武蔵国造の墓 アーカイブ

|記録帳TOP|


2009年01月17日 隅田川流域の古墳
 ■ 赤羽台 ミタマ古墳

体調を崩して先週来板橋区内の病院に入院している父を見舞うついでに、通り道上にあたる、赤羽台の古墳跡を巡ってみることにした。

赤羽台上にはかつて相当数の古墳が存在していたらしいが、現在では星美学園敷地内の一基を除いてほぼ全滅してしまっている。東京都遺跡地図上では大塚古墳が現存扱いになっているが、これは間違いで、実際は建物の下敷きになって消滅している。
一方、同地図上では消滅扱いになっているミタマ古墳は、僅かにそれと分かるマウンドが残っており、タマに北区の公報等で紹介されたりしているので、アテにならない。これは他の地区でも同様であるので、消滅扱いになっていても、一応は現地へ行ってみた方が良いと思う(現存扱いなのに跡形も無いこともあるけど)。
で、まずはそのミタマ古墳跡を見学。

東から。
赤羽台団地の建物に囲まれた中庭風な場所の中に、ミタマ古墳跡はある。
現地へ行ってみると、柵で囲われたマウンドが残っていた。説明板の類は一切ないが、東京都遺跡地図上でプロットされている場所とも一致しているし、柵で立入を制限していることからも、これがミタマ古墳跡と見て間違い無いだろう。

西から。
柵の中は全体的に小高くなっているが、その中央部に更に一段高くなっている、円形の盛り土が見られた。これが元々の古墳に伴う地形なのか、団地造成に伴って加工された結果なのかは不明。

その中央部分には、写真のような石材があった。
東京都遺跡台帳のミタマ古墳の項目には、「石棺?」の表記があるので、石棺乃至は石室材の一部が露呈しているのだろうか? それともタダの庭石?

iPhoneのMapで確認。
探訪に当たって、遺跡地図から周辺の古墳跡の位置を事前にプロットしておいた。こうしておけば、現地で道に迷うこともなく、便利。
上空から見ると、この場所は、特に何かがある訳でもないのに柵で囲われて立入制限されている、怪しい一角であることが分かる。

ミタマ古墳跡に続き、近くの天王塚古墳跡、大塚古墳跡と巡る予定であったが、息子が「トイレ〜!」と騒ぎ出したので、急遽トイレを探す旅に出ることに......
結局この団地界隈では見つからずに、車で赤羽駅まで移動。時間の都合もあり、他の古墳跡の見学は断念した。
また出直すこととしよう。

尚、今回は昨日のエントリーで書いたように、現場からiPhoneを使ってのブログの更新と、撮影した写真のアップロードにトライしてみた。早速友人から「お前、ホントに古墳好きだよな」とメールが入ったので、無事成功したようだ。
今後も現場で撮影した写真は、適宜、

http://gallery.me.com/balkenschroeter/100044

にアップロードする予定。

投稿時間 : 14:41 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト

2009年01月02日 埼玉県の古墳
 ■ 初詣は前玉神社

埼玉県民たる者、初詣は埼玉地名発祥の地である行田市埼玉の前玉神社に行くべきである。
というのは嘘で(笑)、ここ数年の新築マンションラッシュで人口が増えたせいなのか、年々参拝者の列が伸びて行く地元の神社の混みように負けて、1月1日の参拝を断念。本日、妻の実家のある深谷へ行くついでに、前玉神社で初詣を済ませることにした。

前玉神社の駐車場は混んでいると予想し、さきたま古墳公園の駐車場に駐車。
前玉神社は埼玉古墳群を構成する古墳の一つである、浅間塚古墳上に鎮座している。

駐車場の目の前は、群中最小、全長53mの前方後円墳である愛宕山古墳。
ただ、この古墳の北東に所在した天祥寺古墳も同程度の大きさの前方後円墳であった可能性があるらしい。

iPhoneのMapで確認。
天祥寺古墳はその名の通り、画面右上の天祥寺のあたりにあったらしい。
発掘調査で周堀の一部と埴輪片が出土しており、その中に4条突帯の大型円筒埴輪が含まれていたことから、前方後円墳説が提唱さている。

愛宕山古墳の後円部を掠めて東に進むと武蔵国最大、全長138mの二子山古墳がその雄姿を現す。

墳形は日本最大の仁徳天皇陵(大仙陵古墳)の相似形である。
周堀は釣鐘型に復元されているが、実際は長方形の二重周溝である。
航空写真を見ると本来の周堀の形が黒っぽく現れている。

二子山古墳の前方部端を掠めて東に進むと、前玉神社の参道が見えてくる。
3つの鳥居を潜ると背の高い墳丘上に鎮座している社殿が現れる。

前玉神社が鎮座する浅間塚古墳は、その名の通り富士塚として改築されており、かなり昔から古墳なのか、ただの塚なのか分からなくなっていたらしい。戦後の発掘調査で周堀が確認され、径50mの円墳と確認された。埴輪は確認されず、前方後円墳造営終了後の7世紀前半頃の築造と考えられている。

墳頂に鎮座する前玉神社社殿。
浅間塚の名の由来になった浅間神社は墳丘の中腹に鎮座している。
墳頂に至る傾斜はかなり急で、これは富士塚として改変されたためであると思われる。

参拝を済ませ、墳頂から周囲を見渡してみる。
樹木が生い茂っているため、見晴らしは良くない。
墳丘裾には神池が設けられていた。周堀跡を利用したものであろうか?

墳丘上でMap起動。
径50mは県内の円墳としてはかなり大きい方だが、国内最大・径105mの大円墳である丸墓山古墳がすぐそばに所在するため、古墳としての存在感はイマイチ薄く、「さきたま」の名を冠した神社としての方が有名である。
私の世代だと、小学校〜高校で1〜2回は学校行事で古墳見学と合わせて参拝に訪れた、埼玉県民のメッカとでも言うべき場所である。

墳丘裾にある明治神社の脇を西に進むと、目に前に群中3番目の規模を誇る、全長109mの前方後円墳である鉄砲山古墳が現れる。写真左が前方部で右が後円部。

鉄砲山古墳の前方部越しに、全長70mの前方後円墳、奥の山古墳の後円部が見える。

MAPで確認。
鉄砲山、奥の山共に墳丘の保存状態は良い。前方部を完全に削られてしまった稲荷山古墳や、魚の3枚おろしのような姿になってしまった将軍山古墳(いずれも近年復元された)等の、県道北側の前方後円墳とは対照的である。画像左下にちらっと見えているのが奥の山古墳の後円部。

再び二子山古墳の前を通って、駐車場へ。
次回は地蔵塚古墳や、小見真観寺古墳、真名板高山古墳あたりを巡ってみようと思う。

この後、妻の実家にて撮影したデータをMSI Wind U100のiPhotoで吸上げ、GIMPベースの軽量レタッチソフト・Seashoreでリサイズ&補正。
画面は1024x600とやや小さいが、ちょっとした画像の加工程度であれば問題なく使えて便利だ。

投稿時間 : 11:16 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月17日 武蔵国造の墓
 ■ 芝丸山古墳

埼玉や東京には幾つか、武蔵国造の墓であるという伝承を持つ古墳がある。
しかし、その多くは伝えられる人物が活躍したとされる年代と古墳の築造年代との間に開きがある。
その点、この芝丸山古墳は被葬者(あくまでも伝承上のだが)と築造年代とが比較的合致する珍しい古墳である。

芝丸山古墳は東京湾を東に望む芝の台地上に所在し、主軸長106〜125m(諸説ある)で、後者の値をとれば東京都内最大だし、武蔵国全体でみても2位となる大型前方後円墳である。前者の値をとったとしても武蔵国屈指の大前方後円墳であることに代わりはない。
江戸時代から現代にかけて、墳丘が大きく加工されており、元々の墳形の推定が困難になっているため、築造年代はこれまで、4世紀〜6世紀初頭迄諸説唱えられてきたが、

 1.埴輪が無い
 2.削られたにしても後円部より前方部が低い
 3.前方部端が若干撥型に開く可能性がある
 4.台地縁辺の非常に目立つ箇所に立地している

といった点から、最近では4世紀台築造の、武蔵国最古級の前方後円墳であろうという見解が有力になってきている。
これまで、武蔵国最古の前方後円墳は西南方約10Kmの多摩川岸に所在する、田園調布の宝來山古墳(97m)とされてきたが、或るいはこれに先立つのではないかとも考えられるようになってきている。
そして、この古墳の被葬者は、初代の无邪志国造・兄多毛比命であるとされているのである。

「无邪志」とは、武蔵国がまだ、「无邪志」「胸刺」「知知夫」の3つに分かれていた頃の国の一つであり、厳密に言えば兄多毛比命は武蔵国造ではないのだが、最終的に无邪志が中心となって統一を果たしたと考えられているので、後の武蔵国造の直系の先祖であると言えよう。
武蔵国最古級の大型前方後円墳の被葬者として、これ程ふさわしい人物があるだろうか?

芝丸山古墳東側側面

左が前方部で、右が後円部。
前方部が一段低い様を見てとれる。

兄多毛比命が无邪志国造となった事は、『先代旧事本紀』という平安時代初期の書物の「国造本紀」という巻に記されており、そこには後に武蔵国となる、胸刺と知知夫の初代国造の名も記されている。それによれば、知知夫国造は思金神の十世の孫・知知夫彦命が任ぜられ、胸刺国造には兄多毛比命の子・伊狭知直(いさちのあたえ)が任ぜられたとある。
任じられた時期は、胸刺国造の任命時期は記されていないが、知知夫国造は瑞籬朝御世(崇神朝)、无邪志国造は志賀高穴穂朝世(成務朝)とある。胸刺国造は无邪志国造の子とあるから、順番としては、

 知知夫国造−无邪志国造−胸刺国造

となろう。
また、それぞれの領域は、无邪志が足立郡と埼玉郡、知知夫が現在の秩父から埼玉県本庄市あたりにかけての領域で、胸刺は多摩川流域に比定する説が根強い。
それぞれの領域内の古墳の様相を見てみると、3系統の国造の内、血縁関係にない知知夫国造領域には古式の前方後円墳が存在していないし、无邪志の領域と考えられる足立郡、胸刺の領域と考えられる荏原郡や橘樹郡には共に古式の前方後円墳が所在していることから、大きく見れば2つの系統に分けることが出来、国造本紀の記事との対応関係が伺える。
特に興味深いのは胸刺国造の本拠地と考えられる多摩川流域の田園調布には、芝丸山古墳と同じかやや新しいと考えられる、宝來山古墳(97m)が所在している点で、これは无邪志国造と胸刺国造の任命時期と合致しているように思える。
こうした古墳の様相からしても、芝丸山を兄多毛比の墓とする伝承には、それなりの説得力があるのだ。

もし、東京湾岸の芝丸山が最古の前方後円墳とする説が正しければ、早い段階で前方後円墳を築造した勢力が最初に拠点としたのは、港区の芝のあたりで、そこを拠点として多摩川を遡上した勢力が胸刺国造となったという経緯を想定することが出来る。埼玉や東京の古墳時代初期の集落遺構からは西東海系の土器が見つかることが多いが、その分布は東京湾岸を中心とし、主要河川沿いに拡散する傾向があり、この地方の古墳文化の伝播のルートしては、内陸よりも太平洋岸を伝うルートがより強く想定され、芝丸山→宝來山という推定を補強する。

さて、多摩川流域に拠点を置いた勢力は、宝来山に続いて亀甲山(107m、4C後半)→野毛大塚(82m、5C初頭)と大型首長墓を造っていくのであるが、これが胸刺国造のものだとするならば、无邪志国造の墓は芝丸山以後、一体どこに造られたのであろうか?
東京湾岸から多摩川を遡上したのが胸刺だとするならば、无邪志の勢力は芝丸山の後、旧入間川を遡上して、その流域に拠点を移したのではないかと私は思う。多摩川流域のものよりは規模の面では劣るものの、旧入間川の下流部・現在の毛長川流域には亀甲山とほぼ同時期と考えられる川口市高稲荷古墳(75m)があり、調査前に消滅したので詳細は不明だが、鳩ヶ谷市仙元祠古墳もその外観から古式前方後円墳である可能性が指摘されている。更に旧入間川を遡上した、東松山市内にも諏訪山35号墳(61m)が所在しており、无邪志勢力は旧入間川流域の開発に取り組んだのではないかと思われるのである。墳丘規模が多摩川流域に及ばないのは、地理的に上流部の東松山と下流部の鳩ヶ谷&川口とかなり距離を隔てて2つの首長墓系列に分かれてしまったからかも知れない。また、立地条件からすると、芝丸山の東北方に所在する上野の摺鉢山にも古式前方後円墳である可能性が残る。他にそれらしい古墳が見当たらない以上、これらの前方後円墳が芝丸山に続く、无邪志国造の墓なのではないだろうか?

芝丸山古墳後円部頂

後円部径64mと、武蔵国屈指の規模を誇るだけに、非常に広々としいる。
但し、墳頂部は削られており、ほぼ真っ平らに均されている。
中央部分には「瓢型古墳」と刻まれたストーンサークル状の記念碑が鎮座していた。
後円部から前方部

前方部頂も削られているが、共に削られても尚後円部よりも低くなっているということは、元々前方部が低い古式前方後円墳であることを伺わせる。 また、後世の掘削等により、前方部端が不明瞭になったため、主軸長には106m〜125mまで諸説あるが、100mを超える大型前方後円墳であることを実感できる距離感である。規模的には埼玉古墳群の稲荷山古墳が120mと近いが、あちらは最近前方部が「復元」されたものであるのに対し、こちらは削られているとはいえオリジナルであり、ポイントが高い。樹木が多くて見通しが悪いのがちょっと残念。
前方部から後円部

後円部との比高と、くびれ部の様子を見てとれる。
前方部端側の階段脇の石垣の中に、一カ所だけ房州石が使われている箇所があった。
公園化の際に積まれたものであることは明白であるが、芝公園内には他にも十数基の円墳が所在していたことが知られ、これらは埴輪を持つ6世紀台のものであったそうなので、もしかしたら石室材を流用したものでは? 等とつい想像してしまう。

投稿時間 : 17:34 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月02日 武蔵国造の墓
 ■ さきたま古墳群1

埼玉県民の遠足のメッカ、行田のさきたま古墳群。
小学校、中学校、子供会、地元自治会の旅行、そして長じてからは趣味でと、果たして今迄何回行ったことだろうか。
まあ、人にもよるだろうが、私なんかは不思議と何回行っても飽きることがない。
特に地元の古墳跡や古墳カスのようなものを見続けていると、タマには問答無用な立派な古墳を見たいという欲求が募ってくる。そんな時にここを訪れると、非常に晴れやかな気分になれるのだ。

さきたま古墳群は8基の大型前方後円墳を中心とした、武蔵国最大の古墳群で、『日本書紀』の安閑紀に出てくる武蔵国造・笠原直使主の拠点と推定されている、鴻巣市笠原からも近く、国造一族の墓所ではないかと言われている。
5世紀末頃に突如として、全長120mの稲荷山古墳が築かれたのがその始まりであるが、数年前から行われていた、その稲荷山古墳の削られた前方部の復元作業が終わったと聞き、八幡山古墳とあわせて昨年10/22にチェックしてきた。

駐車場の脇にある、群中最小の前方後円墳・愛宕山古墳(53m)の後円部裾でウサギを見かけた。
飼われていた風ではないので、野兎だろうと思うのだが、こんな所に兎がいるとは知らなかった。
行く度に新たな発見がある。
無事前方部が復元された稲荷山古墳。
この古墳を造った人達も、まさか1500年後に壊されたり、国費で造り直されたりされるとは考えてもいなかったことだろう。
稲荷山古墳を別角度から。
以前は前方部の平面形が再現されているだけで、ただの円墳っぽい状態だったのが、名実共に前方後円墳として復活を遂げた。こういう「復元」の仕方には賛否両論があるし、稲荷山の場合、前方部端が剣菱形だったのかどうかという問題があるのだが、少なくとも後円丘のみという姿よりは築造当初のプランに近い訳で、既に粗方の発掘調査を終えたという状況を考えれば、私は今の姿の方がモアベターだと思う。
武蔵国最大の前方後円墳・二子山古墳(138m)。
稲荷山の次に築造されたと推定される古墳で、その規模からしても武蔵を統一した武蔵国造の墓であると考えられる。

さきたま古墳群を世界遺産にしようという趣旨の横断幕が見えるが、それはいくら何でも無理なんじゃなかろうか?
県内最大どころか、日本最大の円墳・丸墓山古墳(102m)。
主要な大型古墳の中で、何故かこれだけ円墳で、更にこれだけ葺石が施されているのは何故だろうか?
以前は群中で最初に築造されたのでは、と考えられていたが、最近は二子山の次ということで落ち着きつつあるようだ。

聖徳太子の近臣・蘇我調子丸の墓という伝承があるが、築造年代からするとそれはなさそうだ。
『新編武蔵風土記稿』では、付近の寺の山号「国王山」から、上代の国主の墓かも知れないとしている。
全長約80mの瓦塚古墳は、一面セイタカアワダチソウに覆われていた。
「自然遺産」ではないから問題ないのかも知れないが、こういう外来植物に覆われた状態で世界遺産登録を目指すというのもいかがなものかという気はする。もっとも、元々葺石のない古墳だから、一度除草して整備したとしても、放っておけば数年で元の木阿弥だろうから、その辺のメンテナンスは大変そうである。

投稿時間 : 22:00 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

 ■ 行田・八幡山古墳

今年の古墳見学のテーマの一つとして、埼玉や東京に幾つか存在している「武蔵国造の墓」と言い伝えられている古墳を巡ろうと考えている。
最初は昨年10/22に訪問した、行田の八幡山古墳。
聖徳太子の舎人で、武蔵国造に任じられた物部連兄麻呂の墓と伝えられる、径80mの大型円墳である。県内の円墳としては、丸墓山、胄山に次ぐ第3の規模を有しているが、墳丘は削られ、巨大な石室(復元)が露出している。

受付でノートに記帳し、おばちゃんから「上に登ると景色がいいよ」というアドバイスと共に、懐中電灯とパンフを手渡されて、いざ見学開始。
石室は3室からなる複室構造で、全長約17m。奈良の石舞台には2m程及ばないが、「関東の石舞台」の名に恥じぬスケールである。

前室入口から玄室を望む。
前室の奥というか、中室入口脇には2基の石塔が立っている。
羨門には賽銭箱が置かれており、墳名の由来である八幡社が祀られていた名残りが見受けられる。

この石室は『新編武蔵風土記稿』の記事にも見えるので、既に江戸時代には一部露出していたらしい。
また、現状は石材を大分補って復元されたものなので、古墳オリジナルの遺存度としては毛長川や隅田川界隈の、私が「古墳カス」と呼んでいる物件と大差はないのだが、同じ古墳カスでも大古墳のそれは、残りカスのクセに物凄い存在感である。
玄室は北武蔵特有の胴張りのある両袖式で、地元臭プンプンである。
一方、棺は畿内で皇族やそれに準ずる高貴な身分の人物に用いられた夾紵棺という、絹布を漆で何重にも重ねて塗り固めた特殊な棺形式であり、国造墓の伝承に相応しい内容となっている。

また、壁は色とりどりの岩を巧みに切り出して積み上げられており、表面も整えられて、モザイク調の美しい仕上がりとなっている。
玄室から入口を望む。

『古事記』のイザナギが黄泉国から逃げ帰ってくる段は、横穴式石室のイメージが投影されて形成されたものとされているが、確かにこうして入口の光を見ていると、あの世からこの世を見つめているような気分になる。
おばちゃんの勧めを無視するのも悪いので、一応石室の上に登ろうと試みるものの、高所恐怖症の私にはこれが限界。確かに上に登れば眺めは良いのかも知れないが、現代の技術で復元されているとは言え、古墳時代の遺構の上に積み直されているという点に、足元が崩れるのではないかという恐怖感を感じずにはいられない。まがりなりにも千数百年持ってきた訳だから、古墳人の技術を信用しない訳ではないのだが、やはり怖いものは怖い。

投稿時間 : 07:17 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1