2005.06.19(日) 曇時々晴
■4匹目羽化
 4匹目が無事に羽化した。かなり小振りな♂であり、既に上羽がかなり色づいていることから、昨日の内には羽化していたものと思われる。

 これでようやっとオーストリア産は2♂♂2♀♀の4匹全てが出そろったことになる。
 オーストリア産は発酵マットにて育て上げたのであるが、羽化した4匹は皆小振りな個体であった。やはりユーロオオクワも菌糸飼育の方が大きくなるのであろうか? それとも飼育場所の温度が高目であったのが原因であろうか?
 菌糸瓶にて飼育しているスロバキア・ニタラ産の個体は、蛹を見る限り、そこそこ大きな個体に成長しているように思える。この菌糸瓶はマット飼育している連中よりも、やや温度が高くなる場所に置いてあるので、やはり温度よりは餌の質の影響の方が大きいのかも知れない。

 次代が採れたら、何匹かは菌糸瓶による飼育を試み、発酵マットの場合との比較を試みてみようと思う次第である。

オーストリア産INDEXへ