福建省北峰産♂33mm、♀29mm
山東省泰安産♂25.5mm、湖南省桑植産♀22mm
和名 ホペイオオクワガタ
学名 Dorcus hopei hopei (Saunders, 1854)
分布 中国(黄河以西)
体長 ♂=30.0 - 73.0mm
♀=30.0 - 50.0mm
成虫寿命 1年以上
幼虫期間 1〜3年程度
亜種 Dorcus hopei binodulosus (Waterhouse, 1874) 中国東部、朝鮮半島、日本

以前は、国産オオクワガタDorcus hopei binodulosusと共に、クルビデンスオオクワガタDorcus curvidens の亜種とされてきましたが、DNA解析や交雑実験の結果、別種となりました。
国産オオクワガタとは同種で、亜種関係にあたります。

D.h.binodulosusとは、♂の眼上突起がより発達する点や、♂の大型個体の内歯が大腮と重なる場合がある点等で区別できる場合もありますが、個体差も大きく、中には殆ど見分けのつかないような個体も存在しているようです。基本的に同種ですので、♂♀共に外観は国産オオクワガタと酷似しております。
一方、最近の遺伝子解析によれば、インド〜東南アジア、台湾に分布するグランディスオオクワガタ Dorcus glandis も本種に近縁なようで、遺伝的にはD.h.binodulosus と特に近いようです。

グランディスは大型個体であっても、大腮の内歯は所謂「中歯型」になりますし、前胸背板側縁の形状も前角が抉れる等、外観的には少々かけ離れている印象がありますが、上述の遺伝子解析の結果から、グランディスと日本産のオオクワは共にホペイから分かれて種分化した、いわば「兄弟」である可能性も指摘されております。もし、この説が正しいとなれば、グランディスも本種の亜種という位置づけになります。


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2005.09.18 中国・福建省北峰産F4×2♂♂5♀♀購入
2005.09.23 中国・山東省泰安産F2×1♂購入
2005.09.23 中国・湖南省桑植産F1×1♀購入
2006.06.09 北峰産F5幼虫×1孵化
2006.06.13 北峰産F5幼虫×1孵化
2006.06.15 北峰産F5幼虫×2孵化
2006.06.18 北峰産F5幼虫×1孵化
2006.08.02 北峰産F5幼虫×2回収
福建省北峰産 F4 2♂
5♀
0♂
0♀
2♂
5♀
F5
山東省泰安産 F2 1♂
0♀
0♂
0♀
1♂
0♀
湖南省桑植産 F1 0♂
1♀
0♂
0♀
0♂
1♀
001 プチホペイ2♂♂5♀♀ 2005.09.18
002 プチプチホペイ1♂1♀ 2005.09.24
003 5ヶ月ぶりに、こんにちは 2006.02.05
004 卵ざくざく回収 2006.06.06
005 1匹孵化 2006.06.09
006 2♀♀再セット 2006.06.12
007 北峰F5幼虫×2回収 2006.08.02