2005.05.05(木) 
■前蛹&蛹
 幼虫の様子は大体2〜3週間に一度程度見ており、本日久々にオーストリア産幼虫の成長の具合を確認した所、4匹中一匹が前蛹に、更にもう一匹が蛹になっていた。蛹の方は中々正面を壁面に向けないので良く見えないのだが、大顎が目立たないので恐らく♀であろうと思われる。

 この幼虫達は昨年12月16日に割り出されているので、産卵されてから約半年で蛹化した事になる。残り2匹はまだ蛹化の気配を見せていないので、蛹化するまでもう1〜2ヶ月程度かかりそうだが、チェコ・フルボッカ産やイタリア・チェゼーナ産の例からして、半年というのが成長の速い個体の羽化までの期間として一つの目安になりそうである。

オーストリア産INDEXへ