2005.10.16(日) 雨 最高室温:25.7℃ 最低室温:23.6℃
■死んでいなかった
 9/24 にチェックした際、外から全く食痕が見受けられず、マットが分解されずに、封入時の原形を留めていたので、てっきり、既に幼虫が死亡してしまっていると判断していたプリンカップがあった。
 これは他の途中で死亡した個体の容器と共に、部屋の端の方にハネてあったのだが、本日これを処分しようと、中のマットを掻き出してみた所、なんと中から成虫♀が転がり出てきた。どうやら、中の方だけ食べて成長し、いつの間にか羽化していたらしい。

 数カ月経過したのに、外から見てマットの粒度が全く変化していない場合、大抵は投入後間もなく幼虫が死亡してしまっているのであるが、稀にこうして中の方だけ食べて育っている場合があるから油断ならない。やはり処分の際には、しっかりとチェックしなければならないと改めて考えさせられた。

チェコ産INDEXへ