2005.05.25(水) 
■1♂羽化!
 本日、2番目に蛹化した♂が羽化した。プリンカップ越しなので、細かい所までは良く見えないのだが、とりあえず無事に羽化してくれたようだ。

 チェコやスロバキア、フランス産等と同じ原名亜種ではあるが、オーストリアというドイツ語圏の個体、即ち「バルケンシュレーター」とか「ツヴェルクヒルシュケーファー」と呼ばれる存在であるということに思いを馳せると、パラレリ雑感の「雷神トールの使いの手下」でも触れた古代ゲルマン人のクワガタ観が思い出され、何となく、より神秘的な生き物であるような気がしてくる。

 古代ゲルマン人にとってのクワガタは、日本人にとってのヘビやキツネに近い「神の使い」であり「祟る」存在であった。今でも我々がヘビやキツネに対して、古来よりの観念を引きずって、一抹の「気味悪さ」を覚えるように、今日のドイツ人やオーストリア人にしてみれば、ユーロオオクワを飼うなんてことは「縁起でもない」ことなのかも知れない。
 久しく会っていないが、今度ドイツ人に会った時にはその辺について聞いてみようかと思う。

オーストリア産INDEXへ