2009年01月06日 古墳巡りGadget
■ U100 Vogue、OSX10.5.4→10.5.5アップデートの夢

U100 VogueにMac OSXを入れ、MacBook miniと化す夢を見ている所であるが、この夢、ただ入れただけの状態(ver.10.5.4)でも中々に素晴らしいものであったのだが、先日、ちょっとした不具合が生じる夢を見てしまった!
それは、OSX稼働中にiPhoneをUSBポートに接続しても、認識もされず、充電も開始されないというものだ。
マウスやキーボード等の外付けUSB機器は特に問題無く動作していたし、iPhoneもUSBポートに接続した状態でOSを再起動すると認識&充電開始するので、USB周りのドライバがiPhoneのように割と高い電圧を必要とする機器に対応しきれていないのであろう。
海外のフォーラムを覗いてみると、10.5.5で普通にiPhoneが使える夢を見ているという話しをちらほら見かけたので、私もOSを10.5.4から10.5.5にアップデートする夢にトライしてみることにした。
ただ、10.5.5の良い夢を見るためには、普通にインストールしてはダメで、ちょっとした手順を踏まなければならないらしい。
私が試してみて、良い夢が見られた手順は次の通り。

1.Appleのサイトから10.5.5アップデータをDL。
2.DLしたファイルをダブルクリックしてdmgをマウント。
3.ターミナルを起動し、

  su root

  と入力。パスワードを聞かれるので、ルートのパスワードを入力。
  もし設定していない場合は、

  sudo passwd

  と入力して、パスワードを設定しておく(設定と確認とでパスワードを2回入力する)。
4.while sleep 1 ; do rm -rf /System/Library/Extensions/AppleIntelCPUPowerManagement.kext ; done

  と入力し、PowerManagement.kextを無限ループに陥れ、機能不全状態にしておく。
5.2でマウントしたdmgを開いて、中にある10.5.5アップデーターを実行。
  終了すると再起動を促すダイアログが表示されるが、ここでは再起動せず、そのまま放置。
6.ターミナルに戻り、キーボードから

  Ctrl + C

  を押し、

  Exit

  と入力してrootからログアウト。
  更にもう一回

  Exit

  と入力してプロセスを終了し、ターミナルを閉じる。
7.10.5.5アップデータに戻り、再起動ダイアログを選んで再起動。  
8.画面表示がおかしくなっているので、GMA950.pkgを再インストールし、再起動。
  0x27aeのkextセットで上手く行っていた人は、GMA950.pkgじゃなくて、こっちでもいいと思う。
  その他、サウンド関係等他にもおかしくなっている箇所があれば、関連するkextなりドライバなりを再インストールする。

10.5.5にした所、iPhoneを繋ぐ度に再起動するという苦行からは開放され、OS稼働中に接続してもちゃんと認識&充電される夢を見られるようになった。
因みにOSX Leopardの最新版は10.5.6であるが、これは夢の中でアップデートしてしまうと、キーボードが死ぬとかネットに繋がらなくなるといった、様々な不具合が生じる悪夢に繋がるらしく、それらを一つ一つ解決していくのも面倒臭そうだ。更に10.5.6だとiPhoneのシステムにアクセスする際にちょっとした問題が生じる場合があり、これを回避するにはOSにパッチを当てる必要がある。これもまた夢に悪い影響を与えそうな気もするから、当面は10.5.5の夢を見ておこうと思う。まあ所詮夢の中のお話しなので、無理をすることもないだろう。
現実の自宅にあるMacBookは10.5.6にアップデートしてパッチを当ててあるので、最新機能は現実世界で堪能すればいい。

2009年01月02日 埼玉県の古墳
■ 初詣は前玉神社

埼玉県民たる者、初詣は埼玉地名発祥の地である行田市埼玉の前玉神社に行くべきである。
というのは嘘で(笑)、ここ数年の新築マンションラッシュで人口が増えたせいなのか、年々参拝者の列が伸びて行く地元の神社の混みように負けて、1月1日の参拝を断念。本日、妻の実家のある深谷へ行くついでに、前玉神社で初詣を済ませることにした。

前玉神社の駐車場は混んでいると予想し、さきたま古墳公園の駐車場に駐車。
前玉神社は埼玉古墳群を構成する古墳の一つである、浅間塚古墳上に鎮座している。

駐車場の目の前は、群中最小、全長53mの前方後円墳である愛宕山古墳。
ただ、この古墳の北東に所在した天祥寺古墳も同程度の大きさの前方後円墳であった可能性があるらしい。

iPhoneのMapで確認。
天祥寺古墳はその名の通り、画面右上の天祥寺のあたりにあったらしい。
発掘調査で周堀の一部と埴輪片が出土しており、その中に4条突帯の大型円筒埴輪が含まれていたことから、前方後円墳説が提唱さている。

愛宕山古墳の後円部を掠めて東に進むと武蔵国最大、全長138mの二子山古墳がその雄姿を現す。

墳形は日本最大の仁徳天皇陵(大仙陵古墳)の相似形である。
周堀は釣鐘型に復元されているが、実際は長方形の二重周溝である。
航空写真を見ると本来の周堀の形が黒っぽく現れている。

二子山古墳の前方部端を掠めて東に進むと、前玉神社の参道が見えてくる。
3つの鳥居を潜ると背の高い墳丘上に鎮座している社殿が現れる。

前玉神社が鎮座する浅間塚古墳は、その名の通り富士塚として改築されており、かなり昔から古墳なのか、ただの塚なのか分からなくなっていたらしい。戦後の発掘調査で周堀が確認され、径50mの円墳と確認された。埴輪は確認されず、前方後円墳造営終了後の7世紀前半頃の築造と考えられている。

墳頂に鎮座する前玉神社社殿。
浅間塚の名の由来になった浅間神社は墳丘の中腹に鎮座している。
墳頂に至る傾斜はかなり急で、これは富士塚として改変されたためであると思われる。

参拝を済ませ、墳頂から周囲を見渡してみる。
樹木が生い茂っているため、見晴らしは良くない。
墳丘裾には神池が設けられていた。周堀跡を利用したものであろうか?

墳丘上でMap起動。
径50mは県内の円墳としてはかなり大きい方だが、国内最大・径105mの大円墳である丸墓山古墳がすぐそばに所在するため、古墳としての存在感はイマイチ薄く、「さきたま」の名を冠した神社としての方が有名である。
私の世代だと、小学校〜高校で1〜2回は学校行事で古墳見学と合わせて参拝に訪れた、埼玉県民のメッカとでも言うべき場所である。

墳丘裾にある明治神社の脇を西に進むと、目に前に群中3番目の規模を誇る、全長109mの前方後円墳である鉄砲山古墳が現れる。写真左が前方部で右が後円部。

鉄砲山古墳の前方部越しに、全長70mの前方後円墳、奥の山古墳の後円部が見える。

MAPで確認。
鉄砲山、奥の山共に墳丘の保存状態は良い。前方部を完全に削られてしまった稲荷山古墳や、魚の3枚おろしのような姿になってしまった将軍山古墳(いずれも近年復元された)等の、県道北側の前方後円墳とは対照的である。画像左下にちらっと見えているのが奥の山古墳の後円部。

再び二子山古墳の前を通って、駐車場へ。
次回は地蔵塚古墳や、小見真観寺古墳、真名板高山古墳あたりを巡ってみようと思う。

この後、妻の実家にて撮影したデータをMSI Wind U100のiPhotoで吸上げ、GIMPベースの軽量レタッチソフト・Seashoreでリサイズ&補正。
画面は1024x600とやや小さいが、ちょっとした画像の加工程度であれば問題なく使えて便利だ。
2009年01月02日 古墳巡りGadget
■ MSI U100 Vogue でOSX86の夢を見る方法

夢の見方について幾つか質問を頂いたので、参考までに私が夢を見るに至った手順をまとめてみる。

■使用種
種=クラック版Leopardは色々な種類が出回っているが、私が試してみたのは次の2種類。

●Kalyway_10.5.2_dvd_intel_amd.iso
インストール時にオプションを正しく選択しないと不調の原因になる等、導入に手間はかかるが、正しくインストールできると、メニューの日本語化もできるし、ことえりも使えるし、スリープからの復帰もできるしで、全般的に挙動が安定している印象。
但し、インストール後、com.apple.boot.plistをはじめ、システムファイルを幾つか書き換えなければならないし、OSを最新の状態にアップデートするのにも手間がかかる。

●MSIWind_OSX86.iso
インストール後、com.apple.boot.plistを編集しなくても、デュアルブートになる(編集済)。
OSXのヴァージョンが10.5.4と比較的新しいのも良い。
全般的にこっちの方が導入自体は楽。
但し、Vogueだと、ことえりが死んでたり、スリープから復帰できなかったり、メニューの日本語化が中途半端になったりといった問題が生じる。

■下準備
●OSXインストールディスクの作成
1.isoイメージをダウンロード。
2.空のDVDを挿入。
3.ディスクユーティリティーを開き、左の欄にisoイメージをD&Dで登録。
4.登録したisoイメージを選択し、「ディスクを作成」を実行。

●GParted Live CDの作成。
1.http://gparted.sourceforge.net/download.phpから、
  GParted Live CDのisoイメージをダウンロード。
2.空のCD-Rを挿入。
3.ディスクユーティリティーを開き、左の欄にisoイメージをD&Dで登録。
4.登録したisoイメージを選択し、「ディスクを作成」を実行。

■OSXインストール用パーティションの作成。
1.DVDドライブをU100に繋ぐ。
2.GParted Live CDを挿入した状態でU100を起動。
3.起動画面でF11を押す(メニューが現れるまで押し続ける)
4.メニューが表示されたら、DVDドライブを選択し、エンター。
5.GParted起動中に幾つか質問されるが、とにかくエンターを押して先に進める。
  但し、キーボードの種類を聞かれる所では、日本語を選ぶ(15番)。
6.GPartedが起動したら、Dドライブを選択し、Free Space Following(MB)の部分に
  OSXをインストールするパーティションの容量を入力する。
7.メニューからAplyを選んで、パーティション分割を実行。
8.EXITのアイコンをダブルクリックし、Rebootを選んで再起動。
9.XPが起動したら、スタートメニューから「名前を選んで実行」を選び、
  「diskpart」と入力し、diskpartを実行。
10.入力画面が現れたら、次の順番でコマンドを入力。

  List disk
  Select disk 0
  List partition
  create partition primary id=af
  active

  もし、create partition primary id=afの所でエラーが出た場合は、

  Select partition # 

  と入力(#はパーティション番号。OSXをインストールする予定のパーティションを選ぶ。
  標準だと4。)し、パーティション選択後に改めて

  create partition primary id=af
  active

  と入力する。

11.exit と入力し、diskpartを終了。
12.GParted Live CDを取り出し、代わりに、OSXインストールDVDを挿入して再起動。

■OSXのインストール
1.起動画面でF11をメニューが現れるまで押し続ける。
2.メニューが表示されたらDVDドライブを選んでエンター。
3.テキストが表示されたら、すぐエンターを押してインストール続行。
4.暫く待つとOSXインストール画面が現れるので、「主に日本語を使用」を選ぶ。
5.次の画面が現れたら、画面最上部のメニューからディスクユーティリティーを起動。
6.OSXをインストールするパーティションを選び、
  フォーマットを「MacOS拡張(ジャーナリング)」にして、「消去」を実行。
  Dドライブの残りをXPとOSXとの共用のデータ領域にしたい場合は、それを選択し、
  フォーマットを「MS-DOS」にして、「消去」を実行しておく。
7.ディスクユーティリティーを終了し、インストールを実行。
8.20~30分でインストールが終了し、自動的に再起動する。
  無事OSXが起動すれば成功。

  起動せずに、「Partition Error」が表示される時は、Ctrl + Alt + Delで再起動。
  起動画面でF11を押し、現れたメニューからDVDドライブを選んでエンター。

  最初のテキストが表示されたら、5秒経つ前にF8キーを押す。
  次に -s を入力。
  暫く待つとプロンプトが表示されるので、以下の順番でコマンドを実行。

  fdisk -e /dev/rdisk0
  flag # (#はOSXをインストールしたパーティション番号。標準だと4)
  update
  write
  quit
  reboot

  大抵はこれでOSXが起動する。

■各種ドライバーのインストール
●グラフィックドライバ
1.OSXが起動したら、ディスプレイ表示が、1024x600になっているか確認。
  なっていなければ、システム環境設定→ディスプレイと開き、1024x600を選べるか確認。
  選べればそれを選択。
  そもそも1024x600の項目が無いという場合は2へ。
2.ターミナルを起動し、

  sudo nano /Livrary/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.boot.plist

  と入力。管理者パスワードを聞かれるので、パスワードを入力。
  エディタが起動し、com.apple.boot.plistの内容が表示されるので、その内容に、

  <key>Graphics Mode</key>
  <string>1024x600x32</string>

  が含まれているかどうか確認。
  MSIWind_OSX86.isoを使ってインストールした場合は既に含まれている筈。
  もし含まれてなければ、最後の<string></string>の下に、上記を追加し、保存&再起動。
  再起動後正しく表示されるか、システム環境設定→ディスプレイから1024x600が選べればOK。
  これでもダメなら、3へ。
3.GMA950.pkgをDLしてきて実行し、再起動。
4.これでもダメな場合は、GMA950用ドライバの別バージョンを探してきてインストールするか、
  0x27aeというカーネルエクステンションのセットをDLしてきて、
  Kext Helperを使ってインストールしてみる。

●Wifiカード用ドライバ
そのままでは有線LANは使えても、無線LANは使えない状態なので、
1.http://www.ralinktech.com/ralink/Home/Support/Macintosh.html
  から、「PCI/mPCI/CB(RT2860)」をDLし、インストール&再起動。
2.これでも上手く動かない時は、RealtekR1000.kextを
  Kext Helper b7を利用してインストールすると動くようになることもある。

●キーボード配列の修正
そのままでは、半角英数モードの際にキーの表示と実際に入力される文字とが違ってしまうので、
1.Wind.keylayout をDLしてきて、./Library/Keyboard Layouts にコピー。
2.システム環境設定→言語環境→入力メニューと開き、Windにチェックを入れる。

ことえりの場合は、ツールバーから直接入力を選んで、環境設定からキーマップをWindにする。
全角/半角の切換えは、Alt + Space。
うまく行かない場合は、System/Library/Keyboard LayoutsにもWind.keylayoutをコピーしてみると、システム環境設定の入力メニューに表示されるようになることもある。

●日本語入力環境の整備
MSIWind_OSX86.isoを使ってOSXをインストールした場合、システム標準のことえりが死んでいる(2バイト文字を入力しようとすると虹色カーソルが延々と回転し、強制的に電源を落とさざるを得なくなる)ので、別途日本語入力環境をインストールしなければならない。
ATOK持ってる人はATOKでOK。
フリーで済ませたい人は、SKKやMac UIM等をDLしてインストール。
システム環境設定→言語環境→メニュー(MSIWind_OSX86.isoの場合、ここも日本語化されないので、System Preferences→International→Input Menu)と開き、ことえりのチェックをはずし、自分でインストールしたFEPにチェックを入れる。

Kalyway_10.5.2_dvd_intel_amd.isoを使った場合は、普通にことえりが使えるので、ことえりでいい人はこっちを使ってOSX環境を作った方が手間は省ける。

●ヘッドフォンポートからの出力
そのままでは、OSがサウンドカードを認識せず、スピーカーからしか音が出ないので、
1.通常版のLeopardインストールDVDからDeveloper toolをインストール。
  AppleのサイトからDLしてきても可。
  これに含まれているReggie SEというアプリが必要。
2.SoundOutputというAppleScriptをDLして、HDD内の適当な所にコピー。
3.SoundOutputをダブルクリックで起動。
4.メニューが現れるので、HPと書かれたボタンをクリック。
5.パスワード入力を求められるので、自分のアカウントのパスワードを入力。
  これでヘッドフォンポートから音が出る。
  うまく行かない場合は、SoundOutputのパーミッションをターミナルを使う等して、
  755か777に設定する。
  再びスピーカーから音を出したい場合は、もう一度SoundOutputを起動し、
  SPKボタンを押して、パスワード入力すると切り替わる。
  他にも幾つか切り換える方法があるが、私は試していない。

●スリープ&スリープ解除
MSIWind_OSX86.isoを使った場合、ClamshellDisplay.kextをKext Helperを使って適用するとできるようになる場合があるらしいが、私の環境では、スリープはするものの復帰せず。
Kalyway_10.5.2_dvd_intel_amd.isoを使った場合は電源ボタンを押すことで、問題無くスリープ解除できた。
この機能が使えないと困るという人は、Kalyway_10.5.2_dvd_intel_amd.isoを使った方がいい。

2008年12月26日 古墳巡りGadget
■ ミニノート MSI Wind U100 Vogue 購入

今年7月にiPhoneを買うまで、外出する際は割と頻繁にノートパソコンを持ち歩いていた。
写真左奥のPowerBook G4(15インチ)か、右奥のMacBook(13インチ)なのだが、いずれも重さが2.5kg程度ある。
学生時代、重さ3kg位あった東芝Dynabook 286を毎日持ち歩いていた身としては、これまで特に何とも思っていなかったのであるが、iPhoneを購入して、ノートの出番が激減した今となっては、タマに持ち歩くとエラく重く感じてしまう。それから、サイズ的に車内や店で広げるにはちょっと大き過ぎるというのも難点である。

そこで、最近流行の低価格ミニノートを買ってみた。
似たようなスペックの物が沢山出ているので悩んだが、機種はMSI Wind U100 Vogueに決定!
理由は、メモリが最大で2GB積めるのと、Mac OSXが比較的マトモに動く夢が見られるとされている、の2点である。
せめて夢の中くらい、普段使い慣れたOSとソフトを使いたいものだ。

勿論、この機種はWindows機(Win XP HE SP3を搭載)であり、Mac OSX機ではない。
まあ、Mac OSXを載せられるのはApple製の機体に限るという同社の規定があるから当たり前である。
しかし、最近のMacは、Win機と同じIntel製プロセッサを積んでいるため、Intel Mac用のOSXであれば、Win機にインストール出きる夢を見る技が編み出されているのである。
丁度最近のIntel Macが、OSの標準機能でWin XPやVistaをインストールしてデュアルブート環境を作ることが出きるのの逆である。

ただ、OSXは、システムを構成するパーツが決まりきっているApple製マシンを前提に組まれているため、様々なパーツが用いられているWin機全てにインストール出きる訳ではなく、また、インストールは出来ても実際に使ってみると様々な不具合が出ることが殆んどである。つまり、夢を見るのにも色々と厳しい条件があるということだ。
そんな中、U100は比較的安定してOSXが動く(致命的な不具合が出ない)とされており、私のような小型のMacノートの夢を見たい層に人気の機種なのである。価格も5万円程度と一番安いMacBookの半値程度である。
これなら例え夢が見られなくてもダメージは少ないし、XP機としては使える訳で、それはそれで無駄にはならないだろう。
そこで近所のPCショップでU100を購入し、OSXがU100 Vogue上で動く夢にトライしてみることにした。

ネット上にはU100で夢を見る用にカスタマイズされたOSXが転がっており、これを使えば楽勝か? と当初は思っていた。しかし改めてトライしてみると、安PC故なのか、一口にU100と言ってもパーツ構成に幾つかのヴァリエーションが存在しているようで、手順通りには中々行かない面もあり、紆余曲折、あれこれと試行錯誤はさせられることとなった。
まあ、最終的には無事インストール&起動する夢を見ることが出来たので良しとしよう。
夢の中で使ってみると、内蔵カメラが動かないとか、ヘッドフォン出力が死んでいる、スリープから復帰できない等、細かな不具合はあるものの、悪夢という程ではなく、私の使用範囲では特に困るような不具合もなく、噂通り安定して良い夢が見られる印象である。

因みに、U100 Vogueのスペックは次の通り。

 寸法 : W=260mm D=180mm H=40mm
 重量 : 1.32kg
 CPU : Intel Atom N270 1.6GHz
 RAM : 2GB
 HDD : 160GB
 解像度 : 1024 x 600

一方、これまで使ってきた機体は、

 Power Book G4 15in.
 寸法 : W=348mm D=241mm H=28mm
 重量 : 2.54kg
 CPU : PowerPC G4 1.5GHz
 RAM : 1GB(最大1.5GB迄増設可)
 HDD : 80GB
 解像度 : 1280 x 854

 MacBook(2008年2月発売モデル)
 寸法 : W=325mm D=227mm H=27.5mm
 重量 : 2.27kg
 CPU : Intel C2D 2.4GHz
 RAM : 4GB
 HDD : 250GB
 解像度 : 1280 x 800

HDD容量は私のメインマシンで、購入当時30万以上したPB G4を上回ってしまっている。
5万円パソコンなのに(笑)。
更にベンチマークテストの結果も、総合点を比べてみると

 U100=45.15
 PBG4=49.23
 MB=73.08

となり、総合点だけで見れば、PowerBook G4と大差がない(グラフィック機能等、PBG4が大差をつけている部分もある)正にドリームマシン状態。
流石にCore 2 Duo 2.4GHzのMacBookには遠く及ばないが、サイズ的にもスペック的にもU100はMacBookの2/3程度のマシンと言えよう。
外出及び旅行時に携帯するマシンとしては、まずまずのスペックであると思う。
古墳巡りの際も、これならサッと取り出して、iPhoneやデジカメの撮影データを吸い上げるのに便利な夢を見られそうだ。
2008年11月09日 東京都の古墳
■ 赤羽台1号墳
北区の赤羽台古墳群の中で唯一現存する、赤羽台1号墳を見学してきた。
赤羽台古墳群は、JR赤羽駅北西の台地上に所在する、八幡神社から星美学園の敷地にかけて分布していた古墳群であるが、その殆んどは、戦前の陸軍駐屯地造成に始まる開発によって消滅しており、星美学園敷地内の崖際に円墳が1基残存しているのみである。

実はこの学校には仕事の納品や打ち合わせで何度も訪れているのだが、中々古墳の見学をしている時間がとれずにいた。今日は学園で行われるチャリティーバザーに行くことになったので、一通り見物を終えた後に、裏手の赤羽台一号墳を見学させて頂くことにした。

赤羽台一号墳

場所は遺跡地図で確認済みだったが、意外とアテにならないこともあるので、念のためシスターに場所を確認してみた所、「幼稚園の裏手に古墳の残骸がありますよ」とのことであった。教えられた通りに崖際の道を進むと、確かに古墳の残骸のようなマウンドが見えてきた。

西から

北区の飛鳥山遺跡の調査報告書に掲載されている写真等と比べ、かなり変形してしまっている気がするが、単に発掘調査のために草木を取り払ったせいで印象が変わっただけか?
径30m程の円墳とのことであるが、墳丘は大分失われて小さくなっているようだ。

南から

こちらから見るとそれなりに形の整った円墳に見えるが、本来の規模を考えるとシスターが「古墳の残骸」とおっしゃってたのもうなずける。
墳丘の向こう側は崖になっている。

東から

東側は崖線に面しており、墳丘と距離をとることができず、全体を写すことは出来なかった。

北から

現状で墳丘高は2m程度であろうか? 場所が幼稚園の裏手だけに、園庭の築山にしか見えない。

墳頂から東を望む

崖際という立地故、墳頂からの見晴らしは良く、眼下には隅田川(現荒川)による沖積地を一望できる。
写真奥に堤防が写っているが、その向こうに新河岸川と荒川が流れている。写真右手奥に写っているのが、高層マンションで有名な、川口市のエルザタワーで、その手前位に現荒川と隅田川を仕切る岩渕水門(通称赤水門)がある。
この古墳の立地を考えると、被葬者が暮らしたムラもまた、この低地のどこかにあったのだろう。

墳頂から西を望む

西側は幼稚園の建物になっているが、その手前にも古墳の残骸状の高まりがある。

墳丘南側

こちらにも何やら小さなマウンドがある。古墳の残骸? それとも残土?

説明板

崖際に説明板が設置されていた。赤羽台遺跡全般についての解説で、1号墳について詳しく解説されている訳ではなかった。
2008年08月15日 古墳巡りGadget
■ iPhone 片手に古墳巡り

7月11日、iPhone 3G発売日に、原宿・表参道にて徹夜で15時間以上並んでiPhone 3G 16GB黒を手に入れた。
昨年6月の米国での発表以来、一日千秋の思いで日本での発売を待ち望んでいただけに、嬉しさもひとしおである。

これ迄、iPhoneから通話機能を除いたヴァージョンであるiPod touchを来るべきiPhone日本上陸に備えて、予習的に使ってきたが、古墳巡りの友として、Map機能等中々便利な機能を有している端末であった。
ただ、ネットに繋いでいないと使えない機能も多く、その点を補うために、EMobileのWindows Mobile端末を購入し、これをWifiルーター化させることでTouchをiPhoneのように外でも常時ネット接続できるようにしたりしてきたのだが、iPhone購入でこうした2台持ちの面倒臭さからも開放である。

更にiPhoneにはGPSと200万画素のカメラが内蔵されており、Map機能が更に充実するとともに、写真撮影と簡単な加工迄、一台の端末でこなせるようになった。また、3G経由で自宅パソコンにもアクセスできるので、自宅パソコン内に予め資料を放りこんでおけば、電波が届く範囲であれば、いつでもどこでも必要な資料を閲覧できる利便性は非常に高い。 正に古墳巡りのサポートデバイスとして、最適な端末ではないかと思う次第である。

昨日、高崎市内にある妻の祖父母宅へ、何年かぶりで出かけることになった。
以前、昇寛さんのOFF会で高崎〜前橋界隈の古墳巡りをした際に、何となく見覚えのある道を通ったので「もしや?」と思い、改めて地図を確認してみると、保渡田古墳群&かみつけの里史料館のスグそばで、歩きでも行ける程度の距離であった(笑)。
折角なので、お盆の行事が始まるまでの間の時間を利用して、iPhone片手に保渡田古墳群を一巡りしてみることにした。

自宅から高崎までは、122号〜125号〜17号という感じで北上していくのだが、蓮田の十三塚、騎西の玉敷神社、行田の小見真見寺古墳等、沿線に古墳&古墳跡がちらほら見える。
まずは通りすがりに深谷市内の17号沿いにある玉井古墳群の一基を激写。

次に旧岡部町の17号沿いに現れる蛇喰古墳を激写。
この古墳には今年の正月に訪れているので、1月5日のエントリーを参照されたし。

無事高崎に到着し、お茶等を頂いて一服した後、早速保渡田古墳群へ。
車で10分とかからぬ距離であった。
まずは全長96mの八幡塚古墳を目指す。

八幡塚古墳は葺石や埴輪も整備され、ほぼ築造当時の姿に作りなおされている。
そもそも葺石を装備した大型前方後円墳が殆んどない埼玉や東京では決して拝めない光景で、この点は群馬が羨ましい。

八幡塚古墳墳頂にてiPhoneのMAP(Google MapのiPhone版)を起動!
GPSにて現在位置を取得すると、自動的にその周囲の航空写真が表示される。
正に、今、八幡塚古墳上にいるのを確認できる。

後円部地下には展示室が設けられており、発掘された石棺が展示されている。
iPhoneにはフラッシュはついてないのだが、薄暗い所でもこれだけ写っていれば、まず問題はなさそうだ。

続いて全長108mと群中最大の井出二子山古墳へ。
この日は気温が高く、太陽を遮るものが殆んどない八幡塚〜二子山周辺はちとしんどかった。

二子山古墳も八幡塚同様に築造当時は葺石が葺かれ、埴輪が列をなしていた筈だが、こちらは墳丘上の樹木を伐採するに留まっており、葺石は復元されていない。今後整備されるのだろうか?

後円部から前方部。
この階段、ピッチが小さく、足が28cmの私にはちと歩きづらい。段差が見にくくて前回同様今回も転びそうになった。

二子山墳頂でMAP起動。
丁度写真の継目にあたっており、乱れてしまっているのが残念。
普通の携帯でもGoogle Mapを利用することは出きるが、大きな画面&指先で自由に拡大縮小ができるiPhoneの方が操作は楽である。

二子山を後にし、薬師塚古墳へ。
全長105mの前方後円墳で、保渡田古墳群の3基の前方後円墳の中で一番最後に築造されたと考えられている。
こちらは寺の敷地内にあるため、殆んど整備はされておらず、樹木が茂っている。

前方部北西端から後円部を望む。
こちらから見ると前方後円墳特有のくびれを見ることができる。
このあたりは樹木があるので、太陽が遮られ、こういう陽気の時は涼しくて有りがたい。

墳頂には石棺が展示されている。
蓋は破壊されているものの、身の方には移動させる際に縄をかけた縄掛突起が残っている。

後円部上から前方部を望む。
前方部南側(写真左側)は、寺の建物によって削られている。

八幡塚古墳墳頂にてMAPを起動。
こちらも衛星写真の継目上にあたっており、二子山以上に残念なことになっている。

最後にかみつけの里駐車場にて、保渡田古墳群の全景を確認。
今回は全て場所が分かっている古墳を巡ったのだが、はじめて行くような場合には、事前に場所をプロットしておくと便利だろう。
写真も撮れるし、場所も分かるし、航空写真も見られるしで、その気になれば、iPhoneオンリーの殆んど手ブラで古墳巡りを敢行することもできそうだ。
2008年02月15日 その他
■ フィリピンの古墳群!?
今、社用でフィリピン・ボホール島へ来ている。 島内をプラプラしていたら、目の前にどう見ても円墳としか思えないような丘がポコポコと現れてきた。

フィリピンの円墳?

さきたま古墳群の丸墓山のようなマウンドが四方八方にポコポコしている。

前方後円墳?

大体は円墳乃至はピラミッド風な外観だが、中にはご覧のような前方後円墳風なマウンドもある。

チョコレートヒル

一見かなり人工的な感じがするのだが、これはボホール島では有名な観光スポットのチョコレートヒルと呼ばれる自然地形である。何でも海底だった頃に形成された地形なのだとか。それにしても円墳状の丘が延々と連なる風景は珍妙である。

石室材?

マウンド頂上には御丁寧に石室材風な石材が露頭していた。更に御丁寧なことに房州石風な表面に穴がポコポコと空いているタイプの石であった。
2008年01月05日 埼玉県の古墳
■ 深谷市岡探訪
妻の実家がある県北の深谷に、新年の挨拶を兼ねて遊びに行くことになった。
折角なので、ちょっと時間を見繕って、旧岡部町岡界隈の古墳&古墳跡を巡ってみることにした。

また、深谷への道中、道沿いに何カ所か古墳が見える所があるので、撮影を試みてみた。

●十三塚一号墳

自宅から深谷へ行くのに、まずは国道122号を北上する。
岩槻の加倉で国道16号を越え、東北道を左手に見つつ北上すると平林寺橋交差点に至る。今はそのまま北上すれば122号バイパスへと繋がるのだが、ちょっと前まではこの先が工事中でバイパスに抜けられず、左折して旧道に出るしかなかった。
この旧道を北上し、蓮田駅を越え、関山交差点で右折し、関山東交差点で左折するとバイパスに入れるのだが、関山で右折せずにそのまま北上すると右手にフェンスで囲まれたこんもりとした林が見えてくる。これが蓮田市では今の所、唯一現存する古墳とされる十三塚一号墳である。
この古墳を含む蓮田市黒浜〜閏戸界隈の古墳は元々「十三塚」と呼ばれており、これを受けて『蓮田市史』等では「十三塚古墳群」と呼んでいるが、『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』(塩野博著 さきたま出版会 2004)では、「閏戸古墳群」となっている。
十三塚一号墳

墳丘上の林は手入れされておらず、荒れ放題で、下草が枯れるこの時期であっても墳丘を見通すことができない。径20m程度らしいが、こうして見る限り、高さは余りないらしい。

●玉井古墳群の古墳?

122号を更に北上し、騎西町の玉敷神社(ここに古墳の石室材がある)を右手に見つつ、羽生市に入った所で国道125号バイパスに入る。このバイパスを西進し、行田市小見の陸橋に差し掛かると右手に全長112mの小見真観寺古墳が見えてくるのだが、油断して写真を撮り損ねてしまった。

行田から熊谷に入り、125号バイパスから17号バイパスに入り、暫く北上。熊谷市立女子高校を過ぎたあたりでバイパスを降り、深谷市内へと向かう。
この熊谷バイパスから中山道へ下る道の途中、久保島交差点の手前右手の田中に、いかにも古墳然とした怪しい高まりがある。かねがね古墳ではないかと思っていたのだが、『埼玉の古墳 大里』(塩野博著 さきたま出版会 2004)で調べてみたところ、どうやら玉井古墳群を構成する古墳の一つらしい。
同書P247には、熊谷市史からの引用として、「かつて十七基の円墳と二基の方墳が築造されていたが、現在はほとんど破壊されて、墳丘の残存している古墳は三基である。」とあるので、恐らくこの現存三基の内の一基であろう。
古墳らしき高まり

玉井古墳群は玉井中学校にあった前方後円墳の他は、円墳と方墳で構成されていたそうだが、こちら側から見る限り、方墳っぽく見える。ただ、田や畑の中にある円墳の場合、耕作で裾が削られて方墳っぽい見かけになることも多い。

●榛沢郡衙正倉院跡

昼過ぎに妻の実家がある深谷の東方に到着。
東方というと東方城跡や木の本古墳群があったりするのだが、残念ながら妻の実家があるのは中山道の南側にある旧東方村の飛地部分なので、古墳群を見学するには中山道北側の楡山神社がある原郷方面へ少々歩かなくてはならない。まあ、片道せいぜい2km位の話しなのだが、そんな理由で行こう行こうと思いつつ、未だに行かずに終わっている。とりあえず今日は車で旧岡部町を巡る。

挨拶と昼食を済ませ、1時半に東方を出発。中山道を北進し、旧岡部町岡のあたりでバイパス方面へ右折。2時前に「道の駅おかべ」に着く事ができた。ここに車を停めて、小用を足した後に徒歩で岡地内を巡ることにする。まずは道の駅のすぐ裏手を流れる福川を渡った対岸の段丘上に隣接する「中宿遺跡公園」へ。
正倉院正倉

中宿遺跡は榛沢郡衙の正倉院跡と見られる遺跡で、数多くの高床式倉庫跡が検出されており、公園内にはその倉庫が復元されていた。恐らくこの遺跡に続く岡の台地上に政庁跡等、郡衙の中枢部分が眠っているのであろう。

●古墳供養碑

「埼群古墳館」の昇寛さんから、岡の八坂神社境内に古墳供養碑があると教えてもらったので、復元倉庫前を通ってバイパスの岡交差点方面へ西進する。岡交差点から左手の坂を登ると有名な百庚申が見えてくる。この百庚申のある丘の上が八坂神社だ。
百庚申

深谷や岡部、中山道関係のガイドブック類に必ずと言って登場する有名スポットである。私の家は戦国時代末頃から代々この岡村に住んでおり、祖父が東京に出てきた関係で今は埼玉県南に住んでいるが、父の本籍は岡部町岡のままだし、本家は今でも岡で農家をやっている。そういう意味で、ここは私のルーツ的な土地であると言えよう。
説明板

岡村の有志によって造られたとある。残念ながらこの有志の中に我が家の先祖の名は見えず。
古墳供養碑

社殿の左手、墓地の手前の崖際に建っている。この界隈は耕作の為に相当数の古墳を崩しているらしく、人骨が出てくることもしばしばだったらしい。この種の古墳供養碑は県内に幾つかあるらしいが、実際目にするのはこれがはじめてである。
石碑裏面

植え込みが邪魔で良く見えないが、「(前略)村の北隅に古墳大四十小六十あり之を四十塚と名く。近時人口稠密を加ふるに依り高を均し畑とし、墳を発けば皆古の骨を埋たし所なり。耳環勾玉切子臼玉の◯つあり。全面開墾助成法により此跡湮滅し穀禾を収穫せんとす。(後略)昭和五年三月十四日」とある。
境内の様子

石碑裏面の碑文によると、この場所から中山道とバイパスが合流する地点にかけてのあたりに沢山の古墳が存在したようだ。中山道とバイパスの合流点には四十坂遺跡があり、ここから10基の古墳跡が検出されており、碑文の内容を裏付けている。

●寅稲荷古墳

八坂神社で古墳供養碑を見学した後に、中山道を渡った向こう側にある寅稲荷古墳を目指す。
この古墳は供養碑文で見た「四十塚古墳群」を構成する古墳の一基であり、現在は寅稲荷神社の土台になっている。岡の集落内を通る旧中山道沿いにあった百庚申&八坂神社の案内板には、「村社寅稲荷神社」とあったので、八坂神社は寅稲荷神社の境外末社なのであろう。
寅稲荷神社

中山道沿いにあり、通りからも良く見える。鳥居の奥に見える木立が墳丘である。
後円部

上部は社殿で削られてしまっているものの、一目でそれと分かる墳丘が残っている。墳丘手前に見える鳥居は思いの外低く、デジカメの画面を見ながら歩いていたら、思いっきり額をぶつけてしまった。
墳丘上の様子

寅稲荷の社殿によって墳頂は平に均されてしまっているが、写真に見える拝殿が後円部から前方部に至る按部に位置し、その後ろの本殿が前方部上に立地している。
後円部から前方部

社殿で中心部分は見通せないので、墳丘北側に寄って撮影。くびれ部が比較的明瞭に残っているのが分かる。
前方部から後円部

こちらは墳丘南側の様子。こちらもくびれを看取ることができる。
前方部端

2段になっているのが分かる。こうして見ると墳頂以外の墳丘の残り具合は良いようだ。
墳丘全景

北側から。左手が後円部で右手が前方部で、墳頂を均された現状でも前方部が後円部よりもやや高くなっているのが分かる。
説明板

主軸長51m、後円部径26m、同高3m、前方部幅34m、同高3.5mの前方後円墳で、角閃石安山岩を用いた横穴式石室を有する6世紀末の前方後円墳であると考えられている。この説明板では埴輪の有無は明確でないとされているが、周掘から円筒埴輪と形象埴輪の破片が検出されており、この古墳に伴うものである可能性がある。
寅稲荷神社には坂上田村麻呂宿陣伝説があり、四十塚古墳群はその際に築かれた城塞の跡だと考えられていたようである。関東の古墳には日本武尊、藤原秀郷、源義家、太田道灌といった各時代の武将達が陣を敷いた所だとする伝承が多い。これは古墳の周堀を防御用の堀と考えたことに由来するのであろう。以前にもこのブログで述べたが、恐らく元は日本武尊が陣所としたとする伝承が各地の古墳にあり、それが後に様々な武将の名にすり替わっていったのだと思う。『常陸国風土記』を読むと、奈良時代の関東には日本武尊伝承が広く存在してたことが伺え、ここではそれが平安時代以降に坂上田村麻呂に変化したのであろう。

●お手長山古墳

次は寅稲荷の南東600m程の所にある、前方後円墳・お手長山古墳へ。
ブロッコリー畑と住宅の間を抜けて行った方が近道だが、一旦中山道を岡廼宮神社迄戻り、そこから南に伸びる道を岡部西小目指して南下する方が分かり易いと思う。中山道からもブロッコリー畑の彼方に墳丘が見える。

寅稲荷から徒歩10分位の所にあるが、寅稲荷古墳が四十塚古墳群に属しているのに対し、お手長山は熊野古墳群という別な群に属しているらしい。特に谷や川で隔てられている訳でもなく、拠って立つ河川が違う訳でもないのに分ける必要も無いんじゃないかという気もするが、寅稲荷古墳を中心とする群が四十塚古墳群、お手長山古墳を中心とする群が熊野古墳群ということのようである。
北側から

大分削られているらしく、前方後円墳というよりは大き目の円墳といった雰囲気である。
北東から

東側に廻って眺めてみると、僅かにくびれ部の名残を認めることができた。こうしてみると確かに前方後円墳らしく見える。
後円丘

東側に墳頂の千手堂に至る参道があり、その脇に説明板が立てられている。
後円部から前方部

墳頂は寅稲荷程ではないにしろ、平らになっており、現存部の中央に千手堂が祀られている。
前方部側から後円部

前方部は大きく削られており、この写真の撮影位置は前方部と後円部が連結する箇所から若干前方部側に入った所であり、現状ではここが前方部端となっている。
北西から墳丘全景

後円部も南側が大きく削られているが、それと比べると北側は比較的旧状を留めているようで、僅かにくびれ部の名残りを留めているのが分かる。
説明板

本来の規模は主軸長49.5m、後円部径37m、前方部長12.5mの帆立貝形に近いずんぐりとした前方後円墳であったようだ。実測図と復元図とから、前方部の大部分と後円部南側が大きく削られてしまっているのが分かる。主軸長、築造時期共に寅稲荷とほぼ同じであるが、寅稲荷は普通の前方後円墳であったのに対し、こちらは帆立貝形に近い形状である。こうした違いは何を意味しているのだろうか?

●岡林寺石棺仏

お手長山から中山道に戻り、道を渡った向こう側にある岡林寺へ向かう。
ここには昇寛さんのBBSでその存在が明らかになった、関東に2例しかないという「石棺仏」の一つがあるのだ。先日、渋谷でその片割れを見てきたので、これで関東にある石棺仏はコンプリートだ。

ちなみにこの寺、子供の頃に連れてこられた記憶があるのだが、こんな珍しいものがあるとは全く気付かなかった。
大日如来祠

森田家の墓地の一角に大日如来を祀った祠がある。この大日如来こそが古墳の石棺に彫り込まれた「石棺仏」なのである。調べた訳ではないので確証はないが、姓と墓地の規模、こうした祠を祀っていることからして、近くにある島護産泰神社の神主さんの家の墓地ではないかと思う。
石棺仏

渋谷で見たものと似たような石質である。渋谷の石棺仏は石棺仏のメッカ・兵庫県加西市あたりで造られたもののようなので、この石棺仏も同産地なのかも知れない。手前に置かれている鉢も同じ石質のようだ。

●島護産泰神社

珍しい石棺仏を拝んだ足で岡林寺の東にある、榛沢郡総鎮守・島護産泰神社へ寄る。
北〜東側に水田地帯を見下ろす台地縁辺に立地しており、中宿遺跡の復元倉庫がある場所の南側に隣接している。榛沢郡総鎮守という肩書き、郡衙正倉院に隣接する立地を考えると、もしかするとこの神社周辺に郡衙政庁等が置かれていたのかも知れない。また、台地縁辺という立地から、古墳跡である可能性も考えられる。
島護産泰神社社殿

特に小高くなっている訳ではないが、立地からして元は古墳だった可能性はある気がする。或るいは古墳を潰して郡衙施設を作り、その後に神社が祀られたのでは?等と想像が膨らむ古社である。
説明板

この神社の加護のもとで榛沢郡内の開拓が進められたとあり、郡衙施設があったことを匂わせる内容である。また、ここには記されていないが、日本武尊が東征の際に勝利を祈願した場所であるという伝承がある。上述の通り、こうした武将が宿陣したという伝承は古墳の周堀を防御用の堀と見立てることに由来するものと思われるので、この神社に日本武尊が立寄り、戦勝を祈願した(当然宿陣したであろう)という伝承があるということは、周掘を伴う古墳がかつて存在した可能性を物語っているように思う。
社殿裏手にある神楽殿・手水舎改築寄付者芳名碑に曾々祖父の名を発見した!金五円を寄付したそうだ。他にも自治会館建設寄付芳名碑や記念樹奉納者名や社殿改築寄付者名等、新旧の碑石類に親類の名が多く見え、我が家が岡村村民としてこの神社と深く関わってきた歴史を垣間見ることができた。

●蛇喰古墳

島護産泰神社で日本武尊伝承に触れると共に、ひいひい爺さんの名を通じてこの地との縁を再確認した後に、本日最後の古墳を目指して旧中山道を東進する。
10分程歩き、旧中山道が中山道と合流する地点に至ると、左手の畑中に小振りな円墳が見えてくる。これが白山古墳群で唯一現存する蛇喰(じゃばみ)古墳である。
西から

島護産泰神社同様、東に水田地帯を見下ろす台地縁辺という立地である。かつては周囲に沢山の古墳があり、中山道の南側の白山遺跡からは帆立貝形前方後円墳跡×1、円墳跡×24が検出されている。四十塚古墳群や熊野古墳群とは地続きであり、大きく見ればそれぞれの古墳群は一つの大きな古墳群の支群であると考えられるのかも知れない。
南から

見た所、墳丘は2段になっており、1段目の上のテラス部は墓地として利用されている。この段が築造当時からのものなのか、後世の変形によるものなのかは不明である。尚、墳丘上からは埴輪片が採集されており、6世紀代の築造と考えられている。
墳頂の様子

墳頂の平坦面は少なく、墳頂には小さな石祠が祀られていた。
東から

裾部は墓地として利用されている。尚、現存径は25m、高さ2mであり、県内では中規模な円墳の部類に入ると思う。
北西から

こちらも裾部は墓地になっている。世の中には墳丘上が完全に墓地で固められたような古墳も多いが、時代を越えて同じ場所に墓地を営むケースが多いのは興味深い。
北側の水田から

台地縁辺で低地を見下ろすような立地であることが良く分かる。この台地上はかつてはかなりの古墳密集地であり、古墳時代には相当開けた土地であったことが伺える。恐らくこうした基盤があったことから後にこの場所に郡衙が置かれたのであろう。郡衙で政務を行った郡司と寅稲荷やお手長山といった前方後円墳の被葬者との関係も気になる所である。
2007年12月24日 近所の塚
■ iPod touchで七郷神社古墳へ
携帯音楽プレーヤーをiPod touch 16GBに変えた。
今迄使っていたiPod 5Gは容量が30GBと大きく、音楽/動画プレイヤーとして使える他、外付のHDDとしても使える等、大変便利で良く出来ており、購入した当初はその技術の素晴らしさに深く感心したものだが、今回iPod touchを手にしてみて受けた衝撃は、それを遥かに上回るものであった。

まず、第一にマルチタッチディスプレイを用いた操作系が凄まじい。例えば、再生するアルバムを選ぶ時は、ディスプレイ上で指を左右に動かすことより、本のページをめくるような感じでアルバムのジャケットがクルクルと切り替わっていくし、写真や動画は画面上で指を開くことで拡大、縮めることで縮小し、筐体を横に持ち替えれば自動で画面も横に切り替わるといった工合に、大変直感的というか、ある意味物凄くアナログなインターフェイスなのである。
初代Macintosh以来、直感的な操作性に優れているというのがApple社製品の最大の特徴で、私もその点に惹かれて同社製品を使い続けてきたが、このiPod touchのインターフェイスは正にその究極とも言えるものである。このマルチタッチディスプレイには、子供の頃、雑誌のSF特集等で語られていたような、ステロタイプ的な「未来」を感じることができた。

第二に、無線LAN環境という条件付ではあるが、インターネットへのアクセスが単体で可能になったことが挙げられる。標準でWebブラウザのSafariが搭載され、PCと同様のウェブブラウズが可能である。これも画面上で2本の指を開閉することで拡大/縮小することが出来、3.5インチディスプレイでもそれ程ストレスを感じることなくWebサイトを閲覧できる。無線LANのアクセスポイントは駅や公共施設をはじめ、最近はあちこちに設置されているので、古墳探訪の際、地図を忘れてきてしまったような場合でも、Google Map等で地図を確認することが出来る訳である。勿論地図も拡大/縮小は思いのままだ。
これ迄はPDAにGPSユニットを取り付け、予め地図データをインストールしておいてどうにかこうにか実現できていたようなことが、単体でしかも前準備なしで出来るというのは便利である。また、出先でとある古墳のことについて知りたいと思ったような場合も、自分のサイトや他の古墳系サイトにアクセスしたり、検索したりできるので、資料類を忘れてきても何とかなるし、出かける当日の朝になって、無理にあれこれと資料を揃えなくても良くなりそうだ。
もっとも、アクセスポイントが豊富にある東京都区部や県南の都市部ならともかく、郊外や山の中にあるような古墳群に出かけるような場合、わざわざアクセスポイントがありそうな市役所だとか図書館だとかに行くのか? という問題はある。携帯電話が使えるような場所であれば、携帯電話とiPod touchとの間で無線LAN通信し、携帯電話経由でネットにアクセスするという手が使えるが、地方の古墳群の場合、これすら難しい場合があるのも事実である。この場合、予め必要な情報をiPod touchに入れておくことでカバーするより他ない。まあ、持参するべき資料類を忘れないようにしておけば良いのではあるが、予めこれをやっておけば、例え資料類を忘れてきてしまっても何とかなるだろうし、予定に入れていなかった古墳に急に思い立って寄って見ようと思ったような場合にも対応できるので、便利だと思う。
このようにiPod 5Gを購入してから2年足らずで早くも隔世の感を感じてしまうiPod touchなのだが、そうは言っても所詮は音楽プレイヤーであり、標準の機能では出来ることには限りがある。その点は今迄使ってきたPalm等のPDAの方が遥かに多機能ではある。しかし、OSにはデスクトップやノートのMacと同じOS Xが搭載されており、潜在能力的には既存のPDA以上の「パームトップコンピューター」となり得る力を持っているのである。多分、将来的にはこの点を生かした様々な機能拡張がサポートされるのだとは思うのだが、現時点のユーザーとしては、どうしても宝の持ち腐れ感を感じざるを得ない。しかし世の中凄い人がいるもので、非正規な方法ではあるのだが、その潜在能力の一部を引き出す方法が編み出され、その方法が公開されているのである。

それは"Jailbreak"(脱獄)と呼ばれており、失敗するとAppleのサポートが受けられなくなるというリスクはあるものの、一旦脱獄に成功すれば、様々な機能を追加することができ、その使い勝手は格段に向上するのである。
左の画像は脱獄後の私のiPod touchのホーム画面である。こうした画面のキャプチャーができるのも"Jailbreak"のお陰である。

少々アイコンが見づらいが、最上段右から2番目に見える"Maps"というのは、海外で発売されているiPhone用のGoogle Map閲覧ソフトである。iPod touchはiPhoneから電話機能を省いたものにほぼ相当するので、こうしてインストールさえしてしまえば問題無く使える訳である。少ないメモリで地図も衛星写真もサクサク移動/拡大/縮小できて秀逸である。
"Mail"もiPhone用ソフトで、ネット接続可能なクセに何故かiPod touchには提供されなかったソフトである。まあ、Web Mailを使えということなのだろうが、やはり普段使っているPOP Mailも使えるに越したことはない。その他、テキストエディタやら高解像度用画像ビューア、PDFビューア、ファイル管理ソフト等をインストールしてある。こうしておけばWeb上のデータのみならず、予め、古墳関連資料をテキストやPDF、画像ファイルにしてiPod touchに入れておき、適宜閲覧することが出来るようになる訳である。
と、いうことで、昨日一杯は「脱獄」と各種アプリケーションのインストールに専念し、とりあえず「出来たらいいな」と思うことは一通り出来るようにしておいた。そこで本日は、倅のクリスマスプレゼントを購入するついでに、iPod touchの操作習熟を兼ねて、これを用いて古墳を見に行くことにした。場所は近所の東川口にある「七郷神社古墳」である。

東川口駅から歩いて15分程の所にある七郷神社の社殿裏手には円墳状の塚があり、一部の郷土史本では「古墳」として紹介されている。
以前、交通新聞社の『散歩の達人』で新郷古墳群を取り上げてもらった際に、編集部の方々とここにも取材に行ったことがあるのだが、9月上旬という時期であったため、草ぼうぼうでマウンドが良く見えなかった。この時期であれば下草も枯れ、多少は様子を見易くなっているだろうと思い、出かけてみた次第である。

近所故、凡その場所は分かっているのだが、駅から歩いて行ったことが無い為、駅からの道順が朧げであったので、早速iPod touchでGoogle Mapにアクセス。写真左のように東川口駅からの道順が分かるようにした上で、画面をキャプチャした。Google Mapでは七郷神社は表示されないのであるが、「戸塚第3緑地」の隣に該当する。このキャプチャーした画像を駅から出たら眺めつつ、七郷神社へ行こうという寸法である。

●七郷神社古墳

川口市戸塚3丁目の戸塚小学校隣に鎮座する七郷神社裏手の塚である。
一部の郷土史本では「円墳」として紹介されているが、『川口市史 考古編』等の考古系資料では全く触れられておらず、古墳なのか別な塚なのか正体不明な物件である。

尚、境内とその周辺からは弥生時代の集落跡と方形周溝墓が検出されており、弥生時代のムラの様子を伺い知ることが出来る資料として、この点についてのみ『川口市史』で紹介されている。

現時点で川口市内の古墳としては市域東南部の毛長川(旧入間川)の現在は埋没してしまっている支流沿いの台地縁辺上に展開していた新郷古墳群しか知られておらず、綾瀬川流域ではその存在は全く知られていない。ただ、上流のさいたま市見沼の東宮下から古墳跡と埴輪が検出されており、川口市内の綾瀬川沿いの自然堤防や台地縁辺にも古墳が存在した可能性はあるだろう。

左の画像はiPod touchの"Map"で表示した七郷神社古墳のGoogle Mapによる衛星写真である。無線LAN機能搭載の携帯電話と組み合わせれば、今、自分がいる場所の衛星写真をその場で確認することも出来るのだ。ま、そこまでしなくても、予め行く予定の場所の衛星写真をキャプチャーして保存しておき、適宜閲覧するというスタイルでも十分だろう。
画像中央の神社社殿背後(右手)の森が円形に盛り上がっているのが分かるだろうか?
地図をチェック

駅から出たら、早速iPod touchで先程キャプチャーしておいた地図画像を画像ビューアで表示。メタルを聞きながら要所要所で地図を確認でき、これは便利である。
七郷神社

東側に綾瀬川による沖積低地を見下ろす台地縁辺上に鎮座している。
マウンドを西南から

社殿向かって右奥にある相殿と焼却炉があるあたりの後ろに円墳状のマウンドがある。以前訪れた際は草ぼうぼうで、かろうじてそれらしいものがあるというのが分かる程度であったが、下草が枯れ、明瞭にその姿を見ることが出来た。径20m、高4m程度はあるだろうか。
頂上の様子

下草が無くなり、マウンドに立ち入ることが出来るようになっていたので早速突入。頂上には市の保存樹木に指定されているスダジイの大木が屹立していた。大宮西高にある側ヶ谷戸古墳群の稲荷塚古墳を連想させる姿であった。
マウンド上の様子

マウンド上は雑木林になっており、頂上にあるもの以外にも大きなスダジイの木が何本かあった。こうした木の生えっぷりからして近代以降のものではないのは明確であり、古墳ではないとしても何がしかの遺跡であることには間違いないだろう。
墳頂から北西の眺め

台地平坦面からの比高は結構ある。雑木林に覆われているので、外から墳丘の外観を観察するのは難しいのだが、マウンド上から四方を見回してみると、マウンドは円錐形であるように思われる。尚、遺存状況は良好なようで、社殿や他の建物で大きく削られていることはなさそうであった。
墳頂から東の眺め

戸塚第3緑地へと続く東側は綾瀬川による沖積地へと下る急斜面に面しており、県南では典型的な古墳の立地パターンであるように思える。境内を発掘した際にこの塚の調査はしなかったようで、市の遺跡地図にもこの塚自体はプロットされていない。
2007年12月22日 東京都の古墳
■ 葛飾区&江戸川区探訪
東京都遺跡地図には、古墳の他にも「塚」が数多くプロットされている。勿論その大部分は中世〜近世にかけて造られた経塚や富士塚等であるが、中には「性格不詳」「時期不詳」と良く分からないものや、名前だけ「◯◯塚古墳」と古墳である可能性を臭わせている塚もある。要するに、コレと言った遺物が知られていない上に未調査のため、古墳なのか別の目的で造られた塚なのかハッキリしない物件なのである。

先週迄とはうってかわって朝からどんよりとした曇天であったが、本日はそうした「塚」の内、葛飾区と江戸川区に残る古墳の可能性がありそうな物件を巡ってみた。

●鹿見塚

車で環七を飛ばし、京葉道路を左折。まずは江戸川区の篠崎公園のそばにある、同区鹿骨3丁目の鹿見塚へ。
この鹿見塚はこのあたりの地名である「鹿骨」の起源となった場所で、古くから地元では「古墳ではないか?」と言われているそうである。

現在、隣の葛飾区内からは、柴又と立石からそれぞれ古墳跡が見つかっている。葛飾区〜江戸川区は、奈良時代の「下総國葛飾郡大嶋郷戸籍」で知られる大嶋郷に比定されている。大嶋郷は「嶋俣里」「仲村里」「甲和里」の3つの里から構成されており、それぞれ、葛飾区柴又周辺、葛飾区立石〜奥戸周辺、江戸川区小岩周辺にあたるのではないかと考えられているのだが、つまり、今の所、嶋俣里と仲村里の範囲からは、古墳が見つかっているのに対し、甲和里からは見つかっていないということになる。
江戸川区内からも上小岩遺跡をはじめ、古墳時代の集落遺構が幾つか発見されている。柴又や立石同様に、集落があるのであれば、古墳があってもおかしくはない訳で、そんな江戸川区において、最も古墳である可能性が濃厚なのが、この鹿見塚であると言えよう。
鹿見塚

現在塚上には鹿見塚神社が祀られているが、ご覧の通り、非常に小さな神社である。ただ、神社敷地に隣接する土地も元は塚の一部であったように思われるので、元々の規模はもっと大きかったのであろう。
塚の様子

塚と言っても削られたのか埋没しているのか、現状では高さは殆どないのだが、参道から社殿に向けて僅かに盛り上がっている。
鹿見塚碑

「鹿骨発祥の地鹿見塚」と彫られている。地元の有志によって建てられたようだ。
説明板

「この鹿見塚のあるあたりは昔から鹿骨発祥の地といわれている。伝説によるとこの地は昔戦国時代の頃、興亡のはげしい世の中を離れ、安住の地を求めて石井長勝・牧野一族・田島一族・中代一族および別系の石井一族が開拓し住みついた所といわれる。ある日のこと日頃尊崇している鹿島大神が、常陸の国から大和の奈良に向かう途中、大神の杖となっていた神鹿が急病でたおれたので、塚を築きねんごろに葬った所だと伝えられている。
昭和四十二年八月氏子中によって碑が建てられた。台座はコンクリート三段組で高さ九八・碑石は高さ八一・幅五二・厚さが一三(単位センチメートル)あり表面に「鹿骨発祥の地・鹿見塚」と刻まれている。鹿見塚神社は昭和四十八年に再建築されたものである。
昭和五十二年十一月 江戸川区教育委員会」とある。
塚上からの眺め

一番小高くなっている社殿裏手から外を眺めてみると、道路からそれなりに比高があることが分かる。
西から

社殿の裏手に向けて、徐々に高まっていっているのが分かる。社殿裏手あたりが元々のマウンドの頂上だとすると、マウンドの北側半分と西側がざっくり削られてしまっているようだ。
北から

神社敷地の東側も建物で削られており、現状は元々あった塚のごく一部が残されているに過ぎないことが分かる。

●半田稲荷神社

次は篠崎公園前から柴又街道を北上し、葛飾区東金町4丁目の半田稲荷神社へ向かう。
ここは遺跡地図で葛飾区の18番として登録されており、遺跡名は特につけられていないのだが、「低地微高地 塚? [中?]」となっている。塚なのかどうかもハッキリしない上、時代も中世のものなのかどうかハッキリはしていないようだ。

このように、今一つ掴みどころのない遺跡なのであるが、聞く所によると、境内には「狐穴」という横穴があるという。横穴式石室が「狐穴」と呼ばれることは良くある(実際に狐が巣をかけることが多かったのだろう)ので、柴又八幡神社古墳のように、石室の一部が露出しているのかもしれないと思い、足を運んでみた。
半田稲荷神社

東側に江戸川(太日川)を臨み、北側に水元公園(旧入間川流路跡)を臨むという立地で、古墳時代はこの2つの河川に北〜東〜南を囲まれた半島状の自然堤防上に立地している。尾張徳川家から庇護され、多くの歌舞伎役者が参拝していたことで知られている。
神泉跡

湧水は枯れているそうだが、遺構が境内に保存されていた。泉をとりまく柵には寄進者の名が刻まれており、市川団十郎や尾上菊五郎といった歌舞伎役者の名もある。
塚?

社殿左手の稲荷祠の左手から背後にかけてが盛り上がっており、この祠は塚を切り開いた跡に祀られているようにも見える。新宿区西早稲田の水稲荷神社裏手にある冨塚古墳と似たような雰囲気であった。
狐穴

稲荷祠へ続く参道の左手に、噂の狐穴があった。期待に反して溶岩等で比較的新しい時代に造られたもののようであった。元々富士塚でもあったのだろうか?
別角度から

塚上の薮から、今まさに飛び出してきたような狐の石像が可愛らしい。このあたりは溶岩を積み上げて造られているようで、富士塚跡地っぽい。
狐穴クローズアップ

ご覧のように溶岩を積み上げて造られており、古墳の石室跡ではないようだ。大きさも小さく、仔狐位しか出入りできそうにない。
稲荷祠

鳥居を潜り、祠の前に出ると大小様々なお狐様達がお出迎え。何となく楽しげな光景であった。葛飾区による説明板によると、祠の前の一対の狐は、狐の石像としては区内最古のものなのだそうだ。
稲荷祠左手の様子

ご覧のように塚跡のような地形になっている。狐穴は石室跡ではなかったものの、時期不詳の塚ということなので、もしかすると古墳跡なのかも知れない。ただ、これだけ削られている割には特に遺物は知られていないらしい。
稲荷祠右手の様子

稲荷祠の背後から右手、更に右手の社殿裏にかけて塚状の高まりが続いていた。塚の南側を削った跡に、社殿と稲荷祠を建てたような印象である。
塚状地形を裏手から

裏手(北側)は公園になっており、元々塚だったとすると、南側だけでなく、北側も削られていることになる。これだけ削られて、特に遺物が出ていないという点が古墳と見るには弱く、区としても「中世の塚か?」と推定するより他にないのだろう。

●三ツ池古墳

半田稲荷から国道6号を南下。古墳時代の集落跡が見つかっている新宿地区から左手の住宅地に入って暫く進むと、葛飾区の10番として遺跡地図にプロットされている、三ツ池古墳のある理昌院そばに出る。

この三ツ池古墳、古墳という名がついているものの、時代区分は奈良時代となっている。再終末期の古墳なのか?と思いきや、遺跡地図には古墳マークではなく、塚マークでプロットされている。要するに古墳とは言われているものの、付近からは奈良時代の遺物しか出ていないということのようだ。まあ、再終末期の古墳になると、火葬骨を骨蔵器に入れて埋葬するだけという形もあるので、もしかすると本当に8世紀代の古墳なのかも知れない。
理昌院墓地から該当地付近

地図には現存マークでプロットされているのだが、該当地は塀の向こうで、良く分からなかった。Google Earthで確認するとどうも建物の下敷きになっているっぽいのだが、多少なりとも残っているのだろうか?
聞明寺墓地から

隣接する聞明寺の墓地からも覗いてみたが、この場所から、上の写真で棕櫚の木が生えているあたりに向けて若干地形が高まっているような印象で、もしかすると聞明寺の裏庭(棕櫚の木のある所)に多少墳丘が残っていたりするのかも知れない。

●奥戸三丁目の塚

最後に立石様や南蔵院古墳、立石熊野神社古墳がある立石から中川(古利根川)を渡った対岸にあたる奥戸三丁目にある塚を見学する。
ここは遺跡名はついていないものの、葛飾区の23番遺跡「低地微高地 塚 [不]」として遺跡地図にもプロットされている。対岸に古墳跡があり、奥戸地区からは古墳時代の集落跡(鬼塚遺跡)が見つかっていることから、古墳である可能性も考えられる物件である。

ただ、古墳時代の集落跡が見つかった鬼塚遺跡内にある、一見円墳状の塚である鬼塚は、調査の結果中世塚であることが判明しており、これを考えるとこの塚も同種の中世塚である疑いも出てくる。
奥戸三丁目の塚

奥戸3−12の住宅地の最奥部に人目を避けるように佇んでいる。周囲は全て住宅で取り囲まれており、通りからその存在を見通すのは難しい。このブロックの中心部分がちょっとした広場状になっており、そこに建つ民家の裏手に円墳状の塚が残っていた。
目測で高さ1.8m程度、径10m程度の小型の円墳状である。民家敷地(写真左手〜手前)とマウンドの間が凹んでおり、周堀跡のようにも見えるのだが、民家敷地側を盛土したためにこうなっただけとも考えられる。
民家庭先にあった奇石

マウンド前に建っている民家の庭先に男根状の石がおかれていた。元々塚上かその前あたりに神社か何かがあった名残なのだろうか? この場所は住宅密集地のド真ん中に、ここだけぽっかりと空間があき、2軒の家がポツンと建っているだけというちょっと変わった雰囲気であり、塚があることからしても、神社跡地なのかも知れない。

江戸川区や葛飾区というと、北区や板橋区等の都内の台地上の地域と比べると元々古墳や塚の数はとても少ない印象の場所なのだが、4カ所まわって、一応3カ所、見た目にそれと分かる場所が見られたというのは実に優秀な成績である。古墳かどうかは不明としても、こうした塚が残っているのは大したものだと思う。

今日は時間の関係で寄ってこられなかったが、いつも仕事で通っている江戸川区内の道沿いにもう1カ所、塚上に鎮座する稲荷社があるのを知っている。探せばまだ他にもありそうな気もするので、地誌や郷土史本でもう一調べして、再度この地域を巡ってみようと思う。
<<前のページへ 4567891011121314