2005.05.30(月) 
■幼虫回収
 チェコ産ケージに仕込んだ材に齧り跡が見られるようになってから、1ヶ月以上が経過した。現在1♂2♀♀がいるが、♀の片割れが羽化したのが4月30日で、残りの1♂1♀は3月14〜15日にかけて羽化している。クワガタは種類にもよるが、羽化してから交尾/産卵が可能になるまで、1〜3ヶ月程度かかるのが一般的である。従って、彼等が産卵するようになるまでにはもうちょっと時間がかかる筈だと思っていたのだが、4月下旬位から材に齧り跡が現れるようになった。
 最初は隠れ場所でも造るために齧っているのかとも思ったのだが、次々と場所を変えて齧っているようなので、産卵しているように思えてならない。そこで本日、試しに軽く割ってみることにした。大分気温も上がってきたので、もし産んでいるのであれば、卵の多くは既に孵化していると思われる。産んでいそうもなければ、割るのを止めて、再び材をケージに戻せば良いだろう。

 余り期待もせずに、適当な所にマイナスドライバーを差し込み、材を2つに割り、断面を観察する。するとどうだろう、食痕が幾つか走っているではないか。やはり産卵するので材を齧っていたようだ。
 以後も材を崩す度に食痕や幼虫が現れ、計16匹の幼虫を回収することができた。さすがに4月30日羽化の♀はまだ産んでいないと思うので、今月10日に死亡した個体を含め、3月中旬に羽化した2♀♀が産んだ子供達であろう。

 この結果から2つのことが分かった。
 一つは、やはり環境が整っていれば、隔離セットを組まなくても、飼育ケージ内の産卵木に彼等はちゃんと産むということである。昨年12月〜今年3月上旬頃にかけては、飼育ケージ内にセットした産卵木からは殆ど幼虫を回収することが出来なかったので、簡易温室の中に隔離セットを組んだ所、かなりの成績を納めることが出来た。この結果から、飼育ケージを設置してある我が家の居間の環境が良くないのではないかと考えたりもしたが、2月下旬〜3月にかけて飼育ケージ内にセットした材から幼虫が回収されだすようになり、単に気温や湿度のコントールの問題である可能性が強くなってきた。居間は気温は高いが湿度は低目である。簡易温室隔離組が好成績を納めたのは、湿度が高目であったことに由来するのではないだろうか? 気温と湿度が上がり始めた2月下旬以降にセットした材から幼虫が得られるようになったことからも、そう言えそうである。
 もう一つは、ユーロオオクワが羽化してから成熟する迄の期間の短さである。チェコ産はいずれもユーロオオクワとしては小型の個体であったので特に早かったのだろうが、恐らく羽化後2〜3週間程度で交尾をするようになったと思われる。今日回収した幼虫の成長具合からすると、遅くとも4月中旬頃には産卵に及んでいた公算が高い。

チェコ産INDEXへ