2009年03月07日 東京都の古墳
■ 豊島区 駒込古墳
image1546719291.jpg妙義神社に続いて、本日は、駒込界隈の未探訪の古墳を巡る。

次は、豊島区では数少ない認定古墳の一つである駒込古墳へ。
東京都の遺跡地図では、豊島区の8番として、現存扱いの円墳マークがプロットされているが、実際に現地に行ってみると、該当地一体は宅地になっており、跡形もなくなっていた。
見つかったのはゴミ屋敷だけという有様であった。
投稿時間 : 20:25 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月07日 東京都の古墳
■ 豊島区 妙義神社

倭建命が東征の際に宿陣した場所に祀られているという豊島区最古の神社。
江戸時代の地誌、『新編武蔵風土記稿』の豊島郡上駒込村の項には次のように記されている。

「妙義社 祭神日本武尊。左は高産霊神、右は神功皇后、応神天皇凡四座。皆白幣を神体とす。社伝曰、日本武尊東征の時、此所陣営となる。後社を建て、白鳥社と号す。白鳳二年、官人日奉部年雄下向して祀を奉せしと云。按に、武蔵風土記豊嶋郡日頭白鳥神社白雉二年辛亥五月所祭日本武尊也神貢五十三束三毛田と載す。白鳳は白雉の誤りにて此風土記に予て設し説ならん。殊に、鳥越明神、妻恋稲荷も祭神日本武尊にて白鳥神社の由伝ふれば、何れを是とも定がたし。又云、文明三年五月、足利成氏古河より葛西に出張し、上杉と対陣然に上杉は鎌倉に退て、長尾、太田等同六月古河を攻落し、成氏千葉に奔走す。此出陣の前、太田道灌当社に神馬宝剣を捧て祈念し、

 雲払ふ此神垣の風の音   道灌
 草をも木をも吹しほり行  兼信

兼信は道灌が近臣樋口奥三郎なり。凱旋の後、社領十五貫文を寄付す。其時の詩云

 秋風靡雲社前庭 一皇戒衣凶賊平
 月光不敵暉神武 千歯赫乎奉威男

文明九年春、道灌豊島勘解由左衛門と戦ひ、同十一年春、千葉孝胤を攻るの時も当社にて牛込赤城の僧円勘、稲付普門院開山宥鎮等、怨敵降伏の法を修して合戦勝利あり。其後大永年中、江戸城代遠山丹波守修補す。永禄十二年、武田信玄当国乱入の時、守護富永神四郎材を棄て修補す。天正年中松田尾張守康秀が計として社領悉没収す。其後衰廃せしを寛永年中代官野村彦太夫再建す。相殿神明宮昔の地頭今井弥平四郎茂義と云人の祀る所なり。茂義は上野の人なり。永享中に忠功ありて上杉憲実此地を与ふ。同十一年八月、本国新田郷神明村の神明宮を当所新恩の地に移し祀ると云。神体天照太神荒御魂木の立像、長一尺二寸八分。左に宝珠、右に宝剣を持。又別に相殿一座天満宮太田道灌を祀る。神体は筑紫天拝山の青石也。長一尺余、囲一尺六寸。富永神四郎も崇信し、永禄中に社修造の時、神明を左とし、天満宮を右として祀ると云。又、太田道灌の木像あり。長二寸八分。束帯の姿なり。元亀年中の棟札存す。其図左の如し。」

また、社宝として勾玉16個があるとも記されている。

日本武尊をはじめ、古くは大彦命、豊城入彦命にはじまり、源頼義、義家、義光から豊臣秀吉、石田三成、徳川家康に至る迄、武将(特に西からやってきた武将)が宿陣した跡であるという伝承は関東各地にある。そういった伝承のある場所は、大抵周囲よりも小高く、掘状の地形を伴っている場合が多く、従って関東では古墳にこの手の伝承が付与されている例を多く見ることができる(石室だとか副葬品が見つかった場合は、太田道灌等の在地豪族のものとされる場合が多い気がする)。
上に記した『新編武蔵風土記稿』の記事中にも出てくる鳥越明神(台東区の鳥越神社)も、妙義神社と同じく日本武尊が宿陣した場所であるとされているが、ここからは古墳時代末期の蕨手刀が出土しており、東京都遺跡台帳でも古墳として扱われている。恐らくかつては周掘を伴う古墳が存在し、それを崩した上に神社が建てられているのであろう。

日本武尊の宿陣伝承と社宝に勾玉が存在していること、台地縁辺という立地や、付近に駒込古墳や富士神社古墳が存在していること等を考え併せると、妙義神社もまた、元々は古墳上に建てられた神社だったのではないか?という気がしてくる。
もっとも勾玉については、この場所から出たとは記されていないし、仮にこの場所から出たものだとしても縄文時代や弥生時代、或いは奈良平安以降のものという可能性もあるだろうが、殆どそれらしい出土品に関する伝承すらない「古墳かもしれない塚」と比べれば、かなり期待がもてる物件ではある。


豊島区による説明板。
『新編武蔵風土記稿』の記事の抄訳的なものである。

この神社には、太田道灌にまつわる伝承もあるのだが、石室や副葬品が見つかると在地豪族・武将の仕業にされる傾向が強いことを考えると、過去に何か出たことがあるのだろうか? 社宝の勾玉や、道灌が奉納したという宝剣というのがそれか?

境内に露呈していた石材。
これ自体は灯籠だとか石碑だとかの名残りだと思うが、相殿の天満宮の神体である九州から持ってきたという青石というのが気になる。天満宮には石を祀っている所が多い気がするが、中には古墳の石室材由来のものもあるのかも知れない。

豊島区指定文化財の庚申塔。
江戸時代初期とかなり古手のものである。

北東に隣接する公園から見た妙義社。
写真右手の社殿背後のあたりが高くなっており、この神社は台地の最高所ではなく、そこからやや下った緩斜面を整地して建てられていることが分かる。

iPhoneのMapで上空から。
敷地の東側が谷になっており、駒込古墳や富士神社古墳はこの谷を挟んだ反対側の台地上に所在している。
現状で特に古墳らしい地形が残っている訳ではなく、かつてここに塚があったという話しもないのだが、ちょっと気になる神社である。
投稿時間 : 19:54 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年03月05日 その他
■ 謎の物体 from Slaytanic Wehrmacht

先日、アメリカから緩衝材入りの封筒が届いた。
最近、海外通販なんかしてないし、「はて何だろう?」と思い、開封してみた所、出てきたのが上の物体である。
何だ、コレ?

デザインと刻印されているURLから、これが私が参加しているSLAYERというスラッシュメタルバンドのオフィシャルクラブ関連のグッズであることは分かる。
問題は、これが「何なのか?」である。

封筒には、「Slayer Slatanic Wehrmacht Keychain」と書かれている。
しかし、私にはこの物体に鍵を束ねる機能があるようには思えない。
一応穴が空いているので、そこにリングなりヒモなりを通せば、キーチェーンとして使えないこともなさそうだが、普通、そういうものは付属してくるんじゃないだろうか? それともアメリカではリングやヒモは自前で用意するのが常識なのだろうか? 謎だ。

あと、やたらと突起がついているのも気になる。
形状からすると缶切りっぽいが、缶が切れる程尖ってないから栓抜きだろうか?
2カ所あるのは何故?
左側は栓抜きだとして、右側は何?

公式サイトに行けば何か書いてあるだろうと思い、先程一通りチェックしてみてが、会員にアイテムを送ったという記事もなければ、この物体に関する説明もない。
バンドグッズ販売コーナーも見てみたが、影も形もナシ。
果たしてコレ、どう使うのが正解なのだろうか?

Slayerは今年の夏に3年ぶりのニューアルバムをリリースする予定である。
もしかすると秋か冬には来日する可能性もある。今から非常に楽しみだ。
日本でライブとなれば、全国からファンが集結するだろうから、Slaytanic WehrmachtのTシャツ着てる人がいたら、捕まえて聞いてみようと思う。

2009年02月28日 東京都の古墳
■ 北区滝野川 狐塚跡

北区滝野川6丁目の国道17号沿いにある消防署の一角に、小さな伏見稲荷の祠が祀られている。
この消防署は、狐塚という古墳と思われる塚を崩して建てられており、稲荷の祠は、かつて塚上に祀られていたのだそうだが、その由緒が面白い。
戦前、旧中山道を拡幅した際、狐塚付近で事故が多発するようになり、これを狐塚の狐の祟りと考えた人々によって、伏見稲荷が勧請され、祀られるようになったのだそうだ。

塚上に稲荷社があることから、「稲荷塚」「稲荷山」等と呼ばれるようになった古墳も多く、その稲荷社からの連想で狐にまつわる伝承が生じる場合もあると思うが、どうやらここは狐が先で、稲荷がそれに関連づけられて後から祀られたというパターンらしい。
近くの王子稲荷にも「狐穴」と呼ばれる狐が住んでいたとされる横穴があるが、稲荷社と関係なく「狐塚」というからには、かつてこの塚にもそのような横穴があったのだろう。
同名の多くの塚がそうであるように、この塚もまた、横穴式石室を有する古墳だったのかもしれない。


狐塚跡の位置。
石神井川右岸の台地上にあり、四本木稲荷神社古墳の西500m程の所にある。
四本木稲荷の西側から西に向かって登る、その名も「狐塚の坂」という坂を登り切った所に、狐塚跡の消防署(滝野川消防署三軒家分署)がある。

ちなみに「三軒屋」とは、かつてこのあたりに三軒の種屋があったことに由来。
「滝野川牛蒡」「滝野川人参」など、かつては滝野川の種屋から仕入れた種苗が国内各地で栽培されていたそうだ。

滝野川消防署三軒屋分署。
王子稲荷は今見ても「昔は本当に狐がいたのかも」という雰囲気があるが、ここはそのような気配は微塵も感じられない。

中山道に面した敷地の角に、伏見稲荷が祀られている。
消防署建設に伴い、塚を崩したら狐火が現れるようになったので、それを鎮めるために祀ったという説もあるらしいが、いずれにせよ、狐塚と呼ばれる狐にまつわるエピソードのある塚が先にあって、それに関連して後から稲荷社が祀られるようになったということらしい。

伏見稲荷。
小さな祠だが、今でも2月の初午の際は祭りが催されるそうだ。
特に狐塚に関する由緒などは記されていない。

iPhoneのMapで上空から。
塚を崩した際に古墳関連の遺物が出たという話しは特にないようだが、近くに古墳があることや、石神井川岸の台地縁という立地からしても怪しい物件ではある。

投稿時間 : 13:54 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年02月28日 古墳巡りGadget
■ iPhone / iPod touch向けページ

iPhone/iPod touchに搭載されているブラウザ・Safariを使えば、パソコン同様にこのブログを閲覧することが可能ではあるが、画像が多かったりすると非力なiPhone/iPod touchでは表示に時間がかかったり、空きメモリが少ない時には落ちてしまったりすることがあるので、iPhone/iPod touchに最適化したページを用意してみることにした。

ブログの種類によっては、プラグインを追加するだけであっさりと実現できてしまったりするのだが、このブログで使っているのは、Movable Type 3.34という、ちょっと古いシステムなので、そのような簡単便利な方法は用意されていないようで、iPhone/iPod touch用のテンプレートを追加するという方法で対応するのが一般的なようだ。

この種のテンプレートは幾つかのサイトで公開されているが、私は、Crema designの「iPhoneテンプレートfor MT」を導入してみた。

Movable Typeのver.3.xにも対応しているので有り難い。


iPhone / iPod touch向け表示。

テンプレートを導入さえしてしまえば、後は普通にエントリーを投稿するだけで、PC向けと共にiPhone/iPod touch向けのページが自動で生成される仕組みになっている。
トップページはこのようにテキストで表示されるので、非力なiPhone/iPod touchでもサクサク表示される。このエントリー一覧から読みたいものを選ぶと、PC版の個別エントリー表示に該当するページが表示される。

エントリーの表示。
余計な装飾は省かれているが、基本的にはPC版と同じ表示で、横幅やフォントサイズがiPhone/iPod touchに最適化されている。

写真やテキストの回り込みといったレイアウトもPC版と特に変わりなく表示される。
写真をタップすると新しいウィンドウが開いて、拡大表示されるのも同じである。

iPhone/iPod touch用のブログエディタ「iBlogger」内蔵のブラウザで表示させると、丁度このようにメニューはテキストで、エントリーを選ぶとPC版の個別エントリー表示風に表示されるので、良く考えてみると、自分で使うだけなら、わざわざ専用レイアウトを導入する必要はなかったかも(笑)。

更に、iPhone/iPod touchでアクセスすると自動的に専用レイアウトページに飛ぶようにしようかとも思ったが、それをしてしまうとPC版をiPhone/iPod touch上で表示させたい時に不便なので、専用ページへのリンクを貼るに留めておいた。

アドレスは、

http://paralleli.life.coocan.jp/kofunblog/i/index.html

である。

2009年02月26日 古墳巡りGadget
■ バッテリー表示直った

HP Mini 1000 + iDeneb v1.3 10.5.5を10.5.6にアップデートしたら、バッテリー駆動時にメニューバー上に表示されるバッテリーインジケーターがバッテリー残量をリアルタイムに表示せず、起動直後の数値のまま動かなくなってしまい、これを解決するためにあれこれいじっていたら、危うく起動できなくなる羽目に陥りかけたことを先日のエントリーに記した。
それ以来、Mini 1000を使う機会も余りなかったので、そのまま放置していたのだが、昨日、久々に動かして、別件であれこれいじっていたら、いつの間にかバッテリー残量が再びリアルタイムに減っていくようになっていることに気づいた(笑)。

心当たりとしては、一旦切断したWifi(AirMac)を再びOnにできなくなってしまったので、Wifi関係の設定を一からやり直して、OSX86Toolsでパーミッション(アクセス権)の修復を行ったことと、再起動時に-fオプションで起動し、キャッシュの整理を行ったことの2点である。
元々、充電時はリアルタイムに数値が増えていっており、減る時だけ数値が反映されなかったという状況を考えると、-fオプションでキャッシュを整理したことが、問題解決に繋がったものと思われる。
kextとか入れ替えて、危うく起動不能になるようなリスクを犯さずとも、こんな基本的なことで解決できるとは...
以後この手のトラブル時には、とりあえずパーミッションの修復とキャッシュのクリアを試みてみることにしようと思う。

所で、Wifiのトラブル(AirMacのメニューから「AirMacを切にする」を選んでOffにすると、Onにできなくなる)は、システム環境設定のネットワークの所で、AirMacを選んで、「サービスを無効にする」を実行した後に、「サービスを有効にする」を実行することで解決できた。
これもわざわざ関連ファイルを削除&再インストールしたりする必要はなかった訳だ。
トラブル解決はまず基本的なことから徐々に試していくべきということが身に染みた一日であった。

2009年02月22日 東京都の古墳
■ 港区 赤坂氷川神社

次は、赤坂の氷川神社へ。
日枝神社からは南西に1kmほどである。

ここは日枝神社のように、古墳らしい地形が残っているわけではないが、境内から古墳由来の可能性が高い遺物や石材が見つかっているという場所で、東京都遺跡地図でも港区の8番として、無名ながら古墳(消滅のマーク)としての遺跡登録がなされている。
この神社から、そうした遺物が見つかったのは割と古い時代のようで、明治33年(1900)発行の『古墳横穴及同時代遺物発見地名表』には、赤坂区氷川神社境内として、

「管玉、朝鮮土器片、刀剣」

と記されている。
この内、刀剣は境内に絵馬堂を建てる際に土中から石材と共に見つかっており、絵馬堂の下には今でも石室が埋没している可能性があるようだ。
また、本殿背後の雑木林からは30〜90cm程度の丸石がまとまって出土したことがあるそうで、境内にはかつて複数の古墳が存在していた可能性が伺える。

尚、神社公式HPによれば、草創の由緒として、江戸時代の地誌『江戸名所記』に次のような伝承が記されているとある。

「むかし人王62代村上天皇の御宇天暦年中に近江国甲賀の郡に蓮林僧正として天台四明の法灯をかかげて一念三千の観行をこらす上人あり、東国修行のついでこの所に一夜をあかしける、その夜の夢にいづくともしらず老翁1人来りていわく、我はこの土中にうづもれて久しく年をつもれるものなり、いそぎ掘出して安置せしめばこの所の守護神となるべし、その埋もれし所には奇瑞あるべしと見て夢はさめにけり。
上人奇異のおもひをなしそのあたりをめぐるに一所の壇上に金色の光りあり、いそぎほりてみれば十一面観音の形像おわします。やがてそのところに社をたてて安置せしめらる、一木村の観音と名づけて諸人まいりつどう。きわめて利やくおおし。」

「土中にうづもれて久しく年をつもれるもの」といい、土中から出土した観音像といい、古墳の存在を強く臭わせるものがあり、興味深い。


赤坂氷川神社。
赤坂〜六本木界隈の鎮守である。現在、境内には古墳を思わせるような地形は見つかってないが、上述の伝承や、境内の複数箇所から古墳関連と思われる遺物が見つかっていることから、かつてはこの地に古墳群が存在していた可能性が推察される。

最初の鳥居を潜ってすぐ左に折れると、力石が置かれている。
この石は社殿背後から纏まって出土したとされる丸石の中の一つだと言われている。

力石。
大きさは長径90cm程で、「三十五貫目」(約131kg)と刻まれている。
石室材乃至は床に用いられていたものであろうか?

絵馬堂。
拝殿の手前左側にある。かつてこの堂を建てる際に、地下から刀と石材が見つかったとされている。今でも地下に石室が埋没しているのだろうか?

絵馬堂を南から。
絵馬堂手前にはちょっとした高まりがあり、もしかすると墳丘の名残りかもしれない。

社殿の背後は雑木林になっている。丸石が纏まって出てきたとされるのはこのあたりだと思われる。

iPhoneのMapで上空から。
敷地の北から東、南西方向は低地になっており、台地縁辺に所在している。立地からしても、いかにも古墳がありそうな場所ではあると思う。

投稿時間 : 18:26 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年02月22日 東京都の古墳
■ 千代田区 日枝神社

今日は赤坂界隈の「古墳かも知れない物件」へ出かけることに。
ところが、駐車場へ行ってみると前輪の左のタイヤの空気が抜けて潰れていた。
この車に変えてから初のタイヤ交換ということもあり、ジャッキを探したり、スペアタイヤを探したりと手間取り、一時間程費やして出端を挫かれた。

予定より一時間程遅れて永田町に到着。
まずは、江戸城/皇居の鎮守・日枝神社に行ってみた。
日枝神社は、先日訪れた金子塚があったとされる平河天神から南に1kmちょっと行った所に鎮座している。

鳥居博士は『上代の東京と其周囲』(鳥居龍蔵 1927)の第四章「東京市内の古墳調査巡回の記」の中で、日枝神社について次のように述べている。

「芝公園で十分に調査をして、それから尚ほ自動車を走らせて赤坂の日枝神社の境内に到着した。此処にも原始時代の古墳がある。此の古墳も瓢形をして居るが、多分昔の前方後円の崩れたものであらうと思ふ。此処の古墳は周囲百五十間あって、今は其の真中にトンネルを穿ち、其処を通ずるやうになつて居る。これは近頃のことである。けれども能く此の形を見れば、立派な瓢形を呈して、崖に臨んでいる。此の状態は芝の丸山に於ける前方後円の古墳と同じである。今は此の古墳の上に闊葉樹の大木が茂って居る。此の木を見ても、此の古墳の新しくないことが考えられる。これは日枝神社が此処に移されない前から、此の山王台にあつたものと謂つて宜い。
境内を彼処此処見たが、丸塚のやうなものは見当たらなかつた。併し既に瓢形の古墳が此処にあるとすれば、今日日枝神社のお宮のあるあたりには、丸塚が少しはあつたものであらうと考へられる。尚ほ今日星ヶ岡茶寮の建物のある土地は、幾らか高くなつて居る。これは或は古墳を削つたものではあるまいか。茲に疑ひを存じて置く。」(前掲書P66)

これによれば、まず、日枝神社境内の崖際に前方後円墳が崩れたものと思われる塚状地形があり、星ヶ岡茶寮(日枝神社南東のキャピトル東急ホテルがある場所)のあるあたりも古墳の残骸と思われる地形があったようだ。
後者は現在跡形もなくなっているが、日枝神社境内の前方後円墳?は、Google Mapを見る限り、神社が乗る台地の北端あたりに残っているように見える。


日枝神社は「星が岡」と呼ばれる独立丘上に鎮座している。ご覧のように麓との比高さは結構ある。丘の周囲は急な崖で囲まれている。

由緒書。
鎌倉時代に秩父氏によって山王社が勧請されたのがはじまりで、後に太田道灌や徳川家康によって江戸城の鎮守として重んじられたそうだ。日枝神社となったのは明治に入ってから。

日枝神社本殿
日枝神社ということで、境内には猿の石像が多く見られた。尚、急な斜面に取り囲まれた丘上に鎮座しているため、麓から境内に至るエスカレーターが設置されている。エスカレーターが整備された神社とは珍しい。
尚、塚状地形はこの写真右手の稲荷社の背後にある。

末社の稲荷社。Google Mapでは「八坂神社」と表示されている場所である。
この社殿の右隣に宝物殿があり、稲荷社から宝物殿にかけての裏手い細長い塚というか、土塁状の地形が残っている。

塚状地形。
トンネルが穿たれていることから、これが鳥居博士が著書の中で述べていた前方後円墳跡であると思われる。

トンネルより左側の部分。右側と比べると小さい。
『上代の東京と其周囲』では、塚状地形の中央部にトンネルが穿たれていたように記されているから、こちら側は写真左手の神輿倉とトンネルの先にある星ヶ岡寮の建設に伴って大分削られてしまっているようだ。

トンネル右側部分。
こちら側は稲荷社〜宝物殿裏手にかけて長く続いており、比較的旧状を留めているようだ。現状は古墳というよりは城跡の土塁といった風情であるが、東西に長く伸びる様は、前方後円墳が削られた結果であると言われれば、そのようにも見える。トンネル部分がくびれ部であるとすると、こちらは前方部?後円部?

墳丘上には石材が散在しているが、石室材という訳ではないっぽい。尚、この箇所の向こう側(北側)は崖になっている。

iPhoneのMapで上空から。
八坂神社裏手の部分が社殿に削られて半円形になっているようにも見えるので、前方後円墳だとするとこちらが後円部か?
尚、上空から見ると日枝神社社殿が乗っている丘はほぼ円形を成しているが、南東の東急ホテルのある箇所に向けて突出しており、星が岡全体が大きな前方後円墳のような平面形をしているようだ。
投稿時間 : 18:13 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年02月19日 東京都の古墳
■ 麹町 金子塚

鳥居龍蔵著『上代の東京と其周囲』(磯部甲陽堂 1927)に「江戸砂子に見えたる古墳」という章がある。
この章では、享保十七年刊行の地誌『江戸砂子』の記事の中から、鳥居博士が「これは古墳じゃないか?」と思ったものを列挙しているのだが、その中に、麹町の金子塚について言及されている箇所がある。

「次に麹町の所では「金子塚」と題し
  金子十郎家忠の墳、古鹿子曰、麹町門外、越後守光長卿のやしきの内にあり、今は知れず。
  と記せり然らば平河天神前の辺か
と書いて居る。此の当時にもう既に金子塚といふものが無くなって、何処にあるか分からないが、兎に角此のあたりに金子塚といふものがあったことは、是に依って知ることができる。」(前掲書 PP36-37)

特に埴輪が出たとか、石室が出たとか、根拠になるような話しはないのであるが、博士はこの金子塚も古墳だろうと考えておられたようだ。
博士の著書を読むと、都内の来歴不明な塚及び塚状地形を片っ端から古墳認定しているきらいがあり、中には後の調査で古墳ではないことが判明した物件も含まれているのだが、果たして金子塚はどうだろうか?

金子塚が古墳かどうかは、今となっては確かめようもないが、平河天神は、仕事の関係で良く訪れる場所である。
得意先の事務所が、平河天神に隣接するビルに入っているのだ。
今日も打合せでお邪魔したので、その後に金子塚に思いを馳せつつ、平河天神の境内を散策してみた。
丁度梅が満開で、境内は梅の花の清々しい香りに満ちており、春の訪れが間近いことを感じることができた。


平河天満宮。
永田町から麹町方面へ登る坂の途中に鎮座している。台地縁の斜面上という立地と、近くに金子塚という古墳かも知れない塚があったことから考えると、もしかするとこの神社も元は古墳の上にあったのではないかという気もしなくもない。

平河天神周辺。
享保年間には既に削平されて正確な場所も分からなくなっていたようだが、この界隈に金子塚という塚があったらしい。伝承通り中世の塚という可能性もありそうだが、地勢からすると、いかにも古墳がありそうな場所ではあると思う。
2009年02月17日 古墳巡りGadget
■ HP Mini1000 危うく起動不能に

今日、新しい不具合を見つけた。
それは、バッテリー駆動時にバッテリーインジケーターが減らないというものだ。
正確には、再起動するとその時点での残量は示す。
つまり、バッテリー残量を知りたければ再起動しなければならないという不毛な事態に陥っていることに気づいたのだ。
10.5.5の頃は普通に減っていっていたから、これは10.5.6にアップデートしたことにより新たに生じた問題のようだ。

この手のことを司っているのは、PowerManagementと名のつくエクステンションと相場は決まっているので、これを10.5.5のものに差し替えればいいだろうとは思うのだが、念のために類似の事例を解決した例はないかネットで調べてみると、海外のフォーラムで該当する記事を発見した。しかもそこには「これと差し替えると直るぜ!」というPowerManagement.bandleがアップされているという親切さである。
そこで早速それをDLして、差し替え、指示通りに再起動すると...

インジケーターが出てこない(笑)。
前は一応表示はされてたのに...
ただ、その記事には、インジケーターが表示されない場合の対処法というのもちゃんと書いてあったので、それに基づき対処してみる。
どうもAppleACPIPlatform.kextのヴァージョンが古いとダメ(Mini1000に入っていたのは1.0.3)なようなので、新しければいいのだろうと思い、同じ10.5.6が入っている本物のMacBookの方を見てみると、こちらは1.2.4とかなり新し目のヴァージョンであった。
これをUSBメモリに移して、KextHelperを使ってMini1000にインストール。
念のためにディスクユーティリティーでパーミッションを修復した後に再起動。
ちなみにこの作業、U100 Vogueではやらなくても特に問題は起こらないのだが、Mini1000の場合は、やらないと上手く起動できなくなることが多い。とは言え、セーフモードでは起動できるので、改めてパーミッションを修復してやれば直ることが殆どである。

そんな訳で、割と気軽にこのkextの入れ替えを行ったのだが...起動しない。
起動しない上に挙動がおかしい。
グレーのリンゴ画面で歯車回る所までは行くのだが、HDDにアクセスしている気配が全くない。
これは、10.5.6にアップデート失敗した時と同じ挙動ではないか!
「また、一からやりなおしか?」という不安と共に強制電源OFF&再起動。
今度は起動オプションで-xをつけて、セーフモードで起動してみる。
やっぱりグレーのリンゴ画面で歯車回りっぱなし&HDDへアクセスしなくなる。

-fオプションでキャッシュを整理しつつ起動してもダメ。
-sオプションでシングルユーザーモードで起動してみても、途中で止まってしまう。
以前失敗した時と全く同じ挙動である。
ただ、一つだけ前回と違うのは、原因がハッキリしている点だ。
AppleACPIPlatform.kextを元の1.0.3に戻しさえすれば、とりあえず起動はするようになる筈。

ただ、人間、あせっている時はバカな真似をするもので、以前USBメモリに仕込んでおいたUbuntu(Linax)でブートして、Ubuntu上からHDDにアクセスしてkextを入れ替えよう等と試みてしまった。
当然、アクセス権の問題で読み出ししかできないから、入れ替えなどできる筈はない。
次にLANケーブルでMacBookと接続して、MacBookからアクセスしようとかしてしまった。そもそもEthernetはOSX上でもUbuntu上でも死んでいるのに、である。

そこまでやって、ようやっと一番簡単で確実な方法を思い出すことができた。
ターミナルがあるじゃん! と。

外付けDVDドライブを接続して、iDenebのインストールDVDをぶち込んで、インストーラーを起動。
メニューからターミナルを選んで、cp -r コマンドで、バックアップフォルダ内にある1.0.3を/System/Library/Extensionsにコピーしてターミナルを終了。
次にディスクユーティリティーを起動してパーミッションを修復して再起動。

すると無事にOSXは起動した!
しかし、インジケーターは表示されないままなので、PowerManagement.bandleも元々入ってた奴と差し替える。
こんなこともあろうかと、バックアップをとっておいて良かった。
で、再起動。
何故か元に戻したのに、インジケーターが表示されないではないか。
ここでパーミッションの修復を忘れていたことに気づき、修復。そして再起動。
無事、インジケーターが表示されるようになった(相変わらず減らないけど)。

さて、こうして起動できない事態に陥ってみると、バッテリーインジケーターの機能不全なんか全然大したことではないように思える。
どんな不具合があったって、起動しないよりは遥かにマシである。

とは言え、やっぱりバッテリー残量がリアルタイムで表示されないと不便なので、改めて修復にトライしてみるつもりではある。前述の記事では、1.1.0のAppleACPIPlatform.kextを使っていたので、とりあえずはこれを探してみようと思う。
それと、そろそろいい加減にバックアップ用の外付けHDDを買おうと思う。
この手の起動不能になる可能性のある作業をする前に、タイムマシン機能を使ってバックアップをとっておけば、例え不具合が生じても、ボタン一発で作業前の状態に復元することが可能というのが、OSX10.5 Leopardのウリだ。
この機能を使わない手はないだろう。

<<前のページへ 1234567891011