2005.02.27(日) 
■羽化!
 今朝、気になったので羽化直前の蛹の様子を覗いてみると、まだ蛹の皮が被っているものの、足が動いているのが見えた。プリンカップ壁面が汚れているので、全体像を見ることはできなかったが、どやら羽化が始まったようだ。

 夕方、帰宅してすぐに、再び覗いてみると、そこには羽化したばかりの成虫の姿があった。相変わらず頭部と胸部の一部しか見えないので、プリンカップをひっくり返して、取り出してみた。
 羽化したてのクワガタの体はまだ柔らかいので、これが固まる前に無理に取り出すと体を傷めたり、変型させてしまったりする恐れがあるため、本来この時点で取り出すべきではないのかもしれないが、とりあえず無事に取り出し、これを湿らせたティッシュで蛹室風な窪みをこしらえたプリンカップに移すことが出来た。
 羽化したクワガタは、腹部を乾燥させるために時折仰向けになることがあるので、実際の蛹室を参考に、再び起き上がる際の足掛かりが容易に得られるように、凹みのサイズを調節してみた。

 さて、取り出したチェコ産ユーロオオクワ♂であるが、上翅は既に大分色づいてきていたものの、腹部がまだ伸びている状態であった。その為、一見すると結構大きいように錯覚してしまうが、多分、実際の体長は24〜25mm程度ではないかと思われる。まだ固まっていないし、体色も薄いが、フランス産やスロバキア産と比べて、特にこれといった相違はないように思われる。強いて挙げれば、大顎に対する内歯のつき方の角度がやや鋭角気味に思えるが、これは個体差の範囲であろう。

チェコ産INDEXへ