スイスには、ドイツ系、フランス系、イタリア系の住民がおり、言語もそれぞれのものが用いられていますので、ユーロオオクワも、"Balkenschroeter / Zwerghirschkaefer"(独)、"Petite biche"(仏)、"Cervo volante minore"(伊)等と呼ばれていると想像されます。

この内、フランス語では、"Petite biche" の他に、"Petit cerf volant" という言い方もあるようです。
イタリア語のものと良く似ていますが、"Petit" が「小さい」、"Cerf volant" が「クワガタ(ユーロミヤマ)」の意味ですので、こちらの方が"Petite biche" よりもダイレクトに「コクワガタ」というニュアンスを表現している言葉となっております。


<スイス産ユーロオオクワ関連サイト>

Chemistry Biology Pharmacy Info Center(ドイツ語)