ヨーロッパオオクワガタ入手/飼育方法

幼虫飼育方法
幼虫
 幼虫は、マット飼育、菌糸瓶飼育のいずれでも良く育つようです。
 どの飼育方法であっても、得られる成虫のサイズに顕著な違いはありませんが、強いて言えば、菌糸で飼育した方が、平均して大きくなるような傾向があるように感じております。

 成虫になる迄の期間は、飼育温度等にもよりますが、概ね半年程度です。しかし、中には、割出後4ヶ月程度で羽化したにも関わらず、30mm前後の大型個体となる場合もありますので、単純に幼虫期間が長ければ、それだけ大きな成虫となるという訳ではないようです。やはり適切なタイミングでエサを交換したり、暑すぎず、寒すぎない温度設定等、幼虫に極力負荷をかけないようにすることが、大型個体を得るのに一番肝要なことではないかと思います。

■飼育環境
 一般的なクワガタ幼虫飼育と同様で、温度変化の少ない、暗く静かで涼しい場所で管理するのが基本です。
 飼育容器は、初齢〜2齢なら120cc、3齢〜羽化迄は200cc のプリンカップ程度の大きさのもので飼育可能です。これまでの所、初齢から200cc のカップで飼育した場合、1〜2回のエサ交換で羽化迄持っていけますので、初齢で割出してから蛹化する迄に必要なエサの量は、概ね、固詰めした状態で、500〜600cc 容器一杯分程度であろうと思われます。従って、スペース的に許されるのであれば、500cc 程度の容器を用いて飼育すると、エサ交換の必要がなくなり、エサ交換によるショックやストレスを軽減できますので、大きな成虫を得たい場合には有利ではないかと思います。但し、この場合、持ちの良い菌糸やマットを用い、25℃以下(菌糸やマットの種類によって異なります)の涼しい環境で育てないと、菌糸やマットの劣化により、エサ交換を迫られることになります。

●夏季の管理

 死なないという意味では、ユーロオオクワ幼虫は、35℃程度迄なら耐えられるように思いますが、30℃近い高温下で飼育しますと、幼虫は急速に成長し、2〜3ヶ月程度で小さな成虫として羽化してしまうことが多くなります。また、マットや菌糸の劣化も速まりますので、夏季は25℃以下、出来れば20℃前後で管理してやると良いと思います。
 日が当たらず、風通しの良い場所であれば、真夏でも30℃以下で安定している場合があるので、エアコン等で温度管理できない場合は、そういった場所で飼育するように心掛けて下さい。

●冬季の管理

 ユーロオオクワは温帯のドルクスなので、寒さには国産オオクワやコクワ並に強いです。
 気温が15℃を下回ると、殆どエサを食べなくなりますが、死ぬ事はありませんので、極端に寒い場所でなければ、特に加温しなくてもも大丈夫です。但し、一日の温度変化が少ない場所を選んで下さい。
 温室等で温度管理が可能な場合は、夏季同様に20〜25℃程度で管理してやると良いと思います。
 温室が無い場合でも、最低室温が15℃を下回らないような場所で飼育してやれば、幼虫はエサを食べ続けます。

■飼育要領
 私は、マット飼育/菌糸飼育共に、200ccのプリンカップにて一匹づつ個別に飼育していますが、プラケースや大きなサイズの菌糸瓶等で複数匹を纏め飼いすることも可能です。纏め飼いの際の頭数の目安ですが、上述のように、一匹の幼虫が成虫になる迄に必要なエサの量は、500cc程度のようですので、容器の容量をこれで割った数を目安とします。例えば、容量が1Lの容器であれば2匹、2Lであれば4匹です。
 以下に、醗酵マット飼育、菌糸飼育の要領と、注意事項等を紹介致します。


●醗酵マット飼育

 オオクワ幼虫用として販売されているものであれば、どの銘柄のものでも問題無く使えると思います。
 一般に、白っぽいものよりは、茶色く充分に醗酵しているものの方が適しています。
 ユーロオオクワ幼虫は比較的水分の多い材を好むようなので、マットをエサとして与える場合も、充分に加湿した上で与えます。目安は良く言われる、「固く握ると団子になり、且つ水分が滴らない程度」です。これを容器に固く詰めてやります。こちらの目安は、容器にマットをフワっと入れた場合の2杯分を詰め込んでやる感じです。

 マットを詰めた容器に幼虫を投入し、幼虫が粗方マットを食べたらエサを交換してやります。
 交換の頃合ですが、マットの飼育の場合、菌糸の時程、幼虫の食痕は明瞭には見えませんが、幼虫が食べ進んだ部分は、元の状態に比べ、マットの粒子が細かくなり、糞が目立つようになります。こうした部分が全体の2/3 以上になってきたら交換してやります。また、プリンカップの場合、幼虫がマットを粗方食べてしまった状態ですと、手でカップを押した際、カップがぐにゃりとへこみますし、手に持った感じも軽く感じますので、こうした触覚も一つの目安となるでしょう。気温や幼虫の性格等にもよりますが、200ccカップの場合、概ね2〜3ヶ月で交換となり、1〜2回の交換で成虫になります。
 尚、エサ換えの際は、新しいマットに、食べカスを2〜3割程度混入してやると、比較的早く幼虫が新しい環境に馴染み、エサ交換によるショックやストレスを軽減できるとされています。実際の効果の程は良く分かりませんが、気になる方はそのようにされると良いと思います。また、投入後、幼虫がマットの中で激しく動き回っているような場合は、酸素不足の恐れがありますので、交換時に限らず、幼虫投入後暫くの間は蓋を外しておくか、軽く上から載せておく程度にし、通気を充分に確保するようにしておいた方が良いでしょう。


●菌糸飼育

 私はクヌギ又はコナラベースのオオヒラタケ(エリンギ)菌床しか使ったことがありませんが、マット飼育の場合と比べ、平均すると大き目の個体が羽化してくるように思います。勿論、菌糸飼育なら無条件で大きくなるという訳ではなく、菌糸で育てても温度等の諸条件により、20mm台前半の成虫になる場合もあります。あくまでも、平均値を比べると、菌糸の方が値が大きくなる傾向がある、という事です。

 基本的な飼育要領は醗酵マットの場合と変わりませんが、菌糸の場合、幼虫の食痕が明瞭に見てとれますので、交換時期を把握し易いのもメリットの一つです。食痕が全体の2/3 程度になったら、新しいものに交換してやります。こちらも200cc菌糸カップの場合、2〜3ヶ月程度で換え頃になりますが、中には殆ど外からは食痕が見えないような食べ方をする個体もおりますので注意が必要です。菌糸の場合も、食痕部分が大勢を占めるようになると、カップを押した際にぐにゃりとへこむようになりますので、見た目だけに頼らず、こうした触覚も使って交換時期を把握するようにします。
 菌糸の場合、交換の際に食べカスを混入するのは難しいので(既製品の場合はそもそも無理だし、自作する場合も食べカスを混入すると、発菌の妨げになる)、幼虫を投入する際に穴を大き目に掘り、食べカスと共に幼虫を投入してやると気休め程度にはなると思います。

 菌糸飼育では、気温等の条件によって、時折子実体(キノコ)が生えてくることがあります。オオヒラタケ系の場合、20〜23℃程度の状態が長く続くと生えてくるようです。キノコが生えると菌床の劣化が速まりますし、アオカビ等の雑菌も繁殖し易くなりますので、傘が開ききる前に、見つけ次第抜いてしまうことをお勧めします。


●蛹化〜羽化

 飼育温度や個体差もありますが、初齢初期で割出したとして、速い個体(♀が多い)で3ヶ月程度、通常は半年程度で幼虫は蛹になります。幼虫の体色が黄色味がかってきたら、蛹になる準備を始めたと思って良いでしょう。やがて幼虫の体表は皺が目立つようになり、マットや菌糸の中に楕円形の部屋(蛹室)を作ります。蛹室が出来て暫くすると、幼虫の体は透き通ったような感じになり、軽く体をC字型にした状態で動かなくなります。この状態を「前蛹」と言います。
 前蛹になったら、強い衝撃や光等の刺激を与えることは禁物です。羽化する迄、静かにそっと見守りましょう。

 前蛹になってから、概ね1〜2週間程度で蛹になります。
 蛹の期間は個体差がありますが、概ね2週間程度です。一般に小柄な個体程短く、大柄な個体程長くなる傾向があります。
 もし、蛹室を作った時点で、マットや菌糸が劣化して緩くなっており、崩落の危険性がある場合は、蛹になって暫くし、透き通った感じがなくなった頃に慎重に掘り出して、人工蛹室に移してやると羽化不全のリスクを軽減することができます。容器の底に蛹室を作ってしまった場合も同様です。蛹室が蛹の大きさに対して広々としている場合(特に天地が)は、容器を逆さにすることで羽化不全を回避できることもありますが、比較的タイトな蛹室の場合、羽化の際に放出される水分で羽が容器壁面にくっついてしまって羽化不全を起こしがちですので、慎重を期すのであれば、掘り出して人工蛹室に移してやった方が無難でしょう。

 羽化した成虫は体が固まり、活動できるようになる迄、蛹室内に留まります。
 基本的に自力で蛹室から出てくる迄放置しておく方が無難ですが、掘り出す場合は、羽化後2週間はそっとしておき、体が完全に黒く固まってから掘り出すようにして下さい。
 人工蛹室に移した場合も、羽化後、体が固まる迄は無闇に触ったりせず、そっとしておくようにしましょう。但し、羽化した成虫は腹側を乾かすために、しばしば仰向けになりますが、人工蛹室のサイズが大き過ぎたような場合、自力で元に戻れなくなることがあります。その際は木片やティッシュペーパー等の足がかりになるものを入れてやります。下手に指や棒等でひっくり返そうとすると、体が歪んだり、傷ついたりしますので、羽化直後の成虫の取り扱いにはくれぐれも注意するようにして下さい。