旧入間川流域の古墳 アーカイブ

|記録帳TOP|


2009年05月02日 旧入間川流域の古墳
 ■ 慈眼寺・八百比丘尼の石櫃

4月11日のエントリーにて、慈眼寺に伝わる八百比丘尼伝承と、その八百比丘尼の葬地から見つかった「石櫃」の事について触れた。
この石櫃が見つかった場所というのは、諸々の資料から、仁王門のそばの現在水判土交差点になっているあたりではないかと思われる。この場所にはかつて「浅間山」と呼ばれる塚があり、ここが植水古墳群の只中であることから、この塚も古墳だろうと考えられていたようだ。埼玉大学の古墳分布図を見ると水判土交差点のあたりに「浅間山古墳」としてプロットされている。

古墳と思しき塚があって、その傍から石櫃が見つかったとなると、それは古墳の石室か石棺の類ではないかと思ってしまうのが古墳マニアの性である。塩野博著の『埼玉の古墳』の植水古墳群の項でもこの伝説に触れ、この石櫃が古墳に関連する石材である可能性を指摘している。

それで先日、慈眼寺を再々訪してみたのだが、浅間山は既に無く、石櫃やそれの中から見つかった八百比丘尼の守護仏というのも非公開で見ることはできなかった。見ることができたのは、かつて石櫃が見つかった場所に建てられていた石碑のみである(かつては水判土交差点のあたりにあったらしいが、現在は本堂の東側に移転)。
帰宅後、改めてこの石櫃に興味を持つきっかけになった、さきたま文庫66『慈眼寺』(さきたま出版会)を読み返してみると、非公開というか秘仏になっている八百比丘尼の守護仏の写真が掲載されていることに気付いた。
どうやら浅間山と思しき塚が描かれている江戸時代の境内図や、八百比丘尼伝承に気を取られてスルーしてしまっていたらしい(笑)。

これが『慈眼寺』P35に掲載されている、石櫃の中から見つかった八百比丘尼の守護仏とされるものである。
見た所、石の窪みの中に安置されているようである。
4月11日のエントリーでも引用したが、『新編武蔵風土記稿』の水判土村の項では、この仏像について次のように記されている。

「地蔵堂 黄金仏にて長一寸八分。伝え云、此像は八百比丘尼の守護佛にて、寿地蔵と呼べりと。門外に石標を立て其旧跡なることを示す。此像も中古荒廃より以来、何れへか失ひて見えざりければ、代々の住僧深く是を愁へ、諸方を尋ねけれども求め得ざりしに、享保年中はからず境内土中より堀出せしと云。其形岩洞の内に安じ、岩の裏に孝の字かすかに見ゆ。其左右に八百比丘尼大化元年とありしよしなれど、秘仏なりとて見ることを許さず。」

「岩洞の中に安じ」とあるが、上の写真は正にそのようになっている。
と、なるとこの岩の裏には「孝」の文字と「八百比丘尼大化元年」の文字が刻まれているのだろう。

一方、「石櫃」の話の出所である寛保三年(1743)刊行の菊岡沾凉『諸国里人談』では、

「又武蔵国足立郡水波田村慈眼寺仁王門の傍榎の木の伐株あり 周り二丈あまり 筵六畳を敷なりと これ若狭の八百比丘尼の栽たる木なりと云伝へり 茲に又 掘出しの地蔵といふあり 近年土中より掘出したる本尊なり その石櫃に八百比丘尼 大化元年と彫たり 大化は三十七代孝徳帝の年号にして 寛保まで凡一千百余歳なり」(さきたま文庫66『慈眼寺』さきたま出版会 P37)

と記されており、やはりその石櫃には「八百比丘尼 大化元年」と刻まれているそうだから、『新編武蔵風土記稿』でいう「岩洞」と、『諸国里人談』でいう「石櫃」とは同じものを指している可能性が濃厚である。
この仏像は一寸八分=5cm程度の小さなものだから、上の写真で仏像が収まっている空洞も小さなものである。
従って、これが「石櫃」なのだとすると、古墳の石棺であるとは到底思えない。
付近の古墳を崩した際に見つかった石室材を流用した可能性はあるかもしれないが、窪みを穿って「石櫃」に加工したのは江戸時代のことであろう。

また、『慈眼寺』によれば、浅間山古墳と思われる塚を崩した際の調査では、古墳特有の周堀が見つからなかったので、古墳ではなく近世の塚であろうという結論に至った旨が記されている。浅間山が古墳ではなく、塚だったとするとやはり石櫃は、この塚と共に江戸時代に作られた信仰上のアイテムである可能性が高まる。
ただ、調査が行われた土盛りがあった場所は現在の鐘楼の位置ということなので、江戸時代の境内図に描かれた位置とは若干のズレがあるようにも思われ、浅間山とは別のものだったのではないか?という疑いは残るのだが、いずれにせよ、八百比丘尼の石櫃自体は、少なくとも植水古墳群の古墳とは関係のないものであるようだ。

投稿時間 : 15:21 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年04月11日 旧入間川流域の古墳
 ■ 植水古墳群 八百比丘尼伝説
近所の書店の郷土史コーナーで、左の本を見つけた。
埼玉の郷土史本の大御所、さきたま出版会のさきたま文庫66『慈眼寺」である。
慈眼寺はさいたま市西区の佐知川〜水判土にかけての旧入間川左岸(現在は鴨川の右岸)の台地上に分布する植水古墳群の只中にある古刹であり、境内地内にはかつて慈眼寺裏古墳、慈眼寺脇古墳、浅間山古墳の3つの古墳が所在していたことで知られている。
何か古墳について書かれていないかと思って買い求めてみた所、興味深い記事を見つけることができた。
同社出版の塩野博著『埼玉の古墳[北足立・入間]』のP119でも触れられているが、かつて境内地内から石櫃が見つかったという伝説があるのだ。
石櫃となると、古墳の石室か石棺の類が出土した可能性も考えられるだろう。

寛保三年(1743)刊行の菊岡沾凉『諸国里人談』では、それについて次のように記しているそうだ。

「又武蔵国足立郡水波田村慈眼寺仁王門の傍榎の木の伐株あり 周り二丈あまり 筵六畳を敷なりと これ若狭の八百比丘尼の栽たる木なりと云伝へり 茲に又 掘出しの地蔵といふあり 近年土中より掘出したる本尊なり その石櫃に八百比丘尼 大化元年と彫たり 大化は三十七代孝徳帝の年号にして 寛保まで凡一千百余歳なり」(さきたま文庫66『慈眼寺』さきたま出版会 P37)

また、水判土の口碑として次の説話を紹介している。

「八〇〇歳の時に当地に立寄り、善政を施していた当地のお殿様に残りの二〇〇歳の命を差し上げ、自らは紫金の地蔵尊を抱いて亡くなった。また、現在の石碑は比丘尼が亡くなった場所に建てたものと比丘尼終焉の地であるとの口碑も残っている。」(同書PP37-38)

八百比丘尼とは、若狭の国の娘で、人魚の肉を食べたために不老長寿の身となり、800年生きたとされる女性のことで、彼女にまつわる伝説は慈眼寺だけでなく、我が地元の鳩ヶ谷を含め、埼玉にも多く分布している。

さて、『諸国里人談』では慈眼寺のどのあたりから石櫃が出たのかは記されていない(「茲に又」を慈眼寺そのものではなく、仁王門と捉えれば、仁王門のそばか?)が、地元の口碑では現在石碑が建っている場所が、八百比丘尼が亡くなった場所であるとされているので、もしかすると石櫃が出たのはその辺りなのかも知れない。
尚、1830年完成の『新編武蔵風土記稿』の慈眼寺境内図では仁王門の右手、門前を通る道(現県道56号線〜水判土堀之内遺跡へ通じる道)とそこから北へ向かう道とが交差するT字路の角の南側に「八百比丘尼石碑」として石碑が描かれているが、現在は本堂東側の畑中に祀られている。
この場所は慈眼寺脇古墳があったとされる場所であり、この石櫃は慈眼寺脇古墳かそれに隣接して存在した未知の古墳に伴うものだったのかも知れない。

この畑の中の石碑、祠の中に祀られており、以前の探訪で目にはしているのだが、まさか古墳関連のものとは思わなかったので碑文を読むことまではしなかった。そこで改めて八百比丘尼の石碑を見学すると共に、過去2回の探訪で省略していた植水古墳群の古墳跡を訪ねてみた。


水判土堀之内遺跡
鴨川の現流路(旧入間川の流路跡)と鴨川の旧流路に挟まれた中州のような場所にある。発掘調査で周溝外径15.9mの円墳跡一基が検出され、「堀の内古墳」と命名されている。写真奥の宅地のあたりか?

iPhoneのMapで上空から。

写真上部で蛇行している鴨川旧流路と現流路(旧入間川流路)に至る間が遺跡範囲。この範囲内のどこで見つかったのかは良く分からないが、比較的新しく開発されたっぽい場所は、遺跡内を横断する道路の南側に細長く伸びる宅地位しかなさそうなので、このあたりなのではなかろうかと睨んでいる。

水判土堀之内遺跡から浅間山古墳跡を目指す。
水判土堀之内遺跡から西に進む道は旧入間川の流路跡のようで、今でも周囲よりも気持ち低くなっているような気もする。

上空から見ると旧流路跡が良く分かる。
赤いピンが刺さっている所が浅間山古墳跡で、こうして見ると旧入間川の流れを望む台地際に築かれていたことが分かる。

「慈眼寺絵図」(さきたま文庫66『慈眼寺』さきたま出版会 P22より)
正徳六年(1716)に描かれたもの。T字路の角に盛り土が描かれており、これが浅間山古墳であると思われる。図の下部を横断している道のT字より左側が県道56号線で、右側が上の写真の道である。

尚、『慈眼寺』のP15では、この盛り土について、

「東南の隅に盛り土を描いている。古墳であろうとの推測もあったが、、現在の鐘楼を建築する際の工事中の所見では、周りに堀はなく、版築もしていない盛り土であり、民間信仰による塚であった。塚の多くは江戸時代後期に築いている。中期の塚は珍しい例であった。」

と記しているが、現在の鐘楼は仁王門より南側に出ていないから、この図の土盛りが描かれている場所とは位置が合わないのではないだろうか? この土盛りは明らかに仁王門よりも南側に、T字路の角に描かれており、この場所は現在県道の真下になっているものと思われる。従って、現在の鐘楼の場所にあった盛り土はこれとは別のものであったのではないだろうか? それとも、浅間山古墳とされてきたものは、実は近世の塚だったのだろうか?
まあ、遺跡地図の類には「古墳かも」といった程度のものも載っており、その後の調査で近世の塚であったことが判明したものもあるので、浅間山古墳もそうした例の一つなのかも知れない。
一方、次にあげる『新編武蔵風土記稿』(文政13年=1830)掲載の境内図には特に塚らしいものは描かれていないので、鐘楼のあった場所の盛り土はこれ以降に盛られたものという推察も成り立つかも知れない。

新編武蔵風土記稿の慈眼寺境内図。
こちらは文化〜文政(1804〜1829)に調査した結果を1829〜1830に纏めた地誌なので、上図の約100年後の様子が反映されているものと思われる。丁度T字の部分が中央に描かれているが、正徳の境内図では描かれていた浅間山がこの図では見られない。単に省略されただけかもしれないが、この間に大きく削られてしまったのかも知れない。
尚、図の下部中央に「八百比丘尼石碑」のタイトルと共に石碑が描かれており、元々は現在とは違う場所に祀られていたことが分かる。
こうして見ると、石櫃は浅間山古墳を崩した際に見つかったものなのでは?という気もしてくる。

浅間山古墳跡。
どうやら県道56号線建設に伴って消滅したようだ。上にあげた2つの江戸時代の境内図から推察するに、丁度道路のあたりに浅間山古墳があったものと思われる。

江戸時代の道筋と現在道との関係。

赤い線が江戸時代の境内図に描かれている道筋。
現在の県道は慈眼寺前から北東に向けてカーブして通っているが、江戸時代の道は、そのまま南東方向に直進していた。従って、浅間山古墳があった場所は、現在水判土交差点となっているあたりであったと思われる。

緑色の印は『新編武蔵風土記稿』の境内図で八百比丘尼石碑が描かれていた場所。

本堂東隣の畑地。
慈眼寺脇古墳はこのあたりにあったとされている。写真左手に写っている小さな祠が八百比丘尼の石碑を祀っている祠である。地元の口碑によれば、ここが八百比丘尼が亡くなった所=埋葬した場所ということになる。祠の右手に小さな土盛りがあるが、これは何?

八百比丘尼の石碑を祀る祠。
慈眼寺の寺伝によれば、石櫃ではなく、石碑が仏像と共に見つかったと記されており、それは享保八年(1723)の陰暦4月下旬とのことである。『諸国里人談』の記事と併せて考えると石室乃至は石棺の石材を利用して石碑を造ったということなのかも知れない。

八百比丘尼石碑。
石質は安山岩とのこと。古墳の石室乃至は石棺材の転用?

所々剥落していて読みにくいが、

「八百比丘尼守護佛 延命地蔵菩薩出現之墟 大化元年乙巳歳」

と刻まれているそうだ。大化元年(645)とは八百比丘尼の生年。まだまだ古墳が造られていた時代の生まれである。
従って、亡くなったのは1445年(文安2)ということになる。

慈眼寺脇古墳跡。
遺跡地図を見るとかなり本堂寄りの所にプロットされているので、この辺りか?
「一部残存」とされているが、現状では特に古墳跡のようには見えない。

iPhoneのMapで上空から。

赤いピンは遺跡地図から推定した慈眼寺脇古墳跡の位置。
八百比丘尼石碑の祠は画像右手の畑脇に小さく白く写っている。祠脇の土盛りは数年前に訪れた時から変わっていない様子なのだが、単に残土を積んだものなのだろうか?

地元の口伝を信じれば、八百比丘尼の葬地=石櫃が見つかった場所はここということになるのだが、石碑の碑文は「八百比丘尼守護佛 延命地蔵菩薩出現之墟 大化元年乙巳歳」であり、仏像及び石櫃乃至は石碑が見つかった跡に建てたとある。これと新編武蔵風土記稿の境内図では浅間山古墳跡地の前に石碑が建てられていたこととを併せて考えれば、ここではないのではないだろうか?

その新編武蔵風土記稿では仏像や石碑について次のように述べている。

「地蔵堂 黄金仏にて長一寸八分。伝え云、此像は八百比丘尼の守護佛にて、寿地蔵と呼べりと。門外に石標を立て其旧跡なることを示す。此像も中古荒廃より以来、何れへか失ひて見えざりければ、代々の住僧深く是を愁へ、諸方を尋ねけれども求め得ざりしに、享保年中はからず境内土中より堀出せしと云。其形岩洞の内に安じ、岩の裏に孝の字かすかに見ゆ。其左右に八百比丘尼大化元年とありしよしなれど、秘仏なりとて見ることを許さず。又、かの尼が手づから植し木あり。先年枯れて今仁王門の庇の下に片寄てあり。太さ五囲に余り、木理槙の木と見ゆ。彼尼が植たることは姑く置きて、いかさま数百歳をへしものと思はる。さてこの尼は上古若狭国にありて常に延命地蔵を信じ、一千の小石を集めて多年の供養を重ねしかば、其功徳により悟道徹底し、遂に人間の縁を免れ、妙齢不老にして八百歳の寿を保てりと云。或は云、彼尼は若州小松原の産なりしが、幼時父海浜に釣して怪き魚を得たり。即ちこれを食はしめしに、夫より年を重ずといえども容貌衰へず。同国後瀬山の麓、空印寺境内の岩洞に隠れ住、遂に八百歳に及ぶ。故に人呼てかく名付くと。肌膚至て白かりければ、一に白尼ともゆふ。宝徳年中洛に至り、常に源平盛衰のさまなど面のあたり見たりとて、物語せしと云。宝徳より大化元年まで八百年に余れば、計へ来てかくは呼しなるべし。いかにも妄朧の説に似たれど、旧く言伝ふることなれば、若狭国志等によりてほぼその伝をしるしてきぬ。」

やはり、境内図に描かれている場所がその旧跡であるとのことである。
また、正徳六(1716)の境内図には浅間山古墳が描かれていて、新編武蔵風土記稿(1830)の境内図には描かれていないことからしても、浅間山古墳を享保八年(1723)に崩した際に石櫃が現れ、その石材で石碑を作って浅間山古墳前に建てたというストーリーが頭をよぎる。

ただ、「其形岩洞の内に安じ、岩の裏に孝の字かすかに見ゆ。其左右に八百比丘尼大化元年とありしよしなれど、秘仏なりとて見ることを許さず。」とあるのが気になる。刻まれている文言がほぼ同じことから、この「岩洞」が『諸国里人談』でいう「石櫃」のことではないかと思われる。一寸八分(約5cm)の仏像が収まっている岩洞となると、それ程大きな物とも思えず、石櫃は古墳の石室や石棺ではないという気もする。
現在の鐘楼の場所にあった盛り土が、古墳ではなく近世のものと見られることは前述の通りだが、石櫃/岩洞はこの塚と併せて江戸時代中期に造られたものという可能性もありそうだ(石材自体は付近の古墳を崩した際に出てきた石材を流用した可能性はあるかもしれないが)。

以下に慈眼寺の八百比丘尼伝承関連の事象を年表に纏めてみる。

西暦年号事象
645大化元八百比丘尼、若狭国で生まれる。
1445文安2八百比丘尼、水判土で没する(地元の伝承)
1716正徳6「慈眼寺絵図」完成。浅間山古墳と思しき地形が描かれている。八百比丘尼石碑は描かれていない。
1723享保8癸卯孟夏下浣(陰暦四月下旬)石櫃・仏像発掘される(『八百比丘尼縁起』)
1743寛保3菊岡沾涼『諸国里人談』刊行
1753宝暦3菊池肥後守『八百姫宮略記』刊行。慈眼寺にはその写しが現存。
1804文化元幕府による『新編武蔵風土記』のための調査がはじまる。
1829文政12『新編武蔵風土記稿』の執筆開始。
1830文政13『新編武蔵風土記稿』完成。慈眼寺境内図が掲載されているが、浅間山古墳は描かれていない。八百比丘尼石碑が仁王門の南東の道路(現県道56号線)脇に描かれている。
明治時代前半頃に描かれたとされる境内図にも、本堂右手の畑中に八百比丘尼石碑が見られないことから、現在の位置に石碑が移動してきたのはそれ以降のことで、恐らく県道56号線の工事に伴ってではないかと思われる。
従って、石櫃や仏像が見つかった八百比丘尼の葬地とされる場所は、『新編武蔵風土記稿』の境内図に石碑が描かれていた浅間山古墳跡そばであったのだろうと思われる。
八百比丘尼が植えたとされる槙の木の切り株が仁王門のそばにあることからしても、そのすぐ近くの浅間山古墳がその葬地であったと考えられていたのではなかろうか?

続いて慈眼寺裏古墳跡へ。
遺跡地図では本堂の裏手あたりにあったことになっている。こちらも「一部残存」ということだが、近年の墓地や庭の造営に伴って完全に消滅してしまったようだ。

iPhoneのMapで上空から。

ご覧のように、本堂の裏手は最近造られたと思われる庭と墓地になっていて、古墳の痕跡は認められない。

続いて山王塚古墳跡へ。東側から撮影。
新編武蔵風土記稿足立郡植田領水判土村の項には

「塚 山王塚 慈眼寺の西の方にあり。山上に山王を安ずるゆへにかく名付く。近き頃太刀刀の折など多く掘出せしことあり。土中に石室埋れてありと云伝えたり。」

と記されており、その際に見つかったと思われる銀象嵌の鍔が東京国立博物館に所蔵されている。
「一部残存」扱いなので、多少は痕跡でも残っているのかと思いきや、跡地付近は畑と屋敷林になっており、特にそれらしい痕跡は見つけられなかった。

山王塚古墳跡地を西側から。
屋敷林の中は生け垣のために良く見えなかったのだが、すぐに斜面になっており、特に古墳跡のような地形は残ってなさそうであった。

小山稲荷古墳。
植水古墳群で現存する2基のうちの一基で、山王塚古墳跡のすぐ西側に所在している。大きく削られながらも稲荷社の土台としてかろうじて残っている。

iPhoneのMapで上空から。

赤いピンが遺跡地図から推定した山王塚古墳跡。
上空から見ると林が円形っぽくなっているのが気になるなるが、その中心部分は崖というか斜面になっている。塚を削り取った結果、そういう地形になったのだろうか?それとも北側の畑地が跡地なのか?

小山稲荷古墳は画像左上角の木立がある場所がそれである。

[Posted with iBlogger from my iPhone]


投稿時間 : 13:51 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年01月02日 埼玉県の古墳
 ■ 初詣は前玉神社

埼玉県民たる者、初詣は埼玉地名発祥の地である行田市埼玉の前玉神社に行くべきである。
というのは嘘で(笑)、ここ数年の新築マンションラッシュで人口が増えたせいなのか、年々参拝者の列が伸びて行く地元の神社の混みように負けて、1月1日の参拝を断念。本日、妻の実家のある深谷へ行くついでに、前玉神社で初詣を済ませることにした。

前玉神社の駐車場は混んでいると予想し、さきたま古墳公園の駐車場に駐車。
前玉神社は埼玉古墳群を構成する古墳の一つである、浅間塚古墳上に鎮座している。

駐車場の目の前は、群中最小、全長53mの前方後円墳である愛宕山古墳。
ただ、この古墳の北東に所在した天祥寺古墳も同程度の大きさの前方後円墳であった可能性があるらしい。

iPhoneのMapで確認。
天祥寺古墳はその名の通り、画面右上の天祥寺のあたりにあったらしい。
発掘調査で周堀の一部と埴輪片が出土しており、その中に4条突帯の大型円筒埴輪が含まれていたことから、前方後円墳説が提唱さている。

愛宕山古墳の後円部を掠めて東に進むと武蔵国最大、全長138mの二子山古墳がその雄姿を現す。

墳形は日本最大の仁徳天皇陵(大仙陵古墳)の相似形である。
周堀は釣鐘型に復元されているが、実際は長方形の二重周溝である。
航空写真を見ると本来の周堀の形が黒っぽく現れている。

二子山古墳の前方部端を掠めて東に進むと、前玉神社の参道が見えてくる。
3つの鳥居を潜ると背の高い墳丘上に鎮座している社殿が現れる。

前玉神社が鎮座する浅間塚古墳は、その名の通り富士塚として改築されており、かなり昔から古墳なのか、ただの塚なのか分からなくなっていたらしい。戦後の発掘調査で周堀が確認され、径50mの円墳と確認された。埴輪は確認されず、前方後円墳造営終了後の7世紀前半頃の築造と考えられている。

墳頂に鎮座する前玉神社社殿。
浅間塚の名の由来になった浅間神社は墳丘の中腹に鎮座している。
墳頂に至る傾斜はかなり急で、これは富士塚として改変されたためであると思われる。

参拝を済ませ、墳頂から周囲を見渡してみる。
樹木が生い茂っているため、見晴らしは良くない。
墳丘裾には神池が設けられていた。周堀跡を利用したものであろうか?

墳丘上でMap起動。
径50mは県内の円墳としてはかなり大きい方だが、国内最大・径105mの大円墳である丸墓山古墳がすぐそばに所在するため、古墳としての存在感はイマイチ薄く、「さきたま」の名を冠した神社としての方が有名である。
私の世代だと、小学校〜高校で1〜2回は学校行事で古墳見学と合わせて参拝に訪れた、埼玉県民のメッカとでも言うべき場所である。

墳丘裾にある明治神社の脇を西に進むと、目に前に群中3番目の規模を誇る、全長109mの前方後円墳である鉄砲山古墳が現れる。写真左が前方部で右が後円部。

鉄砲山古墳の前方部越しに、全長70mの前方後円墳、奥の山古墳の後円部が見える。

MAPで確認。
鉄砲山、奥の山共に墳丘の保存状態は良い。前方部を完全に削られてしまった稲荷山古墳や、魚の3枚おろしのような姿になってしまった将軍山古墳(いずれも近年復元された)等の、県道北側の前方後円墳とは対照的である。画像左下にちらっと見えているのが奥の山古墳の後円部。

再び二子山古墳の前を通って、駐車場へ。
次回は地蔵塚古墳や、小見真観寺古墳、真名板高山古墳あたりを巡ってみようと思う。

この後、妻の実家にて撮影したデータをMSI Wind U100のiPhotoで吸上げ、GIMPベースの軽量レタッチソフト・Seashoreでリサイズ&補正。
画面は1024x600とやや小さいが、ちょっとした画像の加工程度であれば問題なく使えて便利だ。

投稿時間 : 11:16 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年12月16日 旧入間川流域の古墳
 ■ 花畑・大鷲神社&竹の塚・竹塚神社
午前中の蓮沼・大塚山に続き、午後は毛長川流域の「古墳かも知れない物件」を見に足立区へ。

足立区内の毛長川流域の古墳&古墳跡は、考古学系の文献や郷土史本の類で知ることが出来たものに関しては、既に一通り巡り終えている(写真を撮ってない所は何カ所かある)のだが、最近、『江戸名所図会』等の江戸時代の地誌類や神社の社伝等に踏み込むようになってから、もう何カ所か「古墳かも?」と思える物件が浮上してきている。
本日はその内の大物2件を訪ねてみた。

●大鷲神社

最初は花畑の大鷲神社である。
毛長川と綾瀬川との合流点を見下ろす小高い丘の上に鎮座する神社で、「酉の市」発祥の神社としても有名である。
今日「酉の市」と言うと、浅草寺(鷲神社)の酉の市がまず第一に想起されるが、これは花畑大鷲神社が祭礼の際に、鶏を浅草寺に放生していたことを契機に浅草に伝わったものであるとされている。これは2つの点で興味深い。

まず第一に、大鷲神社は全国各地に存在しているが、これは古代豪族・土師氏と深い関係を有する神社であるとされている。と言っても「土師=はじ」が「鷲=わし」に訛ったのだろうという朧げな理由なのであるが、浅草寺が土師真知という土師氏の豪族によって創建された寺であるとされている点が見逃せない。

第二に、どちらも古墳群が存在した地であるという点である。花畑大鷲神社のすぐ西側には毛長川流域A群に分類されている白山塚古墳と一本松古墳の2基の円墳が存在していた。更に西方には古墳流用と考えられる花畑浅間神社の富士塚があり、江戸期の文献を見ると、かつては他にも幾つかの塚が大鷲神社周辺に存在していたようである。
一方、浅草寺には住職の居宅である伝法院に残存する石棺が出たとされる、浅草寺本堂裏手にあった熊谷稲荷の塚(江戸期の文献では秋葉社が乗っている)をはじめ、調査によって確定して訳ではないものの、弁天山や蛇塚、待乳山等、古墳と考えられる塚が存在している。

かつての毛長川(旧入間川)の流路は、現在の綾瀬川との合流点から更に東方に伸びており、葛飾区の水元公園の西方で中川と合流し、更に水元公園の東方で太日川(現江戸川)と合流し、デルタ地帯を形成しつつ東京湾に流れ込んでいたことが分かっている。水元公園内に残る流路跡は、古くは旧入間川のものなのだ!
従って、浅草と花畑は中川(古利根川)を用いた水運で連結されている地であり、大鷲神社が祭礼で鶏を浅草に放つという風習は、こうした古くからの地縁に基づくものなのではないかと考えられるのだ。

その一つの傍証として、日本武尊伝承が挙げられるだろう。浅草のある台東区から隅田川対岸の江東区にかけては、鳥越神社や吾嬬神社をはじめ、日本武尊に関する伝承が多い。例えば江東区立花の地名は、日本武尊の妻、弟橘姫に由来するものだし、吾嬬神社はその姫の遺品を葬った塚であるとされている。そして大鷲神社の祭神は日本武尊であり、日本武尊の東征に対する報恩のしるしとして祠を祀ったのがその創建であるとされているのである。
更に日本武尊伝承は大田区や品川区の東京湾沿岸地域にも多く分布しており、あたかも大田区→品川区→台東&江東区→足立区と東京湾から古利根川を遡って花畑に至る水上交通ルートの存在を暗示しているかのようである。これは東海地方産のS字口縁台付甕の分布状況とも重なる部分があり、これが東京湾から河川を介して内陸に向かう水上交通路によって伝播したと考えられていることと同様なのかも知れない。

そんな土師氏や日本武尊との関わりが推察される大鷲神社の江戸時代の様子が、『江戸名所図会』に描かれている。それはどう見ても大きな円墳状のマウンドに乗っているようにしか見えず、近辺に古墳が存在していたことからして、ここもまた古墳なのではないか? という気がしてならないのである。
『江戸名所図会』鷲大明神社

多くの人が行き交い、当時の「酉の市」の盛況振りが伺える。賭場や遊郭まで臨時に設営されたそうで、江戸市中のみならず、遠方からも多くの人々が訪れたという。
大鷲神社社殿拡大

どう見ても円墳状のマウンドの上に鎮座しているようにしか見えない。周辺は旧入間川の氾濫土による微高地が延々と広がる土地であるので、自然地形とも思えず、人為的に盛土されたものである可能性が高いのではないだろうか? 手前に見える「弁天」と書かれたマウンドももしかすると小型の円墳を流用したものなのかも知れない。
現在の参道

周辺はすっかり宅地開発されてしまっているものの、参道の規模は江戸時代から変わらない様子であった。
木々に囲まれた長い参道を進むと、右手に新設された神園が現れ、その先に小高い丘の上に鎮座する社殿が見えてくる。
大鷲神社社殿

江戸時代の絵図と比べ、土台部分が整形されてはいるものの、社殿のサイズから推測すると、驚いたことにマウンドの径と高さ自体は大きくは変わっていないようである。
説明板

ここでは源義光(八幡太郎義家の弟)が戦勝を祈願したという由緒しか語られていないが、前述の通り、日本武尊の東征にまつわる創建の由緒が別にある。先週の鳥越神社に関する記事で触れた通り、元々は日本武尊に関する伝承であったものが、時代が下るにつれ、その時々の武将の話しにすり替わっていくという私の推測を裏付けているようである。
マウンド上の様子

江戸時代の絵図と同様、かなり広々としている。もしこれが古墳だとすると、かなりの規模のものである。径50mはある感じである。
マウンド上から麓を見下ろす

現状で高さは1.8〜2m程度で、径の割に低く、かなり薄べったい印象である。元が古墳なら相当削られている筈で、それだけ削られていれば遺物の一つ二つは知られていそうなものだが、特にそういう話しはないようである。
マウンド東側の様子

側面が石垣で整形されてはいるものの、特に大きく削られている訳ではなく、全体としては旧状を留めているようであった。『江戸名所図会』で描かれた姿とは全く様子が変わってしまっている場所が殆どである中、これは非常に貴重な例であろう。まさか身近にこのような場所が残っていたとは、驚きである。
マウンド北側の様子

こちらも石垣で直線的に整形されているが、裾部の列石が緩くカーブを描いており、元は円形のマウンドであったことが伺えた。
マウンド西側の様子

マウンドの周囲は『江戸名所図会』の図同様に平坦地が取り囲んでおり、一周することができる。この平坦地は周堀跡であるようにも思えるのだが、どうだろうか?
倉庫

『江戸名所図会』で「弁天」と記された小さなマウンドがあったあたりは倉庫になっていた。若干小高くなっているのはその名残りか? ここももしかすると古墳跡なのかも知れない。
築山

江戸時代は社殿に向かって左手に弁天社が乗るマウンドと池が描かれているが、現在は参道を挟んだ反対側に池と築山が設けられていた。ただ、江戸時代の図でもこの場所には鳥居が2つと祠が描かれており、当時からの高まりを再加工したものかも知れない。現在は頂上付近から滝が池に流れるように細工されている。
尚、大鷲神社一帯は「大鷲神社境内遺跡」として遺跡登録されており、過去に縄文及び弥生土器片が採集されていることから、東京低地でも最も早い段階で陸化した場所であると考えられている。近辺に古墳が所在したことから、縄文〜弥生〜古墳時代の遺構が存在することが予測されているのであるが、1991年に神社敷地北側に隣接する道路と公園で行った所、通常この界隈で遺跡が検出される自然堤防の高位面を示す黄褐色シルト層は検出されず、低湿地であったことを示す青色シルト層が検出されただけで、遺構遺物は見つからなかった。報告書では近代以降に受けた撹乱の影響を考えているが、遺跡はより標高が高い南(神社敷地内)か西の方にあるのではないかとしている。

今の所、神社敷地内での調査はなされていないようであるが、本日訪ねてみた所、参道入口の南側の工場が取り壊されており、整地工事が行われていた。この工事に伴う調査がなされたかどうかは分からないが、何か新たな発見に繋がるのかも知れない。

●竹塚神社

大鷲神社の次は、竹の塚駅東口にある竹塚神社へ。
竹の塚駅西口から北に500m程歩くと白旗塚古墳が現存しているが、江戸時代に描かれた『日光道中分間延絵図』を見ると、白旗塚周辺には他に5基の円墳らしき塚が描かれている。また、『新編武蔵風土記稿』竹塚村の項にも「駒形耕地」に小さい塚が幾つかあるという記述が見え、これは東武線の東側にあたる。また、竹の塚の南に隣接する六月町にある炎天寺には人物埴輪の頭部が保存されていることから、かつては竹の塚駅東口方面にも古墳が存在していたことが伺えるのである。

そんな古墳群地帯に鎮座する竹塚神社は、社伝によれば、源頼義(義家、義光の父)が奥州征伐の際に陣を敷いた場所であるとされ、明治の頃迄は境内にその遺構とされる環濠が残っていたのだそうである。
大鷲神社の所で述べたように、源頼義奥州征伐云々は後世に変形を受けたものであり、元々は日本武尊が東征の際に陣所としていたという話しだったのだろうと思う。ま、それもまた伝説であり、とうてい事実とは考えられない(日本武尊が実在したかどうかもハッキリとしていない)ものではある。
いずれにせよ、武将が陣所としたという伝承は環濠の存在から捻り出されたものであるこは容易に想像できる。しかし、この立地で環濠となると、それは防御の為の堀ではなく、古墳の周掘の名残りと見るべきではないだろうか?
竹塚神社

竹の塚駅東口、イトーヨーカドー前に鎮座している。周囲の道路や宅地と比べると敷地全体がやや小高くなっている。
由緒書

明治時代迄環濠が残っており、源頼義が宿陣した際の遺構であると考えられていた旨が記されている。社殿は墳丘上に鎮座しており、環濠は周堀なのではないだろうか?
竹塚神社社殿

玉垣で画された社殿一帯は参道側よりも若干小高くなっており、墳丘上に建てられた名残りが感じられなくもない雰囲気であった。やはり古墳跡地か?
社殿周辺の様子

環濠はどうやら埋められてしまったようで、現在は確認できない。どの位置にどの程度の規模のものが存在していたのだろうか?
南東から境内遠景

現状はとても古墳のようには見えないが、道路と比べて敷地が若干小高くなっているのが分かる。現存する古墳からそう離れていない場所で正体不明の環濠があったとなると、古墳跡かと勘繰りたくなる。
竹塚神社の向かいにBook Offがあったので、何かCDの出物でもないかと思い、物色。
メタル系は寂しい限りの在庫状況であったが、それでもドイツのメタルバンド・Grave Digger=墓堀人の未入手日本盤アルバムと同じくドイツのRAGEのベスト盤(何故か新品)を発見! 私は日本盤が出る迄我慢できない性格なので、まずは輸入盤を買ってしまうのであるが、結局日本盤もボーナストラックが気になって買ってしまう場合が多い。買い逃した場合は、こうして中古屋で探す羽目になる訳で、だったら最初っからちょっと我慢して日本盤だけ買うようにした方が何かと宜しいのは分かっているのだが、「Heavy Metal is Dead!!!!」と叫ばれて久しい昨今、日本盤が出ない場合も珍しくないので、当面この悪習はやむことがないのだろうと思う。

あと、SLAYERの新譜"Christ Illusion"の日本盤も売られていた。これは既に輸入盤と日本盤と2枚持ってるから買わないけど、この辺の中古屋ではまず見かけない品である。鋼鉄CDの数は少ないが、並んでいるのは珍しいものばかりと、充実しているんだかしていないんだか、良く分からないBook Off 竹の塚店であった。

●白旗塚古墳

本日の予定は竹塚神社をもって終了であるが、折角ここ迄来たので、駅の反対側にある白旗塚古墳に寄っていくことにする。以前は車で来た場合、ちょっと離れた所にある伊興遺跡公園の駐車場に停めて、エッチラオッチラ歩いて来なくてはならなかったのだが、昨年、間近にコインパーキングが出来たので、非常に車で行き易くなった。
白旗塚古墳

特に以前と何も変わった様子のない、径12m、高2.5mの円墳である。公園化されているのだが、何故か未調査のままである。何故か周囲に水堀が巡らされ、橋にも門が設けられており、墳丘に立ち入れないようになっている。この古墳には強烈な祟りの伝承が少なくとも2ヴァージョン伝わっているのだが、それを恐れているのだろうか?
白旗塚古墳スタンプ

以前は「白旗塚古墳ポストカード」があったのだが、昨年からそれに変わってご覧のようなスタンプが設置された。どうやら「史跡巡りポストカード集め」から「史跡巡りスタンプラリー」に企画変更になったようだ。古墳スタンプは意外とありそうで無いので、訪れた際には是非バシバシ押しまくって頂きたい。

投稿時間 : 00:31 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年11月25日 旧入間川流域の古墳
 ■ 土合古墳群探訪
真冬のように風が冷たかった一昨日とはうってかわって、昨日、今日は非常に過ごし易い小春日和である。これからの季節、こうした陽気の日は貴重である。倅も朝から「公園へ連れて行け」と煩い。連休最終日はゴロゴロして過ごしたい気もしないではないが、陽気に誘われ、公園へ遊びに行くついでに旧入間川下流域の古墳群の内、現存する古墳がある群としては唯一未探訪であった土合古墳群を巡ってみた。

●東福寺古墳

まずは群の南端に残る東福寺古墳(神明神社古墳とも呼ばれる)へ。
現状は一基のみ、他の古墳から離れて孤立しているようになっており、東福寺古墳は土合古墳群には含めないとする意見もあるようだが、その昔は両者の間にも幾つかの古墳があったようだ。
東福寺

東側からの眺め。本堂の右手に墳丘がちょこっと見えている。小さな寺だが石仏や板碑等、幾つかの市指定史跡を有しており侮れない。この寺の西側にある神明神社の裏手に径32m、高4.5mの比較的大きな円墳が残っている。
東側の東福寺墓地から

古代の墓と現代の墓のコラボレーション。こんもりといかにも古墳然とした墳丘が見える。残り具合も良好なようで期待が持てる。
南東角から

北側に向けて緩く傾斜する斜面上に築造されているようで、こちら側から見ると高さは余り感じられない。説明板が設置されており、ここでは「神明神社古墳」とされている。電柱の向こう側に墳頂へ至る道がある。
北から

北側は遊具が設置され、公園になっていた。
説明板では6世紀後半頃の径32mの円墳とされているが、『浦和市史』では径40mとなっている。現状の見た目の雰囲気からすると40mは無い感じで、説明板の数値が正解なのかも知れない。径32mとしても円墳としては旧入間川下流域で最大で、埼玉県全体で見ても比較的大きな部類である。
西から

右手に神明神社の社殿が見え、南側〜南西にかけて若干削られているのが分かる。この削られている分を考慮すると元々の径は40m程度はあったのかも知れない。
南西から

神社社殿と右手の建物で若干削られてしまってはいるが、全体的に墳丘の残りは良好で、下草も比較的薄く、この界隈のものとしては観察もし易く、見応えもあり、オススメである。
墳頂の様子

墳頂は後期古墳らしく平坦部は少な目である。主体部は横穴式石室であろうか?
墳頂からの眺め

木立も少な目で、墳頂からの眺望もそこそこ良い。現状は北側を流れる鴻川によって切断されて独立丘状になっているが、元々は本杢古墳等、土合古墳群の他の古墳が乗る舌状台地の先端部に該当する。旧入間川はこの古墳のすぐ西側を台地縁に沿って流れていたようだ。
神明神社

サイズ的に古墳上に建っていても不思議はないのだが、お陰で墳丘は大きな変形を受けずに済んでいる。元々は墳丘上に小祠として祀られていたのだろうか? この古墳の名称は、『浦和市史』では「東福寺古墳」とされているが、現地説明板ではこの神社から「神明神社古墳」となっており、市販の書物でもこの両者が混用されている。

●今宮1号墳跡

東福寺古墳を後にし、残りの古墳が集中する台地の北方へ向かう。
JR南与野駅近くのコインパーキングに駐車し、西へ数分歩くと大きな倉庫が見えてくるが、ここから方墳跡が検出されており、地名から「今宮1号墳」と命名されている。
今宮1号墳跡地

20m×15.5mの長方形の方墳で、7世紀台築造と考えられている。1985年に建物の建設に伴う発掘調査で検出された古墳跡であり、墳丘は古くに削平されてしまっていたようだ。粉末状になった凝灰岩が検出されており、凝灰岩による横穴式石室を有していた可能性が指摘されている。

●本杢古墳

今宮1号墳跡前を更に西進し、2本目の道路を左折すると目前に、7世紀台の方墳である本杢古墳が見えてくる。
小さな緑地公園として整備されており、墳丘に立ち入ることはできないものの、じっくり観察することが出来る。
北東角から

ご覧のように北側と東側が道路で削られてしまっているが、道を曲がるとこんもりとした、いかにも人工的な感じがする小山が見えてくるので、インパクトは大である。この角にも説明板が建てられているが、古いもののため、方墳ではなく、円墳扱いになっている。
墳丘北側の様子

道路でざっくり削られているが、切断面の稜線形状が何となく角張っているように見え、確かに方墳であるように見える。
東から

こちら側も道路で削られてしまっており、かつて斜面上に生えていたと思われる木の根が大きく露出している。
南から

自然地形と見分け難い残り具合の古墳が多い中、いかにも「人工的に盛りました」という雰囲気満点の整った墳丘形状である。こちらには新しい説明板が設置されており、近年の発掘調査の結果を踏まえ、一辺20m、高4.5mの方墳と解説されている。
西から

かつてはこちら側に周掘の落ち込みが見られたそうだが、調査後に埋め戻されたのか、現状ではその痕跡は判然としない。

●本杢南埴輪出土地点

本杢古墳の南東、台地の先端部分において、1980年に水道工事が行われた際に円筒埴輪が検出されており、付近に古墳が存在したことが推定されている。
出土地点南側の畑地

台地の先端であることがお分かり頂けるだろうか。出土した円筒埴輪は6世紀前半頃のものであり、このことから土合古墳群は6世紀台から築造がはじまり、本杢古墳や今宮1号墳のような7世紀台の方墳に続くと考えられている。また、聞く所によると、この畑地からも埴輪片が出ているらしく、或はこの畑地の下に古墳跡が残っているのかもしれない。
富士見小坂

円筒埴輪出土地点の道路は富士見小坂という名である。小支谷を挟んだ対岸にある日向古墳のあるあたりに「富士見塚」という塚があったと『新編武蔵風土記稿』に記載されているが、高層建築物が無かった時代にはこの辺り一帯の台地端からは富士が良く見えたのであろう。

●日向古墳

本杢古墳や本杢南埴輪出土地点が乗る舌状台地の東に南北に走る小支谷を挟んだ対岸の台地縁に日向古墳が所在している。『新編武蔵風土記稿』西堀村の項によれば、

「塚 富士見塚 小名日向にあり。古城跡の続きなる崖の上なり。ここより西に望めば富士及び箱根大山榛名又御嶽武甲山等目前に見えて眺望いと勝れたり。眼下には水田打続きたり。土人の話に秋冬の頃天気極て快晴なる時は富嶽宛然としてこの水面にうつれり。尤たまたま地形によりて向にある物の影のうつることあれど悉く逆に写るを常とすれど、ここは左にあらず。直ちに水庭にあるが如に見ゆといへり。

と富士見塚と呼ばれる塚があったと記載されており、あるいはこの塚は日向古墳を指しているのかも知れない。また、同項には、

「旧跡 真鳥日向守城跡 村の北にて丘の上を云。日向守がことは日向不動の縁起に見えたり。今この城跡を真鳥山と呼ぶ。廻に堀を構へし跡見ゆ。傍に祠ありて真鳥稲荷と号す。是日向守が霊を祀れりと。此所も眺望富士見塚に同じ。享保年中鴻沼新開のとき当所の土を堀て運送しけるに鎧刀等の錆朽たる者或は鉄砲の玉など出しといへば、後世も人の住せしことありしにや。」

と、富士見塚の付近に武具の出土が見られる箇所があったことが記されており、「鉄砲の玉」というのが気になるが、他にも古墳跡があったことを伺わせる記述がある。
東から

駐車場の奥に見える木立の下が日向古墳である。台地縁に築かれた現存径12m、高2mの円墳であるとされているが、未調査であり、これ迄の所、築造時期を特定できるような遺物は見つかっていない。
北から

特に建物等で削られてはおらず、遺存状況は良好であるように見える。説明板の類は一切なく、マンションと駐車場、住宅に囲まれた小さな空き地の中にポツンと墳丘が残っていた。
北西から

小規模ながら、整った形状の墳丘である。
西から

墳丘の周囲に周堀の名残でもないかと探してみたが、完全に埋没しているらしく、それらしい窪みは見られなかった。
墳頂の様子

墳頂には古峯神社が祀られているとしている文献もあるが、祠等は見られなかった。近年になって撤去されたのだろうか?
墳頂からの眺め

樹木が多く、眺望は余り良くない。この古墳が『新編武蔵風土記稿』のいう富士見塚だとすると、江戸時代には樹木も少なく、遠望が効いたのかも知れない。台地縁に位置しているので、樹木が無ければ、相当遠く迄見通せそうな立地ではあるが、富士見塚とは付近に所在した別の古墳であった可能性もあるだろう。

投稿時間 : 23:32 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月14日 旧入間川流域の古墳
 ■ 大久保塚本薬師堂・八幡社
天気予報によると本日は昼頃から雨とのことだったので、外出せずに高稲荷古墳の模型でも作ろうかと考えていた。しかし昼食を済ませて外を見てみると、雨どころか薄日が差しているではないか...。
今から出かけてそれなりに楽しめる場所となると限られてくる。倅と今期最後のクワガタ樹液採集に浦和の秋ヶ瀬公園にでも行こうか? という話しになったのだが、そこであることを思い出した。

秋ヶ瀬公園は大久保古墳群のすぐそばにある公園である。観音塚や天神山がある河川敷とは地続きで、羽倉橋から南側が公園化されているといった感じである。付近に住んでいる方によるとこの公園内にも幾つかの塚があるということで、確かに何カ所かにそのような場所もあるのだが、昔からの塚なのか、公園化に伴って造られた築山なのかハッキリしない。
一方、天神山から少し北に行った旧塚本村のあたりにも幾つかの塚状になった場所があるそうだ。
こちらは発掘調査で円墳跡が見つかった外東遺跡と天神山の丁度中間位の場所であり、もしかしたら古墳跡もあるのではないかと以前より気になっていた場所である。どうせ秋ヶ瀬に行くのであれば、そのついでにその場所を見ておこうと思い立ち、久しぶりに大久保古墳群を散策してみることにした。

聞く所によると、塚本の提外にある薬師堂と八幡社は共に塚の上に祀られているそうである。
地図によっては「外東」と表記されていることもあるこの場所は、旧塚本村が荒川縁に持っていた持添新田だった場所で、「大久保古墳群は足立郡司の墓域か?」でも触れた、足立家先祖の墓所があるとされる八貫野と呼ばれる場所の内である。
天神山や観音塚のあるあたりも大都市近郊とは思えぬ鄙びた光景であるが、その北側に流れる川を越えると、どこぞの山奥にでも迷い込んだかのような、のどかな田園風景が広がっているのだ。
天神山のあたりにはまだ人家もあったりするのだが、この辺りは元々持添新田だったため、農作業小屋はあるものの、民家はない。今でも昔同様に、堤防の向こう側の本村にある自宅からここに通って農作業をしているのだろう。恐らく江戸時代に開墾された当時と風景はさほど変わっていないのではないかと思われる。

そんな田園地帯のあぜ道に「薬師堂のマキ」という小さな案内板が立てられている。その指し示す方向をみると、水田の向こう側に一段小高くなった自然堤防と思われる竹薮に覆われた微高地が見える。この竹薮の向こう側に薬師堂があるらしい。

薬師堂

水田よりも一段高くなっている微高地上に更に盛土された上に建てられている。境内の槙の大木は市指定の天然記念物である。土台の土盛りはざっと観察した所方形であるようだが、写真左手に続く薮の中にも高まりが続いているようだった。
盛土の様子

この竹薮自体が水田よりも小高くなっているのだが、そこに更に盛土されている様子がお分かり頂けるだろうか?

この薬師堂と農道を挟んだ反対側に八幡社がある。
農道脇に石造の鳥居が建てられているのですぐに分かる。
鳥居を潜り、あぜ道兼用の参道を進むと昼尚暗い竹薮となり、その行き止まりに八幡神を祀った石祠を乗せた小さな塚が見えてくる。
この八幡社は江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』塚本村の項にも記されており、江戸時代からこの場所で祀られて続けてきたようだ。

農道脇の鳥居


参道兼畦道を境に左手が水田よりも小高くなっているのが分かる。この小高くなっている部分が自然堤防で、水田はその後背湿地が開墾されたものであることが分かる。
八幡社

小さな塚上に石祠が祀られている。古墳ではなく、この祠を祀るために盛られたもののように見えるが、塚の右側に見える木の生え方からして、元はもっと大きかったものが削られたもののように思える。
塚上の石

塚上には写真のような石が置かれていた。この界隈の盛土に見られる砂利とは違った感じで、全体にゴツゴツしている。

薬師堂、八幡社共に古墳跡かどうか、見た目だけでは判然としないが、周囲の竹薮の中には良く目を凝らすと他にも自然堤防上に盛土されたと思しき塚状の地形が散見された。
ただ、この辺りの土地は水害対策として、家や作業小屋は「水塚」と呼ばれる人工の高台の上に築かれるし、畑も同様に盛土の上に造られているので、こうした水塚や畑の跡地であるのかも知れないが、付近に古墳が現存していることを考えると、中には古墳を流用したものもあるのかも知れない。
また、外東遺跡から墳丘を失った円墳跡が見つかっていることから、墳丘の封土を水塚や畑の造成に利用した可能性もあるだろう。

八幡社参道脇の高まり

ショベルカーがあるので最近盛られたものかとも思ったが、奥の方にそれなりに大きな木が生えているので、昔からの地形であるようだ。形状は割と大きく低平な円墳状である。
堤防から薬師堂方面に農道を進むと右手に見えてくるこの薮の中にも高まりが見られた。他にも何カ所か現役で畑に利用されていたり、空き地になっているような箇所もあった。

投稿時間 : 23:04 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月07日 旧入間川流域の古墳
 ■ 側ヶ谷戸古墳群探訪
この所、3連休続きである。
働く身としては、嬉しいような、仕事が詰まるので迷惑なような、ちょっと微妙な所はあるのだが、趣味に時間を存分に割けるのは喜ばしい限りである。
去年・一昨年は10月末位迄、倅とクワガタ採りに明け暮れていた。しかし今年は8月にオオクワ採集という大成果を挙げた上に、大久保古墳群そばの雑木林の「ヌシ」と勝手に命名していた大型のヒラタクワガタ♂を2年越しで採集したりと既にかなり満足してしまっているので、例年以上に多いスズメバチを相手にしてまで採集を続けようという気にもなれない。と、なれば、古墳巡りに出かけるしかないだろう。

この連休に出かける古墳ポイントの候補は幾つかあった。
前々から行こう行こうと思いつつ、行きそびれていた保渡田古墳群。葺石&埴輪列までもが復元された八幡塚古墳や井出二子塚、薬師塚等、タマには古墳の残骸ではなく、問答無用な大型前方後円墳を見るのも良いものだ。
次に茨城の船塚山。太田天神山に次ぐ東国第2の規模を誇る巨大前方後円墳である。親戚宅のそばに所在しているのだが、こちらもこれまで行きそびれていた物件である。
ま、そこ迄遠出しなくても、最近入手した『房総の古墳を歩く』を参考に、学生時代に遊び倒した北総地域の古墳巡りをしてみるのも面白そうだ。
それになによりも、『大宮市史』や『埼玉の古墳』を始めとする各種文献類を結構読んだので、行ったことが無い割に新鮮味がなく、ついつい後回しになりがちだった側ヶ谷戸や土合等の旧入間川下流域の未訪問古墳群をこの機に巡っておくのも悪くない。
と、いうことで、今朝迄どこへ行こうか散々悩んだのであるが、当サイトのテーマ的には、やはり旧入間川流域を攻めておくべきだろうという結論に至り、既にある程度取り上げている植水古墳群と大久保古墳群の中間にあたる側ヶ谷戸古墳群を巡ってみることにした。

まずは探訪地図を用意する。サイトに掲載している奴だと縮尺が大き過ぎるので、もうちょっと細かい地図を用意して、そこに現存古墳を中心に巡るべき古墳の位置をプロットしていく。ま、分布図は散々見てきたので、大体どこに何があるかは把握しているのだが、どこからどういう順番で巡るべきかを策定する意味でも作っておいて損はない。
ただ、倅がどうしても自分の分が欲しい!と地図も読めないクセに煩いので、彼の分を作ったり何だりしていたら、時間が正午を回ってしまった。慌てて荷物をまとめて車に乗り込み、12:20にようやっと出発。

連休の中日であるためか、道路は割と空いており、いつも多少は渋滞に捕まることを覚悟しなければならない国道17号もスイスイであった。そんな車内に鳴り響いているのは、ドイツの老舗バンド・GRAVE DIGGERだ。

The Grave Digger / Grave Digger
1
GRAVE DIGGER=「墓堀人」とは古墳巡りにはピッタリである。"The Grave Dancer" だとか"Grave In The Noman's Land"等、"Grave"の語がタイトルに含まれる曲も幾つかあり、この辺は"Grave"を「古墳」に脳内変換して聞くと楽しいし、十字軍だとかスコットランドの独立運動等の歴史テーマ物や、ドイツのバンドでは定番とも言える、ゲルマン神話をテーマとした曲が多く、歴史&神話好きな私のツボを捉えて離さない。曲調が一瞬「何のアニメの主題歌?」と聞きたくなるような、これぞジャーマンメタルというクサさを前面に押し出している点もグーだ。アニメ主題歌のごときクサメロ炸裂となれば、倅にも非常にウケが良いのは言うまでもない。彼は「ディガーちん」という愛称までつけて親しんでいる。
そんな私と倅が大好きな曲の一つが、GRAVE DIGGERの10作目のアルバムタイトル曲にして、彼等のバンド名を冠した快心の作、"The Grave Digger"である。

♪Six feet under I'm still alive(6フィート下の地中で俺はまだ生きている)
♪Six feet under I've found my paradise(6フィート下の地中で俺は楽園を見い出した)

古墳の石室内は被葬者が生きる死後の世界=黄泉国であり、そこでも生前同様かそれ以上の力を持つ首長として生きるよう、様々な武具や宝物等の威信材を副葬し、様々な壁画を描いたのだという説がある。これによるならば、正に被葬者は6フィート下(とは限らないが)の地中の空間で生き、そこに楽園を見い出しているのだろう。こうした考え方は洋の東西を問わないのかも知れない。
そんなフレーズから始まり、地中で生きる被葬者の心情をクサメロに乗せてアメ横の魚屋のごときダミ声で歌い上げつつ、サビに至った所で悲劇が被葬者を襲う。

♪He took my life, I've lost control(奴は俺の命を奪い、俺は自制を失った)
♪He killed my wife, he sold my soull(奴は妻を殺し、俺の魂を売った)
♪The grave is open, the digger smilesl(墓が開き、墓堀人が微笑む)
♪He takes me under, the deadly skies(奴は俺を死の空のもとへ連れ出した)

発掘や盗掘で墓室を暴かれ、楽園から再び現世へと連れ戻された古墳の被葬者の心境は案外こんな感じなのかも知れない。埴輪や壁画で幾重にも邪霊から守られ、副葬された威信財で死後も首長としての生を満喫していたのに、いきなりその世界を破壊されてしまうのだから、被葬者からしてみれば、殺されるようなものだろうし、現世の空は死の空に見えるのかも知れない。そして被葬者は叫ぶ!

「ざ ぐれえーえぇーえぃぶ でぃがっっっ!!!!!」

様々な理由をつけて古墳を暴く現世人は、まさに彼等の安寧を破壊する「墓堀人」であろう。
そんな風に曲を曲解しつつ熱唱している内に、鴨川縁の駐車場へと到着した。時計を見ると1時ちょっと過ぎ。日中としてはかなり良いペースで到着できた。
そして、車から降りた倅が叫んだ。

「あっ、地図忘れてきちゃった!」

おいおい...。

稲荷塚古墳

大宮西高校の正門を入った左手にあり、既知の古墳の中では分布域の北辺に位置している。径36とさいたま市内最大級の円墳で、樹上のスダジイの巨木が印象的な古墳である。この古墳の西側から円墳跡(側ヶ谷戸6号墳)が見つかっている。
茶臼塚古墳


稲荷塚古墳南方の台地と水田地帯の境界付近にある。現状は径30mの円墳とされるが、地籍図に記された土地割等から前方後円墳であった可能性が指摘されている。
井刈古墳跡

茶臼塚古墳西側の水田中から形象埴輪が出土しており、かつて前方後円墳と見られる古墳が存在したとされ、井刈古墳と呼ばれている。茶臼塚が前方後円墳だったとすると、2基の前方後円墳が並んで築かれていたのかも知れない。
茶臼塚南方の塚状の盛り上がり

台地端に若干塚状に膨れている箇所があった。既知の古墳以外にもかつては相当な数の古墳がこの地に築かれていたと考えられているが、こうした地形をみると、まだまだ人知れず眠っている古墳跡も多そうだ。
山王山古墳跡

茶臼塚東方の慈宝院墓地内にある。既に墳丘は失われており、石室材の一部が残るのみである。
上之稲荷古墳

山王山古墳のすぐ南にある。北と西、東側が削り取られており、カマボコを更に半分に切ったような形になっている。墳丘裾に「入居者募集中!」の幟が置かれ、訪れる者を6フィート下の世界へと誘っているようだ。
円阿弥古墳

現存する側ヶ谷戸古墳群の古墳の中で、唯一旧与野市域に所在する。東側が削られてしまっている。それ程背が高くない上に墳丘上に樹木が茂っていて見つけづらかった。旧与野市内からは他にこの古墳の西南の西浦から円墳跡が見つかっている。
台耕地稲荷塚古墳

径30mの円墳で切石積の石室が見つかっており、群中では最も新しい時代に築かれたものと考えられる。敷地内にはクヌギが植えられており、カブトムシやクワガタを採るためのトラップを仕掛けた跡が目立った。樹液が出ている木も幾つかあるので、そんなもん仕掛けなくても採れそうなものだが、用が済んだら片付けて欲しい。

台耕地稲荷塚古墳は円阿弥古墳から西にちょっと歩くと、墳丘自体は見えないものの、墳丘上に生えている木々が見えてくるのだが、倅はそれを見て「お父さん、あのクヌギが生えている所古墳じゃないかな?」と小1とは思えぬ古墳眼を発揮してズバリ当てたのに驚かされた。
私が好んで巡る古墳は住宅地内にちょっとした緑地として残っているケースが多い。
そんなものを一緒に探しながら方々歩いてきたので、いつの間にやらそんなスキルが身についてしまったのだろう。しかもそれが遠目にクヌギであると見抜いたのも、私とクワガタ採りであちこちの雑木林を踏査した賜物か...。

台耕地稲荷塚古墳を見学し終えた時点で午後2時40分。本当はこの後、大久保古墳群の白鍬支群が目と鼻の先なのでついでに巡りたかったのだが、倅が「公園で遊びたい」と煩いので、白鍬支群はまた今度ということにして、車を停めた「鴨川水辺の里公園」へ。そこで1時間ちょっとトンボやバッタを追いかけて楽しんだ後、帰宅した。

投稿時間 : 23:08 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月05日 旧入間川流域の古墳
 ■ 大久保古墳群は足立郡司の墓域か?

大久保古墳群分布図
八幡不知森シリーズで取り上げた明治時代の平将門研究本・織田完之著『平将門故績考』(碑文協会 1907)であるが、八幡不知森に関する章の次に、「武蔵国造旧跡」という一章を充てて、芝丸山古墳が初代国造・兄多毛比命の墓であるとか、その子孫であるとされ、『将門記』に登場する足立郡司・武蔵武芝の居館が港区にあったとか、『更級日記』に出てくる竹芝寺伝説等をとりあげたりしているのだが、その中に大久保古墳群に関する、ちょっと興味深い一節があったので紹介してみよう。

「今茲に石工酒井亀泉より故陸軍歩兵上等兵足立幸太郎の殉難碑文を嘱せり。其の父龍蔵来て曰く、六十七代の旧家なり。其の先祖の墓は足立郡大宮の西南一里許、五堰(ごせき)と云ふ所にあり、千貫樋より進む半里なり。他人此の兆域に入れば神の祟ありと伝ふ云々。予之を聞て感ずる所あり。故に其の碑文の冒頭に 足立氏之先出于足立郡司世居武蔵国 と記したり。夫れ足立郡大宮の官弊大社を勧請したる武蔵国造の当時を思ふに、信州鳥居峠は此の大社の華表ありし所なりとの伝へあり。関東の総鎮守は大宮駅の氷川神社なること今尚然り。其の国造の子孫足立氏の墳域大宮の附近にあるは当然のことなり。武芝の兆域なるや又足立某歴代の墳墓なるや尚探求する所あらんとす。」(織田完之『平将門故績考』碑文協会 1907 P100)

酒井亀泉とは「井亀泉」の屋号で知られる、当時の東京ではかなり有名な石工である。その亀泉から、事故か何かで殉職した足立幸太郎という陸軍上等兵の殉難碑の碑文を考えてくれ、と頼まれたらしい。
その際、亀泉が幸太郎の父・龍蔵から聞いた話しを織田完之に伝えたのが上の逸話である。

足立龍蔵の談によると足立家は67代続いた旧家であり、大宮の南西4km程の所にある五堰という所に先祖の墓所があり、そこは他人が入ると神の祟りがあるとされているそうである。
この「五堰」というのは、千貫樋の近くであるとされているので、現在のさいたま市桜区五関、『新編武蔵風土記稿』でいう所の五関村のことであろう。
『新編武蔵風土記稿』五関村の項には、村内の小名として千貫樋を挙げている。

「千貫樋 下大久保村界なる鴨川に架せる石橋の名にて、今は土地の呼名となれり。相伝ふ、古ここに樋を設んとて銭千貫文を費したれど、地の理あしくして成らず。故に其名を残せりと云へり。」(『新編武蔵風土記稿 足立郡之二十』内務省地理局 1884)

これは現在の埼玉大学の西南あたりで鴨川にかかっていた橋のようで、今でもその近くに「千貫樋公園」がある。
この五関とその周辺の大久保地区には大久保古墳群が分布しており、五関字中島には大久保4号墳、3号墳が知られている。従って、足立龍蔵氏の言う先祖の墓とは、これらの古墳を指している可能性がある。
足立氏と言えば、鎌倉御家人の足立遠元の足立氏の一族であると思われるが、この足立氏は武蔵国造の子孫で足立郡司の武蔵武芝の後裔であるという説が古くから唱えられている。また、龍蔵氏が足立家は67代続いた旧家であるとしていることからしても、少なくとも龍蔵氏の家では、天穂日命〜兄多毛比命〜丈部直(武蔵宿禰)不破麻呂〜武蔵武芝〜足立氏という、神代にまで遡る武蔵国造の系譜に連なっていると考えていたか、そういう系図が伝わっていたものと推察される。
こうした足立氏の出自を武蔵国造一族に求める説に基づいて、織田氏は「其の国造の子孫足立氏の墳域大宮の附近にあるは当然のことなり。」としているのだ。また、ここで「墳域」という語を使っていることからも、単なる墓でなく、高塚式のものを想定していることが分かる。
足立氏の出自の真相はともかくとして、大久保古墳群に足立郡司乃至は武蔵国造一族の墓所説が伝わっていたとは興味深い。

では、「部外者が立ち入ると祟られる足立家先祖の墓」とは具体的にどの古墳を指しているのだろうか?
前述の通り、五関地内には大久保3号墳、4号墳の2基の古墳が知られているが、龍蔵氏の言によれば、千貫樋から半里(約2km)程度の所にあるそうなので、これでは近過ぎる。千貫樋があったと思われる鴨川縁から1kmも離れていない。しかしこの2基の古墳がある場所も五関村の村外れなので、ここより遠いとなると別の村に入ってしまう。そこで改めて『新編武蔵風土記稿』で五関村の範囲を確かめてみると、

「五関村も江戸よりの里数前村に異ならず。水判土庄の唱あり。戸数六十軒余。東は鴨川を隔て領家神田の二村に隣りて、西は塚本村にて、南は下大久保村、北は宿村なり。東西三町余、南北十四町許なり。用水は鴨川の水を引、或は天水を待て耕植せり。当村正保のころは御料所及び小笠原七左衛門が知る所なりしに、寛文のころ頃御料の地を津金又十郎に賜はりしが、後上りて御料に復せり。よりて今は御料所と七左衛門が子孫大次郎知行せり。検地は寛文年中改めありしといふ。当村にも又八貫野の新田をも持添とせり。」(『新編武蔵風土記稿 足立郡之二十』内務省地理局 1884)

と、「八貫野」という所に持添新田を有していたことが分かった。
この八貫野は五関の北西にあたる荒川の水除堤の外の河川敷のことで、鴨川から2kmは離れていないが、1,5km程度の距離はあるので「半里」と表現しても差し支えないだろう。
八貫野は荒川左岸提外の河川敷なのだが、古墳時代は旧入間川の右岸であった。
現在その辺りに現存する古墳はないのだが、発掘調査で外東1号墳が検出されている。また、やや南に下ると天神山古墳、観音塚古墳が現存しており、現荒川河道を含めた提外にもかつてはより多くの古墳が存在したことが推測されている。従って、足立家先祖の墓とされる古墳はこの八貫野にあった五関村の飛地内に所在していた可能性が高い。

投稿時間 : 12:09 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月25日 旧入間川流域の古墳
 ■ 草加市谷塚古墳群探訪

旧入間川の下流部・現在の毛長川流域の古墳は、その立地によって、下流部左岸自然堤防上の草加市谷塚古墳群、中〜下流部右岸自然堤防上の足立区伊興古墳群、上流部左岸・台地際の鳩ヶ谷〜川口市新郷古墳群の3つに大別される。この内、新郷古墳群と伊興古墳群は発掘調査によって検出された遺構や、表採されたり、伝えられてきた遺物等からある程度、群を構成した古墳の内容について伺い知ることが出来るが、谷塚古墳群に関しては発掘調査で確認されたのは蜻蛉古墳一基のみで、他に表採されたり、伝えられてきた埴輪や副葬品類はなく、ただ『新編武蔵風土記稿』のような古記録から、かつては多くの古墳が存在したらしいと推定されているに過ぎない。
勿論、新郷や伊興の古墳群についても、古記録等から推測される古墳の数に比べれば、遺構や遺物によってその内容を多少なりとも伺い知ることが出来る古墳の数は大変少ないのであるが、こうした傾向が一番顕著なのが谷塚古墳群であると言えよう。

しかも谷塚古墳群も、他の群の例に漏れず、古墳や古墳と推定される塚の殆どは未調査のまま削平されてしまい、今となってはその塚跡の正確な所在地も良く分からなくなってしまっている。当サイトの谷塚古墳群の項に跡地写真がないのはその為であり、今でも色々と調べてはいるのだが、中々場所を特定できないでいる。しかし、こうした塚の全てが削平されてしまったかというとそうでもないらしく、『草加市史 通史編上巻』(草加市史編纂委員会 1997)には次のような記述がある。

本市内では氷川町に御殿稲荷古墳とよばれる小さな塚が近年まで存在し、また、毛長川の自然堤防上にも古墳と思われる塚が現在も一基残っているが、それらは未だ古墳と確認されたわけではなかった。

また、『草加の歴史』(草加市教育委員会 1963)には、

谷塚という名の意味を考えてみると、谷は低湿地を意味するので、水田をつくるのに適していたこの地にムラがつくられ、ムラの豪族ほどではないにしても、有力な人々が多くの塚をつくったのであろう。この地区には、現在塚らしいものはほとんどみられず、瀬崎町に小さな塚が1つ残っているのみである。もっと詳しく調査すれば塚のあとらしいものもないわけではないが、塚といえるものは、江戸末期のころまでに掘りくずされてなくなってしまった。

と記されている。『草加市史』で「一基残っている」とされているので、恐らくこの瀬崎町の塚は同じものを指しているのだろう。従って、瀬崎町には1997年の時点ではまだ古墳らしい塚が一基残っていたことになり、これは現存する可能性が高い。そこで最近はこの現存するらしい塚の所在地等について調べを進めているのであるが、机上の調査では中々埒が開かないので、直接現地に赴いて地元の人に聞いてみるのが早道であろうと思い、出かけてみることにした。また、調査の過程で知り得た他の「古墳かも知れない物件」も合わせて巡ってみた。

草加市は鳩ヶ谷から直線距離で10kmあるかないかと、至近距離と言っても差し支えない場所である。車なら30分とかからないが、駐車場が駅前にも余りないような所なので、路駐取締りが厳しい昨今、これはちょっとリスキーである。ベストは自転車なのだが、我が愛車のタイヤはボロボロで、現在乗用に耐えない状態である。タイヤを交換したい所なのだが、26×2×1+1/2というちょっと特殊なサイズのタイヤ故、未だに入手できないでいるのだ。


我が愛車「瑞典号」
スウェーデン製のオフロード車で、ペダルを反転させてブレーキをかけるタイプなので、慣れると両手がフリーになって便利。クソ重い代わりに頑丈で、フレームは一生物なのだが、タイヤのサイズが特殊過ぎるというのは盲点であった。リアカー用のタイヤが代用できるらしいので、一度試してみるつもり。

自転車が使えないとなると、バスか電車ということになる。
目的地の瀬崎町は東武伊勢崎線谷塚駅の東口一帯なのだが、鳩ヶ谷から谷塚駅行きのバスは出ていない。
一駅北側の草加駅行きならあるが、本数が少なく、1本逃すと時間帯によっては1時間程待たねばならないのが難である。
電車はその点、本数は十分なのだが、埼玉高速鉄道線で東川口駅→JR武蔵野線で南越谷→東武伊勢崎線で谷塚駅と、大きく迂回するルートとなり、直線距離で10kmもないような場所へ行くのに2回も乗り換えねばならない理不尽さである。運賃も計 610円と、JRなら相当遠く迄行けそうな額をたかだか「隣の隣の市」に行くのに支払わねばならないのだ。
そこで、事前にバスの時刻表を調べておいて、バスで草加駅迄行くことにしたのだが、見事に寝坊してしまった。
結局、計610円を支払って、昼過ぎに谷塚駅東口に降り立ったのであった。

最初の目的地は浅間神社である。
実は瀬崎には以前一度足を運んだことがあり、「塚」について地元の人に聞いてみたことがあるのだが、その時教えられたのがここである。確かに小高くなった所に社殿が建てられているが、市史がいう塚とは別物であろう。


瀬崎町の鎮守・浅間神社

道路と比べてみても小高くなっている。これは社殿築造時の盛り土ではなく、草加市HP等によると元々小高くなっていた丘の上に社殿を建てたと推定されているようだ。浅間神社の性格からして、富士山を連想させるような丘の上をその鎮座地として選ぶのは当然なので、やはり元々小高くなっていた土地であると考えて間違いなかろう。
社殿裏(西側)から

毛長川沿岸の自然堤防上であり、元々小高くなっていたとなると自然地形とは考えにくく、社殿築造時に盛ったものではないとしても人工の土盛りである可能性が高い。この社地の東南方には『新編武蔵風土記稿』に刀や曲玉、人骨の出土が記録されている「加賀屋敷」の古塚跡地と推定されている場所があり、これを考えるとこの社殿の土台も古墳である可能性があるかも知れない。
社殿裏の富士塚

社殿裏には、ひょうたん池を埋め立てた広場を挟んで富士塚が築かれている。溶岩等を用いた登山可の富士塚で、十条富士を小さくしたような雰囲気である。この富士塚も周囲よりも小高くなっている土地の中央部分に建てられており、円墳を崩した跡に建てられたように見えなくもない。

浅間神社とその周辺にて、土地の人にこの界隈の「塚」について聞いてみたが、富士塚以外の情報は得られず。どうもこの辺で「塚」と言えば、この富士塚以外には思い当たるものはないようである。もしかして市史のいう塚とはこの富士塚のことなのであろうか? 今回は他の塚を見に行くことにしているので寄っている時間はないのだが、やはり一度、図書館か郷土資料館に行って聞いてみるのが確実そうである。

瀬崎の塚については、今度郷土資料館で聞いてみるとして、本日はこれまでの調査で知り得たもう一つの塚状物件を見に行ってみることにする。谷塚駅を挟んだ反対側、谷塚駅西口の北西1.5km程の所に「兎田」という所があるのだが、『埼玉ふるさと散歩<草加市>』(中島清治著 さきたま出版会 1994)によれば、

この県道川口・草加線を越えて草加南高校に突き当たり、北東方面にクランク状に約四〇〇メートルほど道なりに進むと、稲荷神社がある。通称うさぎ田稲荷と呼んでいる。昔、この辺りに野兎がいたという説と、旧谷塚村の飛び地であるという地理的な観点からの二説がある。見事な朱塗りの木造両部鳥居をくぐり、正面の石段を上る。社殿は約1.5メートルの円墳の上に建てられている。人工的に造られたものか、往古の塚の跡かは定かではない。(同書P119)

と、いかにも怪しげな神社があるそうである。グーグルアースで該当地点を見てみると、今でも田か畑の中にポツンと円墳状の地形がみてとれ、現存していることを確認できた。毛長川左岸の自然堤防上という立地だが、流路からは1km程離れているので水害対策の盛土とも思えず、古墳流用の期待が膨らむ物件である。


兎田稲荷神社

畑の中にポツリと盛り上がったいかにもな雰囲気の場所である。
大きさは径15m程度と余り大きくはなく、高さもないので低平な印象で、北区の四本木稲荷古墳や板橋区の小豆沢観音塚古墳を彷彿とさせる。
木の生えっぷりからして、最近盛られたものではないことは明らかだが、これだけ周囲が耕作されていたり、墳頂部を削平して社殿を建てていると思われる割に、特に古墳関係の出土品が知られていない点が弱い。
正面から見た兎田稲荷

鳥居が『埼玉ふるさと散歩』の記述と異なるので、1994年以降にリニューアルされたようである。尚、この神社は『新編武蔵風土記稿』に記載はあるが、特に塚上にあるとは書かれていないので、それ以後に盛土されたとも考えられる。

稲荷社のすぐ西隣には最近建てられたと思われる住宅が迫っているが、この建設にあたっても特に遺物が出なかったとなると、古墳ではないのかも知れないが、建設に先立って発掘調査が行われたかどうかは不明である。この点も次回郷土資料館で確認してみたいと思うが、見た目や立地からすると非常に怪しげな物件である。

草加市内にはこの他にも、雷神様、まるぼっち、塞塚(狐塚)といった塚や塚状の地形があったそうである。
雷神様は毛長川流域であるが、まるぼっちや塞塚は綾瀬川や中川流域であり、もしかしたらその方面にも古墳が築造されていた可能性がある。特にまるぼっちには「丸木舟が埋まっている」という伝説があるのが興味深い。草加市金明町の綾瀬川からは縄文時代の丸木舟が見つかっているのだが、縄文時代からの伝承とも思えず、一度掘り出した丸木舟を再び埋めたというような事が過去にあったのかも知れない。また、まるぼっちが塚状の場所であったということを考えれば、古墳の舟型木棺であった可能性も考えられるように思う。
塞塚には「狐の嫁入り」伝説があり、横穴式石室を持つ古墳に「狐塚」の名称や狐に関する伝説が多く見られることから、これも同様の古墳であったかも知れない。
これらも場所の特定が出来次第、跡地を見に出かけてみたい。

投稿時間 : 19:34 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月03日 旧入間川流域の古墳
 ■ 植水古墳群再訪

数年前、レンズキャップを嵌めたまま撮り続けるという、初心者でも滅多に犯さないような恐ろしいミスで写真を撮り損なった、さいたま市西区の植水古墳群を再訪してきた。
今回は同じ愚を犯さない為、デジカメで液晶画面を見ながらの撮影とした。
慣れないため、レリーズを切ってからのタイムラグや、レンズが繰り出される迄の待ち時間、オートフォーカス等にイライラさせられる事にはなったが、確実に撮れていることは確認できるので、その点は安心できる。

植水古墳群は毛長川流域から旧入間川筋を遡り、大久保古墳群や側ヶ谷戸古墳群が所在する、現在の鴨川筋から旧入間川流路跡が西に分岐する付近の台地上に展開する古墳群で、5世紀後半頃から築造が開始され、6〜7世紀台の円墳を中心とする古墳群である。

この植水古墳群が展開する佐知川〜水判土の台地は、我が家の墓地がある霊園から徒歩数分の距離にある。今回も墓参のついでに、家族が温泉施設に行っている時間を利用しての探訪である。

まずは、ファミマの角を曲がってスグの所にある原稲荷古墳である。境内の石碑の碑文を読むと、「柳原稲荷」とも呼ばれているらしい。その名の通り、墳丘上には原稲荷神社の社殿が乗っており、道路地図等に出ている場合も多いので見つけ易い。

残存径40mの、この界隈では大型の円墳であるが、高さはそれ程なく、東京都北区の四本木稲荷古墳や、板橋区の小豆沢観音塚古墳に近い雰囲気である。ただ、墳丘の北から東側は、参道がある南側よりも土地が低くなっており、こちらから見るとそれなりの高さがあるように見える。元々ちょっとした斜面を利用して築造されたのかも知れない。

未調査であるが、墳丘やその周辺から埴輪が見つかっていないことから、埴輪消滅後の7世紀台の古墳ではないかと考えられている。また、過去には石室石材が見つかったことがあるようで、横穴式石室を埋葬主体としていることが推定されているようである。
尚、この古墳の南側30mの地点(境内入口前の宅地)から植水1号墳が発掘により確認されているが、この古墳も埴輪消滅後の横穴式石室を有する古墳である。

続いて、原稲荷古墳の東南の住宅街の中にある小山稲荷古墳を目指す。
原稲荷と小山稲荷の間からは植水2号〜8号の7基の古墳跡が検出されているが、墳丘が残存しているものはない。

小山稲荷古墳もその名の通り、墳頂に稲荷社を載せているが、原稲荷と比べるとずっと小規模である。
以前はもっと古墳っぽい(ただの小山っぽい)外観だったのだが、どうも最近になって大幅にリニューアルされたらしく、墳頂部もコンクリで整形され、階段も整備されて、すっかり小奇麗な神社に変身していた。社殿も何かレンガ積っぽい洋風な感じなものになっており、横から見た時は民家になってしまったのかと思ってしまった。

側面は以前からブロック塀でガードされていたが、壁際から生えている木が伐採され、「古墳断面をブロック塀で塞いでみました」感がなくなり、普通の民家のブロック塀っぽくなっていた。
この地形から推察するに、どうも残っているのは墳丘の左半分程度であるようだ。
従って、もし石室があるのなら、その存在が知られていそうなものだが、特に石材が出たという話しがない所を見ると、主体部は木棺直葬だったのかも知れない。上述の植水2〜8号の内、2号と3号が木棺直葬であり、5世紀末〜6世紀初頭の築造と推定されている。或は小山稲荷古墳もこれらと同時期のものなのかも知れない。

植水古墳群で、ある程度墳丘が残っているのは以上の2基であるが、小山稲荷の東にある慈眼寺の周辺にもかつては慈眼寺脇、慈眼寺裏の2基の円墳が存在していたようである。

慈眼寺は写真のように、広い境内を持つ大きな寺院である。
江戸時代には、仁王門の脇に、人魚の肉を食べて不老長寿の身となった八百比丘尼が植えた榎の木の切り株があり、その傍の地中から石櫃と共に地蔵が出てきたことがあるそうだ。周辺の状況からみて、古墳の石室とも考えられるが、今となっては不明と言わざるを得ない。ただ、今でも仁王門の脇は築山っぽくなっており、もしかすると、これは古墳の残骸を流用したものなのかも知れない。

本当は石櫃や地蔵についても、境内に現存するのか探してみたかったが、家族を待たせていることもあり、本日はここ迄で断念。山王塚や浅間塚等の他の古墳跡と併せて、次回探訪時のお楽しみとしてとっておくことにする。

投稿時間 : 23:54 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1