フランデレン語圏(オランダ、ベルギー)ではユーロオオクワを"Klein vliegend hert" と呼んでいます。フランデレン語の発音には詳しくないですが、「クライン フリーゲント ヘルト」と読むのではないかと思います。
"Klein" は「小さい」、"Vliegend hert" は「クワガタ(ユーロミヤマ)」の意味ですので、ベルギーでもユーロオオクワは「コクワガタ」と呼ばれていることになります。

ベルギーではフランデレン語を使うフランドル地方の他に、フランス語を使うワロン地方がありますので、ワロンでは恐らくフランス語で"Petite biche" と呼んでいるのではないかと思います。