2009年02月16日 古墳巡りGadget
■ HP Mini1000 初出動!

HP Mini 1000を無事10.5.6にアップデートできたので、早速近所の家電量販店にてiLife09を購入。最近はわざわざ秋葉原まで出なくても、Apple製ソフトを買えるようになって大変嬉しい。これもiPodのおかげか?

さて、HDD容量が残り43GB程度しかないので、iMovieやiDVD、GarageBandといった、明らかにこの端末では使わないと思われるものを省き、iPhotoとiWebのみをインストール。これで約1.2GB 。
で、早速iPhoto09を起動して使ってみた。

08からの大きな変更点は、顔認識機能が追加され、同一人物が写っている写真を自動で選り分けてくれるようになった点と、画像ファイルのジオタグを読んで、場所別に自動で選り分けてくれるようになった点の2点である。他は基本的に08と大きくは変わらない。
前者は古墳写真管理では全く不要な機能であるが、試しに息子の顔で試してみたところ、結構いい確度で写真を集めてくれた。若干全然関係ない外人の写真とかも混じっているが、トレーニングを積ませれば、精度は上がるっぽい。
後者も不要と言えば不要であるが、GoogleMap上に撮影地がピンで表示され、そのピンをクリックするとその場所で撮影された写真が表示されるという仕組みなので、古墳写真だけ別ライブラリーにしておけば、自動で「私が訪れた古墳マップ」を作成&更新してくれるという点は便利かもしれない。

先日の台東区&墨田区の鳥居物件巡りには、U100 Vogueではなく、このiPhoto09入りのMini 1000を携行して出かけてみた。
途中、息子と昼食をとりつつ、iPhone &デジカメで撮影したデータをiPhotoに取り込んだり、Web上のアルバムにデータを転送してみたりしたが、一通りのことは問題なく行えることが分かった。
ちなみに、外でのインターネットへの接続は、EMobileのWM端末か、AppleのAppStoreでほんの一瞬だけ販売されていた(たまたまその時間にAppStoreにアクセスしていたので買えた)、「NetShare」というアプリを使ってiPhone経由で行うのだが、どちらも問題なく接続できた。

が、U100 Vogueと比べるとどうも使いづらい。
まずはキーボード。キーピッチは十分以上なのだが、キートップが平坦気味なのに加え、キーとキーとの間の隙間が狭いので、つい隣のキーを押してしまったりしがちである。これはまだ慣れてないというのもあるのかも知れないが、ちょっとイライラする。
次にSDカードスロット。いちいちカメラとパソコンをUSBケーブルで繋いだり、パソコンにSDカードリーダを接続したりせず、カメラから取り出したSDカードをダイレクトに読み込めるのが、この手のミニノートの利点の一つである。それなのに、Mini1000のSDカードの差しづらさはかなりのものである。
一応本体側面にスロットがあるのだが、その本体側面がかなりきつく下に向けてカーブしているので、殆ど本体底面にあるのと変わらないような位置にスロット開口部がきてしまっているのだ。
従って、抜き差しするためには、いちいち本体を持ち上げなければならないという不毛さである。多分、カメラにUSBケーブル差した方が速いと思う。

その他、稼働時間が6セルバッテリー搭載のU100 Vogueと比べて短いとか、HDDが1.8インチなので、2.5インチ搭載のU100 Vogueと比べて若干動作がモッサリ気味であるといった点もあるが、この辺はそれほど気になるようなものでもない(外で何時間もパソコン使わないんで)ので、良しとしている。

という訳で、見た目はMini1000の方が格段に上だが、肝心の「使いやすさ」では、U100 Vogueの方が一枚上である、というのが今の所の感想だ。
U100 Vogueの方が200g程重いのだが、体感上明確な差を感じる程ではないので、SDカードスロットの使いづらさを考えると、次回以降、持ち歩くのはU100 Vogueがメインになるような気がする。

2009年02月14日 浅草寺周辺の塚
■ 墨田区立花 吾嬬神社

最後は、隅田川の対岸、墨田区立花の吾嬬神社へ。
ここは、博士の著書でも軽く触れられている場所である。
もっとも、隅田川の対岸と言っても、中川(古利根川)の旧流路に近いから、浅草というよりは、中川上流の葛飾区内の古墳との関連性の方が強いのかもしれない。

この神社の祭神は、社号からも想像がつくと思うが、弟橘比売と倭建命である。
社伝によれば、この場所は、命が三浦半島から房総半島に渡る際に、海神を鎮めるために身を投じた妻・弟橘比売の遺品が流れ着いた場所なのだそうだ。
社殿は、小高い盛土の上に鎮座しているが、これは命が、妻を偲んで、漂着した遺品を埋納するために築いた塚だという。
尚、立花の地名も弟橘比売に由来するとのこと。

墨田区というと、川沿いの真っ平らな所というイメージしかなかったので、このような、いかにも古墳という雰囲気満々の小山があるとは驚きだ。
また、墨田区というと、比較的新しい時代に開けた土地というイメージもあるのだが、東征伝承の中でも最も古い形態と思われるヤマトタケル伝承が伝わっている点も興味深い。対岸の浅草同様に、隅田川左岸〜中川(古利根川)右岸にかけての自然堤防上は比較的古くから開けていたのかも知れない。

ここも今の所は特に古墳関連の遺物が見つかったというような話はないようだが、伝説とは言え、人工の築山であると伝えられている点も興味深い。


参道入り口の由緒書。
上述のヤマトタケル伝説と、御神木の楠の由来について触れられている。

吾嬬神社。南側から。
社殿は確かに周囲よりも小高い土地に鎮座している。この土台部分は南北に細長い長方形に整形されているので、本来はもっと規模の大きいものだったと推測される。

境内右手には由緒書にあった神木の楠がある。
元々は倭建命が自ら植えたものだったようだ。

説明板には楠を植えるに至った経緯と、この社地が妻の遺品を納めるために命が築いた築山である旨が記されている。記録にはないが、かつてこの場所からそれらしい物が見つかったことでもあるのだろうか?

社殿の後ろ側は更に一段高くなっている。
大正時代に撮影された写真を見ると、元々この場所が円墳風な塚状になっていたようだ。社地全体が築山なのではなく、自然地形の残丘上に塚を築いたということなのだろうか? 社地全体が築山なのだとすると、現状長方形に残されていることから、前方後円墳である可能性もあるのかもしれない。

社殿背後の高まりを別角度から。
石材が散見されたが、石室材という訳ではないようで、比較的新しい時代に持ち込まれたような雰囲気であった。

社地を北側から。
南側と比べると擁壁の高さが高くなっている。

大正時代の吾嬬神社(鳥居龍蔵『上代の東京と其周囲』磯部甲陽堂 1927より)。
恐らく上の写真と同じく、北側からの撮影と思われる。
現在は擁壁で良く分からなくなっている社殿背後の高まりは、元々は円墳風な形状をしていたようだ。また、社地が長方形に整地されているのはかなり前からのことであることも分かる。何となく小型の前方後円墳を崩した跡のように見えなくもない。

iPhoneのMapで上空から。
わざわざ長方形に整地しているということは、元々南北に細長い丘だったのだろうか?
尚、かつては周囲に流れ着いた船の櫂を埋めたとされる「櫂塚」等、他にも弟橘比売関連の品物を埋めたとされる塚が幾つか存在していたとのこと。もし全て古墳だったとすると、浅草寺界隈と同様に、隅田川左岸の自然堤防上にも古墳群が築かれていたのかもしれない。
投稿時間 : 16:42 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年02月14日 浅草寺周辺の塚
■ 台東区清川 玉姫稲荷神社
image879790007.jpg続いて、清川の玉姫稲荷神社へ。
駿馬塚から徒歩10分程で、妙亀尼塚と駿馬塚との丁度中間位の位地にある。

ここは鳥居博士の著書には出てこないが、江戸時代に描かれたスケッチでは、田中の小高くなった場所に社殿が鎮座している。
また、玉姫とは、「玉を秘める」という意味とのことで、古墳の副葬品を暗示しているようで興味深い。
かつて経文を瑠璃の宝筒に入れて埋蔵したという伝説があるそうだ。
投稿時間 : 16:30 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年02月14日 浅草寺周辺の塚
■ 台東区東浅草 駿馬塚

続いて、東浅草の駿馬塚へ。
妙亀尼塚からは徒歩10分程。

この塚には、源義家が奥州征伐に向かう際、この地で死んだ愛馬の青海原を葬った塚であるという伝説がある。
源義家に関する伝説は、毛長川流域の白旗塚古墳や甲塚古墳、竹塚神社等、足立区内にも多い。
毛長川流域と浅草は、旧入間川〜中川(旧利根川)〜隅田川と水運で連結されており、こうした古代の交通路に沿って古墳と伝説が分布しているのは興味深い。
また、この源氏伝説と重なるようにヤマトタケル伝説も分布しており、私はこれが一番古い形で、時代が下るに従って、源義家等の他の東征を行った武将の話しにすり替わっていったのではないかと考えている。
例えば、毛長川流域の花畑にある大鷲神社はヤマトタケルを祭神としており、東征の際に宿陣した場所であるとされる一方で、源義家の弟の義光が奥州征伐の際に、援軍に駆けつける途中で宿陣したとも伝えられており、話しがすり替わる過程を見ることができる気がする。
大鷲神社といえば、浅草にも鷲神社があり、共に酉の市で知られるが、これは足立の大鷲神社が酉の日に鶏を浅草寺に放生していたことで浅草に伝わったとされている。このことからも足立と浅草との地縁の深さが伺えるが、鷲神社は、古代豪族で古墳造営と深い関わりを持っていた土師氏と関係が深い神社だとされている。一方、浅草寺を建てたのは、土師真中知(はじのまつち)という在地豪族であり、この点でも両地域の繋がりを見て取ることができ、興味深い。

尚、駿馬塚からは明治時代に陶棺(瓦棺)が出土しており、その経緯が「考古」という雑誌に報告されている。
残念ながら現物は伝わっていないが、駿馬塚が陶棺を装備した古墳だったとするならば、かなり末期の頃の古墳であり、浅草寺の創草時期とされている推古朝とそう違わない時期のものであったのかも知れない(中世の墓という可能性もあるが)。


関東大震災前後の駿馬塚(鳥居龍蔵『上代の東京と其周囲』磯部甲陽堂 1927より)。
当時既に削平されており、塚という風情ではなく、石の五輪塔と石碑によって、その場所を知ることができるといった程度だったようだ。恐らく陶棺が掘り出された際に盛り土は取り去られてしまったのだろう。

現在の駿馬塚。
家と家との間の細い路地の奥にあり、非常に分かりづらい。大正時代からそう変わらない様子ではある。

大正時代の写真と見比べてみると、塚上から五輪塔と石碑が外され、代わりに馬頭観音が祀られるようになったようだ。屋根も設けられて、大切にされている雰囲気である。

五輪塔は塚上から撤去されたものの、こうして脇に保存されていた。塚の来歴を記していた石碑は無くなっている。

北側から。
以前は家が建っていて見通せなかったらしいが、空き地になっており、駿馬塚の裏側を見ることができた。
塚というか馬頭観音を祀る基台は大正時代もそうであったが、石材を積み上げて構築されている。石室材が混じってたりするのだろうか?

台東区による説明板。
源義家伝説について説明されており、『江戸名所図会』に掲載されている挿絵も紹介されている。

『江戸名所図会』の挿絵(『江戸名所図会 巻六』博文館 1893 より)。
元々は小円墳風な塚であったことが分かる。尚、塚の右手から下にかけて川か湿地と橋が描かれており、これは周堀の名残か?恐らくこうした堀のような地形を伴うことから、東征する武将にまつわる伝説が生まれたものと思われる。

iPhoneのMapで上空から。
この画像では完全に住宅に取り囲まれてしまっているが、現在は北側が空き地になっている。
ただ、そこもいつまで空き地になっているか分からないので、駿馬塚を見るなら今が好機なのかも知れない。
投稿時間 : 14:19 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年02月14日 浅草寺周辺の塚
■ 台東区橋場 妙亀尼塚

今日は久々に、鳥居龍蔵博士が、大正〜昭和初期に著書の中で、「古墳では?」と紹介していた、東京都内の塚&塚跡「鳥居物件」を巡る。

まずは橋場の妙亀(尼)塚。

この塚は、謡曲「隅田川」で知られる梅若丸伝説縁の地である。
梅若丸とは、吉田少将惟房の子で、人買いにさらわれて奥州へ下る途中、隅田川のほとりで没したとされる。
その梅若丸を探しにやってきた母がこの地に至り、我が子が既にこの世にないことを知って嘆き、髪を下ろして尼となり、「妙亀尼」と号して庵を結んだのだそうだ。
その妙亀尼を葬ったのが、この妙亀尼塚だとされている。
ちなみに、梅若丸を葬った塚というのも、隅田川対岸の木母寺に所在した。

かつて妙亀尼塚のそばには鏡ヶ池という池が存在し、この池の周囲には他にも釆女塚、蛇塚(首塚)といった塚が存在したらしい。今の所、特に古墳関連の遺物が見つかったというような話はないようであるが、鳥居博士はすぐ南にある浅草寺境内から石棺が出土している(伝法院庭園内に現存)ことから、これらの塚も古墳であったろうと述べておられる。


妙亀尼塚。
現状は2段築成の方墳風に整形され、小さな公園になっているが、周囲よりも小高く、盛り土自体はそれなりに残っている風であった。

2段目?は、溶岩で構築されたピラミッド風になっており、頂上に妙亀尼を祀った石祠が建っている。

そのピラミッド頂上から周囲を見渡すと、結構な高さがあることに気づく。

関東大震災直後の妙亀尼塚の様子(鳥居龍蔵『上代の東京と其周囲』磯部甲陽堂 1927 P224より)
形状は円墳風だが、高さは現状とそう変わらないように見える。
江戸時代位迄は、この塚上に庵が存在していたそうだ。妙亀尼の庵の跡地に塚を作ったとされているが、恐らく前後関係は逆で、塚上の庵を説明するための後付けっぽい。古墳かどうかは不明だが、少なくとも中世以前の塚であることは間違いなさそうだ。

iPhoneのMapで上空から。
周辺の住宅と比べてみても、元々は割と大きな塚だったように思える。
投稿時間 : 14:09 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年02月12日 古墳巡りGadget
■ iDeneb 10.5.5→10.5.6 アップデートの夢

HP Mini 1000 に入れているiDeneb v1.3 10.5.5 をOSX の最新版である10.5.6に安全にアップデートする夢を見る方法が確立されたっぽいので、トライしてみた。
が、初回はDSDTのパッチを作成する所でミスってしまい、10.5.6のアップデート自体はできたものの、セーフモードでも、シングルユーザーモードでも起動できなくなってしまった。
一応、グレーのリンゴ画面までは行くのだが、HDDへアクセスせずに、歯車が回りっぱなしになったまま先に進まなくなってしまうのだ。シングルユーザーモードで確認すると、LAN関係のファイルを読み込んだ所で止まってしまっている。
シングルユーザーモードかセーフモードで起動できれば、何とかやりようもあるのだが、こうなってしまうと私にはもうお手上げ。
面倒なので、HDDを一回フォーマットして、一からやり直すことに。
2回目もちょっとしたトラブルに見舞われたものの、何とか無事に終えることができた。
これで、私が古墳巡り等で撮影した写真を管理している、iPhotoの最新版であるiPhoto09をインストールすることができる。
もっとも、機能的にはiPhoto08で満足しているのだが、今更これを買い足すのも馬鹿馬鹿しい。かといって最新版はOSX10.5.6でないとインストールできないので、これに備えてOSアップデートにトライした次第である。

以下、忘備録として、私が夢を見るに至った手順。

http://www.myhpmini.com/forum/viewtopic.php?f=17&t=37&sid=e9e416f7573db3fc48f65312929011f9
http://www.myhpmini.com/forum/viewtopic.php?f=17&t=387

の記事を参照してトライしてみた。


●1.準備
以下のファイル/アプリケーションをDLし、USBメモリやSDカード等に入れておく。
上記サイトのリンクから入手可能。
iDenebのisoイメージはディスクユーティリティーを使ってDVDに焼いておく。

iDeneb v1.3 10.5.5インストール用
・iDeneb v1.3 1.5.5.iso
・LAN9500_MacOS_0.2.1.pkg
・Kext.zip(HP Mini 1000用のKextパッケージ)
・wifi.txt
・Broadcom.zip
・loop_fix.txt

10.5.6インストール用
・Universal OSx86 Installer
・DSDT Patcher

10.5.6用
・Japanese.pkg(iDenebのDVDから抜き出しておく)

尚、10.5.6にアップデートした直後は、キーボードとトラックパッドが使えないので、USBマウスとキーボードがあると便利。マウスは必須だが、キーボードはソフトウェアキーボード(システム環境設定から表示可能)でもなんとかなる。


●2.iDeneb v1.3 10.5.5のインストール

1.iDeneb v1.3 をDVDからブート。F8キーを押してインストール開始
2.インストーラーが立ち上がったら、「主に日本語を使用」を選択して次へ
3.メニューバーからディスクユーティリティーを起動。
4.HDDを選択し、「Mac OS拡張(ジャーナル)」を選んで、消去。
5.画面を進め、インストールするHDDを選択した後に、「カスタム」を選択。
  以下のオプションを選択する。

  ■Patches 10.5.5 Ready
   ■Audio
    ■AppleAzaliaAudio
   ■Chipset
    ■ICHx Fixed
   ■Karnel
    ■Karnel 9.2.0 sleep
   ■Network
    ■Ethernet
     ■Apple Yukon 2
     ■Skge Marvell
    ■Wireless
     ■Broadcom
  ■Fix
   ■ACPI Fix
   ■Cpus=1 Fix
   ■Apple SMBIOS
    ■Apple SMBIOS MacBook
   ■FireWire Remove
   ■IOUSB Family fix
   ■PowerManagement
   ■PowerOff_Fix
  ■Video
   ■Intel
    ■Intel GMA950
  ■Applications
   ■kext helper
   ■OSX86 Tools

6.インストールを実行。
  iDenebの場合、画面にステータスが表示されないので、終わるまでひたすら待つ。
7.再起動したら、管理者権限付きのアカウントを作成。
  システム環境設定のアカウントの項目で、自動でログインするように設定。
  これをやっておかないと、後のステップでキーボード使用不可になった際にログイン不能になってしまう。
  USBキーボードがある場合は、無問題。
8.ターミナルを起動し、

  passwd root

  を実行し、rootのパスワードを設定しておく。


●3.10.5.6インストールに備えての準備

1. Universal OSx86 Installerを起動。
2.10.5.5の入ったHDDを選択
  motherboard package to install は、OSX86_ essentialsをプルダウンメニューより選択
  Apply kext packageをチェック
  install PC_EFI v9 chameleon 1.0.12をチェック
  した上で、installを実行。
  設定項目を誤ると、10.5.6が立ち上がらなくなるので要注意。
3.終わったら、再起動を2回行う。
4.DSDT patcherを起動。
5.Darwin/MacOSXを選択
  New HPET optionをチェック
  Apply DSDT patch to MACOSXをチェック
  した上で、実行。
  設定項目を誤ると、10.5.6が立ち上がらなくなるので要注意。
6.終わったら再起動を2回行う。
7.事前にDLしておいたBroadcom.zipを解凍し、出てきたBroadomフォルダーをHDDにコピー
8.ターミナルを開き

  sudo -s

  と入力。パスワードを聞かれるので、事前に設定しておいたRootのパスワードを入力。
  続いて、

  cd /Broadcom
  /Broadcom/bcm43xx_enabler.sh

  と入力。
  色々聞かれるが、エンターを押して先に進める。
  終わったらターミナルを閉じる。
9.ディスクユーティリティーを開き、「アクセス権の修復」を実行。
  アクセス権の修復終了後に再起動するとwifiが使えるようになる。
10./System/Library/PreferencePanes/Keyboard.prefPaneをUSBメモリ等にコピーしておく


●4.10.5.6のインストール

1.ソフトウェアアップデートから、10.5.6のアップデーターのみを選択し、インストール開始。
2.再起動後(環境によって1〜3回自動で行われる)、事前にDLしておいたkext.zipを解凍。
  中に含まれるkext全てをKext Helper B7を使ってインストール。
  このツールは、iDeneb v1.3 インストール時に/Application/iDeneb APPに入っている筈。
  尚、kextインストールの際に、管理者パスワードの入力を求められるので、
  USBキーボードかソフトウェアキーボードを使って入力。
3.再起動するように求めるダイアログが出てくるが、再起動せずに、Kext Helperを終了。
4.ディスクユーティリティーを開き、「アクセス権の修復」を実行し、再起動。
  これを飛ばすと、起動時にグレーのリンゴの画面で止まってしまうことになる。
  その場合は、セーフモードで起動して、アクセス権の修復を実行する。
5.再起動後、Wifiが死んでいるので、3の7〜8を再び行う。
6.先ほどコピーしておいた、10.5.5のKeyboard.prefPaneを
  /System/Library/PreferencePanes/ に上書きコピー。
7.日本語化する場合は、iDenebのDVDから抜き出した、Japanese.pkgを実行。


これで、Fnキーとファンクションキーの組み合わせで、画面の輝度調整できるようになったので、先日導入したShadesは早くもお役御免に。

もっとも最近は、iDenebも10.5.6ベースのv1.4が出回っているし、他にもiPC等10.5.6ベースの種が存在している。また、市販のリテールDVDを使う方法なら、たかがアップデートにこんなに面倒な思いをしなくて済むので、一からやるならそうした方法を採った方が良かった気もする。リテールDVD買ったんだし(笑)。

ざっと使ってみた感じとしては、特に大きな問題もなく、動作していると思う。
今の所、気がついた問題点としては、

1.システム環境設定の「マウスとキーボード」が日本語環境下で開けない。
  設定するには、一度英語環境にしないとダメ。
2.システムプロファイラの「ハードウェア」の項目がエラーで表示されない。
  内包されている各項目は表示される。

といった所で、いずれも日常の使用に差し支えるという程のものではない。
1は多分、Japanese.pkgが古いのが原因だと思われるので、購入したリテールDVDからインストールし直せば直る可能性大。2もkektかplistを幾つか差し替えれば直るっぽいので、暇を見て手を入れようと思う。

2009年02月10日 古墳巡りGadget
■ HP mini 1000 さらば渦巻き!

HP Mini 1000 は、低価格のミニノートの中ではかなりしっかりした作りで、見た目の質感は「5万円で良くここまで頑張った!」と褒めてやりたい位に良いのだが、天板に渦巻模様がプリントされている点だけが、どうも頂けない。
これはこれで悪くはないと思うが、個人的には黒単色の方がモアベターである。

幸い、この渦巻模様はモールドでなく、印刷であり、しかもその上から透明樹脂でコーティングされている=表面はツルツルなので、上から色を塗れば、簡単に消すことができそうである。
そこで早速、近所のホームセンターでスプレー塗料を買ってきて、黒く塗りつぶすことにした。
黒と言っても、艶あり、艶なし、メタリック調等色々あるが、OSXを入れたことだし、手持ちのMacBook 黒と同じマットブラック調に仕上げることに決定。

塗装は、色ムラをなくすために3回に分けて実施。
この時期は塗料の乾きが悪く、一回塗ったら一時間待つようにしていたので、結構時間がかかってしまったが、まずまず、納得できる仕上りとなった。
ついでに天板の中央に、自作の白リンゴステッカーを貼付。泥棒の風呂敷柄からMacBook風に天板は生まれ変わった。

天板だけMacBook風というのもアレなので、ディスプレイ下部にも「MacBook nano」とロゴを入れ、更に雰囲気を高めてみた。
丁度この部分にはHPのロゴが入っていたので、これを隠すことにもなって一石二鳥である。
向かって右下に小さく「HP Mini」と入っているのはご愛嬌。

2009年02月09日 古墳巡りGadget
■ OSX on HP mini 1000 不具合対応

HP mini 1000 でOSXを動かす夢を見ていて、気になった不具合が幾つかある。

1.内蔵スピーカー&マイクが動かない。
2.キーボードからの画面輝度調整ができない。
3.メニューの日本語化が中途半端。

の3つだ。
また、OSXの夢とは別に、HP mini 1000のハードウェア仕様上の問題点として、

4.USBポートが2つしかない。

がある。
今日はこの4つの点の改善を試みた。


1.内蔵スピーカー&マイクが動かない

海外のフォーラム等を覗いてみると、現在は幾つかの解決策が編み出されているようだが、ちょっと私には敷居が高いというか、イマイチ手順を把握しきれていないので、抜本的な解決はもう暫く勉強してからするとして、とりあえずはUSB接続の外付けサウンドボードで対処することとした。

近所のパソコンショップを覗いてみると、何種類か置いてあるのを発見したが、いずれも対応OSがWindowsのみで、OSX対応とは書かれていないものばかりであった。
ただ、どれもドライバのインストールは不要で、USBポートに差すだけで使えると書いてあった。この手のOS標準のドライバだけで動く奴は、Win対応しか謳っていなくても、OSX上で動作する場合が多い。
そこでサウンドボードとして有名なSound BrasterのUSB版である、「Sound Braster Play!」(¥2,300-)を購入。
これに以前100均で購入したスピーカーを取り付けてみた所、ちゃんと音が鳴った。
マイク入力も問題ナシ。

まあ、外で音鳴らすことは滅多にないとは思うのだが、iPhoneを運用するにあたって、動画や音楽ファイルを扱うことも予想されるので、その際はこれで対処できるだろう。ただ、このために2つしかないUSBポートを一つ潰すのは勿体ないので、いずれ本体内蔵スピーカーを使えるようにしたいとは思う。


2.キーボードからの画面輝度調節ができない

OSX10.5のヴァージョンを最新の10.5.6にアップデートすると回避できるそうだが、夢見の状態では迂闊にアップデートすると途端に悪夢にうなされることになりかねないので、当面は10.5.5で様子を見ることにしようと考えている。
しかし、iDeneb v1.3 10.5.5で夢を見る場合、画面輝度は常に最大になってしまう。
画面の輝度はバッテリーの持ちにモロに影響してくるので、これは結構手痛い問題である。
MacBookだと、システム環境設定のディスプレイの項目で調節できるのだが、私のMini 1000の場合、機種IDがMacProというデスクトップ機扱いになってしまっているので、輝度調節スライダーが現れないのだ。

機種IDをMacBook等のノート機に変えた所で、いちいちシステム環境設定から調節するのは面倒臭いので、デスクトップ上&メニューバーから輝度調整できるようにする、「Shades」というフリーウェアを導入。
表示領域が1024×600しかないこの機体で、常にデスクトップ上にスライダーを表示させておく訳にもいかないので、メニューバーから調整できるように設定。
これでバッテリー駆動時は輝度を落として、稼働時間を伸ばすことができるようになった。


3.メニューの日本語化が中途半端

市販のOSX10.5 DVDを利用して夢を見る場合は問題ないのだが、iDeneb等、英語圏の国の人が作成した種を用いて夢を見る場合、この問題にブチあたることが多い(中にはちゃんと日本語化できるものもある)。
今回利用したiDeneb V1.3 10.5.5の場合、DVDの中にJapanese.pkg自体は入っているので、これを抜き出して実行すれば、完全に日本語化できる。
ただ、DVDをそのまま開いても、Japanese.pkgは見えないようになっているので、ターミナルを使って

cp /Volumes/ボリューム名/System/Installation/Packages/Japanese.pkg /保存する場所/

という風に実行する。
ちなみにボリューム名は、iDeneb v1.3の場合、「iDeneb v1.3 10.5.5」となる。
ターミナル上では半角スペースを認識できないので、

cp ”/Volumes/iDeneb v1.3 10.5.5/System/Installation/Packages/Japanese.pkg” /保存する場所/

と、パスをダブルクウォートで囲まないとエラーになってしまう。
で、抜き出したJapanese.pkgをダブルクリックで実行すると、メニュー等を完全に日本語化することができた。

もっとも、メニューやエラーメッセージ等の表示内容は決まりきっているし、複雑な英文が表示される訳でもないので、特に気にならなければここはいじる必要はないかも知れない。U100 Vogueの方は中途半端な日本語化状態で使っているが、特に困ったことはない。


4.USBポートが2つしかない

フルスペックのノートでもUSBポートが2つでは足りないこともある(PowerBook G4使用時はPCカードを使って4つに増設することもしばしば)というのに、光学ドライブをはじめ、色々と省略されているミニノートの場合、これではちょっと心許ない。
当面はスピーカーを外付けで対処する必要があるので、2基ではこれにマウスでも繋いだら、以上終了である。

これは素直に小型のUSBハブを接続して解決。
これでUSBポートは最大5つだ。
中にはハブをかますと動かないものもあるが、そういったものは少数派なので、とりあえずはこれでポート不足に悩まされることはないだろう。

ついでに、注文しておいたTranscendの2GBのメモリが届いたので、換装。
MacBookの増設に用いて、具合が良かったので、同じ物にしてみた。
メモリの交換はこの手のミニノートの中では簡単な方で、ドライバーなしでメモリスロットにアクセスできる。
バッテリーのロック/解除用スライダーの中に、メモリスロットカバーの開閉用のスイッチが入っていて、
これを細い棒状のもので動かすと、カバーが開くという仕組みだ。
噂通り、OSはちゃんと2GBを認識しており、動作は無問題。
とりあえずはこれで、最低限何やっても困らない環境は整ったと思う。

2009年02月08日 古墳巡りGadget
■ HP mini 1000でもOSXの夢

昨年の暮れにミニノートを購入する際に、現在使用しているMSI Wind Netbook U100 Vogue と最後まで悩んだ機種が、このHP Mini 1000である。
私の選考基準は、

1.色は黒(昔からノートは黒くないと許せない質なので)。
2.画面は10インチ、解像度1024×600以上。
3.HDD / SSD容量60GB以上。
4.無線LAN装備
5.OSXが実用的なレベルで稼働する夢を見られること。
6.液晶はノングレアタイプ。
7.なるべく多くのメモリを積める。

であり、この条件を完全に満たす機種はU100 Vogueしかなかったので、それを購入したのだが、HP Mini 1000もかなりいい線を行っていたので悩んだのだ。
ただ、Mini 1000は、

1.HDDが1.8インチなので、2.5インチHDD搭載のU100 Vogueに比べると速度が遅い。
2.液晶がツルピカグレアタイプである。
3.メモリスロットが1つしかなく、メーカーが保証するのは1GB迄。
4.天板にドロボウの風呂敷のような模様がプリントされてしまっている。
5.OSXを入れる夢を見た場合、U100 Vogueよりも制約が多い。
6.大容量バッテリーが用意されておらず、稼働時間が短い。

といった点でU100 Vogueに劣るので、購入を見送ったのだった。
ただ、5に関しては、有線のEthernetが使えない、内蔵サウンドボードが動かない(音が出ない、入力できない)といった程度のことなので、出先で撮影したデジカメ画像の取り込み&簡単な画像処理という私の主な用途からすると、どうしても無視できないという問題ではない。6もまあ、外で何時間も動かすとも思えないので、2時間程度動いてくれれば十分ではあるのだが、やはりHDDとバッテリーの容量は多いに越したことはない。
一方、見た目や質感は明らかにMini 1000の圧勝である。U100 Vogueはいかにもプラスティッキーな質感だし、キーボード&キートップもいかにもWinマシンという風情であるのに対し、Mini 1000はよりカッチリとした仕上りで、MacBook風な雰囲気なのがAppleユーザー的には好印象である。

左がHP Mini 1000で、右がMacBook(2008年2月発売モデル)。
Mini 1000のフラットな形状のキーとキートップのデザインはMacBook風。ディスプレイのヒンジ形状も同じで、見た目の違和感が余りないし、いかにもプラスティックですという感じの仕上りでないのもいい。

という訳で、先日仕事で使っていたWindows機が「ピューン!」という音と共に果ててしまったので、その代替としてMini 1000を買ってみた。
果てたWindows機は購入当時15万位したデスクトップ機であるが、その代替に5万円のミニノートである(笑)。
もっとも仕事でWindowsを使うのは、Office系のファイルの閲覧と編集程度だから、若干画面が小さいものの、スペック的にはこれで十分と言えよう。また、その程度の用途であれば、Mac版のMS Officeか最近互換性が向上してきたOpen Officeで事足りるので、OSがWindowsである必要もない。

そこでシステムチェックのために一度プリインストールのXPを起動し、無事を確認したら速攻でHDDをHFS+でフォーマット。早速OSXを動かす夢を見てみることにした。
HDD容量が60GBと少なめなので、今回はXPとのデュアルブートは見送り、OSX一本で行くことに決定。
最近は市販の正規のOSX DVDを使ってインストールする夢を見る方法が編み出されているので、私も今回はこれでやってみようと思い、追加でOSX Leopardを買ってきたのだが、準備にちょっと手間がかかるので、まずは従来の方法で、無事に夢が見られるかどうか試してみた。

Mini 1000の場合、iDenebと呼ばれる種を使う方法がメジャーなようなので、今回はこれを使ってみることに。
U100 Vogueでの経験が生きて、作業自体は1時間かからずに終了。
日本語環境の構築や、各種ドライバーのインストールといった細かな設定を含めても2時間かからずに、とりあえず使える状態になった。
有線LANとスピーカー&マイクが死んでいるものの、U100 VogueではiChat 等限られたアプリケーションでしか使えなかった内蔵カメラが普通に使えるし、日本語入力は「ことえり」が問題なく使えるしと、U100 Vogueよりも快適に使える部分もあり、まずは良い夢が見られそうな印象である。

黒ノート3台を並べてみた。
手前左がU100 Vogue、右がMini 1000、後ろがMacBook。
Mini 1000 はU100 Vogue とほぼ同じサイズのディスプレイを採用しているにも関わらず、サイズは一回り小さくなっている。横幅はほぼ一緒なのだが、奥行きが短いのだ。これはHDDに小型の1.8インチタイプのものを採用しているからだ。反応速度は2.5インチHDDに劣るので、気になって仕方ないという程ではないものの、U100 Vogueと比べると若干動作がモッサリ気味ではある。

公式にはサポートされてはいないが、一応メモリは2G迄認識してくれるようなので、近々増設した上で、どちらが古墳巡りの供に適しているか、U100 Vogueと使い比べてみようと思う。

2009年02月07日 千葉県の古墳
■ 流山市鰭ケ崎三本松古墳

ここ数回、古墳じゃないかも知れない物件が続いたので、今日は確実に古墳な場所へ。
埼玉との県境に近い、千葉県流山市鰭ケ崎の三本松古墳は、全長25mと小型ながらも、墳形は前方後円墳である。
やはりこういう時は前方後円墳に限る。前方後円墳なら裏切られることはないだろう(笑)。


鰭ヶ崎駅前の周辺ガイドマップ。
三本松古墳(前方後円墳)とちゃんと掲載されている。他にも周辺には古刹の東福寺等の見どころがある。
因みに「鰭ヶ崎」とは、弘法大師がこの地を訪れた際に、突如現れた海竜が背鰭を残していったことに由来するそうだ。縄文時代はこの台地際まで海が迫っていた筈なので、もしかすると、その頃にまで遡れる地名なのかも知れない。

駅から古墳迄は徒歩5分程。
古墳のある台地上へ至る坂道の途中からその側面を見ることが出きるが、知らないととても古墳があるとは思えない。
写真中央の森がそれで、右側が後円部で、左側が前方部。周辺が宅地開発で削られているようで、殆んど崖際という立地である。

古墳へ至る道もまた、知らないととても道とは思えないような代物なのだが、看板があることでそれと分かる。が、その看板は真新しく、最近になって設置されたようだ。

これがその道。
道というより、崖際の防護柵と民家の間の隙間という感じ。
奥に古墳の墳丘が見える。

道をちょっと進むと墳丘が目に入る。
階段のあるあたりが前方部で、奥の一番高くなっているあたりが後円部。
手前には説明板が設置されている。

説明板。
全長25mの小型の前方後円墳との事。墳丘から円筒埴輪、形象埴輪が検出されており、6世紀台の古墳であるそうだ。

説明板2。
「流山市新100ヵ所めぐり」の84番に設定されている。

前方部から後円部。
最近立て続けに巡っている千葉の小型前方後円墳は皆、前方部が後円部よりも低い形状をしているが、三本松古墳も同様であった。但し、これが元々の墳形なのか、削られた結果なのかは不明。

後円部頂の様子。
墳頂には稲荷社と文政11年(1828)建立の「下総国鰭崎村古冢碑」が並んでいる。

後円部から前方部。
前方部は後円部よりかなり低くなっており、こうして見ると単なる円墳のような印象である。

下総国鰭崎村古冢碑。
文政年間、鰭崎村を襲った飢饉に耐え兼ねた村人が、この古墳を崩して副葬品を売って凌ごうとしたのを庄屋がたしなめ、古墳を守ったという事蹟が記されている。

後円部頂から東側の眺め。
墳丘ギリギリまで台地が削られており、高所恐怖症の私にとっては、思わず足がすくむような眺めになっている。南側も同様に墳丘裾ギリギリまで削られていた。

北側くびれ部
後円部から前方部を見ると、単なる円墳チックな眺めでしかなかったが、前方部から後円部を見ると、特に墳丘北側にくびれを確認でき、小さいながらも前方後円墳であることを実感できた。

墳頂からiPhoneのMapを起動。
上から見ると林が鍵穴形になっているのが見てとれる。後円部径17m、前方部幅8mということで、習志野市の鷺沼A号墳や千葉市東鉄砲塚古墳といった似たようなサイズの前方後円墳同様にずんぐりとした平面形であるようだ。
投稿時間 : 14:55 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
<<前のページへ 23456789101112