2005.05.26(木) 
■ケージセットアップ
 昨日羽化した♂を掘り出してみた。特に問題無く羽化できたようである。

 先に羽化した♀の方は、大分体も固まり、腹も引っ込んできたので、少々早い気はするが、飼育ケージをセットアップした。
 産卵材は柔らか目のコナラ細材を選んでみた。これまでの所、この材は殆ど成果をあげていないのであるが、初夏を迎えた今であれば、ひょっとすると良い結果を産むのではないかという期待がある。2月末にセットしたシリア産のコナラ材から3匹とは言え幼虫を回収できている。これまで産まなかったのは材のせいではないような気がしてならない。

 これである程度の幼虫を回収できるようであれば、やはり問題は季節的なものか、温度&湿度のコントロールのいずれかに絞り込むことができそうである。彼等が成熟するのに、まだ時間はかかるが、まずは彼等の材の齧りっぷりを見ていきたいと思う。

オーストリア産INDEXへ