幡塚古墳墳頂にてiPhoneのMAP(Google MapのiPhone版)を起動!
GPSにて現在位置を取得すると、自動的にその周囲の航空写真が表示される。
正に、今、八幡塚古墳上にいるのを確認できる。

後円部地下には展示室が設けられており、発掘された石棺が展示されている。
iPhoneにはフラッシュはついてないのだが、薄暗い所でもこれだけ写っていれば、まず問題はなさそうだ。

続いて全長108mと群中最大の井出二子山古墳へ。
この日は気温が高く、太陽を遮るものが殆んどない八幡塚〜二子山周辺はちとしんどかった。

二子山古墳も八幡塚同様に築造当時は葺石が葺かれ、埴輪が列をなしていた筈だが、こちらは墳丘上の樹木を伐採するに留まっており、葺石は復元されていない。今後整備されるのだろうか?

後円部から前方部。
この階段、ピッチが小さく、足が28cmの私にはちと歩きづらい。段差が見にくくて前回同様今回も転びそうになった。

二子山墳頂でMAP起動。
丁度写真の継目にあたっており、乱れてしまっているのが残念。
普通の携帯でもGoogle Mapを利用することは出きるが、大きな画面&指先で自由に拡大縮小ができるiPhoneの方が操作は楽である。

二子山を後にし、薬師塚古墳へ。
全長105mの前方後円墳で、保渡田古墳群の3基の前方後円墳の中で一番最後に築造されたと考えられている。
こちらは寺の敷地内にあるため、殆んど整備はされておらず、樹木が茂っている。

前方部北西端から後円部を望む。
こちらから見ると前方後円墳特有のくびれを見ることができる。
このあたりは樹木があるので、太陽が遮られ、こういう陽気の時は涼しくて有りがたい。

墳頂には石棺が展示されている。
蓋は破壊されているものの、身の方には移動させる際に縄をかけた縄掛突起が残っている。

後円部上から前方部を望む。
前方部南側(写真左側)は、寺の建物によって削られている。

八幡塚古墳墳頂にてMAPを起動。
こちらも衛星写真の継目上にあたっており、二子山以上に残念なことになっている。

最後にかみつけの里駐車場にて、保渡田古墳群の全景を確認。
今回は全て場所が分かっている古墳を巡ったのだが、はじめて行くような場合には、事前に場所をプロットしておくと便利だろう。
写真も撮れるし、場所も分かるし、航空写真も見られるしで、その気になれば、iPhoneオンリーの殆んど手ブラで古墳巡りを敢行することもできそうだ。

投稿時間 : 19:40 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年11月19日 群馬県の古墳
 ■ 保渡田&総社古墳群探訪

保渡田古墳群八幡塚古墳石棺

「埼群古墳館」の昇寛さん主催のオフ会として、11月18日に高崎&前橋の古墳巡りツアーが催されることとなった。
井出二子山、八幡塚、薬師塚、蛇穴山、宝塔山等々、以前より一度は見ておきたいと思っていた古墳が多くエントリーされていたこともあり、また、普段BBSでお話しさせて頂いている方々と古墳ネタで盛り上がれたらと思い、即座に参加を決意。
珍しく寝坊することもなく午前6時に起床し、昨晩の内に粗方準備を済ませておいた荷物を担いで、予定通りの午前7時に息子と共に自宅を出発することができた。

集合は午前9時30分に「かみつけの里」博物館前である。
ここには古墳、豪族居館、集落等といった豊富な遺跡群から得られたデータを元に、博物館周辺の古墳時代当時の様子を復元したジオラマがあり、保渡田古墳群と併せてチェックしておきたいと以前より考えていた場所であった。
なので、この集合場所への行き方は調査済みであり、道順はバッチリだ。
とりあえず自宅近くのコンビニで飲料とフィルムを調達した後に、外環→関越と乗り継ぎ、前橋ICを目指した。

高崎&前橋というと、母方の実家が新潟だったこともあり、通過したことは結構あるのだが、市内に立ち寄った経験となると、観音山の観音像に2度登りに行ったのと、結婚前に今の妻と市内のインド料理屋に2度行ったのと、妻の祖父母宅にこれも2度程遊びに行ったことがある程度で、余り馴染みのない場所である。
気になる古墳が多くあるものの、土地勘がないので、各古墳の所在地やら巡り方等を考えているうちに日が過ぎ、今日に至る迄結局行かず終いであった所、昇寛さんはじめ、この辺の古墳に詳しい方々が案内して下さるという正に願ったり叶ったりの企画で、ついつい気がはやってアクセルを踏み込みがちになってしまった。

特に渋滞に捕まることもなく、午前8時40分頃に前橋ICに到着。
国道17号→環状線→県道を伝って、集合場所である「かみつけの里」駐車場へ向かった。
その途中にも、民家の庭先や畑の中、神社の土台等に怪しげな塚状地形がちらほらと目に入った。
噂では既知のもの以外にも相当数の古墳が存在しているらしいが、確かにこれだけあちこちにポコポコとした地形が残っているとなると、「調べてみたら古墳でした」というケースも多そうだ。

●かみつけの里博物館&保渡田古墳群

高崎市内の道も順調で、集合時間のちょっと前にはかみつけの里に到着。
集合場所の博物館入口前へ行くと、昇寛さんと群馬のしろうと考古学さんが談笑されていた。 間もなく厩橋のヒトさんも到着。早速近辺の古墳情報が飛び交う。
広瀬古墳群の分布図を頂戴したが、大部分は現存しないとは言え、利根川左岸に築造されたこの群の古墳の数の多さは圧巻である。広瀬古墳群は本日のコース外ではあるが、ここには前方後方墳の八幡山古墳もあり、やはり一度は見ておきたい場所の一つである。
それにしても、皆さん気さくな上に知識も豊富で、会話の端々から相当この辺りの古墳を見て歩いていらっしゃることが伺い知れた。勿論この辺りの古墳を巡るのがはじめてな私には、地名等ピンと来ないことも多いのだが、それでもその内容が相当ディープなものであることはビンビンと伝わってくる。
序盤から想像以上のディープな展開に期待を膨らませつつ、まずは目の前の博物館の見学へ。

この博物館の周辺には、大型前方後円墳3基を中心とする保渡田古墳群の他に、その被葬者である豪族の居館跡の三ツ寺I遺跡や数多くの集落遺構が存在している。つまり、古墳だけでなく、当時の社会を構成した様々な階層の様々な要素の遺跡が比較的良好な状態で纏まって発見されているのが特徴で、博物館の展示内容もそれを反映したディープな内容となっている。さきたま古墳群の資料館は金錯銘鉄剣をはじめとする古墳からの出土品の展示が中心であるが、こちらは豪族居館や集落の復元模型をはじめ、当時の社会の在り方にまで踏み込んだ展示がなされており、面白い。

ちなみに、ここの地名の「保渡田」を私はずっと「ほとだ」と読んできたのだが、地元の群馬のしろうと考古学さんや厩橋の人さんによれば、「ほどた」と読むのが正解とのこと。ちょっとしたことだけれども、勉強になった。
復元竪穴式住居

博物館前の広場には竪穴式住居と石槨墓が復元展示されていた。今の所は一軒だけだが、今後整備が進むにつれ、竪穴式住居の数も増え、畑なんかも再現されるのかも知れない。
井出二子山古墳

群中で最初に築造された全長108mの大型前方後円墳。5世紀第3四半期築造と見られ、関東ではかなり古手の人物埴輪が出土したことでも知られている。保渡田の3基の前方後円墳の中では規模も最大で且つ残りも良く、現在復元整備工事が進行中である。
八幡塚古墳

二子山の次に築造された全長96mの前方後円墳。5世紀第4四半期の築造と考えられている。ご覧のように葺石や埴輪列迄完全に復元されており、その眺めは圧巻である。
薬師塚古墳

群中最後に築造された全長105mの前方後円墳。5世紀末〜6世紀初頭の築造で、さいたま古墳群の稲荷山古墳とほぼ同年代である。前方部南側が寺院で削られているのをはじめ、全体的に削られて小さくなってしまっているが、墳丘北側は比較的原型を留めているようで、くびれ部等を確認できる。

●山王廃寺

薬師塚を後にし、昇寛さん運転の車で山王廃寺へ。
総社町の住宅街の一角にある小さな日枝神社がその跡地で、境内に塔心礎や鴟尾、寝巻石、礎石等が残っている。現在神社周辺が発掘調査中で、11月24日は現地説明会が行われるようである。

7世紀後半と言えばまだ古墳も造られている時期であり(総社古墳群で言うと宝塔山古墳が7世紀後半)、古墳と併せて同時期の寺院跡を見学できるとは素晴らしい。古墳ファンにとって総社町は何とも羨ましい町である。
山王廃寺塔心礎

塔心礎と言えば、県内新里町の武井廃寺の塔心礎と考えられていた遺構が、実は8世紀初頭の八角形墳であったと判明したことが有名である。勿論こちらは本物の塔心礎であり、現在の日枝神社が塔跡で、その西側に金堂を配する法隆寺式の伽藍配置であることが調査で判明している。

●総社古墳群

山王廃寺に続いて、北方の総社古墳群を巡る。
6世紀後半台の総社二子山古墳に続き、愛宕山、宝塔山、蛇穴山の7世紀台の大型方墳3連発と、古墳時代後期〜終末期にかけての首長墓形式の変遷を目のあたりにすることが出来る超優良スポットである。方墳も7世紀前半、中葉、後半と3世代続いて残っているのが素晴らしい。また、埼玉県南や東京都区部ではまずお目にかかれない立派な石室を見学できるのもヨダレたれ流し物である。
総社二子山古墳

6世紀後半築造の全長90mの大型前方後円墳。後円部と前方部に一つづつ石室があるのが珍しい。築造当時の石室は勿論後円部のものであり、前方部のものは6世紀末頃に追加されたもののようだ。残念ながら両方共崩壊が激しいらしく、柵と金網で近づけないようにされており、中を覗くことは出来なかった。
愛宕山古墳

7世紀前半築造の一辺55m、高さ8mの大型方墳。東側に用水路が通る谷の崖際に築造されている。従来円墳と考えられてきたが、近年の調査で方墳と考えられるようになってきたそうである。
愛宕山古墳石室

石室は両袖式で自然石の乱石積みの大規模なもので、行田の八幡山古墳石室に近い雰囲気である。玄室には凝灰岩製の家型石棺が残っており、縄掛け突起等を観察することができた。
蛇穴山古墳

愛宕山とは谷を挟んだ対岸の台地上に所在している。一辺40m、高さ5mの大型方墳で7世紀中葉頃の築造。厩橋のヒトさんによれば、蛇穴山の名の由来として、石室石材の加工痕が蛇のように見えるからとか、大蛇が住んでいたと伝えられているから等、幾つかの説があるらしい。
蛇穴山古墳石室

愛宕山が自然石を積み上げていたのに対し、こちらは凝灰岩の切石で両袖式の石室が整然と組み上げられている。羨道を有せず、玄門からいきなり前庭部が展開するのが面白い。
宝塔山古墳

愛宕山と蛇穴山の中間に位置する一辺50m以上、高さ12mの大型方墳で7世紀後半台の築造である。丁度山王廃寺が建立された頃の古墳であり、あるいはこの古墳の被葬者が寺院を建立したのかも知れない。墳頂部には館林藩主の秋元氏歴代の墓所がある。秋元氏は私の先祖と同じく元は深谷上杉氏の家老で、後に徳川に臣従し大名となった。私の先祖の一族の嫡流はその誼で秋元氏に仕え、中老格となっている。徳川に臣従せず岡部に土着した私の家とは直接関係はないものの、ちょっとした縁を感じる古墳である。
宝塔山古墳石室

寺院建築に用いられた版築技法による基壇上に構築されており、石材の加工技法にも寺院建設と共通のものが見られる等、山王廃寺との関連性が推察される。先日見て来た東京都府中市の上円下方墳・熊野神社古墳も版築の土台の上に切石積の石室が構築されていた。どちらも後の国府や国分寺等の古代寺院の近くに所在し、寺院建築と同様の技法をもって墳丘と石室が築造されているのが特徴で、古墳時代から奈良時代への歴史の変遷を感じさせる古墳である。
総社資料館

酒蔵を改装した古風な建物の中に、総社古墳群からの出土品や秋元家縁の品々が展示されている。家型石棺や三角縁神獣鏡のレプリカもあり、見た目に反して中々に充実した展示内容であった。

●王山古墳他

宝塔山を後にし、再び昇寛さん運転の車で県庁方面へ。
同じ総社古墳群の内ではあるが、この辺りはすっかり市街地と化しているものの、王山古墳を始め、幾つかの古墳がその只中に残っているそうである。
昼食を済ませた後に、市街地内の古墳を探訪。
王山古墳

6世紀前半築造の全長72mの前方後円墳である。写真左が前方部で右側の一段高くなっている所が後円部である。現状は前方部の先端部分が削られているため、帆立貝形古墳のように見えるが、復元図によると元は正規の前方後円墳であるようだ。後円部が川原石の石積みで構築されているのが特徴で、最初は石積みの円墳として企画され、後に前方部を追加して前方後円墳にしたと考えられている。主体部は後円部に両袖式の横穴式石室が確認されている。
カロウト山古墳石棺

古墳自体は既に削平されてしまっているが、石棺が近くの小学校校庭の一角に保存されている。一見舟形石棺のようにも見えるが、縄掛け突起があり、説明板によると古手の家型石棺とのことである。「カロウト山」は「唐櫃山」の転訛で、7世紀後半頃の切石で構築された横穴式石室を有する終末期古墳であったようだ。
遠見山古墳

僅かに農村の雰囲気が残る新興住宅地内の公民館裏手に残る全長80mの前方後円墳で、6世紀初頭の築造らしい。墳頂部は一面濃い薮に覆われ、殆ど視界が効かず、何が何だか分からない状況であった。説明板によると、「遠見山」とは総社城に付随する物見櫓が設けられていたことに由来するらしいが、勿論その痕跡も発見出来ず。遠見山という割に数m先も見通せないというJAROに訴えたくなる古墳であった。
大小路山古墳

遠見山古墳の近くに所在する円墳。現在は神社の土台となっている。墳頂部に埴輪片もしくは土器片っぽいものが露頭していたが、余りにも小さな破片だったため、正体は掴めず。
一本木稲荷神社

谷を見下ろす台地縁に立地。稲荷社の土台部分が古墳ではないかと言われているそうだ。葺石或は石室材とも思える石材が散見されたが、元々石のない埼玉県南と違って、石材豊富なこの地では古墳由来のものかそうでないのかは見ただけでは分からない。
薬師塚古墳

径21.5mの円墳。数年前迄石室の一部が露呈していたそうだが、現在は埋め戻されてしまったとのこと。現在墳丘上は墓地となっており、典型的な墓地on古墳状態になっている。写真左側にこれから墓石等を設備すると思われる新しい墓地の土盛りが見えるが、斜面に盛られているため、小さな山寄せ式古墳状態になっている。

●総社の「古墳かもしれない」物件

大型前方後円墳、大型方墳&石室3連発等、素晴らしい古墳に案内して頂いたが、最後に厩橋のヒトさんに総社の「古墳かもしれない物件」をご案内頂いた。現行の遺跡地図には古墳として掲載はされていないが、古い分布調査や伝承、周辺の状況から古墳であろうと考えられるそうである。見た目や状況が日頃目にしている埼玉県南&都内の古墳残骸や推定古墳チックで、何となく見ていて安心するというか、落ち着く物件である。
豪華な料理も結構だが、やはりシメはお茶漬けに限るというか、普段食べつけているものが結局は良いというのと似たようなものかも知れない。
薬師塚隣の百庚申

厩橋のヒトさんによれば、上毛古墳総覧等では古墳としては扱われていないそうだが、古くからこれも古墳であると考えられているそうである。埼玉県南あたりならば、この程度の土盛りでも放ってはおかれないと思うが、優良古墳がひしめくこの地域では、気にも止められないのだろう。
白山神社

これも古墳ではないか? と囁かれている物件。確かに神社の土台がマウンド状になっている。反対側はごく緩い斜面になっており、神社との比高は殆ど感じられなかった。古墳だとすると割と大きな円墳なのかも知れない。かつては社殿脇に石室材と思しき石材が散乱していたらしいが、現在は確認できず。

前方後円墳、方墳、円墳、推定古墳と一日で15基もの古墳を巡り、さらに古代寺院跡や博物館を2カ所も見学する等、正に古墳探訪フルコースといった感じで、久しぶりに充実した一日となった。
残っているんだかいないんだか分からない古墳を探し、ごくごく僅かな地形的な残滓を見つけては喜ぶといった古墳巡りばかりではなく、タマにはこうした問答無用な優良古墳をドドっと纏めて見るのもストレス発散になって楽しいものである。特に息子は古墳というと住宅街の中のちょっとした盛り上がりだと思っているフシがあるので、保渡田古墳群等、古墳本来の姿はどういうものであるのかを見せてやることが出来、教育上も良かったと思う。
それになりよりも、同好の士と古墳談義をしながら古墳を巡るのは、皆さんの着眼点等、色々と勉強になって楽しいものである。

このような素晴らしい企画を立案&お誘い下さった上に車まで出して下さった昇寛さんと、色々な資料や楽しい古墳話しをご提供くださった群馬のしろうと考古学さん、厩橋の人さんにこの場を借りて改めて感謝。本当に有り難うございました!

投稿時間 : 12:21 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1