和名 アレクシスオオクワガタ
学名 Dorcus alexisi (Muret et Drumont, 1999)
分布 キプロス島
体長 ♂=不明
♀=不明
成虫寿命 不明
幼虫期間 不明
亜種 不明
シノニム 不明
地中海の東端に浮かぶキプロス島に生息するドルクスで、ユーロオオクワに似た小型種であるようです。未だ標本や生態写真に接していないので、どのような外観を有しているかは不明です。
GTLI(Grupo de Trabajo sobre Lucanidae Ibericos = Working Group on Iberian Lucanidae)のサイト(http://entomologia.rediris.es/gtli/index.htm)中のStatus of Lucanidae in Europe(http://entomologia.rediris.es/gtli/espa/cuatro/G/europa.htm)によれば、分布はキプロス島に限られるようです。

周辺地域には、北のトルコにDorcus parallelipipedus が、東のシリアにDorcus parallelipipedus var. reichei が生息し、いずれも♀の背中に縦条が現れるタイプのユーロオオクワ亜種乃至は変種です。また、トルコには他にもセウェルゾウオオクワガタ Dorcus sewertzowi が分布し、北アフリカにはムシモンオオクワガタ Dorcus musimonといった小型ドルクスが分布しております。恐らくはこれらの小型ドルクスのいずれかの元となった種が、地中海の形成に伴ってキプロス島に孤立し、島の環境に適応した結果、亜種乃至は別種へと分化していったものと考えられます。
トルコやシリアの地中海沿岸地方にDorcus parallelipipedusが分布していることを考えますと、本種はユーロオオクワの亜種である可能性も大きいのではないかと思われます。