太日川流域の古墳 アーカイブ

|記録帳TOP|


2007年12月22日 東京都の古墳
 ■ 葛飾区&江戸川区探訪
東京都遺跡地図には、古墳の他にも「塚」が数多くプロットされている。勿論その大部分は中世〜近世にかけて造られた経塚や富士塚等であるが、中には「性格不詳」「時期不詳」と良く分からないものや、名前だけ「◯◯塚古墳」と古墳である可能性を臭わせている塚もある。要するに、コレと言った遺物が知られていない上に未調査のため、古墳なのか別の目的で造られた塚なのかハッキリしない物件なのである。

先週迄とはうってかわって朝からどんよりとした曇天であったが、本日はそうした「塚」の内、葛飾区と江戸川区に残る古墳の可能性がありそうな物件を巡ってみた。

●鹿見塚

車で環七を飛ばし、京葉道路を左折。まずは江戸川区の篠崎公園のそばにある、同区鹿骨3丁目の鹿見塚へ。
この鹿見塚はこのあたりの地名である「鹿骨」の起源となった場所で、古くから地元では「古墳ではないか?」と言われているそうである。

現在、隣の葛飾区内からは、柴又と立石からそれぞれ古墳跡が見つかっている。葛飾区〜江戸川区は、奈良時代の「下総國葛飾郡大嶋郷戸籍」で知られる大嶋郷に比定されている。大嶋郷は「嶋俣里」「仲村里」「甲和里」の3つの里から構成されており、それぞれ、葛飾区柴又周辺、葛飾区立石〜奥戸周辺、江戸川区小岩周辺にあたるのではないかと考えられているのだが、つまり、今の所、嶋俣里と仲村里の範囲からは、古墳が見つかっているのに対し、甲和里からは見つかっていないということになる。
江戸川区内からも上小岩遺跡をはじめ、古墳時代の集落遺構が幾つか発見されている。柴又や立石同様に、集落があるのであれば、古墳があってもおかしくはない訳で、そんな江戸川区において、最も古墳である可能性が濃厚なのが、この鹿見塚であると言えよう。
鹿見塚

現在塚上には鹿見塚神社が祀られているが、ご覧の通り、非常に小さな神社である。ただ、神社敷地に隣接する土地も元は塚の一部であったように思われるので、元々の規模はもっと大きかったのであろう。
塚の様子

塚と言っても削られたのか埋没しているのか、現状では高さは殆どないのだが、参道から社殿に向けて僅かに盛り上がっている。
鹿見塚碑

「鹿骨発祥の地鹿見塚」と彫られている。地元の有志によって建てられたようだ。
説明板

「この鹿見塚のあるあたりは昔から鹿骨発祥の地といわれている。伝説によるとこの地は昔戦国時代の頃、興亡のはげしい世の中を離れ、安住の地を求めて石井長勝・牧野一族・田島一族・中代一族および別系の石井一族が開拓し住みついた所といわれる。ある日のこと日頃尊崇している鹿島大神が、常陸の国から大和の奈良に向かう途中、大神の杖となっていた神鹿が急病でたおれたので、塚を築きねんごろに葬った所だと伝えられている。
昭和四十二年八月氏子中によって碑が建てられた。台座はコンクリート三段組で高さ九八・碑石は高さ八一・幅五二・厚さが一三(単位センチメートル)あり表面に「鹿骨発祥の地・鹿見塚」と刻まれている。鹿見塚神社は昭和四十八年に再建築されたものである。
昭和五十二年十一月 江戸川区教育委員会」とある。
塚上からの眺め

一番小高くなっている社殿裏手から外を眺めてみると、道路からそれなりに比高があることが分かる。
西から

社殿の裏手に向けて、徐々に高まっていっているのが分かる。社殿裏手あたりが元々のマウンドの頂上だとすると、マウンドの北側半分と西側がざっくり削られてしまっているようだ。
北から

神社敷地の東側も建物で削られており、現状は元々あった塚のごく一部が残されているに過ぎないことが分かる。

●半田稲荷神社

次は篠崎公園前から柴又街道を北上し、葛飾区東金町4丁目の半田稲荷神社へ向かう。
ここは遺跡地図で葛飾区の18番として登録されており、遺跡名は特につけられていないのだが、「低地微高地 塚? [中?]」となっている。塚なのかどうかもハッキリしない上、時代も中世のものなのかどうかハッキリはしていないようだ。

このように、今一つ掴みどころのない遺跡なのであるが、聞く所によると、境内には「狐穴」という横穴があるという。横穴式石室が「狐穴」と呼ばれることは良くある(実際に狐が巣をかけることが多かったのだろう)ので、柴又八幡神社古墳のように、石室の一部が露出しているのかもしれないと思い、足を運んでみた。
半田稲荷神社

東側に江戸川(太日川)を臨み、北側に水元公園(旧入間川流路跡)を臨むという立地で、古墳時代はこの2つの河川に北〜東〜南を囲まれた半島状の自然堤防上に立地している。尾張徳川家から庇護され、多くの歌舞伎役者が参拝していたことで知られている。
神泉跡

湧水は枯れているそうだが、遺構が境内に保存されていた。泉をとりまく柵には寄進者の名が刻まれており、市川団十郎や尾上菊五郎といった歌舞伎役者の名もある。
塚?

社殿左手の稲荷祠の左手から背後にかけてが盛り上がっており、この祠は塚を切り開いた跡に祀られているようにも見える。新宿区西早稲田の水稲荷神社裏手にある冨塚古墳と似たような雰囲気であった。
狐穴

稲荷祠へ続く参道の左手に、噂の狐穴があった。期待に反して溶岩等で比較的新しい時代に造られたもののようであった。元々富士塚でもあったのだろうか?
別角度から

塚上の薮から、今まさに飛び出してきたような狐の石像が可愛らしい。このあたりは溶岩を積み上げて造られているようで、富士塚跡地っぽい。
狐穴クローズアップ

ご覧のように溶岩を積み上げて造られており、古墳の石室跡ではないようだ。大きさも小さく、仔狐位しか出入りできそうにない。
稲荷祠

鳥居を潜り、祠の前に出ると大小様々なお狐様達がお出迎え。何となく楽しげな光景であった。葛飾区による説明板によると、祠の前の一対の狐は、狐の石像としては区内最古のものなのだそうだ。
稲荷祠左手の様子

ご覧のように塚跡のような地形になっている。狐穴は石室跡ではなかったものの、時期不詳の塚ということなので、もしかすると古墳跡なのかも知れない。ただ、これだけ削られている割には特に遺物は知られていないらしい。
稲荷祠右手の様子

稲荷祠の背後から右手、更に右手の社殿裏にかけて塚状の高まりが続いていた。塚の南側を削った跡に、社殿と稲荷祠を建てたような印象である。
塚状地形を裏手から

裏手(北側)は公園になっており、元々塚だったとすると、南側だけでなく、北側も削られていることになる。これだけ削られて、特に遺物が出ていないという点が古墳と見るには弱く、区としても「中世の塚か?」と推定するより他にないのだろう。

●三ツ池古墳

半田稲荷から国道6号を南下。古墳時代の集落跡が見つかっている新宿地区から左手の住宅地に入って暫く進むと、葛飾区の10番として遺跡地図にプロットされている、三ツ池古墳のある理昌院そばに出る。

この三ツ池古墳、古墳という名がついているものの、時代区分は奈良時代となっている。再終末期の古墳なのか?と思いきや、遺跡地図には古墳マークではなく、塚マークでプロットされている。要するに古墳とは言われているものの、付近からは奈良時代の遺物しか出ていないということのようだ。まあ、再終末期の古墳になると、火葬骨を骨蔵器に入れて埋葬するだけという形もあるので、もしかすると本当に8世紀代の古墳なのかも知れない。
理昌院墓地から該当地付近

地図には現存マークでプロットされているのだが、該当地は塀の向こうで、良く分からなかった。Google Earthで確認するとどうも建物の下敷きになっているっぽいのだが、多少なりとも残っているのだろうか?
聞明寺墓地から

隣接する聞明寺の墓地からも覗いてみたが、この場所から、上の写真で棕櫚の木が生えているあたりに向けて若干地形が高まっているような印象で、もしかすると聞明寺の裏庭(棕櫚の木のある所)に多少墳丘が残っていたりするのかも知れない。

●奥戸三丁目の塚

最後に立石様や南蔵院古墳、立石熊野神社古墳がある立石から中川(古利根川)を渡った対岸にあたる奥戸三丁目にある塚を見学する。
ここは遺跡名はついていないものの、葛飾区の23番遺跡「低地微高地 塚 [不]」として遺跡地図にもプロットされている。対岸に古墳跡があり、奥戸地区からは古墳時代の集落跡(鬼塚遺跡)が見つかっていることから、古墳である可能性も考えられる物件である。

ただ、古墳時代の集落跡が見つかった鬼塚遺跡内にある、一見円墳状の塚である鬼塚は、調査の結果中世塚であることが判明しており、これを考えるとこの塚も同種の中世塚である疑いも出てくる。
奥戸三丁目の塚

奥戸3−12の住宅地の最奥部に人目を避けるように佇んでいる。周囲は全て住宅で取り囲まれており、通りからその存在を見通すのは難しい。このブロックの中心部分がちょっとした広場状になっており、そこに建つ民家の裏手に円墳状の塚が残っていた。
目測で高さ1.8m程度、径10m程度の小型の円墳状である。民家敷地(写真左手〜手前)とマウンドの間が凹んでおり、周堀跡のようにも見えるのだが、民家敷地側を盛土したためにこうなっただけとも考えられる。
民家庭先にあった奇石

マウンド前に建っている民家の庭先に男根状の石がおかれていた。元々塚上かその前あたりに神社か何かがあった名残なのだろうか? この場所は住宅密集地のド真ん中に、ここだけぽっかりと空間があき、2軒の家がポツンと建っているだけというちょっと変わった雰囲気であり、塚があることからしても、神社跡地なのかも知れない。

江戸川区や葛飾区というと、北区や板橋区等の都内の台地上の地域と比べると元々古墳や塚の数はとても少ない印象の場所なのだが、4カ所まわって、一応3カ所、見た目にそれと分かる場所が見られたというのは実に優秀な成績である。古墳かどうかは不明としても、こうした塚が残っているのは大したものだと思う。

今日は時間の関係で寄ってこられなかったが、いつも仕事で通っている江戸川区内の道沿いにもう1カ所、塚上に鎮座する稲荷社があるのを知っている。探せばまだ他にもありそうな気もするので、地誌や郷土史本でもう一調べして、再度この地域を巡ってみようと思う。

投稿時間 : 21:44 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月04日 太日川流域の古墳
 ■ 八幡不知森探訪
今日は予てより千葉県内の客先を巡る予定になっていたのだが、午前中にどうしても都内に寄る用事が出来てしまった。江東区なので、まあ千葉へ行く途中みたいなものなのだが、いずれにしても千葉に入るのは午後になってしまう。早目にまわって早目に帰ってきたかったのだが仕方ない。
が、前向きに考えてみると江東区から市川は目と鼻の先。次の目的地である船橋へ向かう途中であり、丁度昼頃に通過する感じになるので、昨日触れた「八幡の薮知らず」を昼休みを利用して見学するには非常にタイムリーであるとも言える。これは今日行っとけという天啓ではないだろうか?

と、いう訳で、天の啓示を強引に感じつつ、江東区から荒川&中川を渡って江戸川区に入り、千葉街道(国道14号)を進み市川を目指す。
移動中はいつもiPodをカーステレオに接続して音楽を聞いているのだが、私は音楽と言えばメタルしか聞かない。従ってiPodに入っている曲の90%は主にドイツのバンドを中心とするメタルナンバーである。
GRAVE DIGGERやACCEPT、SLAYERの曲を聞きながら、江戸川区役所前を通過し、古墳時代の集落遺構が眠る小岩をかすめ、「ああ、このあたりが大嶋郷戸籍の甲和里なんだなあ」等とオボロゲに考えつつ、千葉街道が市川方面に右折するあたりでSLAYERの神曲(俺的に)"DISCIPLE"の出だしのリフが鳴り響いた!

ででーででんででん!
べんべんべべべん べんべんべべべん
べんべんべべべん べんべんべべべん
べべべ べべべ べべべ!

市川を目前にし、嫌が応にも気分が盛り上がる。
曲の方もキングさんとハンネマンさんの2本のギターが唸り、ポスタフのドラムが轟きまくって、前半の山場に至る。

「ごーっ へいっつぁっそぉー!」(God Hates us All!)
「ごーっ へいっつぁっそぉー!」(God Hates us All!)
「ぐおーっ へいっっつぁそおぉーーー!」(God Hates us All!)
「ぐぉおーっっ へいっっつぁっそおぉぉぉぉおぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

「いぇー ひぃふぁっきんへぃつみいぃぃぃぃ!!!」(He Fackin' Hates Me!)

(どんな曲なのかは、http://jp.youtube.com/watch?v=8db-DRxVKJcでも見て下さい)

SLAYERのVo.アラヤさんの渾身シャウトを聞きつつ江戸川(太日川)を渡り、市川市内に突入。
左手には下総国府が所在した国府台の台地が見える。またここには何基かの前方後円墳が現存していることでも知られており、近々古墳巡りにトライしてみようと狙っているポイントである。
快調に飛ばすアラヤさんのシャウトにシビレながら、市川駅前を通過した所で"Disciple"終了。本八幡駅も近づいてきたので、そろそろ駐車場を探さねば...とか思っていると、カーステレオから不気味な声がっ!

「悪魔の森の奥深く...省略....」
「お前も蝋人形にしてやろうかっっ!!」

ヤバイ! デーモン閣下の「蝋人形の館'99」ではないか!!
入ったら二度と出られないとか、土偶人にされてしまうと評判の薮知らずを目前にして、「悪魔の森の奥深く...」とか「お前も蝋人形にしてやろうか!」とは何とタイムリー(笑)。危うく小便ちびってしまう所であった。
今は昼間で人も車もいっぱいいるから良いものの、もしこれが夜だったら、迷わずUターンしたと思う。

タイムリーな出来事の連続に、「今日はツイてるのかも?」と思い直し、蝋人形の館を聞きながら車を走らせると、本八幡駅入口交差点の前方に薮知らずと思われる森を発見。しかも交差点を渡ってスグの所に空いているコインパーキングも発見。本当に今日はツイているのかも知れない。
速攻で車を止め、薮知らずへと向かってみた。

千葉街道(国道14号)を船橋方面に東進すると、市川市役所の手前に「神社でもあるのかな?」といった感じで、こんもりとした森が見えてくる。これが「八幡不知森=薮知らず」である。
歩道橋から見下ろす

周囲には住宅が迫り、方形の森として残っているが、『江戸名所図会』でも千葉街道と用水路とで四角く区画されていたっぽいので、江戸時代には既にこういう感じになっていたのかも知れない。
西側の駐輪場から

『江戸名所図会』で用水路が流れていた部分は市営の駐輪場になっていた。
周囲と比べ、不知森の土地は若干小高くなっている。
北側歩道沿いにある鳥居と石祠

『平将門故績考』で将門の父、良将を祀った祠だとされた稲荷祠である。
不知森は今でも禁足地となっており、中に入ることはできず、この部分にかつて林中にあった石碑類が纏め置かれている。
稲荷祠の真後ろから林中を覗く

鬱蒼としていて良く分からないが、特に墳丘状に盛り上がっているようには見えず、また言い伝えられているような窪みも見当たらない。中央部分から西側にかけては基本的に平坦な土地になっているように見えた。
ところが東側に目をやってみると...

写真左側に向かうにつれ、土地が盛り上がっているのが分かるだろうか?
不知森東側

良く見えないかも知れないが、東側は円墳状に盛り上がっており、古墳跡のような雰囲気である。やはり不知森は古墳を崩した跡なのだろうか?
不知森内の地形観察結果を図にするとこんな感じになる。

祠のあるあたりから向かって左手(東側)に塚状の地形がある。
右手(西側)は今日見た限りでは概ね平坦な感じであった。
説明板に掲載されていた錦絵

水戸黄門が不知森に入った際の情景を描いたもののようだ。徳川光圀と言えば那須の侍塚古墳を発掘させたことで知られているが、やはりここも古墳と睨んで発掘しようとしたのだろうか?
この説明板で古墳説にも触れられていたが、市のイチオシは放生池跡説のようだ。

一通り不知森を見学してみた感想としては、こうした塚状の地形の場所で埴輪が過去に出たらしいとなると、やはり古墳時代後期の古墳なのではないかという気がした。
立地としても、近くに古い神社(葛飾八幡宮)があり、『江戸名所図会』を見る限り古くから集落が営まれた場所のようだ。多分、昔の海岸線の砂州か何かの微高地上に位置しているものと思われ、古墳があってもおかしくない場所のように思えた。
中に入って観察すれば、或は埴輪片や土器片等を見つけられるのかも知れないし、禁足地とは言え、余裕で越えられる程度の高さの玉垣で囲われているだけなので、一瞬その誘惑に駆られそうになったのだが、何しろ立ち入った人間は土偶人にされた上に、雷落とされて砕け散ってしまうという最恐ミステリースポットである。入ったら問答無用で埴輪片である。

えっ、「水戸黄門は土偶人にならずに生きて出てこられたんじゃないのか?」だって?

確かに黄門様が埴輪片になってしまったという史実はないので、本当に不知森に入ったのだとしたら、無事に出てこられたことになる。なので一見、必ずしも入ったら土偶人化してしまう訳ではないようにも思えるのだが、さにあらず。
伝承によれば、不知森内に突然現れた謎の老人と女(上の錦絵に描かれた人物)に、

「お前は貴人だから特別に許してやるが、入っちゃいけないって言ってる所に入ったらダメだろ?」

と物凄い正論をもって説教されたのだそうである。
つまり黄門様は身分が高い人だったから許された訳で、逆に言えば、そうでない人は許して貰えないということだ。入ったのが黄門様だけで本当に良かったと思う。うっかり八兵衛や風車の弥七、陽炎お銀あたりがお供をしていたら、今頃埴輪片である。黄門様クラスでギリギリ許されたとなると助さん&角さんクラスでも許してもらえないに違いない。
従って、身分からすると、うっかり八兵衛と大差ない私が入ったとして、説教だけで済む筈がない。「貴人」が「奇人」の誤記というか、黄門様の思い違いだったというのなら話しは別だが...。
それに、さっきまで聞いていたデーモン閣下の声で、

「お前も土偶人にしてやろうかぁっっっ!」

というフレーズが脳内で自動再生されはじめたので、それはヤメにした。
昼休みで市役所の人も大勢往来しているし。
ついでに近くにある葛飾八幡宮にも寄ってみたが、特に古墳らしい地形は見られなかった。

投稿時間 : 20:44 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月03日 太日川流域の古墳
 ■ 八幡不知森は古墳か?

「入ったら最後、二度と出られない!」
「入れば化け物に襲われる!」
「入ったら必ず祟られる!」

国内屈指のミステリースポットとして古くから全国的に有名なものの一つに「八幡の薮知らず」がある。「八幡知らず」「不知森(しらずの森)」等、幾つかの呼び名があるが、いずれも「入ったら出てこれない、先が見えなくて迷ってしまう位の深い森」といった意味である。



『江戸名所図会』に描かれた八幡不知森


半分程度しか描かれていないが、左側を用水路、上側を道路(現在の国道14号線)で画された方形の森として描かれており、現在の姿とそれ程の違いは感じられないが、周囲より小高くなっている所が古墳っぽく見える。


現状は街中に残された小さな森で、江戸時代の『江戸名所図会』等に描かれた図を見ても、それほど深い森には見えないのだが、そんな森にこのような説話が付与されるようになった理由には

・下総一宮八幡神社の放生会が行われた放生池の跡だから
・下総一宮が最初に鎮座した場所だから
・平将門の首が飛来した場所だから
・将門の乱の折り、平貞盛が八門遁甲の陣を敷き、死門の一角としたから
・八幡村内だがこの森だけ行徳村の飛地だから
・八幡村、行徳村の入会地だから
・貴人の古墳墓だから

等、幾つかの説がある。
その中でも最も有名なものが、平将門にまつわるものであろう。

明治時代に平将門関連の伝承や事績を集成した『平将門故績考』(織田完之著 碑文協会 1907)という書物に、古墳ファンならちょっと気になるような話しが掲載されている。少々長くなるが引用してみよう。

「下総国東葛飾郡八幡不知森は市川より船橋に赴く街道二十町許の右に傍ふ竹樹林是也。方二十歩許。其の中に一小石祠あり。里老云ふ、人謬りて此中に入る時は必ず神の祟りありとて垣を繞らし入ることを禁ず。竹樹の間より稀疎として水田を透見ず、只枯竹朽木の根株盤錯して墜葉累積し会て、斧鋤の入りたることなく年所を経るの久しきを知るも、何人の故績たることを知らずと云う。
江戸名所図会第二十巻に云く、八幡不知森は天慶三年平将門戦没の時、六人の近臣其の首級を追て此の地に来たり、此の林中に入りて動かず。終に土偶人と顕はれたりしが、其の後雷雨に逢て破壊せり。此の土を踏む者あれば必ず祟りをなすと。又此の地は往古八幡庄と称へし所にして八幡駅の地にありながら此の一区域のみ行徳町の持分なりと云う。元禄年間水戸西山公此の森林に入り試みられしに出所に迷はれたりと伝へ、今に森林に入ることを厳禁す。夫れ斯くの如く古へより人の畏怖して近づかざるは必ず古兆域なるべし。況や土偶の出たる伝へあるをや伊能頴則の考へにも或は国司の古墳墓なるべし御所車の形状ありと石井新吾の話なり。
予按するに是れ平将門の父、鎮守府将軍下総守従四位平良将の兆域なるべし。良将は初陸奥鎮守府将軍となり多賀城にあり。下総守に任じ来りて国府台に住す。居然たる邦家の藩鎮たり。治績大に挙り民心悦服すと云へり」
(織田完之『平将門故績考』碑文協会 1907 P90-P91)

薮知らずと恐れられるようになった由来について、水戸西山公=水戸黄門が中に入って迷った等の諸説を紹介しつつ、このように色々な理由をつけて人々に恐れられて続けているような場所は元々兆域=墓域であろうとし、最後に将門の父、平良将の墳墓であろうという自説を披瀝している。
その根拠として、将門の近臣6名が将門の首を追ってこの森の中に入った際、土偶人になってしまったという伝承から、かつて土偶=人物埴輪が出土したらしいことを挙げている。また、国文学者の伊能頴則(ひでのり)の説として、八幡不知森が御所車=前方後円形をしており、国司の墓であろうというのを引用している。
八幡不知森はこの本が書かれた当時ですら、一辺20歩程度の方形をしていたらしいし、『江戸名所図会』でも方形の森として描かれているので、これが前方後円墳であったろうというのは伊能頴則の推測であると思われるが、墳墓が原型を留めていない理由として、著者は次のように説明している。

「天慶元年関東に大地震あり。陵谷大に変遷したりと伝へ、又其の後二十九年を経て康保三年此の地大に震ひ、海水沸騰して逆浪湧起り、海岸の丘山を掃蕩す。此の時上総の海濱は変災最も甚しく、海上郡は漂没して内海浅瀬となり、佃島も此の時に出現すと伝ふ。斯る海嘯の為めに葛飾郡海岸の墳塚を漂蕩し去りて平坦地となり、其の迹に竹樹叢生繁茂せし兆域の中心に後人小石祠を安置するは、蓋し平良将の祠堂ならん。物変わり、時移り行、人の此を過ぎ訝り問ふ者あるも、里人は将門の父なれば、其の実を告ぐるを憚り、何人か貴人の墳墓なるべきも其の姓名を知らずと答へ、知らず知らずと終に知らずの森となれるなるべし。今は其の石祠を稲荷と呼べり。付会の甚きものなり。」(織田完之 前掲書P93)

千葉にこのような大地震&津波の伝承があったとは驚きだが、墳墓が原型を留めていないのは、この二度の地震と津波のためだとしている。
また、謀反人・将門の父ということで、地元の人が誰の墳墓であるか知らないフリをして「知らず、知らず」と言っている内に「知らずの森」になってしまったのだろうと、「不知森」の名の由来を説き、石祠を稲荷だとしていることを「付会の甚きものなり」と切って捨てている。


「平将門、謀反起こして成敗されたらしいぜ〜!」



「マジ? この村に将門の親父の墓あるじゃん!」



「トバッチリ喰らうのもヤダから知らないフリしようぜ〜!」



「いや〜なんか偉い人のお墓らしいけど、誰のお墓か知らないんですよ〜」



「知らない、知らない、マジで知らない!」



不知森完成!

というのもかなり付会が甚だしいように思えてならないのだが、古墳かどうかということとは余り関係がないので放置しておく。

やはり気になるのは、埴輪が出土したらしい点=将門の家来が土偶人にされてしまったという伝承だ。
これが実話だとすると、「誰が連中が土偶化して落雷で砕け散る所を観察してたんだよ〜?」というツッコミに耐え得ないだろう。主の生首を追っかけてる殺気立った武士の跡をつけてみようという命知らずがそうそういるとは思えない。というか、普通の人なら生首が飛んできただけて、震えて家の中に閉じこもるだろう。
従って、これは埴輪が出土したという事実が先にあり、それにインスパイアされて考え出された話しであると思われる。
そう言えば、大手町の「将門の首塚」も石室が検出されているので古墳であった可能性が高い。
同書によれば、埼玉、千葉、茨城あたりには他にも「将門の墓」とされている古墳が幾つかあるそうである。

さて、改めてこの伝承を分析してみると、その昔、塚を崩した際に6体程度の人物埴輪が見つかったようだ。
しかも「落雷で壊れた」とあり、発見されたのは完品ではなく破片の状態だったと思われるのがリアルだ。
下総あたりの古墳で人物埴輪を伴うとなると、6世紀中葉〜7世紀初頭頃の古墳であった可能性が高く、またその時代の古墳であるならば、横穴式石室を有していたものと思われる。
八幡不知森の中央部には陥没している部分があるらしく、放生池跡説の元になっているのだが、これも石室跡と考えれば納得行く。従って、墳墓だとしても平良将の墓ではなく、古墳時代の古墳である可能性が高い。
非常に朧げな伝承でしかないが、織田完之氏も述べているように、こうした恐ろしげな話しが伝わっているような場所は古墳をはじめとする墓域=兆域である場合が多いのもまた事実であろう。

そもそも「入ったら祟られる」といった類の説話は各地の古墳に多く付与されているものである。
古墳巡りをしていれば、そんな話しの一つや二つは余裕で耳にすることになる。
私の地元鳩ヶ谷にも、太田道灌が武器を隠した石櫃(古墳の石棺臭い)があるとされる林がかつて存在しており、そこに入ると祟られるとか出てこられなくなるといった「薮知らず」と同様の伝説が伝わっている。また市内の仙元祠古墳には土採りを戒めるための祟り伝承があったし、足立区の白旗塚古墳にも副葬品と思われる武具を掘り出した一家に対して祟りがもたらされたという伝承や、墳丘に立ち入るだけで祟られるために村人が恐れて近づかないようなり、かつて墳頂にあった神社が廃れてしまったという説話が伝えられている。
このような説話が古墳に付与される理由として、単に墓だからというのもあるだろうが、盗掘防止もしくは埋蔵されてる副葬品等の財宝の横取り防止のために作り出されたと考えられるフシもある。
恐らくは、金に困ると土器や埴輪や副葬品を掘り出して売るといったことが割と一般的に行われていたのだろう。
今でも骨董屋や古道具屋に行くと出土地不明の埴輪やら土器やら鉄剣やらが並んでいるが、江戸時代に巻き起こった骨董ブームがそうした需要を生んでいたと考えられる。
個人乃至は家族単位でやっていたり、村ぐるみでやっていたり、その辺はケース・バイ・ケースだと思われるが、いずれにしても部外者に知られて横取りされたり、お役人にバレて咎められては困るので、こういう話しを流布させて、人を近づけないようにしようとしていた例もかなりあるのではないかと思う。

と、いうことで、個人的には八幡不知森古墳説を支持したい。
近々現場に突撃する予定である。

投稿時間 : 19:28 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年10月02日 太日川流域の古墳
 ■ 葛飾区立石8丁目

仕事で松戸方面へ出かけた帰路、昼休みを利用して立石8丁目の古墳跡をパパッと見て回ってきた。
今日は千葉へ行く予定はなかったので、手元に資料が全く無く、ウロ覚えの記憶を頼りに跡地の見当をつけたため、立石様以外はちょっと自信がない。


◯立石様(葛飾区立石8-37-17)

立石の地名の由来となった奇岩。
古来より信仰の対象となっており、古墳の石室材とも附近を通っていた古代東海道の道標、はたまた先史時代のメンヒルではないかと考えられてきた。
立石祠

住宅街の一角の小さな公園の只中に小さな鳥居と玉垣に囲まれて鎮座ましましている。
これが立石様。

現状は僅かに地表に露頭している程度であるが、江戸時代に描かれた図を見ると往時はもっと地表に突き出ていた。参拝者が触りまくったために削れたのか、埋没したのかは不明。
石質は柴又八幡神社古墳の石室や埼玉古墳群の将軍山古墳の石室、スサノヲ神社の瑞光石と同じ房州石であり、かねてより古墳の石室材ではないかと言われてきた。
説明板。

少々古い物なので触れられていないが、近年の調査で公園敷地内から埴輪片(人物&円筒)が出土しており、古墳の石室材である可能性が高まった。もしかするとこの公園自体が古墳跡地なのかも知れない。

◯南蔵院裏古墳(葛飾区立石8-40-25)

明治時代に塚を崩した際、埴輪片が採集されていることから古墳であることは確実視されていたものの、その後削平されて永らく位置が不明となっていた古墳。
南蔵院

立石様の東南に位置している。
この寺の裏手の方に古墳が存在していた。
南蔵院西側の通りを南から

確かこの通りの拡張に伴う発掘調査で周堀の一部と埴輪片が検出されたのだと記憶しているが、ちょっと自信がない。
ちなみに立石様はこの通りの左側の路地をちょっと入った所にある。

◯熊野神社古墳(葛飾区立石8-44-31)

立石様や南蔵院裏古墳のある所から都道を挟んだ北側に位置する神社。
調査により敷地内から径12m程の円墳跡が検出されている。
熊野神社

石剣を御神体とする神社。
鳥居博士は『上代の東京とその周囲』の中で御神体は縄文時代の石棒ではないかと推察している。
類似の神社として荒川区尾久の石神社、草加市の神明神社等が知られているが、東京低地では非常に珍しい。
熊野神社社殿

敷地内から古墳跡が出たとなると、この社殿も古墳上に建てられている可能性はないのだろうか?
古墳と見れば必ず上に何か宗教施設を建てたがる日本人が、古墳を無視して神社を建てる筈はないと思うのだが...。
古墳跡は神社敷地の南側で検出されたらしい。そこで180度回転して南側を見てみると...
天神社と書かれた鳥居の横に塚があった!

一瞬古墳の残骸かとも思ったが、確か墳丘は既に削平されていたらしいので、これは古墳とは関係なさそうだ。
更に南側には石材の山が...。

これも一瞬石室材か?と思ったが、何か神社の施設に使われていた石材を纏めて置いているだけのようだ。
ただ、古墳跡はこのあたりにあったらしい。

投稿時間 : 19:23 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

2007年02月09日 太日川流域の古墳
 ■ 東京低地の前方後円墳?

葛飾区柴又の「柴又八幡神社古墳」は、東京低地に所在する古墳としては数少ない、学術調査がなされた古墳であり、また、現時点では東京低地で唯一、石室が確認された古墳でもある。
これ迄は、径20〜30m程度の6世紀後半頃に築造された円墳であろうと考えられていたが、『東京の古墳を考える』では、最近の調査で「少なくとも円墳ではない」ことが確認されたと記されている。どうも社殿の北西側に墳丘跡が伸びているらしい。

墳丘の一部が外に伸びていて、「少なくとも円墳ではない」と考えられるとなると、それは方墳や上円下方墳ではないだろう。それならば、周掘の形状を見れば即座に判断できる筈だ。従って、ここで疑われているのは、「前方後円墳である可能性」なのではなかろうか?

東京低地に前方後円墳! これはドキドキする。
毛長川流域を含め、これまでは小規模な円墳とせいぜい方墳があるかないかといった程度だと考えられていただけに、もし柴又八幡神社古墳が前方後円墳だと確認されたならば、これまで比較的ぞんざいに扱われていた東京低地の古墳に改めてスポットライトが当てられることになり、調査研究が進展する契機になるかも知れない。
『東京の古墳を考える』の記事によれば、近々刊行する調査報告書で、墳形は何であるか、ファイナルアンサーが出されるそうである。果たして柴又八幡神社古墳は前方後円墳なのかどうか、今から楽しみである。

柴又八幡神社

参道側から見ると平坦な感じだが、東側の公園から見ると敷地が一段高くなっており、自然堤防上に立地していることが良く分かる。
柴又八幡神社社殿

この社殿の下が古墳跡なのだが、石室は本殿背後(北側)の嶋俣塚の所に露呈していたそうなので、本殿が墳丘の南斜面上に位置し、拝殿はその麓に建てられていたものと思われる。但し、現状は墳丘は削平されており、とても古墳の上に建っているようには見えない。
また、この社殿の下には検出された房州石使用の横穴式石室が復元されているが、普段は公開されていない。事前に見学を申し込んだり、特別な日には公開されるらしいが、普段は非公開となると、これも「秘墳」の一つであろう。
社殿の西側、前方部?が展開すると思われるあたりの南側に、トレンチが切られていた。
最初は発掘調査の為のものかと思ったのだが、底にはゴミが捨てられているので、別な目的で掘られたのかも知れない。
別角度から。

ゴミや落ち葉が投入されているが、地層断面を観察することが出来る。
社殿裏の「嶋俣塚」

「嶋俣」とは、奈良東大寺正倉院で見つかった、「下総国葛飾郡大嶋郷戸籍」に見える大島郷内の里名で、柴又のことではないかと推定されているものである。つまり、「しままた」が訛って「しばまた」になったと考えられているようだ。

石室は元々この場所に露呈していたらしく、この塚は、古墳からの出土品や人骨を埋納し、古墳を慰霊/顕彰するために造られたものである。
何故か3段築成の上円下方墳風になっており、葺石も貼られている。

投稿時間 : 18:40 個別ページ表示 | トラックバック (0) Twitterにポスト Tumblrにポスト

|記録帳TOP|
1