2005.05.10(火) 
■2匹目蛹化
 今月5日の時点で前蛹状態だった一匹が蛹化した。一瞬この個体も♀かと思ったが頭部の形状がどうも違う。それで良くみてみると小さいながらも♂の大顎が見てとれた。
 写真を見て頂ければ分かるように、内歯が明瞭ではないが、明らかに♂の大顎だ。ユーロオオクワは小型の個体でも比較的内歯がはっきりしているものだが、ここまで顎が小さくなると、果たして内歯がどうなるか気になる所である。

 他の個体を見てみると、未蛹化の2匹の内一匹が前蛹状態になっていた。この調子で行けば、今月末にはとりあえず3匹の成虫を拝むことができそうである。

オーストリア産INDEXへ