2005.07.27(日) 
■幼虫エサ交換&前蛹発見
 フルボッカ産幼虫のエサ交換の続きを行った。
 先日は17匹中7匹の交換を終え、8匹目が既に死亡していたのを確認した所で作業を中断したので、残りは9匹である。
 9匹はいずれも順調に育っており、マット中央に穿っておいた穴から次々と姿を消して行った。

 作業を終え、先日エサ交換を行った幼虫達の様子を見てみた所、何と前蛹になっている個体が一匹存在していた。5/30に割出してから、まだ2ヶ月と経っておらず、孵化から考えても3ヶ月になるかならないかであろう。やはり飼育温度が高かったのだろう。今後はある程度の空調を考えるか、そもそも産卵させる時期を考えるかしないと、軒並み小型個体ばかりが羽化してくることになりそうだ。

チェコ産INDEXへ