ムシモンオオクワガタ入手/飼育方法

■入手方法

 ムシモンオオクワガタはヨユーロオオクワガタと比べ、分布域が狭いためか輸入量も少ないようです。従って、天然物、累代物を問わず、国内流通量も少なく、生体の入手は少々困難です。
 一方、標本であれば、欧州の標本商では大抵在庫がありますし、国内でも大きな所であれば在庫を持っていることがありますので、入手は比較的容易かと思います。

 生体はユーロオオクワ以上に中々ショップに出回りませんので、過去に取り扱ったことのあるショップを中心に、足繁く通うか、予約注文を入れておくのが確実かと思います。
 ただ、生体の状態を直接確認できないというリスクはありますが、BIDDERS 等のネットオークションでは比較的良く出品されますので、これを利用するのも一案でしょう。

 国内で流通している生体は、その殆どがイタリア・サルディニア島産で、コルシカ島や北アフリカ産のものは皆無に近い状態です。

■成虫飼育方法
 基本的にユーロオオクワと同じで問題ありません。
 ただ、ムシモンはアンタエウスオオクワガタやヒラタクワガタのように、材だけでなく、マットにも産卵することもありますので、産卵セットにはユーロオオクワに用いるものよりも発酵の進んだマットが適しているように思われます。しかし、発酵の進んだマットでないと産まないという訳ではなく、そうでない場合は材にのみ産卵するだけの話しですので、絶対条件と迄は言えないと思います。
 以下に我が家における飼育ケージ、産卵セットそれぞれの例を示します。

ムシモン飼育ケージ
ムシモン飼育ケージ用資材例
1.飼育ケース(17cm アクリル水槽)
2.マット(高発酵微粒子マット)
3.産卵木
4.木片、樹皮片
5.餌皿(無くても可)
6.エサ(昆虫ゼリー)

←飼育/産卵ケージレイアウト例

成虫の飼育/観察と産卵の両方に対応した万能型のセットです。
但し、下の産卵専用セットに比べると、産卵数は少なくなる傾向があると思います。

ムシモン産卵セット
ムシモン産卵セット用資材例
1.飼育ケース(Q-BOX10)
2.マット(フジコン・ドルクスフレーク)
3.産卵木
4.木片、樹皮片
5.エサ(昆虫ゼリー)

←産卵セット例

産卵専用のセットです。
Q-BOX10に、芯が少な目で柔らか目のクヌギ材をフジコンのドルクスフレークで9割方埋め込んでみました。

成虫の管理
基本的には他のクワガタ同様に、♂♀分けて飼育し、交尾期のみ産卵セットに2週間程、1ペアづつ同居させ、その後♂を退去させるという方法が無難ではあります。ユーロオオクワでは実際に他の個体に襲われて死亡したと思われる個体を見たことがありますので、ムシモンでも警戒した方が良いでしょう。
とは言え、こうしたケースは稀でしょうし、比較的大人しい性格のクワガタではありますので、♂♀同居させても問題の無いことの方が多いかもしれません。また、その意味では、ケースや個体のサイズにもよりますが、ある程度の纏め飼いも可能かと思います。小プラケで2ペア、中プラケで3〜4ペア程度でしょうか。
ただし、飼育数が多い場合は、交尾終了後1ヶ月程、一時的に♂を別のケージに移すか、逆に飼育ケージとは別に産卵セットを組んでおいて、そこに♀を移すか等して、♀が産卵に専念できるようにしておいた方が良いです。♂が多いと、♀に交尾を迫り続けるので、♀が産卵に専念できず、産卵数が減ってしまう可能性が大です。
飼育ケース
飼育ケースは、1ペアだけであれば、プラケースのミニ又は小程度の面積のある容器で充分です。セットする産卵木のサイズや本数に応じて使い分けると良いでしょう。数ペア纏め飼いする場合は、数によって、小、中、大プラケ相当の容器を利用します。
コバエやダニの侵入を防ぐ場合は、コバエシャター等の侵入防止対策が講じられたケースを使うか、ケースと蓋の間に侵入防止シートを挟む等して下さい。これら朽木で繁殖するハエやダニは、クワガタに害を及ぼす訳ではありませんので、もし、これらが発生しても気にならないという方は、それ程神経質にならなくても良いと思います。
産卵木
我が家のムシモンは堅い材には見向きもしないので、柔らか目の材を使うようにしています。樹種には特にこだわりはないようで、クヌギでもコナラでも良く産みますが、太さは、木に潜って坑道を穿ちながら産卵する場合もあるので、細目のものよりは、ある程度の太さ(直径10cm以上)があるものの方が適していると思います。また、湿度は高目でないとならないようで、乾燥気味の部分には全く手をつけず、幼虫もそうした部分には入り込まないようです。従って、産卵木は湿度保持の観点から、完全にマットで埋め込むか、こまめに霧吹きをするかした方が良いと思います。
産卵木は腐朽の度合いや太さによって水に半日〜一日程浸けた後に、やはり半日〜一日程度乾かしてから使います(硬く、太いもの程時間をかける)。樹皮とその下のオレンジ色の部分はザっと削いでおいた方が、♀への負担が軽減されます。
樹皮を削いだ場合、カビが激しく発生する場合がありますが、これにはそれほど神経質にならなくて良いと思います。大抵の場合、♀が産卵を開始するとカビは消えてしまいます。恐らく、クワガタが体内に有しているカビに対する耐性を持った物質の働きかと思われます。どうしても気になる方は、カビのホワホワが出てきたら、その都度拭き取ると良いでしょう。
マット
ムシモンはマットの種類によっては、材だけでなく、マットにも産卵します。マットに産ませる場合は粒子が細かく、発酵の進んだものを選びます。発酵の浅いマットの場合は材に産みますが、いずれの場合も産卵材が乾かないように、マットにもしっかり加水しておきます。加水は、良く言われる「手で固く握った時に団子になる程度」が良いと思われます。
エサ
エサは昆虫ゼリーやバナナ等を与えます。
昆虫ゼリーを与える場合は、そのままマット上にカップを置かずに、半分にカットするか、餌皿にセットした方が無難です。
ムシモンのケージに、蓋に十字の切り込みを入れた状態の昆虫ゼリーを転がしておいた所、中に入った虫が脱出できずに溺死したケースがあります。何かのはずみでカップが転がり、虫の腹部が半ば液状化したゼリーの中に浸かってしまったのが原因と思われます。
カップを半分にカットしておけば溺れようはないですし、エサ皿にセットしてカップが転がらないようにしておけば、容易に脱出できるようですので、いずれかの方法で与えることをお勧めします。
エサ皿他
マットを敷いたら、エサ皿や登り木を配置します。これらは必ずしも必要という訳ではありませんが、♂♀の出会いの場や隠れ場所としての機能もありますので、設置した方がモアベターかと思います。登り木にムシモンが入れる程度の洞を人工的に掘っておくのも良いでしょう。
最後に、マット表面に、転倒したクワガタが起き上がる際の足掛かりとして、木片や樹皮片をまんべんなく散らしておきます。これが無いと、転倒したまま起きあがれずに、もがき続けて死んでしまうことがあります。

■割り出し、幼虫回収
割出し
 順調に行けば、セットから40〜50日程度で、容器の壁面に幼虫が姿を現します。外から見えない場合でも、マットの中に成虫が掘ったトンネルが縦横に走っていたり、材の削りカスが見えていれば、産卵されている可能性が高いので、2ヶ月程度経過した時点で割出してみると良いでしょう。
 しかし、ムシモンの初齢幼虫は大変小さく、割り出しても見落してしまう可能性が大きいと思います。通常、「まさかこんな小片には...」と捨ててしまうような破片の中に潜んでいる場合もあるので要注意です。また、マットに産卵している場合もありますので、埋め込みマットも良くチェックして下さい。

 見落しを極力避けるには、セットから3〜4ヶ月程度待ち、ある程度育つのを待ってから割り出すと良いと思います。2齢幼虫でも小さいことには変わりありませんので、割りカスやマットは1〜2ヶ月程保管し、改めてチェックをしてから廃棄するようにした方が良いでしょう。

■幼虫飼育方法
幼虫
 幼虫は、マット飼育、菌糸瓶飼育、材飼育のいずれでも良く育つようです。幼虫飼育も基本的にはユーロオオクワと同じで問題はありませんが、途中でエサを食べなくなり、死亡してしまう事があると言われています。私の所でも、昨年秋に知人より頂いた幼虫6匹の内3匹が、3齢になって暫くしてから死亡してしまいました。原因はエサを食べなかったことかどうかは不明ですが、特にこれといった要因も思い当たりません。
 一方、今年4月に回収した幼虫は、全部無事に成虫となりましたので、それほど心配することはないように思いますが、何らかの要因で幼虫が突然死する場合も確かにあるようです。

 幼虫も成虫同様、夏場の湿度過多にさえ気を付けていれば、夏冬共に室温で飼育可能です。勿論、冬季に20〜25℃程度に加温してやれば、より早く成長させることが出来ます。
 マット飼育、菌糸瓶飼育の場合、♀の早いもので3ヶ月程度、通常は♂♀共に半年程度で成虫になります。自然界では幼虫時期は2〜3年程度とされていますので、材飼育の場合は、羽化までに2年程度かかると思われます。

 飼育容器は小型種ですので、1匹づつ個別飼育する場合でも250cc程度のプリンカップで充分です。90ccのものから成長段階に応じて容器を使い分けるという方法でも良いかと思います。また、小プラケースや1L程度の菌糸瓶で4〜5匹づつ纏め飼いすることも可能です。

 私は、マット飼育/菌糸飼育共に、200ccのプリンカップにて一匹づつ個別に飼育しています。3ヶ月程度経過した時点でマットや菌糸が劣化してきますので、その時点でまだ前蛹になっていなければ、新しい物に交換します。通常、エサの交換はこの一回で済みますが、成長の速い個体や高温(25度以上)で管理した場合は、交換ナシで成虫まで持っていける(3ヶ月程度で成虫になってしまう)場合もあります。但し、この場合、小さな成虫となる可能性が高いです