旧入間川流域の遺跡 アーカイブ

|記録帳TOP|


2007年01月31日 旧入間川流域の遺跡
 ■ 伊興経塚出土星兜鉢

大谷田の足立区郷土資料館には、伊興の応現寺境内の経塚から出土した星兜鉢のレプリカが展示されている。
実物は上野の東京国立博物館にあるそうだ。
先日、伊興遺跡公園に出かけた際、実物の写真が展示してあったので、撮影してみた。

手元にある足立史談会の郷土史本、『足立区史跡散歩』『足立区の歴史』によれば、これは5世紀頃の古墳時代の兜をベースとして、中世に改造が行われたもので、これ一つで古代〜中世に至る兜の変遷が分かるという代物であるらしいが、本当だろうか?

確かに鉢の形状は衝角付胄っぽいが、胄には詳しくないので、良く分からない。
鋲の打ち方は明らかに平安以降の形式なので、仮にこれが古墳時代の胄を流用したものだとしても、相当な改造が施されているようだが、本当に古墳時代の物を流用したのだとしたら、大変興味深いアイテムである。

ベースとなった胄は、伊興周辺の古墳から出土したものなのだろうか?
それとも、古墳に副葬されずに、伝世していたものを流用したのだろうか?
その場合、地元で伝世していたのか、他所から持ってきたのかも気になる所である。

投稿時間 : 12:58 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1