2005.10.04(火) 曇後雨 最高室温:27.0℃ 最低室温:25.9℃
■蛹化不全続出
 この所フルボツカー産幼虫が蛹化不全で死亡するケースが続出している。
 今の所4例あるが、内3例はトルコ産で見られたような、幼虫の皮を脱ぎ切れないままに蛹化してしまうパターン(トルコ産2005.08.22 参照)である。残る1例は幼虫の皮は脱いだものの、何かのはずみで腹部を傷めたのか、腹部の背中側から側面にかけての一部が黒くなっており、これが広がる形で死亡してしまった。

 一方、無事に羽化する個体は羽化しているので、一体何が悪いのか、原因がさっぱり掴めない。トルコ産の時は高温が原因かとも考えたが、この所めっきり涼しくなってきている。10/1〜2日にかけて30度近く迄上がったのが気掛かりではあるが、こうした一時的な温度上昇が果たしてこのような影響を及ぼすものであろうか? 暫く悶々とする日々が続きそうである。

チェコ産INDEXへ