2009年02月06日 古墳巡りGadget
■ U100 Vogue で OC24%

1月15日のエントリーにて、MSI Wind Netbook U100 Vogue のBIOSを更新し、CPUのオーバークロックが可能となった事を記した。
オーバークロックは、8%、15%、24%の3段階から選べるが、どこ迄実際に稼働するかは、使用するメモリの質や相性に依存する。これまで増設していたのは、Kingstonの1GBで¥990-の激安メモリーであった。これだとどうも相性がイマイチなようで、24%にすると画面がバグってカーネルパニックを起こして操作不能状態になってしまうため、15%までしか適用できなかった。

で、いずれ別なメモリを買って差し替えるつもりでいたのだが、先日、とあることを思い出した。
それは、わざわざ買わずとも、家に増設用のメモリがある、ということだ。
実は去年の春にMacBookを購入した際に、メモリを標準の2Gから4Gに増設しているのだ。
これは標準で装備されているApple正式採用?のHinix製1G×2枚のメモリをTranscendの2G×2枚に替えているので、従って家には、その時取り外した1Gのメモリが2枚眠っていたのだ。
そのことをすっかり忘れていて、先日、Vogueの増設用にわざわざ1Gのメモリを買い足してしまった訳だ。

そこで、Vogueの1G増設メモリをKingstonから、引き出しの奥で眠っていたHynixのものに差し替えて、OC24%が効くかどうか試してみた。
結果は大成功! 流石Appleの品質基準をクリアーしているからなのか、単にVogueとの相性が良かったからなのかは分からないが、電源ランプをオレンジに光らせながら、問題無くOC24%でOSXが動いている。

OC24%の威力を確認するために、X-benchでベンチをとってみると......

左がOC15%で、右がOC24%の結果。
総合点で15%の時と比べて5ポイント程上昇している。
OC無しと15%の場合も5ポイント程度の上昇が見られたので、OC無しと比べた場合、24%では10ポイント程の処理能力の向上が見られることになる。

前にも書いたように、OCはACを繋いでないと発動できないので、滅多に使う機会は無いとは思うが、これでVogueのポテンシャルをフルで引き出せるようにはなったので、何となく嬉しく思う次第である。

2009年01月25日 千葉県の古墳
■ 千葉県野田市堤根古墳

野田の友人宅へ遊びに行く途中に、すぐそばの堤根古墳に寄って見た。
国道16号から南に入ってすぐの住宅地の中にあり、公園化されているので、すぐに見つかった。
残念ながら、中近世の塚である可能性が高いようだ。


西から。
見た目は、高さはそれ程ないが、径は割と大きい円墳風。

東から
公園化されて保存が図られているが、墳丘には特に手は入れられておらず、そのまま状態になっている。

北東から。
若干の遊具も配置され、子供の遊び場となっている。

北から。
調査の結果、墳形は3段築成の方墳とのこと。但し、古墳時代のものではない可能性が高いらしい。

北西から。
3段築成の割には、墳丘の背は低目で、のっぺりとした印象。

墳頂からの眺め。
現状では、特に3段築成の段差は認められず。

説明板。
発掘調査の結果、周堀が見つからなかったので、今では中世〜近世の塚だと考えられているらしい。
なのに「堤根古墳」とは、超フェイント。
千葉県内で「古墳」と呼ばれているものの中には、かなりの割合でこうしたものが含まれている風なので、遺跡地図を頼りに闇雲に巡るべきではなく、ある程度下調べをしてから出かける必要がありそうだ。

墳頂からiPhoneのMapを起動。木が生い茂っているせいで、若干表示位置がずれている。
ちなみに、ここから北の方に行った所にある二ツ塚古墳群を構成する古墳の多くは、周堀を持たなかったようである。なので堤根古墳も周堀が無いからと言って、必ずしも古墳ではないとは言えない気もするが、墳形の調査までやっていてこの結論ということは、調査で古墳に関連する遺物が全く検出されなかったのかもしれない。
投稿時間 : 15:38 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年01月24日 千葉県の古墳
■ 武石神社古墳

子供と約束していた幕張メッセでのホビーショーの帰りに、京葉道武石ICすぐそばの武石神社に寄って見た。
本当は他にも、近くにある大小塚(だいしょうづか/おおごつか)古墳等を巡ってみるつもりだったが、入場までに雪の降る中を3時間も行列させられた上に、物凄い人混みの会場内を歩き回ったおかげで、グロッキーに。
ICに近い武石神社だけ見学して帰ることにした。
千葉県の遺跡地図等によれば、この神社は円墳上に建てられているとのことであるが、現状では、そのようには見えなかった。


京葉道路武石ICを降りてスグの台地縁に武石神社は鎮座している。
こちらから見ると、手前の畑地より小高くなっていて、古墳の残骸の上にあるようにも見える。

しかし、近づいてみると、神社から台地縁にかけてはほぼツライチで、塚状の地形にはなっていなかった。この場所は武石城跡でもあり、この地形は、古墳というよりは、城郭関連の遺構であるようにも思える。

武石神社の祭神は、この地を治めた武石氏(千葉氏一族)の祖先、武石三郎平胤盛公である。鳥居と祠は真新しく、最近建て直されたようだ。境内には他に三峯神社も祀られていた。

説明板。
古墳については触れられていないが、古くから石塚があったと記されている。現状では、周囲を見渡してみても、塚らしいものは見られなかった。この説明書きを読む限りでは、この地にあった塚は、古墳時代の古墳ではなく、中世の塚だった可能性もありそうだ。

境内の御神木と思われる大木の根本に石材が露頭していた。かつてあったという石塚の名残りだろうか?

その石材の手前には、丸石を4つ配した中央に小さな石祠が祀られていた。石祠の前の石は男性器を模したものか? 同じような石祠は神木の後ろ側にもあった。

境内から畑地を眺める。畑地との比高はそれなりにあるが、単に耕作されていないから小高くなっているだけか、武石城の防御施設が置かれた名残りのように思える。遺跡地図では「古墳」となっているが、埴輪か何か出土しているのだろうか?

上から見ると、木の枝振りのせいで、何となく円形の地形が残っているように見えるが、実際はそうはなっていない。また周囲にもそれらしい地形は確認できなかった。周囲の薮の中を良く探せば、塚の名残が残っているのだろうか?
投稿時間 : 15:19 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年01月20日 千葉県の古墳
■ 幕張本郷 東鉄砲塚古墳

先週訪れた鷺沼古墳群がある、習志野市鷺沼に隣接する千葉市花見川区幕張本郷の台地上にも鉄砲塚古墳群等、かつては多くの古墳が存在していたらしい。東京近郊他地区の例に漏れず、残念ながらその殆んどが開発等により消滅してしまったようだが、住宅地の一角に小さな前方後円墳が保存されているということなので、昼食休みを兼ねて見学してみた。

場所は京葉道の幕張PA近くの高台上にある住宅街の一角である。
最寄りの武石ICから車で10分とかからない距離であった。


ごく普通の住宅街に、普通の住宅一軒分程度の空き地があり、そこに小さな前方後円墳が残されていた。東、西、南の3方向を住宅に囲まれ、北側からしか眺めることはできない。手前が前方部で奥の高くなっている部分が後円部らしい。
説明板の類は一切なく、知らないと古墳とは思わないかも。

現状で全長20m程度か。鷺沼古墳群の前方後円墳とほぼ同サイズだが、こちらは墳丘の背も高く、より前方後円墳らしく見える。本来はもうちょっと大きかったのかも知れない。

前方部正面から。
現状では、前方部と比べ、後円部がかなり高くなっているが、これが元々の形状なのか、削られた結果なのかは不明。

後円部頂の様子。現状では平坦面は殆んどなく、傾斜も急である。これが本来の形状なのだとしたら、6世紀台の横穴式石室を有する前方後円墳なのかも知れない。ただ、鷺沼古墳群B号墳のように、末期の前方後円墳でも縦穴系の主体部を有している例もあり、この古墳がどのような主体部を有しているのか、気になる所である。

後円部頂から南西方向を見下ろす。
後円丘はかなり背が高く、高所恐怖症の私にとっては、ちと恐い眺め。

後円部頂から前方部を見下ろす
小さいながら、良く残っている印象。説明板の類は無いのだが、明らかに保存している感じなので、いずれ整備して公園化するのかも知れない。

Google Mapで確認。
ほぼ南北に主軸をとっている模様。それにしても見事な囲まれっぷりである。本当にこじんまりとした古墳で、この規模のものが、神社化する訳でもなく、この状況で良くぞ残ったと感心させられた古墳であった。

投稿時間 : 14:00 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年01月18日 隅田川流域の古墳
■ 北区滝野川再訪

今日も父の見舞いがてら、病院近くの古墳巡り。
昨日見損ねた、赤羽台界隈の古墳跡を見ようかとも思ったが、子供が「公園で遊びたい」と言うので、墳丘の一部を削って作られた公園が併設されている滝野川の四本木稲荷神社古墳へ。ついでに滝野川古墳跡もチェック。


最寄りのコインパーキングに車をとめて、まずは前回訪問時に見損ねた滝野川古墳跡をチェック。王子工業高校敷地内にあった径7.5m程の円墳である。写真中央の白い建物のあたりにあったらしいが消滅。

別角度から。
残骸でも残ってないかとも思ったのだが、完全に建物の下敷きになってしまった模様。

続いて四本木稲荷神社(よもとぎいなりじんじゃ)古墳。その名の通り、墳頂に神社が乗っている古墳であるが、この神社、元々は陸自の十条駐屯地内にあった別の古墳の上にあったのが移転してきたものである。つまり、この界隈の古墳から古墳へと渡り歩いているという変わりダネ。

前回訪問時と特に変わった所はなく、相変わらず背が低い墳丘である。径は30m程度と割と大きい。

今日は拝殿の扉が開いていて、中に入れるようになっており、本殿を拝むことができた。

墳丘北側は削られて児童公園が設置されている。ブランコとすべり台程度しかないが、子供は大喜びではしゃぎ回っていた。

こちらから見るとそれなりに高さもあり、古墳っぽく見える。元々緩い斜面上に築かれているようで、東側にある団地の方から見ると、殆んど高さは感じられない。

大鳥居脇の狛狐。金網で保護されていて見づらいが、良く見ると子狐が母狐の乳を飲んでいる。

相殿の狛犬。こちらも良く見ると、子犬が親犬の尻尾とじゃれている。親犬の顔が削れてしまっているのが残念。

四本木稲荷神社古墳と滝野川古墳跡との位置関係。赤いピンが刺さっている場所が滝野川古墳跡。割と近い距離にある。この場所は音無川右岸の台地上であり、本来はもっと多くの古墳があったのだろう。

投稿時間 : 16:03 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年01月17日 隅田川流域の古墳
■ 赤羽台 ミタマ古墳

体調を崩して先週来板橋区内の病院に入院している父を見舞うついでに、通り道上にあたる、赤羽台の古墳跡を巡ってみることにした。

赤羽台上にはかつて相当数の古墳が存在していたらしいが、現在では星美学園敷地内の一基を除いてほぼ全滅してしまっている。東京都遺跡地図上では大塚古墳が現存扱いになっているが、これは間違いで、実際は建物の下敷きになって消滅している。
一方、同地図上では消滅扱いになっているミタマ古墳は、僅かにそれと分かるマウンドが残っており、タマに北区の公報等で紹介されたりしているので、アテにならない。これは他の地区でも同様であるので、消滅扱いになっていても、一応は現地へ行ってみた方が良いと思う(現存扱いなのに跡形も無いこともあるけど)。
で、まずはそのミタマ古墳跡を見学。

東から。
赤羽台団地の建物に囲まれた中庭風な場所の中に、ミタマ古墳跡はある。
現地へ行ってみると、柵で囲われたマウンドが残っていた。説明板の類は一切ないが、東京都遺跡地図上でプロットされている場所とも一致しているし、柵で立入を制限していることからも、これがミタマ古墳跡と見て間違い無いだろう。

西から。
柵の中は全体的に小高くなっているが、その中央部に更に一段高くなっている、円形の盛り土が見られた。これが元々の古墳に伴う地形なのか、団地造成に伴って加工された結果なのかは不明。

その中央部分には、写真のような石材があった。
東京都遺跡台帳のミタマ古墳の項目には、「石棺?」の表記があるので、石棺乃至は石室材の一部が露呈しているのだろうか? それともタダの庭石?

iPhoneのMapで確認。
探訪に当たって、遺跡地図から周辺の古墳跡の位置を事前にプロットしておいた。こうしておけば、現地で道に迷うこともなく、便利。
上空から見ると、この場所は、特に何かがある訳でもないのに柵で囲われて立入制限されている、怪しい一角であることが分かる。

ミタマ古墳跡に続き、近くの天王塚古墳跡、大塚古墳跡と巡る予定であったが、息子が「トイレ〜!」と騒ぎ出したので、急遽トイレを探す旅に出ることに......
結局この団地界隈では見つからずに、車で赤羽駅まで移動。時間の都合もあり、他の古墳跡の見学は断念した。
また出直すこととしよう。

尚、今回は昨日のエントリーで書いたように、現場からiPhoneを使ってのブログの更新と、撮影した写真のアップロードにトライしてみた。早速友人から「お前、ホントに古墳好きだよな」とメールが入ったので、無事成功したようだ。
今後も現場で撮影した写真は、適宜、

http://gallery.me.com/balkenschroeter/100044

にアップロードする予定。

投稿時間 : 14:41 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年01月17日 古墳巡りGadget
■ iPhoneでBlog更新

image214740480.jpgiPhone用ブログエディターの中で最も多機能なアプリである、ibloggerが定価¥1,200-のところ、期間限定で¥115-にディスカウントされていたので購入してみた。

写真の添付点数等、いくつかの機能制限はあるものの、iPhone一つで撮影からブログの更新までこなせる利便性は大きい。NetBookすら開く必要がないのだ。

これとMobileMeのWebGallery等を組み合わせれば、現場からブログを更新し、制限を超える枚数の写真は、WebGalleryのURLを告知した上で、ほぼリアルタイムにアップロードして公開するといった芸当がiPhone一つで可能になる。
で、詳細は、後で銀塩カメラやデジカメで撮った写真を交えて、茶でもすすりながら、パソコンを使ってエントリーを更新すればいい。

今度ヒマな時にでも試してみようと思う。
投稿時間 : 03:10 個別ページ表示 Twitterにポスト Tumblrにポスト
2009年01月16日 千葉県の古墳
■ 習志野市 鷺沼古墳群

習志野市役所のすぐ南側の台地上に、鷺沼城址公園がある。
ここは石橋山の合戦に破れた源頼朝が千葉氏の助けを得て兵を整えた鷺沼旅館=鷺沼氏舘があった場所とされている。
公園内には2基の前方後円墳が現存しており、鷺沼古墳群と称されている。
その内の一基は、舘の主である鷺沼源太義満の墓とされており、源太塚とも呼ばれている。

習志野市内の客先に向かう途中、昼食をとりがてら、鷺沼古墳群を訪ねてみた。

鷺沼古墳群は、八剣台と呼ばれる下総台地の支台上に所在している。標高は約18m。沖積地からの比高は15m程ある。

鷺沼城址公園入口。東側の台地上からだと平坦な通路を通って公園内に入れるが、麓からの比高を体感するために敢えて 西側から急階段を登ってみた。

西側入口にあった鷺沼城址公園案内図。特に古墳とは書かれておらず、城址公園というネーミングとあいまって、土塁等の遺構があるんじゃないかと期待させる描かれ方である。

急階段を登ると、目の前に大きな石碑と鳥居、そして塚状の地形が目に入る。これが鷺沼古墳群A号墳、通称「源太塚」である。鷺沼城主で源頼朝に強力した、鷺沼源太義満の墓だと言い伝えられてきたらしい。

石碑は大小2基あって、大きな方は「源太碑」と呼ばれており、「鷺沼源太義満諸武士之碑」と彫られている。

小さな方には「鷺沼古墳」と彫られていた。

A号墳上には鷺沼義満を祀った小祠が安置されており、神社化している。元々全長25m程度と小規模だったせいか、墳丘はかなり痩せており、現状では前方後円墳ではなく、小規模な円墳にしか見えない。鳥居があるあたりが前方部で、祠のあるあたりが後円部。

後円部丘。祠は頂上ではなく、前方部に続く斜面上にある。

A号墳を東から。
こちらから見ると、僅かに前方部の高まりも見てとれる。

A号墳を西から。
この古墳が城の土塁と思われていたようだが、実はこれ以外に明確な城郭遺構が確認されている訳ではなく、しかも鷺沼氏舘はこの台地の麓にあったとする説もあるようで、ここが本当に鷺沼氏舘跡であったどうかは実はハッキリとはしていないようだ。

A号墳を北から。
墳裾は石で囲まれている。

後円部頂からの眺め。
写真右奥の畑地のあたりにもう一基古墳があったらしい。木が生えているあたりが若干盛り上がっているような気もしないではないが、これが名残であろうか?

後円部から前方部。
A号墳からは形象埴輪、円筒埴輪が出土しており、その様式から6世紀後半頃の築造と考えられている。主体部は未調査であるが、祠の下あたりに埋まっているのでは? と考えられているらしい。

祠の中には源太義満の名が刻まれた石碑と仏像が安置されていた。

この台地とその周辺には、古墳時代の首長墓、中世豪族の居舘、現代の市役所と古代〜現代にまたがって政治的中枢が所在しており、興味深い。習志野市役所〜市役所駐車場にかけてからは古墳時代の住居跡が数多く検出されているとのことで、恐らく古墳の被葬者である豪族の居舘もこの近辺にあったのだろう。

鷺沼古墳群B号墳。
A号墳のすぐ東隣に所在している。墳丘は後円丘の一部が残る程度で大きく破壊されている。こちらも全長20m程度の小規模な前方後円墳である。

B号墳のくびれ部からは縦穴式の石室が2基検出されており、遺存状態の良かった一基の上には覆屋が建てられ、見学できるようになっていた。

覆屋の前には説明板が設置されている。
これによるとB号墳からは埴輪が出土しておらず、A号墳に続いて6世紀末頃に築造されたと推定されている。

A号墳、B号墳共に、周堀は墳丘相似形で、前方部端には巡らない。また、前方部は短く、帆立貝式前方後円墳に近い形状である。こういう寸胴な前方後円墳は関東の6世紀後半〜7世紀台のものに良く見られる特徴である。

B号墳石室。
説明板では箱式石棺となっている。房総半島産の凝灰岩、いわゆる「房州石」で構築されており、側壁は切石積で精巧な印象である。古墳時代当時、この台地の麓には菊田川が流れ、約400m先迄海岸が迫っていたそうだ。こうした地の利を生かし、水運で鋸山のあたりから石材を運んできたのだろう。

石室を別アングルから。
成人2体分の人骨と直刀片、土玉、鉄鏃、刀子等が検出されたそうだ。
この時代に追葬が容易な横穴式石室ではなく、縦穴式の石室を複数設けていたのは珍しいと思う。千葉ではこういう例が多いのだろうか?

発掘時の石室(石棺)の様子。
蓋石(天井石)は特に切り揃えずに、大き目の石を並べて構築されていたようだ。

B号墳を西から。
石室の覆屋の後方に後円丘の一部が残存するのみで、墳踞の石列がないとこれもまた前方後円墳とは思えぬ現状である。

B号墳を東から。
後円丘は中心部が抉られて馬蹄形になっており、城の土塁跡っぽい雰囲気になってしまっている。

B号墳の東隣りには遊具が設置されており、その土台が一見円墳風なのだが、これは古墳ではなく、公園化の際に盛られたものらしい。尚、この公園の南東200m程の所に、山王祠古墳がかつて存在していた(現在は宅地化)そうで、鷺沼古墳群は少なくとも4基の古墳から構成されていたらしい。

公園内には埴輪のオブジェが飾られていた。
A号墳上には武人埴輪。何故か千葉とは関係ない埼玉で出土した奴がモデルになっている。

B号墳上には馬型埴輪。これも千葉で出土した奴ではない。要するにハニ丸君とひんべえということか。
ちなみにこの公園、城址公園という名ではあるが、園内には古墳しかない。オブジェも石碑を除けば埴輪をモチーフにしたのしかないし、建物も古墳時代風の石室覆屋だけで、中世城館を感じさせるものは皆無という、「看板に偽り有り」な超フェイント公園である。そもそも鷺沼氏舘は崖下にあった可能性もある訳で、公園の構成要素からしても「鷺沼古墳公園」にした方がいいような気がする。

A号墳とB号墳の間にある円形の石組上でiPhoneのMapを起動。
上空から見ると、A号墳、B号墳共に帆立貝式前方後円墳っぽく見える。
畑地のあたりにあった3号墳はやはり判然としないが、やはり木立のあたりがその名残りか?

今日の撮影はiPhoneのみで敢行。レンズフードが無いので、今日のような真冬の晴天下だとちょっと厳しいものがある。フードを自作するか、Leicaの広角用の奴を流用するか検討しようと思う。
2009年01月15日 古墳巡りGadget
■ U100 Vogue で OverClock

MSI Wind Netbook U100 Vogue のBIOSを最新(今日の時点では1.09)のものに更新すると、CPUをオーバークロックで動作させられるようになる。最高で24%upまで可能で、その場合、標準で1.6GHzのクロック周波数が2.0GHz程度迄上がるらしい。
現状で不満は余り無いのだが、折角出きるのにやらないのは勿体ないということで、私もBIOSをアップデートしてみた。
BIOSのアップデートは失敗すると最悪PCが動かなくなるというリスクはあるものの、手順自体は簡単である。

1.増設メモリを外す。
2.日本のMSIのサイトから、U100用のBIOSアップデーターをDL。
3.MS-DOSの起動FDを作成し、そこにアップデーターの内容をコピー。
  そのままでは容量オーバーでコピーできないので、事前に

  IO.SYS
  MS-DOS.SYS
  COMMAND.COM

  以外のファイルは削除しておかないといけない。

外付けFDDがあれば話しは早いが、持ってない、又はいちいち繋ぐのが面倒臭い場合は、HP USB Disk Storage Format Tool等を利用して、SDカードかUSBメモリを起動ディスクにする。この場合は容量が十分だと思われるので、BIOSアップデータの内容をそのままコピーしても大丈夫。私はLeica D-Lux3 についてきた64MBのSDを利用してMS-DOS起動ディスクを作成した。

4.ACとバッテリーの両方を接続した上で、U100を起動。
5.起動画面でF11を押し、メニューから先程作成した起動ディスクを選んで起動。
6.プロンプトが表示されたら、「flash.bat」と入力し、実行。
7.無事終了したら、再起動をかけ、起動画面でDELキーを押して、BIOSセットアップ画面を呼び出す。
8.EXIT→Load Setup Defaultsを選んでエンター。
9.Exit & Save Changesを選んでエンター。自動的に再起動。
10.再び起動画面でDELキー押して、BIOSセットアップ画面を呼び出す。
11.BIOSセットアップ画面で、BIOSのヴァージョンが新しくなっていることと、
  Advanced→Doc Percentageの項目があることを確認したら、BIOSセットアップを終了し、
  OSXなりWinなりを立ち上げて、電源を落とす。
12.増設メモリを元に戻す。
13.電源を入れ、起動画面でDelキーを押して、BIOSセットアップ画面を呼び出す。
14.Advanced→Doc Percentageを選択。
  ここでオーバークロック8%、15%、24%の3段階を選択可能。
  8%から徐々に試していくと良い。
15.Exit→Exit & Save Changesを選んでリターン。自動的に再起動。

何%までオーバークロックをかけられるかは、メモリの質に依存する。
私の場合、¥1,000に満たない1G増設メモリを使っているせいか、OSX環境下では15%迄しか出来なかった。
24%にすると、画面がバグってフリーズ。もうちょっといいメモリに買い替える予定。

オーバークロックは、Fn + F10で発動させる。

発動すると電源ランプがブルーからオレンジに変わる。
Win XP上では画面に発動した旨が表示されるが、OSXでは特に画面表示はない。
また、XP上ではいつでもON / OFFできるが、OSXの場合、最初の起動画面(MSIのロゴが出る奴)が表示されている段階で、Fn+ F10を押さないとオーバークロックがかからない。OFFにするのはいつでも出きる。
これをWin XP環境と同様にするには、

GenericCPUPowerManagement

のアプリとkextを導入するといい。

さて、オーバークロックの威力を確認するために、X-benchでベンチをとってみた。

左がOC前で、右がOC15%の状態。総合点で5ポイント程上昇している。

しかし、オーバークロックはAC繋いでいないと効かないので、出先でバッテリー駆動という使い方が殆んどのU100 Vogueでは、使う機会は殆んどないかも。自宅ではPowerBookかMacBook使うし。

2009年01月11日 古墳巡りGadget
■ U100 Vogue で二本指スクロール

小さく、軽く、OSXが走る夢が見られるU100 Vogueは大変便利だ。
iPhone購入以来、めっきり減ったノートの出撃回数が再び増えつつある。
2.5kgの重さのものを持ち歩くくらいなら、多少制限があったとしても、iPhoneのアプリを使って作業したり、VPN経由で自宅パソコンをiPhoneから操作した方がいいと思えることでも、1kg程度ならノートを持ち出した方が話しは早いという場合がある。
また、デジカメで撮影したデータの転送や加工なんかはパソコンがないと話しにならないが、これも、2.5kgのノートを持ち歩いてまで外でやろうとは思わないが、1kgのノートなら、外でやってもいいやと思える。

そんな訳で、古墳巡り等の外出の供にU100 Vogueを持ち歩いているのだが、OSX86環境下では、MacBook名物・トラックパッドでの「二本指スクロール」が使えないのが難点である。
小さな画面で効率的に作業をするには、トラックパッドに二本指を添えて、上下左右にスクロール出来ないと辛いものがある。
そこでU100 Vogue に二本指スクロールを導入してみることにした。

まず、古いMacノート等の二本指スクロール非対応の機種に同機能を実装する、FFScrollというフリーソフトをインストールしてみる。
システム環境設定からFFScrollのパネルを開き、一通り設定すると、一応は二本指で上下左右にスクロールさせることが出きるようにはなった。が、感度やスピードを低くしてみても動きが早過ぎ&不安定で、これはちょっと実用には辛い。どうやらこれをただ入れただけではダメなようだ。

U100 Vogueへの二本指スクロール導入方法を調べてみて、まず分かったのは、流石安ノートと言うべきか、同じU100 Vogue でも採用されているトラックパッドに、Synaptic社製とSentelic社製の2種類が存在しており、前者でないと完璧な動作は望めないということだ。
後者でも一応は導入できるものの、動作が不安定で余り実用的ではないらしい(つまり、FFScrollをただ入れて使うだけということ)。

まずは久々にU100 VogueをWin XPで起動。デバイスマネージャーを開いてどちらのトラックパッドが積まれているのかを確認する......が、何故か「マウスとその他ポインティングディバイス」の項目にトラックパッドが出てこず、代わりに繋いでいない筈のPS2マウスが表示されている。どうやらドライバが正しく組み込まれていないのか、PS2マウス扱いになっているようである。
仕方ないので、デバイスIDから調べてみると、Alps社製ということになっており、益々訳が分からない。
Googleを使って調べてみたり、海外のOSX86関係のフォーラムなんかを見てもイマイチ埓があかないので、とりあえずSynapticのドライバをぶち込んで様子を見てみることにした。うまく動けばSynaptic社製なんだろうし、動かなければSentelic製ということだ。

ドイツのMSIのサイトからSynaptic製トラックパッドのドライバをDLしてきて、インストール。
再起動してみると、トラックパッドの設定画面が現われ、その中でテストしてみると無事に動作。
タスクトレイに今までなかったトラックパッドのアイコンも表示された。
試しにSafariを立ち上げて、適当なWebサイトを表示させてみると、設定通りに上下左右スクロールが出来た。
どうやら幸いにも私のU100 Vogue にはSynapticのトラックパッドが積まれていたようだ。
スタートメニューから再起動をかけ、OSXで起動する。

Synaptic社製トラックパッドの場合、次の手順で二本指スクロールを導入すると上手く行くと海外フォーラムに記されていたので、その通りに作業をしてみる。
どうやらFFScrollという二本指スクロールを古いMacで実現させるるためのプログラムを改変したものを入れるようだ。

1.ALPS Glidepad Driver(どうやら先にデバイスIDで表示されたのは、Alpsドライバ互換のハードということらしい)とwindfix.zipをDL
2.Alps Glidepad Driver.pkgをダブルクリックで実行。再起動を求められる所まで、インストールを進める。
3.再起動を求められたら、再起動はさせずに、ターミナルを起動。

  cd /
  sudo unzip ~/Download/windfix.zip
  rm /System/Library/Extensions.mkext
  cp /Library/Preferences/com.apple.driver.ApplePS2Trackpad.plist ~/Library/Preferences/

  とコマンドを実行する。
4.ターミナルを終了し、ドライバのインストール画面に戻り、再起動ボタンを押して再起動。
5.このままだと、システム環境設定のFFScrollパネルを開くことができないので、ターミナルを起動し、

  sudo /Library/StartupItems/FFScroll/FFScroll restart

  と打ち込み、FFScrollを再始動させる。

これで二本指スクロールが実現される筈......だが、ダメだ。
そもそもトラックパッドが反応しなくなってしまった。
このフォーラムの記事で導入前の注意書きとして、

「Sentelic社製のトラックパッドにはこの方法を使わないでくれ、やっちゃうとトラックパッドが死ぬので、ドライバを再インストールする羽目になるよ」

と書かれてある。と、いうことは、私のU100 VogueのトラックパッドはSentelic社製なのか?
でもSynapticのドライバでちゃんと動いてたしな......
兎に角、トラックパッドが死んだままでは具合が悪いので、ドライバを再インストールする事にする。
とりあえずFFScrollを入れれば、二本指スクロール自体はできていたので、これをもういっぺん入れてみることにする。
もっとも、既に改変版のFFScrollが入っている訳なので、本当はこれを一旦アンインストールしないといけないのだが、物は試しで、上書きでインストールし、再起動してみると......動いた(笑)。
システム環境設定からFFScrollの設定パネルも普通に呼び出せるし、設定もちゃんと反映される。
動きも安定していて、本家MacBook並とまでは行かないが、十分実用的だ。

<<前のページへ 345678910111213