ヨーロッパオオクワガタ入手/飼育方法

成虫飼育方法 1)個別飼育
 ユーロオオクワ成虫は、比較的大人しい性格ではありますが、万全を期すのであれば、他のクワガタと同様に、交尾時以外は♂♀を分け、個別に飼育する事をお勧めします。実際に他の個体に襲われて死亡したと思われる個体を目撃したことがあります。

■飼育環境
 ユーロオオクワは、洋の東西は違うものの、同じ北半球の温帯に生息するDorcus属のクワガタであり、国産のコクワガタやオオクワガタに近い生態を有しているようですので、飼育/繁殖方法も基本的には、この2種に準じた方法で問題無いようです。
 成虫寿命は♂♀共に1〜2年程度ですが、交尾済の♂や、産卵済みの♀は羽化後1年未満で死ぬ場合が多いように思います。

●夏季の管理

 ユーロオオクワの生息地は日本と比べると、いずれも湿度が低く乾燥気味な地域ですので、日本で飼う場合、直射日光が当たらず、出来るだけ風通しの良い、涼しい場所で飼育すると長生きするのではないかと思います。温度管理は、生息地でも夏場は30度を超えることも多いですので、飼育ケージの中が極端に蒸れることのないよう、湿度に気を付けていれば、冷房の必要はないでしょう。単に成虫を飼育するだけであれば、ケージ内は乾燥気味であっても問題はないようです。但し、エサは切らさないように注意して下さい。

●冬季の管理

 寒さに対する耐性もコクワやオオクワと同程度なようで、室温が12〜13℃以上あるような場所では、真冬でも普通に活動します。居間等、冬場でも日中は暖かく、夜間でもある程度の室温が保たれているような場所で飼育する限り、殆ど休眠することはないようです。従って、休眠させない場合は、室温を15℃以上に保つようにして下さい。この場合の飼育方法は夏場のそれに準じます。
 休眠状態で越冬させる場合は、玄関先等の直射日光が当たらず、気温が低い状態で安定している場所で管理します。勿論、冬期に休眠させた方が個体の持ちは良くなります。容器は小〜中プラケース程度の大きさのものを選び、加湿したマットを8分目程度に詰めます。生息地で越冬の際に潜り込む材は、乾燥したものよりは、湿気があるような材であることが多いようなので、マットの乾燥には留意して下さい。コバエシャッターやコンテナボックス等の気密性の高い飼育容器を用いるか、ケースと蓋の間に空気穴を開けたビニールシートを挟む等の保湿対策が必要です。月に一度程度はマットの状態をチェックし、もし乾燥しているようならば、霧吹等で加湿します。
 また、上述のように、気温が12〜13℃を越えてくると活動を始めてしまいますので、真冬でもこの程度の気温に達することのある地域で飼育する場合は、念の為、エサを入れておいた方が良いと思います。

■飼育要領
●飼育の流れ

 個別飼育の場合、

♂♀個別管理 ペアリング
(約1〜2週間)
♀を産卵セットに投入
(1ヶ月程度)
セットから♀引き上げ ♂♀個別管理

 が、基本的なサイクルとなります。
 勿論、野外採集個体の場合は、ペアリングから始めたり、スグに♀を産卵セットに投入しても良いですし、交尾済みの♀を一ヶ月毎に新しい産卵セットに投入し続け(或いは、セットに新しい材を投入し続ける)ても良いです。

 この流れに従って、飼育管理を行う訳ですが、セパレーター(仕切板)付の容器を用いると各ステージでの管理が楽になるのでオススメです。
 未成熟の新成虫ペアを入手した場合で説明しますと、まずはセパレーターで2部屋に仕切った容器のそれぞれに♂♀を分けて入れ、成熟を待ちます。暫くはマットに潜って休眠していると思いますが、性的に成熟すると活動を開始し、エサを食べるようになります。羽化後成熟する迄の期間は個体によってまちまちですが、早い個体で2週間程度、遅いもので2〜3ヶ月程度です。概ね、体のサイズが小さい個体程成熟迄の期間が短く、大きくなるにつれ、遅くなる傾向があるように思います。
 ♂♀共にエサを食べるようになったら(後食開始)、セパレーターを取り除き、1〜2週間程雌雄同居させ、交尾させます(ペアリング)。目安としては、マットの中等で♂♀並んで休んでいたり、近付いた時に、♂が♀に被いかぶさったりして、♀を守るような素振りを見せたならば、ほぼ交尾を終えたと考えて良いでしょう。
 ペアリング期間が終了したら、♀を取り出し、別途組んでおいた産卵セット(産卵セットの項で詳述)に投入します。暫くして、材からの木屑が地表やマット中に確認できれば、ほぼ確実に♀が産卵に及んでいます。放っておくと、死ぬ迄産み続け、割り出しの際に幼虫と卵が混在することになるので、セット投入後1ヶ月を目安に、♀を産卵セットから取り出し、再びセパレーターをセットした飼育ケージに戻します。
 もし、続けて産卵させたい場合は、新しい産卵セットを用意するか、逆に産卵セット中の産卵木を新しいものに交換してやりますが、連続して産卵させるよりは、多少の休養期間を与えてやった方が、♀の持ちも良く、結果として、より多くの幼虫を得られるようになるかと思います。
 以後、生体のコンディションや自分の飼育キャパシティ等を考慮し、これを繰り返して行きます。

 セパレーターが無い物を使用する場合も基本は同様で、成熟後、♂♀どちらか一方の容器にてペアを1〜2週間程度同居させて交尾させるか、容積的に同居が難しい場合は、ペアリング用の容器を別途用意して、そこで同様に同居させれば良いでしょう。

●日常の世話

 日常の世話は、マットが乾いてきたら霧吹等で加水することと、エサを切らないように留意する位で、前段で述べた飼育環境が整っていれば、それ以外にしなくてはならない事は余り有りません。
 エサは市販の昆虫ゼリーが手軽で便利です。それ程量は食べませんので、16g のもので充分ですが、与え方には注意が必要です。
 エサ皿を設置している場合は、蓋に十字の切れ込みを入れた状態のものを、穴にセットしてやります。穴にセットすることで、仮にユーロオオクワがカップの中に潜り込んでしまっても、ゼリー容器が安定しますので、無用に回転して脱出を妨げるというような事故が少なくなります。
 容器の面積的にエサ皿をセットできない場合は、16g ゼリーを縦に2つにカットして与えます。ゼリースプリッター等の専用の器具が販売されていますので、こういったものを用いると作業が楽になります。諸般の事情でカット出来ない場合は、蓋を完全に剥がした状態で与えて下さい。蓋を十字に切り込んだ状態ですと、ゼリーの乾燥防止にはなりますが、ユーロオオクワが中に潜り込んでしまった場合、脱出しようともがいた際にカップが回転/転倒してしまい、最悪脱出できずに溺死してしまうことがあります。2つにカットしてあれば、この事故は防げますので、面倒でもカットして与えることをオススメします。

 後はマットが激しく劣化してきたり、ダニやコバエ、線虫等が発生した際にはマットを交換してやります。これらの虫は、クワガタにとっては無害である場合が多いので、気にならない方は放っておいても構いませんが、同居人がいる場合はトラブルの元になりますので注意して下さい。
 ダニはクワガタの体にたかることがあります。大抵は無害(単にクワガタの餌のおこぼれにあずかっているだけ)ですが、中にはクワガタの体液を吸汁する種類もありますので、目立つようならば取り除いておいた方が良いでしょう。ユーロオオクワは小型種なので、ブラシやピンセットを使って取り除くのも難しいですから、市販のクワガタ用ダニ駆除剤を用いるか、防ダニ効果のある針葉樹マットにダニが見えなくなるまで入れておく等すると良いでしょう。成虫飼育ケージのマットに最初っから針葉樹マットを用いておけば、ダニに限らず、コバエや線虫等の発生を抑えることが出来ます。

■飼育資材
●飼育容器

 飼育容器は、♂♀分けて飼育でき、且つ丈夫なものを選びます。
 120〜200cc 程度のプリンカップにて個別管理という方法もありますが、長期間使用していますと、♀がカップを噛み破ってしまったり、自力で蓋をこじあけたりして脱走する恐れがありますので、プリンカップでの成虫管理は短時間の一時的なものに限った方が無難でしょう。
 市販の昆虫飼育容器としては、スタック・エスやコバエシャッター・タイニー等の10cm角程度の小型容器が、ユーロオオクワの個別飼育には適していると思います。これらであれば、昆虫専門店や、ペットショップ、ホームセンター等でも入手/取り寄せが可能ですので、数も揃え易く、累代して成虫が増えた際にも便利です。また、この2種の容器には、専用のセパレーター(仕切板)が用意されており、これを用いることで容器を二分割でき、2匹を一つの容器で個別管理できるようになります。
 その他、100円ショップやホームセンターで同程度のサイズの容器が色々と販売されておりますので、空気穴を開ける等して流用するのも良いと思います。

現時点で、ユーロオオクワ成虫の個別管理に最も適していると筆者が考える容器2種。

機能的には大差無く、どちらの容器もコバエの侵入防止とケース内の乾燥防止に優れている。また、見た目にもスッキリしており、多少積み上げてもグラつかないので、飼育個体数が増えた時には非常に便利。

スタック・エス(左)とコバエシャッター・タイニー(右) セパレーターをセットした状態

品名/寸法 奥行 高さ 単価 仕切板
スタック・エス 104mm 104mm 83mm @150- 別売@30-
コバエシャッター・タイニー 105mm 105mm 93mm @180- 別売@40-
容器の容量自体はほぼ同じだが、コバエシャッターは蓋に不織布フィルターを装備している分、背が高くなっている。

●マット

 マットは極論すれば、何でも構いません。濡れティッシュのようなものでも良いですし、防虫効果のある針葉樹系のマットや、ハムスター等の小動物用の床材(これも針葉樹)でも良いです。
 マットは軽く湿る程度に加水し、通常は1〜2cm程度も敷けば充分でしょう。休眠中の新成虫を小型容器で管理する際は、3〜5cm程度、休眠状態で越冬させる場合は、大き目の容器に8分目程度に詰めてやります。
 いずれの場合も乾燥し過ぎは良くないので、カラカラに乾ききる前に、霧吹等で加湿してやります。

●エサ

 エサは市販の昆虫ゼリーが手軽で入手し易いので良いです。余り量は食べませんので、一番小さい16g のもので充分です。与える際は、溺死事故防止の為に2つに割るか、エサ皿を置けるのであれば、エサ皿にセットした状態で与えます。
 ゼリー以外では、バナナやリンゴ等の果物も食べます。スイカやメロン等も食べますが、こうした水分の多い物だとマットを汚し、ダニも湧き易くなります。また、いずれにしろ、ゼリーと比べると腐り易いので、こうしたエサを与える場合は、こまめに交換してやった方が良いでしょう。
 ♀の産卵前後には高タンパクゼリーを与えると良いとされますので、入手可能であれば、そのようにしてやると良いかも知れません。因みに私は常時高タンパクゼリーを与えていますが、本当に効果があるのか確証を得るには至っておりません。

●エサ皿、登り木、木片等

 マットの表面には、転倒事故防止の為、木片や樹皮片、落ち葉等をまんべんなく散布しておきます。これは産卵木の割りカスで充分です。ユーロオオクワは元来、地表を歩くのは得意ではないので、良く転びます。転んだ際に起き上がる足掛かりがないと、仰向けになったままもがき続けて衰弱死することがありますので、必ず木片等を入れるようにして下さい。
 エサ皿や登り木は小さな容器で成虫管理を行う場合には物理的に設置不能ですが、例えば、ペアリングをミニプラケース等、ユーロオオクワペアにとっては広過ぎる面積のある容器で行うような場合は、極力設置するようにして下さい。特にエサ皿は♂♀の出会いの場や隠れ場所となりますので、これがあった方が順調に推移するように思います。また、入れておけば、大抵はこの下で休んでいますので、個体を探すのも楽になります。