2005.02.16(水) 
■エサ交換
 エサのマットが大分スカスカになってきたので、本日オーストリア産幼虫のエサ交換を実施した。本当は先週末の3連休中に行うつもりだったが、何だかんだで今日になってしまった。
 既に3齢に加齢した幼虫もおり、今の容器では少々手狭になってきているので、エサを交換するだけでなく、容器も二回り程大きなものに移し替えてみた。

 新しいプリンカップに新しいマットを詰め、中央部分を大きく抉り、その凹みに古いマットと共に幼虫を移し替える。新しいマットにいきなり移し替えると、環境の変化に幼虫がついていけずに、弱ってしまったり、死んでしまうことがあるようなので、このように幼虫の周囲に古いマット(=古い環境)を満たしておくか、新しいマットに古いマットを混ぜることで、そうしたトラブルを回避できるようである。古いマットには幼虫の糞と共に、幼虫がエサを消化吸収するのを助ける働きを持つ微生物が排出され、繁殖しているので、この微生物を一緒に新しい環境に移住させるというのがその趣旨であるそうだ。これを怠ると幼虫はまず糞を出して、微生物を新しいマットに散布することから始めることになり、大量の糞をすることで体重が減り、体力が奪われるとされている。
 これまでの各種クワガタ幼虫飼育の経験上、これを怠ったがために幼虫が死亡したということはないが、まあ、簡単なことであるし、別段拒む理由もないので、極力そうするように努めている。

 さて、4匹全ての引っ越しを終えた結果、2匹は3齢となっており、もう2匹はまだ2齢中期〜後期といった大きさであった。同じ親から生まれ、ほぼ同じ時期に孵化したと思われる兄弟のクワガタでありながら、成長の度合いにこういった差が生じるのは興味深い。3齢になっている個体は1♂1♀と思われる(余り自信はないが)ので、性別は余り関係がないかもしれない。

オーストリア産INDEXへ