2005.09.18(日) 晴 最高室温:30.0℃ 最低室温:25.9℃
■新産卵木セット
 昨日割出してみたものの、回収できたのは幼虫2匹と、思いのほか少ない結果であったので、早速新しい産卵木を投入することにした。

 ケージから一旦成虫を取り出して、プリンカップに一時退避させる。4匹は暫く思い思いにカップ内を徘徊していたが、気が付くと、皆一ケ所に集まって固まっていた。
 ユーロオオクワ飼育を始めて、ぼちぼち一年が経過するが、本当にこのクワガタは一ケ所に固まって過ごすのが好き(?)なようで、エサ皿や産卵木をケージから取り出した際に何度も似たような光景に出くわしたことがある。
 妻や倅は、ユーロオオクワのこうした「仲良さげ」な所が可愛いらしく、我が家では非常に評判が良い虫となっている。一方、時折♀を斬殺することのあるヒラタ系クワガタの評判はイマイチで、余り関心も示さない。ヒラタだって、結構♂♀一緒にエサ皿の下で寝ていることもあるのだが、やはり大きくて力も強いので悪目立ちしてしまっているのだろうか?

 さて、新しい産卵木は柔らか目のコナラを選んでみた。
 前回もコナラ材であったが、径が細目のものを用いたのが敗因であったと思う。他の産地で太目のコナラ材を用いた場合は、そこそこの数の幼虫が得られているので、樹種の問題ではないだろう。この一年の経験で、ユーロオオクワの場合、小型種だから細目の材で、という訳にはいかないという事が分かってきた。彼等が太目の材を好むのは、昨日の貧果からも明らかであろう。
 また、材の湿度にもうるさいようで、乾き気味の材には殆ど産卵しないことも分かった。湿度が高過ぎて、材がグズグズになるようなのも良くないようだが、適度な湿度を保つということも肝要なようである。そこで今回は、材をほぼ9割方マットに埋没させるスタイルにてセットしてみた。この方が保湿効果は高い筈で、あとは表面が乾いてきたら霧吹をすることで、材の乾燥を防げるであろう。

 オーストリア産は、殆ど出回らない産地なので、今後の累代のため、充分な数の幼虫を確保しておきたい。

オーストリア産INDEXへ