ヨーロッパオオクワガタ入手/飼育方法

成虫飼育方法 2)纏め飼い
 実例があるとは言え、他の個体に襲われて死亡したり、怪我をしたりといったケースは稀なことではあり、♂♀同居させても問題の無いことの方が多いかもしれません。その意味では、ケースや個体のサイズにもよりますが、ある程度の纏め飼いも可能かと思います。小プラケで2ペア、中プラケで3〜4ペア程度でしょうか。
 複数ペアを纏め飼いするとなると、生まれてくる子供の親が誰だか分からなくなるというデメリットがありますので、この点にこだわりたい場合は、個別管理をするようにして下さい。

■飼育環境
 個別飼育の項を参照

■飼育要領
●飼育の流れ

 纏め飼いには、大きく分けて、

 1.産卵セットと飼育ケージを分ける
 2.産卵セットと飼育ケージを分けない

 の2つの方法があります。
 前者は単に成虫の管理を1ペア以上纏めて行うだけであるのに対し、後者は飼育ケージに産卵木を入れる、乃至は産卵セットに1ペア以上の成虫を入れて飼育する方法です。
 いずれの方法も、メリットは個別飼育と比べて使用する容器の数やスペースが少なくて済み、エサの無駄も省け、飼育コストを切り詰められる点です。デメリットは上述の通り、得られた幼虫の親がどの個体であるのか判然としないことや、ケンカによる死傷のリスクが生じること、♀一匹あたりの産卵数が個別に産卵セットを組む場合と比べて少なくなる傾向にある点等です。

 飼育の流れはそれぞれ次のようになります。

産卵セットと分ける ペアリング
(約1〜2週間)
♀を産卵セットに投入
(1ヶ月程度)
セットから♀引き上げ 同居飼育乃至は
産卵セットに再投入
産卵セットと分けない ペアリング
(約1〜2週間)
産卵
(1ヶ月程度)
産卵木交換 産卵
(1ヶ月程度)

 前者の場合は、基本的には個別飼育の時と同じで、単に成虫管理を一つのケージで纏めて行うだけです。
 後者の場合は、飼育環境の中に産卵木がありますので、逆に、♀がある程度産卵した頃合を見計らって、産卵木の方をケージから取り出し、必要があれば、新しい産卵木を投入するということの繰り返しになります。但しこの場合も、余り産卵していないようであれば、適宜♀を取り出して産卵セットに投入した方が良いでしょう。概して同居個体数が多いと、♂が♀に交尾を迫り続ける等して、♀が産卵に専念できなくなりがちですので注意して下さい。

●日常の世話

 基本的に個別飼育の場合と同様ですが、産卵木をケージ内に入れる場合は、産卵木が乾かないように、霧吹きによる加湿はよりこまめに行う必要があります。また、この場合、針葉樹マットは使えませんので、ダニやコバエ対策もより厳重に行う必要があります。

■飼育資材
 纏め飼いの場合、エサ皿や登り木、床材等を多目に入れ、ケンカによる死傷のリスクを少しでも軽減させるようなケージレイアウトを心掛け、資材を選びます。見た目にもこだわれば、観賞性の高いケージを組むことも出来ます。
 以下に我が家における纏め飼い用ケージ例を示します。

パラレリ飼育ケージ1
パラレリ飼育ケージ用資材例1
1.飼育ケース(30cmガラス水槽)
2.マット(フジコン・マルチブリードフレーク)
3.登り木
4.餌皿(16g 用×2穴)
5.産卵木
6.木片、樹皮片
7.エサ(昆虫ゼリー)

←3〜5ペア向け飼育/産卵ケージレイアウト例

成虫の飼育/観察と産卵の両方に対応した万能型のセットです。
但し、産卵専用セットに比べると、産卵数は少なくなる傾向があると思います。


パラレリ飼育ケージ2
パラレリ飼育ケージ用資材例2
1.飼育ケース(30cmガラス水槽)
2.マット(フジコン・マルチブリードフレーク)
3.洞付登り木
4.餌台(マルカン・でるでる蜜の木フラット)
5.産卵木
6.木片、樹皮片、落葉、下草
7.バックボード(コルクガシ樹皮)
8.照明(蛍光灯)換気装置

←3〜5ペア向け飼育/産卵ケージレイアウト例

成虫観察に比重を置いたレイアウトです。
洞付登り木やバックボードを装備し、空間を立体的に使用できるよう配慮しました。


パラレリ飼育ケージ3
パラレリ飼育ケージ用資材例3
1.飼育ケース(17cm角アクリル水槽)
2.マット(フジコン・マルチブリードフレーク)
3.餌皿(16g 用×2穴)
4.産卵木
5.木片、樹皮片
6.エサ(昆虫ゼリー)

←1〜2ペア向け飼育/産卵ケージレイアウト例

産卵木一本とエサ皿を入れて丁度良い大きさなので、1〜2ペアを同居させる際に利用しています。3ペアだと少々過密気味になります。


●飼育容器

 成虫の数や、産卵木のサイズ/本数によって容器を選びます。
 目安としては

プラケースミニ 1ペア
プラケース小 2〜3ペア
プラケース中 3〜4ペア
プラケース大 4〜6ペア

 程度です。
 但し、産卵木を入れる場合、ミニ程度の容器だと、かなり細目のものしか入れられないので、1ペアのみの同居飼育であっても小プラケ程度の大きさの容器を用いた方が、何かと融通が効くので良いです。また、複数の産卵木をセットする場合は中プラケ以上を推奨します。

●マット

 産卵セットを別途組む場合は、個別飼育の項を参照して下さい。
 産卵木を入れる場合は、広葉樹系のマットを使用します。具体的なセッティングについては産卵セットの項を参照して下さい。

●エサ

 個別飼育の項を参照して下さい。

●エサ皿

 エサ皿は、♂♀の出会いの場及び隠れ場所となりますので、必ず設置するようにして下さい。
 尚、2ペア以上を同居させる場合、エサ場は複数箇所設けた方が良いです。エサ皿を複数配置しても良いですし、ゼリーをセットできる登り木を併用しても良いでしょう。また、単に、半分に割ったゼリーをエサ皿から離れた場所に置いておくだけでもケンカの防止に効果があると思います。

●登り木

 登り木もまた、♂♀の出会いの場及び隠れ場所となる他に、空間を立体的に使用できることにもなりますので、設置することをお勧めします。纏め飼いの場合は、とにかく逃げ場、隠れ場を多く設けてやる事が肝要です
 潜洞性が強いというユーロオオクワの性格を利用するのであれば、洞付登り木を何本か入れてやると、一旦そこに潜った個体は、そこから余り動かないようになりますので、エサ場とセットにして何ケ所かそういう場所を設けてやると、無用な争いは大分避けられるかと思います。最近はゼリーをセットできる洞付登り木も販売されていますので、こうした物を用いると、エサ皿が不要になる分、スペースの節約になるでしょう。

●木片等

 マットの表面には、転倒事故防止の為、木片や樹皮片、落ち葉等をまんべんなく散布しておきます。これは産卵木の割りカスで充分です。ユーロオオクワは元来、地表を歩くのは得意ではないので、良く転びます。転んだ際に起き上がる足掛かりがないと、仰向けになったままもがき続けて衰弱死することがありますので、必ず木片等を入れるようにして下さい。
 雰囲気にこだわるのであれば、ヨーロッパナラやヨーロッパブナの葉を敷いてやると良いでしょう。これらは園芸店で鉢植や苗木が売られていますので、自宅で育てて落葉を集めておくことも出来ますし、公園等に植樹されている場合もありますので、管理者にお願いして分けて貰うこともできます。調べてみると、割とあちこちに植えられています。東京近郊であれば、英国大使館や新宿御苑に植えられています。