2005.05.04(木) 晴 最高室温:23.5℃ 最低室温:22.0℃
■F3割出空振り&再セット
 昨年9/18のセットを暴いてみたが、どうやら最近迄休眠していたらしく、産卵木は全く齧られていない状態であった。念の為割ってみたが、食痕一つ現れず、マットも同様であった。
 このケージ、居間の窓寄りという、他の場所と比べると若干寒い場所に置いておいたのだが、恐らくこれが成虫が休眠してしまった要因の一つであろうと思われる。ただ、オーストリア産ケージより1m程内側にあったムシモンは産んでいたので、この僅かな位置の差=室温の差が結果を左右したことになる。
 投入していたF3成虫2♂♂2♀♀は皆元気であった。

 昨日、1セット目で回収した僅か2匹の幼虫が、2匹共♂成虫となっていたことを確認したので、累代を続けていくには♀を早急に確保しなくてはならない。その為には兎にも角にも産んでもらわない事にはどうしようもないので、早速新しい産卵木を投入した。
 産卵木は柔らか目のコナラで、一昼夜加水し、湿度は高目の状態に調整した。これを写真のように、マットでほぼ埋め込んだ「パラレリ必勝パターン」である。季節的にも良い頃合だし、これできっとバカスカ産んでくれることであろう。

オーストリア産INDEXへ