2005.05.22(日) 
■1♀羽化!
 一番最初に蛹化した♀が今日羽化した。同じ中央ヨーロッパのチェコやスロバキア産の個体と比べても、やはりこれといった違いはないようなので、オーストリアのユーロオオクワも原名亜種であろう。
 これまで何匹かユーロオオクワの羽化を見て来たが、個体によって蛹室のサイズを大きく造る者もあれば、そうでない者もいるようである。この個体は自分のサイズにフィットした径の蛹室をつくっていたが、中には羽化時の体長の2倍以上もの径でつくる場合があった。
 材(マット)の固さや湿度等の要因があるのだろうか? それとも余り考えずに適当につくっているだけなのであろうか?

オーストリア産INDEXへ