ヨーロッパオオクワガタ入手/飼育方法

産卵セット
 我が家では、様々な産地のユーロオオクワを飼育していますが、これ迄の所、どの産地の個体であっても、乾燥気味の材には全くと言って良い程産卵しない傾向があるように感じています。従って、産卵セットはいかに材の乾燥を防ぐか? を主眼に組み立てると良い結果に繋がるように思います。
 以下に、現時点でユーロオオクワに適していると考える産卵セットを、模式図と、実際に30匹近い幼虫を回収できたセット例を用いて解説してみましょう。

■セット方法
 ユーロオオクワは材産みが殆どの種類ですので、基本的なセット方法は、下の図のように、国産オオクワ等の材産み系クワガタの一般的な産卵セットと同じ要領となります。
 セット方法は次の通りです。

 
1)産卵木の下拵え
 産卵木の樹種に特にこだわりは無いようで、市販のクヌギ材やコナラ材で良く産みます。また、砂埋め霊芝材や人工カワラ材も試してみましたが、これらも中々良い結果が出ました。
 材の太さは、坑道を穿って産卵する場合もありますので、細目のものよりは、φ10cm以上の太目のものの方が、より多くの幼虫を得られる傾向にあります。また、保湿の観点からも太目の材の方が適していると思います。堅さは、堅い材であっても産みますが、どちらかというと軟らか目の物の方が良好な結果となるようです。但し、個体の好み等もあると思われますので、初回は堅目と柔らか目の両方をセットし、どちらを好むか見てみるのも良いと思います。
 材は、半日〜一日程度水に浸し、半日程度陰干ししたものを用います。
 表皮とその下のオレンジの層は、ざっと剥いておいた方が、♀への負担の軽減と割出し時の作業性からしてモアベターです。菌種穴も、事前にほじっておくと、♀が材を齧り出すきっかけとなりますので、可能な限りほじっておくようにして下さい。

2)マットへの加水
 マットへの加水は、良く言われる「強く握った際に団子になり、且つ、水が滴り落ちない程度」がベストかと思います。何故この案配が良いのかには諸説ありますが、私はセットする材の水分を保つ事が一義的な目的だと考えています。この程度にマットが湿っていれば、マットが材の水分を吸って、産卵木を乾燥させてしまうことはないでしょう。従って、湿度が高目の材を好む種の場合は、マットへの加水も多目にするべきでしょうし、乾燥気味の材を好む種の場合は、マットへの加水は抑え目にするべきだと思います。要はセットする材の湿度と大差のない状態にしておけば良いのだと思います。

3)土台の形成
 加水したマットを、まずは容器の底に、3cm程度の厚さになるように固く敷き詰めます。
 こうしておく事で、この部分がクッションとなり、材の下に潜り込んだ♀が材の重さで圧死する事故を防ぐことが出来ます。また、ユーロオオクワも稀にマットに産卵する場合があり、その場合は大抵、この土台部分と材及び埋め込みマットとの境界付近に産みますので、いずれにせよ、やっておいて損のない作業です。
 目的の厚さになるまで、マットを入れて棒等で突き固める作業を繰り返しますが、余り気合いを入れ過ぎると、プラケース等は割れたり、ヒビが入ったりしますので、程々にして下さい。土台上に産卵木を置いた際に、産卵木が沈み込まなければ、必要十分です。

4)産卵木の配置
 土台の上に産卵木を置きます。
 種によって、縦置きと横置きとで産卵数に顕著な差が出る場合もあるようですが、ユーロオオクワの場合、そういうことはないようなので、容器のサイズや産卵木の本数によって、使い分けると良いでしょう。私は専ら横置きです。

5)産卵木の埋め込み
 ユーロオオクワは乾燥した材は好まないようなので、材の乾燥を抑えるため、マットで8割方以上埋め込みます。可能であれば、完全に埋め込んでしまっても良いでしょう。
 埋め込みに使うマットは、土台のようにきつく詰める必要はありませんが、余りゆる過ぎると、自重やクワガタの活動で次第に締って行き、産卵木の露出部分が多くなっていってしまいますので、軽く押し込みながらマットを足して行くと良いと思います。

6)木片、エサ等の配置
 最後に、マットの表面に、転倒事故防止用の木片や樹皮片、落葉等をまんべんなく散らします。ユーロオオクワは小型種ですので、余り大きなものだと、その上で転んだ場合に起きあがれなくなりますので、ユーロオオクワ自身の体幅より極端に幅が広いものは避けた方が無難です。
 エサは16gゼリーを半分に割った物を表面に配置するか、エサ皿を設置できるのであれば、これにセットしておきます。

■産卵セット用資材
パラレリ産卵セット
パラレリ産卵セット用資材例
1.飼育ケース(Q-BOX10)
2.マット(フジコン・マルチブリードフレーク)
3.産卵木
4.木片、樹皮片
5.エサ(昆虫ゼリー)

←産卵セット例

上の要領で組んだ産卵セットです。
我が家ではQ-BOX10に、芯が少な目で柔らか目のクヌギ材をフジコンのマルチブリードフレークで埋め込むというスタイルをとっています。このセットで一匹の♀からトルコ産27匹、シリア産20匹の幼虫を回収できました。

飼育ケース
容器は保湿の観点からすると、コンテナボックスの方がより適していると思いますが、コバエシャッター等の乾燥しにくい構造のプラケースや、標準的なプラケースにビニールシートを挟んだ物でも良いと思います。私はQ-BOX10(外寸230×135×125mm)やSolidBox50(外寸257×170×140mm)といった小型のコンテナボックスに産卵木を一本というスタイルでやっていますが、勿論、より大きな容器で複数の産卵木をセットするのも良いと思います。

産卵木
野生下では様々な状態の広葉樹の朽木に幼虫が見られるそうですので、市販されているクヌギやコナラ等の産卵木であれば、樹種や硬さには余り神経質にならずとも良いかと思います。但し、産地や♀のサイズによって、硬い方が良い、柔らかい方が良い等の好みが生じる可能性がありますので、初回セット時や、より多く産卵させたい場合は、樹種や硬さの異なる複数の産卵木をセットしておくと良いでしょう。
樹皮を削いでセットした場合、カビが激しく発生する場合がありますが、これにはそれほど神経質にならなくて良いと思います。大抵の場合、♀が産卵を開始するとカビは消えてしまいます。恐らく、クワガタが体内に有しているカビに対する耐性を持った物質の働きかと思われます。どうしても気になる方は、カビのホワホワが出てきたら、その都度拭き取ると良いでしょう。

マット
ユーロオオクワは材に産卵しますので、埋め込みマットには、それ程こだわる必要は無いと思います。但し、孵化した幼虫が材から出てきたり、稀に材とマットの境付近に卵を産む場合もありますので、幼虫が食べても害の無い、広葉樹系のマットから選ぶ必要があります。
醗酵度は浅いもの(白っぽい外観)でも、進んでいるもの(焦げ茶〜黒っぽい外観)でも構いませんが、粒度は細か目の方が良いと思います。
使用前に電子レンジで過熱するか、天日干しすると、ダニやコバエの発生を抑えることができますが、マットを過熱した場合は、必ず冷めてから成虫を入れるようにして下さい。

エサ
エサは昆虫ゼリーやバナナ等を与えます。
昆虫ゼリーを与える場合は、そのままマット上にカップを置かずに、半分にカットするか、餌皿にセットした方が無難です。
ユーロオオクワではまだ例が無いですが、ムシモンのケージに、蓋に十字の切り込みを入れた状態の昆虫ゼリーを転がしておいた所、中に入った虫が脱出できずに溺死したケースがあります。何かのはずみでカップが転がり、虫の腹部が半ば液状化したゼリーの中に浸かってしまったのが原因と思われます。
カップを半分にカットしておけば溺れようはないですし、エサ皿にセットしてカップが転がらないようにしておけば、容易に脱出できるようですので、いずれかの方法で与えることをお勧めします。