2009年03月15日 隅田川流域の古墳
■ 北区十条 日枝神社

本日のシメは、十条の「三塚」という所にある日枝神社である。
西音寺がある台地縁を通る日光御成街道から環七を左折して埼京線を跨いだすぐ先の住宅地の一角に鎮座している。
ここにはかつて「山王塚」という塚があり、山王社が祀られていたのが、赤坂の日枝神社がそうであるように、明治になってから、山王社から日枝神社に変わったそうだ。

この塚跡は、台地頂から南東の谷に向けて斜面が下りはじめるところに位置しており、境内も確かに塚跡のような雰囲気ではある。
「三塚」という地名から推察すれば、この塚の他にももう2つ程、付近に塚があったのだろう。


日光御成街道と環七の交差点角にある八雲神社。
ここも周囲よりは小高くなっていて怪しい。

日枝神社境内の様子。
小さな社の右隣りに庚申塔が祀られている。

iPhoneのMapで上空から。
「三塚」という地名から推察するに、この辺りには幾つかの塚があったのだろう。古墳を匂わせる出土品の話しはないようだが、こうして調べてみると、古墳かどうかはともかくとして、往時は赤羽台の古墳群から上野の古墳群に至るまで、台地の東縁には延々と塚が並んでいたようである。
投稿時間 : 17:48 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月15日 隅田川流域の古墳
■ 北区十条 西音寺

日が伸びたお陰で、北区豊島界隈を見て回ってもまだ日没まで時間があったので、今度は北区十条の台地上の怪しい物件を見て回ることにした。
まずは、『新編武蔵風土記稿』十條村の項で、怪しい塚状地形が描かれている西音寺へ。

西音寺はJR京浜東北線東十条駅北口を出てすぐの崖際にある寺院である。
上の図が『新編武蔵風土記稿』に掲載されている境内図で、西から東を望むようなアングルである。本堂の裏手の崖際に松の大木が生えている円墳状の地形が描かれている。この寺は日光御成街道沿いということもあり、3代将軍家光は、日光参詣の折りに度々この寺院に立寄り、この松の下で休息すること好んだと伝えられている。
崖際のこのような小山の上となれば、さぞ素晴らしい眺望だったのだろう。

『新編武蔵風土記稿』では、この地形を「塚」ではなく、「小山」と呼んでいるのだが、立地といい、そばに古墳群が存在していることといい、怪しさ満点の物件である。
もしかしたら寺の片隅に残骸なりとも残っているのでは?と思い、訪ねてみたが、境内には「檀家門徒以外立入り禁止」とのことだったので、遠方から怪しい木立を眺めるに留めた。


西音寺。
東十条駅北口を出てすぐの台地縁の、日光御成街道沿いにある。十条界隈には知人も多いので、今度ツテを頼って突入してみようと思う。

東十条駅北口通路から。
西音寺の本堂右手に見える木立が怪しい気がする。

木立のクローズアップ。
壁に遮られて見えないが、図に描かれたような塚状地形があるようにも思えない。鉄道開通や墓地の開発に伴い、削られたか?

台地の麓から。
やっぱり見えない。

iPhoneのMapで上空から。
『新編武蔵風土記稿』の図と本堂の位置が変わっていないのであれば、塚は写真の右下あたりにあることになるので、既に削り取られている可能性が高い。怪しいと思っていた木立のあたりが跡地だとしても、やはり粗方削られてしまっているようではあるが、僅かな期待は残る。
投稿時間 : 16:16 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月15日 隅田川流域の古墳
■ 北区豊島 若宮八幡神社

豊島シリーズの最後は、若宮八幡神社である。
豊島二丁目の公園の一角に鎮座する神社で、紀州神社からは商店街を10分程南に歩いた場所にある。
この神社は、豊島清光が隅田川を渡河中に溺死した息子・清泰の霊を慰めるために、隅田川のほとりに建てたとされている。
『江戸名所図会』では、田中の塚状の地形として描かれている。
上の画像の右手に描かれている島のようなものがそれである。


若宮八幡神社社殿。
公園の片隅に鎮座している小さな社である。というか、境内が公園化したと言った方がいいかも知れない。現状は周囲が埋め立てられたのか、特に小高くなっているという感じではない。

社殿脇には石材が積まれていた。
以前は社殿の周囲に、他の神社のような石造の設備があったようである。右手に見える丸石は力石か?

iPhoneのMapで上空から。
『江戸名所図会』の図と見比べてみると、この公園の敷地がほぼ塚状地形を踏襲しているように思える。
前述の伝承以外に、特に何かが出たというような話しもないようであるが、ちょっと気になる場所である。

以上、北区豊島界隈の塚跡を見てきた(他に台坐塚というのがあるが、これは改めて紹介する)が、隅田川対岸の梶原から尾久にかけての辺りにも多くの塚がかつては存在していたことが知られている。更に下流の荒川区のスサノオ神社には、房州石が露出している古墳の可能性が高い塚が所在しており、隅田川下流域の塚の中には古墳も少なからず混じっているのではないかという気がする。
投稿時間 : 14:46 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月15日 隅田川流域の古墳
■ 北区豊島 紀州神社

次は豊島七丁目の紀州神社へ。
清光寺からは徒歩5分程である。

『江戸名所図会』の図では、塚上に紀州明神が祀られているように描かれているのだが、清光寺や道との位置関係からすると現在の鎮座地とは違う場所であったようだ。
図の上部を左から右に通っている道は「紀州通り」であると思われるが、現在の紀州神社はこの紀州通りの北側に、道路に面して鎮座しているのに対し、図ではこの道の南方に、やや距離をとって描かれている。
恐らく今の場所の南西方向にあたる豊島6丁目付近が、この図が描かれた当時の鎮座地ではないかと思う。
『新編武蔵風土記稿』豊島村の項には、

「紀州明神社 村の鎮守なり。祭神は素盞鳴尊、五十猛命、大屋津姫命、瓜津姫命の四神なり。社伝を閲るに、昔。元享年中豊嶋氏、紀伊国熊野権現を崇め、王子村に一社を造立し、若一王子と崇め、又、同国名草郡五十太神の神社をも同村に勧請して紀州明神と称ふ。是当社なり。其後、天正年中当村と王子村争論のありしに、己が村の産神を王子村に置しも本意ならずとて、村内小名宮の前へ引移せしが、又、小名馬場へ移し後、今の社地へ移せり。其旧跡は今も除地と成しありと云。去ど、元享年中王子権現を勧請せしと云うは誤りなり。彼社は其以前に造立ありしことは考証あり。」

と記されており、『江戸名所図会』に描かれた場所に祀られる前は、宮の前(現在の豊島五丁目団地付近)、馬場(豊島馬場遺跡のあたり)に祀られていた時代もあったそうだ。


紀州神社社殿。
この社殿の左手奥に、石造の基壇上に祀られた紀州明神があった。塚の上といい、小高い場所の上に祀るのには何か意味があるのだろうか?

『江戸名所図会』所収の図。
紀州通りと思われる道の南側に、道とはやや距離をとって描かれている。
敷地自体が周囲の田畑よりも小高くなっているが、更に塚があり、その上に祀られているのが分かる。この塚は紀州明神を祀るために作ったものだったのか、それより前からあったものを流用したのか、気になる所である。

清光寺、紀州神社、若宮八幡の位置関係。
3つ刺さっている赤いピンは、上から、清光寺、紀州神社、若宮八幡である。
『江戸名所図会』に描かれた位置関係になるためには、紀州神社がより南西側に無ければならないことが分かる。
東京成徳大高校の南側あたりが、描かれた当時の鎮座地か?
投稿時間 : 14:39 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月15日 隅田川流域の古墳
■ 北区豊島 清光寺

続いて、豊島馬場遺跡に隣接する清光寺へ。
遺跡公園からは徒歩5分程。

この寺はその名の通り、豊島清光によって創建されたと伝えられており、また、豊島氏の館跡とも言われている。
上の図は『江戸名所図会』の清光寺とその周囲の様子である。
紀州神社、若宮八幡宮、地蔵堂、観音堂が描かれているが、いずれも豊島氏縁の伝説を有している。
特に紀州神社の建物の背後にある「紀州明神」と書かれた塚状地形、田中の島状になっている若宮八幡宮が気になる所だ。

尚、図中の観音堂(紀州神社の左隣)と地蔵堂は、行基作とされる七体の仏像「豊島七仏」の内、それぞれ観音像と地蔵像を祀った場所である。清光はこの七体の仏像を豊島の各所に堂を建てて祀ったとされている。清光寺には不動像が祀られている。
因みに、清光寺の山号は「医王山」であり、医王とは薬師のことなのに、薬師でなく不動が祀られているというのは不思議であるが、『新編武蔵風土記稿』によれば、薬師像は「医王塚」という塚上に祀られていると記されている。
場所がどこであるかは不明であるが、或は清光寺の境内かその周辺にあったのかもしれない。


清光寺本堂。
最近建て替えが完了したばかりの新しい本堂である。本堂には江戸時代に作られた豊島清光像がある。

参道入口には石仏と共に北区による説明板が設置されている。

説明板。
豊島清光について記されているが、古墳や塚についての情報はナシ。尚、清光寺境内を豊島氏の館跡とする説(清光寺の墓地の裏手の方に「豊島城跡」という説明板がある)の他に、『新編武蔵風土記稿』や『江戸名所図会』で唱えられている、清光寺山門から出て、紀州通りに出るあたりの一画が館跡であるという説もある。

iPhoneのMapで上空から。
隅田川の間際に所在していることが分かる。一応、中世城館跡として北区の37番遺跡として登録されている。尚、豊島馬場遺跡はこの37番遺跡の西にほぼ隣接する形となっているが、試掘調査の結果では、37番遺跡の範囲内からは古墳時代の遺物は検出されなかったそうである。
投稿時間 : 14:20 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月15日 隅田川流域の古墳
■ 北区 豊島馬場遺跡

次は古墳時代初期の方形周溝墓群やガラス小玉の鋳型が見つかったことで有名な豊島馬場遺跡へ。
庚申観音塚から徒歩5分程。
遺跡の大部分は集合住宅になっているが、一部は遺跡公園として整備されており、説明板が設置されている。


遺跡公園に隣接する空き地で何やら工事が行われていた。
以前は所々に椅子が設置されている草っぱらという感じだったが、ここも公園として本格的に整備されるらしい。
団地建設の際に一度発掘調査がなされているので、今回は特に調査はしないのかも知れないが、工事に伴って何か出たりしなかったか、気になる所である。

公園内に設置された説明板。
柱には、銅鐸や横穴墓、古墳の石室等で発見された線刻画が刻まれている。

説明板その1。
周辺の同時代遺跡を紹介している。豊島馬場遺跡の東にある都民ゴルフ場遺跡からは、古墳時代の祭祀に関すると思われる焚き火跡が見つかっている他、『新編武蔵風土記稿』によれば、大坐塚というダイダラボッチが作ったとされる塚があったとされている。

説明板その2。
出土品の目玉を紹介。尚、ここで検出された方形周溝墓の中には、柱穴を伴うものが存在し、墓ではなく、低湿地特有の住居なのでは?とも考えられている。
投稿時間 : 13:34 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月15日 隅田川流域の古墳
■ 北区王子 庚申(観音)塚

本日は、先週訪れた葛飾区の清重塚の被葬者と伝えられている、葛西三郎清重の父である豊島清光に関する伝承を伝える塚跡を巡る。
現在の北区豊島、旧村名で言う所の豊島村の隅田川沿いにはかつて幾つかの塚が存在していたことが知られており、その多くに豊島氏に関する伝承が伝わっている。今の所、どこからも古墳である可能性を強く臭わせる遺物が出たという話しはないのだが、息子の清重の墓とされる塚から石室乃至は石棺のようなものが出たとされていること、範囲内に古墳時代前期の大規模な方形周溝墓群/集落跡である豊島馬場遺跡が存在していることから、これらの塚も古墳であった可能性が皆無とは言えない気もする。

まずは地下鉄南北線・王子神谷駅前の庚申通り入り口にある庚申観音塚に。
伝承によれば、その昔、この辺りに住んでいた有徳の尼を弔うために、尼の住まいの隣に碑を立てて祀ったものだとされている。


昭和5年に書かれた由緒書。
古い物なので、流石に所々字が消えかけていて読みづらいが、四条天皇の頃にこの地に庵を結んでいた尼がおり、人々の救済に勤めていたが、晩年は庵から出ることが出来なくなり、読経を続けるばかりとなった。この尼が亡くなった後も、庵からは生前同様に読経の鐘の音が聞こえたので、この尼を弔うために庵の傍らに碑を立てて祀った。以来月日は流れ、人々の心からこの尼の善行が忘れ去られ、庵は朽ち果て、碑の周囲も度々草木が鬱蒼と茂り足を踏み入れることができないようになってしまったが、その都度霊験あらたかなる奇瑞が現れ、人々に尼の行いを思い出させた。それで改めて庚申の碑を建立し、尼を顕彰した。といったようなことが書かれている。

尚、文中にこの塚を指して「古墳」と表現している箇所があり、単に尼を顕彰する碑を立てただけでなく、尼を葬った場所であるとも考えられていたことが分かる。
尚、ここでは「観音塚」とされている。

iPhoneのMapで上空から。
北本通りと庚申通りの交差点付近に残る小さなお堂だが、敷地は周囲よりやや小高くなっており、塚跡だと言われれば、そういう気もする。上記の伝承以外に、何か出土したというような話しもないようだ。
投稿時間 : 13:25 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月08日 東京都の古墳
■ 葛飾区四ツ木 清重塚

『新編武蔵風土記稿』や『江戸名所図会』でその存在を知ってからずっと気になっていた物件。
四ツ木の西光寺(写真上)のそばに、鎌倉時代にこの辺りを治めていた豪族である葛西三郎清重の墓だと言い伝えられている塚があり、その塚を削った際に石槨が現れ、中から仏像や武器が見つかったとされているのだ。

『新編武蔵風土記稿』葛飾郡渋江村の項では、西光寺及び清重塚について次のように述べている。

「渋江村 渋江村は古き地にして、昔葛西三郎清重の居住せし所なる由、村内西光寺の縁起に載せ、且つ清重塚と云もの残れり。又、小田原役帳に葛西渋江の郷三十九貫五百文、山中内匠助と見えたり。(中略)

西光寺 天台宗浅草寺末。超越山来命院と号す。本尊は弥陀にて堂の傍に別殿を建授け、親鸞自筆の阿弥陀を安ず。縁起に云。昔、葛西三郎平清重、頼朝、頼家に仕へて郡中三十余町を領し、ここに居住せしが、親鸞関東経廻の時、たまたま止宿し、清重信仰の余り弟子となり、薙染して西光坊と号し、則己が宅地へ堂舍を建て、一寺となせり。親鸞五十余日逗留の間、折しも霧雨打続きければ、山を雨降と名付けて尚自ら弥陀の像を書き与えたるは、今の別殿安置の像是なり云々然るを寛永の頃改宗して、浅草寺の末に属し、其時又屢洪水の災ありしかば、雨降を改め超越山と号すと云。されど今も古の宗風を追いて年毎三月八日より十日まで報恩謝式を執行へり。

寺宝 聖徳太子像一体 清重手自から作る所と云。
長刀一振 無名にして長一尺八寸。柄長四尺七寸五分。清重所持のものと云。此余、下に載る塚中より出たる仏像寺宝たりしが、何の年にや失ひて、今は伝えず。

清重塚 当寺除地の畑中にあり。僅の塚なり。松二株あり。上に小社を建て、清重稲荷と崇めり。昔は塚も大なりしにや、後年あたり近き陸田を広めんとて塚を稍掘崩せるに、一の石槨掘得たり。其蓋石に梵字と蓮華を刻し、側に葛西三郎清重と彫り、槨中に仏像及び武器等ありしかば、仏像のみ取出て当寺の宝物とし、其余は元の如く埋みて塚上に社を立てしと云。按に、清重が遺骨をここに葬すと云こと疑うべし。彼は文治五年、奥州の泰衡追討として下向し、凱陣の後、其功に依て奥州七郡に封ぜられ、検非違使所の事を管領して彼国へ移転し、子孫連綿住居せし由、封内風土記、平泉旧跡志、奥州観跡聞老志等にも載て、再び当郡へ帰住する事他に所見なし。もしくは清重移転の後、一族の者ここに住して、それらの遺骨を葬せしなるを清重が名高きを以て誤り伝えしにあらずや。殊に寺伝に親鸞回国の時、清重法弟と成て薙染し、宅地を寺とせしなど云事、年代齟齬するに似たり。是等に拠ても清重にあらざる事、論無るべし。又、寺内に清重が碑とて五輪の塔あれど、銘に寛永八辛未天為道松禅定門云々とほのかにみゆれば、恐くは他人の碑なるべし。又、其の側に応永二十年の古碑一基あれど、是も何人の碑なりや詳ならず。」

畑を拡張しようと塚を崩した際に石槨が現れ、中から仏像や武具が出てきたらしい。
一方、『江戸名所図会』では石槨が出た経緯について、異なる説明がなされている。

「清重稲荷祠
西光寺の西の畑の中にあり。松杉生したりける古叢にして、此所を葛西三郎清重の墳墓の地といふ。今稲荷を勧請す。往し年の洪水に此塚崩されて土中より石櫃あらわれ出られば、土人蓋を開きしに、蓋の裡に梵字蓮花および清重の名をも彫付てありしとなり。その時櫃の中より丈三尺五寸あまりの弥陀の木像出たりとなり。その胸中に鉄仏あり。丈一寸八分ばかりの座像なり。今西光寺に収む。その余、武具のたぐひも出たりといえらむ。」

こちらでは、畑の拡張でなく、洪水によって削れて出てきたとなっており、しかも石槨ではなく石櫃となっている。
「石槨」というと石棺よりは石室のイメージで、「石櫃」となると石棺のイメージだが、どちらもその蓋石に梵字や蓮華、清重の名が刻まれていたとあるから、同じものを指していると思われる。
中世以降の墓や経塚でも主体部に石室や石櫃を用いることもあるし、梵字や蓮華が蓋の裏に刻まれていたという点は中世以降の墓制を連想させる(墓誌を蓋の裏に刻む)が、どうも蓋石の梵字蓮華云々の下りは怪しいようだ。
『新編武蔵風土記稿』の記事中でも指摘されているが、そもそも葛西三郎清重はこの地で亡くなっている訳ではないのだ。彼は戦功によって東北に転封となっており、こちらに戻ってきてはいないとされている。従って、この塚が彼の墓である筈はないし、蓋石に清重の名が刻まれている筈もない。これが作り話だとしたら、同じく刻まれていた梵字や蓮華文も最初から刻まれていたのかどうか怪しいものである。
考えられるとしたら、蓋石を利用して板碑を作り、そこに清重の名を刻んだということか?
蓋石の梵字や蓮華文が怪しいとなると、石槨内から出てきた仏像というのも実は仏像ではなく、墳丘を崩す過程で出てきた人物埴輪の類であったという解釈もできるかも知れない。江戸時代当時既に失われて現存しないのが惜しい。

梵字、蓮華文、清重の名、仏像といったものが、葛西氏ゆかりの土地の寺の傍であるということから後付けされたものだとすると、要するに来歴不明の塚があって、そこを崩したら石槨/石櫃が出てきて、人形のようなものや武器やらも出てきたということであろう。
武器が出て人形のようなものが出て、石材で構築された主体部を持つ塚となると、古墳の可能性が高い気がするのだがどうだろうか?


西光寺正門脇にある説明板。
寺域が葛西氏の館跡であるということと、そばに清重を葬った「古墳」があることが記されている。

清重塚。
盛土は既にないが、跡地はこのように保存されている。
西光寺の正門に向かって左手に、寺の壁に沿って進むと左手のアパート群の先に見えてくる。

説明板。
都旧跡に指定されている。清重に関する説明のみ。

『江戸名所図会』の清重塚の図。
画像左上の「清重いなり」と書かれた塚状の場所が「清重塚」である。
当時既に僅かに盛り上がっている程度にまで削られていたようだ。

iPhoneのMapで上空から。
伝承によれば、仏像以外は元通りに埋め直したそうなので、今でも地下には石槨が埋っているのかもしれない。

場所は中川右岸の低地帯であり、北東に3km程行くと南蔵院裏古墳や熊野神社古墳といった立石の古墳群が存在している。また、南東に1km程行った所にある木下川薬師のあたりにもかつて塚があり(『新編武蔵風土記稿』の境内図に塚状のものが描かれている)、「塚腰」という地名があるそうである。四ツ木のあたりにも古墳群があったのだろうか?
投稿時間 : 08:46 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月07日 東京都の古墳
■ 文京区 御殿町古墳
image1566753235.jpg最後は、小石川植物園そばの御殿町古墳へ。
ここも遺跡地図では現存扱いの円墳マークがプロットされているが、該当地には新しく建物が立てられていて、跡形もなくなっていた。

もっとも、今、Google Mapで現地を見てみると、この建物が出来る前の航空写真を見ることができるが、そこにも塚状の地形は見られないので、大分前に消滅しているようだ。

尚、この古墳跡と小石川植物園を挟んだ反対側に鎮座している簸川神社は、そもそもこのあたりにあった古墳上に鎮座していたのが、江戸時代の白山御殿建設に伴って塚が削られたことを契機に、現在地へ遷座してきたそうである。

もしかすると、この神社が元々祀られていた古墳とは、御殿町古墳であったのかもしれない。
投稿時間 : 20:46 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月07日 東京都の古墳
■ 文京区 曙町古墳
image1557341315.jpg豊島区駒込から文京区本駒込へ入り、以前発見できなかった曙町古墳を探す。

ここも遺跡地図では現存扱いになっているが、駒込古墳同様に付近一帯は宅地になっており、既に消滅しているようだ。

この古墳は、鳥居龍蔵の『上代の東京と其周囲』に、大正時代に撮影された写真と共に紹介されており、今となってはこの写真で往事を偲ぶより他にはないようだ。
投稿時間 : 20:36 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
<<前のページへ 1234567891011