2005.08.20(日) 晴時々曇 最高室温:32.2℃ 最低室温:27.1℃
■F4幼虫また2匹
 5/4 に組んだセットの底に幼虫の姿が見えるようになったので、少々遅目ではあるものの、割出してみた。ただパラレリのような小型種の場合、3ヶ月程度待ってから割出した方が見落としは少なくなると思う。
 オーストリア産F4は。前回回収した2匹がどちらも♂になってしまった上に、その後さっぱり幼虫の追加が得られなかったので少々あせっていた所であった。とりあえず幼虫を確認できて一安心である。

 まず、セットからエサ皿や産卵木を取り出す。通常この過程で投入している成虫を回収できるのであるが、見つかったのは2♂♂のみで♀の姿は見えなかった。材の中に潜っているのかと思ったが、材には齧り跡はあるものの、坑道らしきものは見当たらない。ちょっと嫌な予感がする。

 続いてマットの検分。
 一旦マットを新聞紙の上にあけ、とりあえず外から見えていた幼虫1匹を回収する。更にマットを少量づつすくって幼虫の姿を探してみたが、どうやらマットの中にいるのはこの1匹のみのようであった。代わりに♀の死骸が2匹分出て来た。予感適中である。

 ま、パラレリは材産みが基本であるので、マットに産んでいる位ならば、材にも産んでいる筈である。材からそれなりの数の幼虫を回収できさえすれば問題はない。材の表面を観察すると、それ程多くはないが、何ケ所かに齧り跡が散見された。もっともF3♀は2匹とも20mmないような極小個体であったので、齧り跡も小さ目で目立たない。表面に付着しているマットを払えば、割と沢山の産卵痕が出てくるのかも知れない。
 そんな期待をこめつつ、材を割っていく。が、中には食痕は一本だけ。従って幼虫も1匹だけ。前回もそうであったが、今回も僅か2匹のみ回収という結果に終わった。彼女達は1回につき卵1つしか産まないと決めていたのであろうか?

 幼虫は2匹共、2齢後期であったが、どうもどちらも♂のような気がする。ただ、♀班が目立たない個体もいるのは確かなので、どちらか1匹だけでも♀成虫になるよう祈るとしよう。

オーストリア産INDEXへ