2005.05.03(水) 晴 最高室温:24.1℃ 最低室温:22.1℃
■F4♂30mm羽化確認!
F4♂26.5mm F4♂30.0mm
 昨年9/17に回収してから約8ヶ月が経過したF4幼虫2匹であるが、外からは全く様子が伺えないので、成長度合を確認するため、菌糸カップを掘り返してみた。

 まず1匹目のカップから。どこにいるのか検討もつかないので、ド真ん中から掘り下げて行くことにする。真ん中を掘れば、余程変わった食べ方をしない限りは、どこかで坑道や食痕にぶち当たる筈なので、外から様子が見えない場合は真ん中から掘るのが一番効率が良いように思う。暫く掘っていると、案の定坑道にぶちあたったらしく、ボコっと穴があいた。
 僅かにあいた隙間から中を伺うと、黒い物体が蠢いている。どうやらこの穴は蛹室で、虫は既に成虫となっているようだ。途中で落ちてしまったことを心配していたので、ホっと一安心である。
 穴を拡張して取り出してみると、26.5mm の♂であった。羽化後2週間は経っている感じで、体はほぼ黒く固まっていた。

 F4幼虫は2匹しかいないので、これでもう一匹が♀だと万々歳である。
 ♀であることを祈りつつ、やはり中央部分から掘り下げて行くと、こちらも途中でボコっと穴があいた。どうやら2匹目も既に成虫となっているようで、こちらも黒い物体が蠢いていた。しかもかなり大きい感じである。
 尚も特大♀であることを祈りつつ、蛹室の天井部分を崩して行くと、出てきたのはまたもや♂であった。しかもデカい。ノギスを当ててみると30mmジャスト。マイギネス更新とはいかないし、♀でなかったのは残念ではあるが、やはり大型♂は嬉しいものである。♀はこれから回収する幼虫に期待するとして、それ迄はVIP待遇で飼育してやろうと思う。
 この個体は、羽化後まださほど日が経っていないようで、上翅と腹部に赤味が残っていた。羽化後1週間程度であろうと思われる。

オーストリア産INDEXへ