2005.09.17(土) 晴 最高室温:28.8℃ 最低室温:25.9℃
■F4幼虫回収
 飼育ケージの底に蠢く幼虫の姿が確認できたので、オーストリア産ケージを暴いてみることにした。

 まずマットを検分するも、最初に確認した一匹以外は何も出てこなかった。従って、この幼虫は材からこぼれ落ちたものであろう。
 次に材を割る。早速、かなり太い食痕が現れたので追ってみると、何と2齢幼虫が姿を現した。先程マットから回収したのが初齢中期程度だったので、これは少々意外であったが、思えばセットから3ヶ月が経過してる訳であるから、初期に産卵された卵から孵化した個体であれば、この位に成長していた然るべきであろう。

 更に材を割り続けるも、どうしたことか、こちらも追加個体は得られずで、結局合計2匹の幼虫を回収するに留まった。材には齧り跡も食痕もそれほど多くは見られなかったので、そもそも余り産んでいなかったようだ。これは早々に新しい産卵木を投入し、引き続き産卵に精を出して頂かねばなるまい。

 回収した幼虫は、2匹共、既にある程度成長していたので、200cc の菌糸カップに投入。以後は菌糸飼育で大型化を狙うこととしたい。

オーストリア産INDEXへ