栃木県の古墳 アーカイブ

|記録帳TOP|


2009年05月27日 栃木県の古墳
 ■ 栃木県藤岡町赤麻古墳

急遽藤岡へ納品に行くことになったので、奥壁に「謎の文様」があるとウワサの(昇寛さんに教えてもらった)赤麻古墳へ寄って見た。
場所を調べて見ると、客先のすぐそば。しかも、ICへ帰る途中という、寄ってけ!と言わんばかりの位置であった。

途中の路上に案内板の類がないので、曲がる所を間違えたりしてちょっと迷ったが、すぐにそれっぽいマウンドが畑中に見えてきて一安心。しかも割と大きな駐車場付きだ。誰もいないけど。

説明板。

駐車場の脇に設置されている。
元々は径20m程の円墳だったそうだから、現状はかなり削られて変形してしまっているようだ。もっともそうでなければ、石室が露出することもないだろう。

石室は南側に開口していると説明板に書いてあるので、駐車場からだと墳丘をグルっと回り込まねばならないのだが、季節柄、墳丘は草ぼうぼうな上に、ここしばらく誰も訪れていないらしく、見学路(元々そういうものがある訳でもないっぽいが)は完全に埋没! スーツ姿で草むらを掻き分けて進む羽目になった。

赤麻古墳石室。

開口部は草に埋もれていて良く見えない。

石室前の説明板。

ようやっと石室前に到達したが、そこから石室入り口までも完全に草に埋もれてしまっていた。所々気味悪い草も生えてるし、ちょっと進むのが躊躇われたが、折角きたんだし、時間もないしということで、前進。

草を掻き分け、石室入り口を塞いでいる門に手をかけたものの、しっかりと施錠されていて、中を見ることは出来なかった。謎の記号を見たかったのだが、残念。

聞くところによると、この門は開いている時もあるそうなので、これはいずれ日を改めて再訪してみたい。 それなりに整備されている古墳かと思ったら、最近は放置されてるっぽいので、草が枯れる秋以降が良さそうだ。

iPhoneのMapで上空から。

この地域には高解像度画像が用意されていないので、イマイチ良く分からないが、赤いピンが立っている所が赤麻古墳墳丘。円墳ということだが、周辺を削られて長方形っぽく変形してしまっている。

そんなに訪れる人もいないのかも知れないが、立派な駐車場もあることだし、せめて墳丘の草刈り位はしてもらいたいと思う。

[Posted with iBlogger from my iPhone]

投稿時間 : 15:02 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年04月04日 栃木県の古墳
 ■ 栃木県藤岡町の古墳
本日は客先の藤岡工場に納品ででかけてきた。
この会社との取り引き自体はもう30年以上になるが、藤岡へ納品へ来たのは私が担当するようになってから2度目である。
前回とは異なるルートでアクセスした所、工場手前の道路脇にいかにもな感じの怪しいマウンドがポコポコと見えてきた。 速攻で納品を済ませ、とりあえず目についた古墳らしきマウンドを見学することにした。

iPhoneで調べてみると真っ先に昇寛さんのサイトがヒット。
どうやらこれらのマウンドは蛭沼古墳群とその周辺の古墳らしい。
デジカメを持参しなかったのが悔やまれたが、iPhoneのカメラで撮影を試みた。

これまでは、ちょっと遠くて面倒なので、納品は専ら宅急便を利用していたのであるが、こんなに古墳があるのなら、今後はもうちょっと頻繁に訪れてみようかなと思う次第である。
県道50号線沿いにある円墳状の塚。
昇寛さんのサイトによると蛭沼愛宕塚古墳らしい。
墳頂には愛宕神社が祀られているとあるが、今は廃墟と化していて、朽ち果てた社殿が建っているだけであった。
墳丘南側は道路で大きく削られている。
上の塚のすぐ東側にある塚。
長島塚古墳と思われる。
民家敷地内にあり、頂上に祠が祀られている。こちらは余り削られている様子はない。
県道50号と252号の交差点近くにある塚。
本郷古墳と思われる。
こちらも頂上に祠が祀られている。これまで見てきた二つの古墳と比べると現状の規模は小さ目。
県道252号線を北上すると、東側にかなり大きなマウンドが見えてきた。
前方後円墳か?
行ってみると、マウンドの麓に説明板があった。
山王寺大枡塚古墳という全長96m、5世紀前半の大型前方後方墳とのこと。関東には前方後方墳が比較的多いが、偶然にこれだけの規模のものに巡り会うというのは、かなりラッキー。
北側からくびれ部付近。
左の大きなマウンドが後方部。
東側から、墳丘南側。
奥の墓地になっている所が前方部。
後方部から前方部。
5世紀代の古墳となると、元々前方部はそれ程高くないと思われるが、それにしても大分削られてしまっているようだ。
前方部から後方部。
後方部をあちこち抉られており、特に南側は変形がひどい。また、所々に穴が穿たれていた。元々寺があったらしいがその跡か?
大桝塚古墳のすぐ北側にも円墳風なマウンドが。
ネットで調べてみると大桝塚北古墳と呼ばれているものと思われる。やはり墓地として利用されている。
土器片?
こちらも墳丘には穴が穿たれていた。何のためのものなのかは不明だが、明らかに人工的なもの。上に墓地があるので、排水用の穴か?
iPhoneのMapで上空から。

ピンが刺さっている所が前方後方墳の山王寺大枡塚古墳。その上に見えるのが大枡塚北古墳。上空から見ると大枡塚北古墳は方墳のように見える。
大桝塚古墳から県道を少し北に進んだ西側にも古墳らしき塚が。
昇寛さんのサイトで町田古墳として紹介されているものと思われる。耕作によって大分削られているようだ。この古墳も墳頂には祠。
町田古墳のすぐ近くの民家の軒先がややマウンド状に膨らんでいるように見えた。古墳跡?
町田古墳から県道を更に北進すると左手の墓地がやはりマウンド状になっていた。古墳だとすると割と規模は大き目。
GoogleMapで観察してみると、県道沿い以外にも怪しい地形がちらほらある。
尚、大桝塚&大桝塚北古墳から北の方を見ると、田の中にかなり大きなマウンドが2つ見える。
古墳かな?と思って行ってみたら、ただの残土の山だった。
見た目は大桝塚古墳の後方部と変わりない雰囲気だったが、行ってみたらただの残土の山だった。古墳にしては規模がデカ過ぎるとは思っていたが、超フェイント。騙された!

[Posted with iBlogger from my iPhone]

投稿時間 : 11:53 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1