2004.12.24(金) 
■オーストリア産ユーロオオクワ幼虫
 かねがねドイツ産ユーロオオクワを入手したいと思っているのであるが、国内に入ってきているのは確かなものの、どうも市場には滅多に出回らないようである。その代りという訳ではないが、同じドイツ語圏の隣国オーストリア産の幼虫をギリシャ産、チェコ産と併せて入手することが出来た。
 神聖ローマ帝国時代や、第三帝国時代はドイツと一体になっていたので、まあ、ドイツ産と言えないこともなかろう。もっとも、そのようなことはクワガタにとってはどうでも良いことなのであるが...。

 オーストリア産ユーロオオクワ「ツヴェルクヒルシュケーファー(バルケンシュレーター)」は、オーストリアの昆虫サイトで見る限り、原名亜種であると思われる。既に持っているフランス産の個体と比べても違いは全くなさそうである。
 とは言え、同種間でも個体差の大きいクワガタという昆虫であるので、どのようなスタイルの♂に化けるか、興味深々ではある。
 現在は2齢中期と思われるので、順調に育てば、来年の晩春〜初夏にかけて蛹化するのではないだろうか。幼虫飼育はエサを交換する他に、余りやることはないのであるが、しっかり育てていきたいと思う。

オーストリア産INDEXへ