ヨーロッパオオクワガタ入手/飼育方法

幼虫割り出し
 産卵された卵は1ヶ月程度で孵化し、幼虫となります。従って、♀を産卵セットから取り出してから(或いは、産卵木を取り出してから)1ヶ月を目安に割り出しを行い、幼虫を回収します。

■必要な道具類
マイナスドライバー
材を割るのに用います。先端が細い物よりは、ある程度の幅があるものが方が良いと思いますし、長さは短い物の方がコントロールし易いと思いますが、色々試してみて、扱い易いと思ったものを使うと良いでしょう。また、材の部位や固さに応じて、何種類か用意しておき、使い分けても良いと思います。

ペンチ、ニッパー
同じく材を割るのに用い、ドライバーでは歯が立たないような固い材や、芯部の割り出しに威力を発揮します。サイズは余り大きなものだと、幼虫ごと潰しかねないので、比較的小型のものをオススメします。

スプーン
小さな初齢幼虫を素手で取り出すのは難儀なことですし、潰したり弱らせたりしかねませんので、小さなスプーンを用意しておき、これで掬いとるようにします。また、食痕に詰まった糞や噛み砕かれた材を取り出すのにも便利です。
これとは別に、やや大き目のスプーンも用意して下さい、マットの中の幼虫を回収する際に使用します。

ピンセット
材を割った際に幼虫の一部が見え、これ以上ドライバーやペンチで作業を進めると幼虫ごと潰しかねないといった場合は、ピンセットを使って幼虫の周囲の材を少しづつ崩して行くと良いでしょう。私は先端が曲っているものの方が使い易いですが、この辺は人それぞれですので、扱い易いものを選んで用意して下さい。

シート
新聞紙やビニールシート等を敷き、作業はこの上で行うようにすると、後片付けが楽です。ドライバー等で勢い余って穴を開けてしまうこともあるでしょうから、基本的には使い捨てと考えた方が良いでしょう。新聞紙を使う場合、材の水分を吸ってふやけてしまうので、2枚重ねで使うと良いです。

幼虫飼育容器
回収した幼虫はスグにエサを詰めた飼育容器に入れなければなりませんので、予めこれを用意しておきます。私は120ccのプリンカップに醗酵マットや菌糸を詰めたものを使っていますが、幼虫飼育の項を参考に、御自身の飼育ポリシーに合ったものを御使用下さい。
 尚、予め用意すると言っても、どれ位幼虫が回収できるかは、やってみなければ分からないという部分がありますので、余計なセット済み容器を持っていたくないという場合は、醗酵マットと空の容器だけ用意しておき、幼虫が出てくる毎に、その場でマットを詰めて行けば良いと思います。

ビニール袋、プラケース等空き容器
ユーロオオクワの初齢幼虫や卵は大変小さく、割出しを終えた材の割りカスや、埋め込みマットの中に、見落としたこれらが潜んでいることが間々あります。ですので、割りカスや埋め込みマットは、ビニール袋やプラケース等の空き容器に入れて、1ヶ月程度は保管して様子を見るようにします。
 その上で再度チェックを行い、幼虫がいないことを確認してから廃棄乃至は再利用するようにします。

消毒薬、絆創膏
勢い余って、ドライバーやニッパー等で怪我をしてしまうことも想定されますので、絆創膏や消毒液等も念の為に用意しておくと良いでしょう。深手を負ってしまったら、迷わず作業は中断し、医師による治療を受けて下さい。

■割り出し手順
1) 1)まずは快適に作業をするための準備です。

作業をする場所に新聞紙等を敷き、必要な道具を手の届く範囲に纏めておきます。作業中に慌てることのないよう、全て揃っているか、良く確認して下さい。

2)産卵セットを手にとり、外から幼虫の姿が見えないか観察します。

ユーロオオクワは主に材産みですが、材から幼虫が埋め込みマットに抜け出すことも良くあります。
この時点で幼虫がいる事が分かっていると、心に余裕が生まれ、後の作業により細かな神経を使えるようになるような気がします。

勿論、見えないからと言って心配することはありません。上述の通り、基本的には材産みのクワガタです。材の中に幼虫がひしめく様でも想像して、士気を高めておいて下さい。
割り出しは細かい作業の連続で、しかも時間がかかる作業です。ちょっと気を抜くと、幼虫を潰してしまったり、見落としてしまったりしますので、いかにヤル気を出し、集中力を持続させるかが肝要です。

3)次に材の観察です。

セットから材を取り出し、齧り跡や坑道が穿たれていないか良く観察します。これらが認められれば、その周辺に幼虫がいる可能性が高いので、ドライバーやペンチ・ニッパーを入れる際には、そこを外すようにします。

いきなりドライバーを突き刺して、幼虫を潰すことのないよう、表面の観察をしながら、どこからどう割り出して行くか作戦を練って下さい。

4)作戦が固まったら、いよいよ入刀です。

齧り跡や坑道部分を避けて道具を当て、割って行きます。

材が柔らかい場合は、ある程度大きなブロックを作る感じで割って行きます。ドライバーを差し込んでこじると、大抵は食痕が多い部分で割れるので、断面に幼虫や食痕が現れ、一気にヤル気が膨らみます。また、幼虫の姿が見えない場合も、食痕を追って割って行けば良いので、適当にドライバーを差し込んで、幼虫を潰してしまうという事故も防げるでしょう。

材が固い場合は、年輪に沿って、一枚づつ皮を剥がす感じで割って行くと、幾分楽ですし、幼虫や食痕を見つけ易いと思います。

逆に、道具を使わずとも、手で崩せる程度に柔らかいような場合は、手で大まかに割った上で、指で材をむしるように崩して行くと、幼虫を潰すリスクを減らせると思います。

5)幼虫が現れたら、エサを詰めた飼育容器に回収します。

幼虫は指やピンセットで摘んだりすると、想像以上の圧がかかって弱らせてしまう可能性があるので、スプーン等を用いて丁重にすくい上げて、飼育容器へ移すようにして下さい。

飼育容器は予め、必要十分な量を用意しておくと、スピーディーに作業を進めることができますが、実際に何匹の幼虫が得られるかは、やってみないと分かりませんので、折角容易した容器が無駄になることもあろうかと思います。これをどうしても避けたいという場合は、空の容器と醗酵マットや菌糸ブロックを崩した物を用意しておき、幼虫が現れる都度、その場にて容器にエサを詰めて行けば良いでしょう。
私はこの方法でやる場合、別の容器にプリンカップ3〜4個分のマットを加湿しておき、幼虫が見つかる度にカップに詰めるようにしています。

私は回収した幼虫を120〜200cc のプリンカップを使って個別に管理していますが、ある程度大きな容器であれば、数匹まとめて投入することも可能です。


割り出しの際は、幼虫だけでなく、卵が出てくることもあります。
もし卵が出てきたら、幼虫同様にスプーンで丁寧にすくいとるか、周辺の材ごと割りとる等して、湿らせたティッシュを敷いたプリンカップ等で保管します。幼虫のエサとなる醗酵マットを詰めた容器で保管すると、孵化した幼虫がスグにエサを食べることが出来るので、そう頻繁に卵の様子をチェックする暇がないような場合にはオススメです。

濡れティッシュの上で管理する場合は、一つの容器に複数の卵を入れておいても問題はありませんが、醗酵マットを詰めた容器で管理する場合は、一つの容器に一つの卵にしておいた方が、あとで孵化した幼虫の数を数えたり、別な容器に分けたりする手間が省けて良いです。

6)一通り割り終えたら、更に細かく割っていきます。

ユーロオオクワの初齢〜2齢幼虫は大変小さく、大型種の場合であれば無視しても問題のないような破片であっても潜んでいる場合がありますので注意が必要です。

写真の状態でもまだ不十分で、ここに写っている比較的大きな破片であれば、充分に中に潜むことができます。見落とさない為にはこうした破片を更に割り、隅々までチェックを怠らないようにしなければなりませんが、これは中々根気のいる作業でして、一本の材を完全に割り出すのに、2〜3時間はかかってしまいます。その間、幼虫を潰さないように、集中力を持続させなければならない訳で、難儀なことです。

楽をする一つの方法は、写真程度迄割り出しを進めた時点で一旦終了とし、割りカスをビニール袋やプラケース等で暫く保管する事です。もし、見落としている幼虫や卵があるのであれば、1ヶ月もすれば外から姿を確認できたり、新しい齧りカス(食痕)が袋や容器の底に溜る等して、その存在をアピールしてくれます。稀に外からは何の徴候も見出せなくとも、幼虫がいる場合もありますので、いずれにせよ、割りカスは1ヶ月程度は保管の上、良くチェックしてから廃棄するようにして下さい。

7)材を割り終えたら、マットの検分です。

勿論、材の割出しより前にやっても構いません。特に幼虫の姿が既に見えているような場合は、こちらの方から手を付けたくなるのが人情というものでしょう。姿が見えなくても、中の方にいることがありますので、いずれにせよ、念の為、必ずマットも調べるようにして下さい。

やり方は人それぞれかと思いますが、私はマットをシートの上にあけ、薄く伸ばしながら探します。こうすると、幼虫が見え易くなりますし、直接見えなくても、マットがモゾモゾと動くのが分かるので探し易いです。
ただ、マットの量によっては、伸ばし切れないこともありますし、孵化したばかりの幼虫等は見落としがちですので、最後に、大き目のスプーンでマットを少量づつすくい、スプーンを篩うようにしてマットを落としながらチェックします。

それでも見落としの可能性があるので、検分を終えたマットは念の為、ビニール袋やプラケース等に入れて1ヶ月程度保管しておきます。そして再度チェックをした上で廃棄乃至は再利用するようにします。

8)割りカスやマットの再利用について。

割りカスは幼虫のエサや、成虫飼育用の床材に転用可能です。いずれの場合も一旦乾燥させてから使用するようにすると、ダニの発生を抑えられます。
 幼虫用のエサにする場合は、可能な限り細かく砕いて、醗酵マットや使い古しのマットと混ぜ合わせ、ユーロオオクワやコクワ、ヒラタ、オオクワ、カブトムシ等の比較的何でも良く食べる種類の幼虫に与えます。勿論、大きなサイズを狙う場合にはオススメは出来ませんが、そこそこのサイズにはなりますので、サイズにはこだわらず、エサ代を節約したい場合には有効です。

埋め込みマットは、劣化がそれ程でもなければ、産卵セット等に再利用可能です。劣化が進み、黒っぽくなっている場合は、ヒラタやヒメヒラタ、ツノボソ等のこの種のマットを好むタイプの産卵セットの埋め込みマットとして転用できます。元々、幼虫用のエサとしても使えるタイプのマットであれば、幼虫用のエサとして、割りカスを砕いたものを混ぜ合わせて増量して使っても良いでしょうし、カブトムシの幼虫であれば、針葉樹マットでない限りは食べてくれますので、大食いの彼等に与えても良いでしょう。我が家では、殆どこの種のエサのみでカブトムシを育てています。