2005.05.10(火) 
■1♀死亡
 やっと4匹揃ったと思ったら、本日1♀死亡しているのを発見してしまった。
 写真左のように仰向けになって倒れていたので、起きあがれずに衰弱死してしまったのかと思ったのだが、死体を取り上げてみると、上翅に2ケ所、噛まれたような傷がついていた。他の個体に襲われたのだろうか?

 これまで観察してきた所、ユーロオオクワが死に至る程の激しい喧嘩をしている所は見ていなかったので、かなりおっとりとした、大人しいクワガタだという印象を持っていた。しかし、同じドルクス属のヒラタクワガタ系は♂の♀殺しは有名であるし、国産オオクワも♀が他の個体を襲って体液を吸うことが知られている。従って、大人しいユーロオオクワとは言え、そういうことが全く無いという訳ではないのであろう。そう言えば、以前、シリア産の♀がもう一匹の♀を激しく追い回していたのを見たことがある(シリア産 2005.02.16参照)。

 死亡した♀の体色は十分に黒くなっているので、恐らくは先に羽化した2♀のうちのどちらかであろう。最近、写真右のように材を齧り始めていたので、「そろそろ成熟したのかな」と、産卵に期待していただけに残念である。羽化してからの時間を考えると既に成熟しているかどうか微妙であるが、願わくば、数卵なりとも産卵していてもらい所である。

チェコ産INDEXへ